『上級者向きのカメラ、一般向きではありません』 リコー RICOH GR III スーパーたべっこどうぶつさんのレビュー・評価

2019年 3月15日 発売

RICOH GR III

  • 新開発レンズ「GR LENS18.3mm F2.8」を搭載したハイエンドコンパクトデジタルカメラ。直感的な操作が可能なタッチパネルを搭載。
  • ローパスフィルターレス仕様のAPS-CサイズCMOSイメージセンサーと新開発の画像処理エンジン「GR ENGINE 6」を搭載。有効画素数は約2424万画素。
  • ハイブリッドAF、3軸4段分の補正効果がある独自の手ぶれ補正機構、スマートフォンやタブレットとワイヤレスで連携できる無線LAN機能などを装備。
RICOH GR III 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥91,651

(前週比:+652円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥93,809

e-zoa.com

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥82,500 (51製品)


価格帯:¥91,651〜¥127,148 (63店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥91,651 〜 ¥110,220 (全国711店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:2424万画素(有効画素) 撮影枚数:200枚 RICOH GR IIIのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • RICOH GR IIIの価格比較
  • RICOH GR IIIの中古価格比較
  • RICOH GR IIIの買取価格
  • RICOH GR IIIの店頭購入
  • RICOH GR IIIのスペック・仕様
  • RICOH GR IIIの純正オプション
  • RICOH GR IIIのレビュー
  • RICOH GR IIIのクチコミ
  • RICOH GR IIIの画像・動画
  • RICOH GR IIIのピックアップリスト
  • RICOH GR IIIのオークション

RICOH GR IIIリコー

最安価格(税込):¥91,651 (前週比:+652円↑) 発売日:2019年 3月15日

  • RICOH GR IIIの価格比較
  • RICOH GR IIIの中古価格比較
  • RICOH GR IIIの買取価格
  • RICOH GR IIIの店頭購入
  • RICOH GR IIIのスペック・仕様
  • RICOH GR IIIの純正オプション
  • RICOH GR IIIのレビュー
  • RICOH GR IIIのクチコミ
  • RICOH GR IIIの画像・動画
  • RICOH GR IIIのピックアップリスト
  • RICOH GR IIIのオークション

『上級者向きのカメラ、一般向きではありません』 スーパーたべっこどうぶつさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

RICOH GR IIIのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:113人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
246件
デジタル一眼カメラ
0件
58件
スマートフォン
0件
29件
もっと見る
満足度1
デザイン1
画質3
操作性1
バッテリー1
携帯性5
機能性2
液晶4
ホールド感3
上級者向きのカメラ、一般向きではありません

【レビュアーの前提】
コンデジから一眼レフまで多数保有していますが、写真センス・撮影技術は低レベルのド素人。GRシリーズを買うのは初めて。
いわゆる作品作りなどはせずに家族写真のみなので、JPEG撮って出しオンリー。
今回レビューを書くにあたってGR3の設定はほぼ出荷時の初期状態のままです。


【デザイン】
おじさん臭いです。
良く言えば伝統的なGR。悪く言えば古い。


【画質】
画質は…私のような素人には明白な違いが分かりません。
良いのかもしれませんが、他のカメラと比べてずば抜けているとも感じません。

よく見聞きするGR評は「解像力の高いレンズ」ですが、私が持っている他のカメラレンズ(一眼レフやミラーレス一眼、1インチコンデジ等)と比べても解像度について極端な違いがわかりません。たとえばRX100M6でも子供の肌にはえた微小な産毛一本一本までクッキリ解像してましたので。
私のような低レベルの者では見分けられない程度の差、あるいは個人によって主観的な感じ方の違う差ということだと思います。

それよりも室内でISO感度を上げたときの画質の悪さが気になります。
具体的には、夜の室内でLEDシーリングを全灯にしたわりと明るい状態でPモードで撮影すると、オートでISO640やISO800などになることが多いのですが、このとき人物の肌にノイズが乗るというか、粒状感があるというか、そのざらつき具合がかなり気になります。

Lightroomに取り込んで拡大して見ると、それがよく分かります。2019年に発売されたカメラ、しかもセンサーはAPS-CサイズなのにISO640や800程度でノイズっぽさが気になってくるというのは、いささか複雑な気持ちです。

昼の曇天屋外でISO200で撮ったときはほとんどそういったノイズは感じませんでした(ただし完全にノイズゼロとも言い切れない気がしました)。もしかしたらノイズではなく画像エンジンによる味付けなのか、よく分かりませんが…。

また、無機物が写っている場合にもノイズをあまり感じません。あくまでも人物の肌(特に子供のきれいな肌)を撮った時にのみノイズというか粒状感というか、他のカメラとの明らかな違いを感じます。モノクロにすればそれが味になるのかもしれませんが、カラーのスタンダード設定でこれでは悪い意味で非常に気になります。個人的には。


【操作性】
私にとっては「使いづらい」の一言です。
前ダイヤルが回しづらいとか、背面ダイヤルとかADJレバーとかいろいろ疑問符がつきます。

背面ダイヤルが傾いているうえにガタついていて頼りないのは多くの方が指摘されている通りです。操作関係部品は全般的に耐久性・信頼性に乏しく安っぽい感じがします。
とても11〜12万円もするカメラの品質とは思えません。


【バッテリー】
史上最悪ですね。
全体を軽量コンパクト化したはいいものの、そのせいで予備の電池複数個やモバイルバッテリーが必須になったら本末転倒なのでは。

電池がすぐ減るくせに、充電器が付属しないのは辛い。充電器を別売(しかも高価)とするのは最近のカメラ業界の悪しき慣習ですが、やめてほしいです。個人的には「USB電源アダプター、電源プラグ、USBケーブル I-USB166」の3つは不要なので、代わりに充電器を付属してほしかった。

私はAnkerのPowerPortを使って、スマホもタブレットもカメラも一元的に充電しています。
https://www.ankerjapan.com/category/CHARGER/A2040.html
これは各製品ごとの個別アダプターを使わずに充電システムを一つにまとめることが出来、非常に便利です。

なので、GR3に付属の電源アダプター等は完全に無用の長物で、箱から出してません。


【携帯性】
これは最高に素晴らしいです。
1インチコンデジと比べてもほぼ同じサイズで、厚みも薄く、軽い。
出っ張りなども少なくフラットに近い形状なのも良い。


【機能性】
ササッとスナップを気軽に撮れる…が謳い文句だと考えれば、
機能性についてゴチャゴチャ言ってはいけないのかもしれません。
AF性能は頼りなく、かと言ってMFだともっと辛い。

メニューなども癖が強く、いかにも「理系の技術者が設計しました」という感じ。


【液晶】
特筆すべきこともない代わりに、不満も特に感じません。
チルトじゃないのは残念ですが軽量コンパクトなので仕方ないかと。


【ホールド感】
当初は★5をつけたのですが、★3に訂正です。
なんとなく持った感じは抜群だったのですが、使い込んでいくうちに親指の置きどころが狭いのと中指の爪がレンズリングに当たるのが気になってきました。とても軽量なので決定的な欠点とまでは言えませんが、ホールド感が気になる方はいるかもしれません。

シャッターボタンを押し込む指もちょっと窮屈かなと思います。


【総評】
一言で言うと「クセが強いんじゃ〜」というカメラです。

トータルの満足度は、価格も加味したうえでの判断です。
仮に同じ性能でもそれが5万円なのか10万円なのかで評価は当然変わってきます。

GRVで「ハッとするような写真」が撮れる人なら、他のどんなカメラでも「ハッとするような写真」を撮れると思いますよ。
私が撮影すると、GRVでも他のカメラでもいまいちなダサいセンスの写真ばかりです(作品作りではなく家族写真を撮るのが目的なのでそれはそれで自分は満足なのですが)。

要するに結局は撮る人の力量が一番大事で、GRVさえ使えばすごい写真を量産できるわけではないと思います。iPhoneでもすごい写真を撮っている人がたくさんいますしね。

ですから、「今のカメラではいまいちな写真が多いから、GRVを買えばどうにかなるかも」と思っている人は考え直したほうがいいかもしれません。

GRVは使う人を選ぶ、玄人のカメラだと思います。
私のようなド素人にはソニーやキヤノンのカメラのほうが優しく合っているようです。
それでも世間ではこれだけ大絶賛されているカメラですから、「違いが分かる上級者」の方には向いているのではないでしょうか。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
子供・動物
室内

参考になった111人(再レビュー後:83人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度1
デザイン1
画質3
操作性1
バッテリー1
携帯性5
機能性2
液晶4
ホールド感5
上級者向きのカメラ、一般向きではありません

【レビュアーの前提】
コンデジから一眼レフまで多数保有していますが、写真センス・撮影技術は低レベルのド素人。
GRシリーズを買うのは初めて。
いわゆる作品作りなどはせずに家族写真のみなので、JPEG撮って出しオンリー。PCでの後加工も一切しない。
今回レビューを書くにあたってGR3の設定はほぼ出荷時の初期状態のまま。


【デザイン】
おじさん臭いです。
良く言えば伝統的なGR。悪く言えば古い。


【画質】
画質は…私のような素人には明白な違いが分かりません。
良いのかもしれませんが、他のカメラと比べてずば抜けているとも感じません。
よく見聞きするGR評は「解像力の高いレンズ」ですが、私が持っている他のカメラレンズ(一眼レフやミラーレス一眼、1インチコンデジ等)と比べても解像度について極端な違いがわかりません。たとえばRX100M6でも子供の肌にはえた微小な産毛一本一本までクッキリ解像してましたので。
私のような低レベルの者では見分けられない程度の差、あるいは個人によって主観的な感じ方の違う差ということだと思います。

それよりも室内でISO感度を上げたときの画質の悪さが気になります。
具体的には、夜の室内でLEDシーリングを全灯にしたわりと明るい状態でPモードで撮影すると、オートでISO640やISO800などになることが多いのですが、このとき人物の肌にノイズが乗るというか、粒状感があるというか、そのざらつき具合がかなり気になります。Lightroomに取り込んでピクセル等倍で見ると、それがよく分かります。2019年に発売されたカメラ、しかもセンサーはAPS-CサイズなのにISO640や800程度でノイズっぽさが気になってくるというのは、いささか複雑な気持ちです。

昼の曇天屋外でISO200で撮ったときはほとんどそういったノイズは感じませんでした(ただし完全にゼロとも言い切れない気がしました)。もしかしたらノイズではなく画像エンジンによる味付けなのか、よく分かりませんが…。

また、無機物が写っている場合にもノイズをあまり感じません。あくまでも人物の肌(特に子供のきれいな肌)を撮った時にのみノイズというか粒状感というか、他のカメラとの明らかな違いを感じます。モノクロにすればそれが味になるのかもしれませんが、カラーのスタンダード設定では悪い意味で非常に気になります。個人的には。


【操作性】
私にとっては「使いづらい」の一言です。
背面ダイヤルとかADJレバーとかいろいろ疑問符がつきます。


【バッテリー】
史上最悪ですね。
全体を軽量コンパクト化したはいいものの、そのせいで予備の電池複数個やモバイルバッテリーが必須になったら本末転倒なのでは。
ただしUSB-Cで給電できる点は好感です。


【携帯性】
これは最高に素晴らしいです。
1インチコンデジと比べてもほぼ同じサイズで、厚みも薄く、軽い。
出っ張りなども少なくフラットに近い形状なのも良い。


【機能性】
ササッとスナップを気軽に撮れる…が謳い文句だと考えれば、
機能性についてゴチャゴチャ言ってはいけないのかもしれません。
AF性能は頼りなく、かと言ってMFだともっと辛い。

メニューなども癖が強く、いかにも「理系の技術者が設計しました」という感じ。


【液晶】
特筆すべきこともない代わりに、不満も特に感じません。
チルトじゃないのは残念ですが軽量コンパクトなので仕方ないかと。


【ホールド感】
文句のつけようがありません。


【総評】
一言で言うと「クセが強いんじゃ〜」というカメラです。

トータルの満足度は、価格も加味したうえでの判断です。
仮に同じ性能でもそれが5万円なのか10万円なのかで評価は当然変わってきます。

GRVで「ハッとするような写真」が撮れる人なら、他のどんなカメラでも「ハッとするような写真」を撮れると思いますよ。
私が撮影すると、GRVでも他のカメラでもいまいちなダサいセンスの写真ばかりです(作品作りではなく家族写真を撮るのが目的なのでそれはそれで自分は満足なのですが)。

要するに結局は撮る人の力量が一番大事で、GRVさえ使えばすごい写真を量産できるわけではないと思います。iPhoneでもすごい写真を撮っている人がたくさんいますしね。

ですから、「今のカメラではいまいちな写真が多いから、GRVを買えばどうにかなるかも」と思っている人は考え直したほうがいいかもしれません。

GRVは使う人を選ぶ、玄人のカメラだと思います。
私のようなド素人にはソニーやキヤノンのカメラのほうが優しく合っているようです。
それでも世間ではこれだけ大絶賛されているカメラですから、「違いが分かる上級者」の方には向いているのではないでしょうか。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
子供・動物
室内

参考になった28

 
 
 
 
 
 

「RICOH GR III」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
このコンパクトさ、写り、文句なし♪  4 2020年2月16日 22:54
万人受けを狙わない潔さ 全てに魅了される孤高のコンデジ ※  5 2020年2月15日 01:01
評判どおり素晴らしいポケットカメラ。  5 2020年2月11日 13:16
最低のサポート  1 2020年2月8日 10:33
リコーGR3  4 2020年2月3日 20:23
PowerShotG1XV(PSG1X3)からの買い替え  5 2020年1月29日 07:48
スマホユーザーにオススメ  4 2019年11月30日 19:33
素晴らしい  4 2019年11月26日 17:47
進化したGR  4 2019年11月22日 16:27
APSセンサーを気軽に持ち運べる喜び 速写性最高 描写は印象深い  5 2019年11月3日 10:02

RICOH GR IIIのレビューを見る(レビュアー数:58人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

RICOH GR IIIのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

RICOH GR III
リコー

RICOH GR III

最安価格(税込):¥91,651発売日:2019年 3月15日 価格.comの安さの理由は?

RICOH GR IIIをお気に入り製品に追加する <1266

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルカメラ]

デジタルカメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意