『いよいよルンバが家族になった』 iRobot ルンバi7+ i755060 名もなき羊さんのレビュー・評価

2019年 3月 8日 発売

ルンバi7+ i755060

  • 掃除が終わると本体のダスト容器のゴミをクリーンベース内の密封型紙パックに自動で排出するロボット掃除機。ゴミ捨ての手間が省け、ホコリが舞い散らない。
  • 「Imprint スマートマッピング」により、部屋の状況を学習・記憶し、最適な清掃パターンを選択。リビングからキッチンへのルートなども賢く判断する。
  • スマートスピーカーにも対応するアプリでどこからでも操作が可能。スケジュール管理のほか、清掃状況や清掃履歴が確認でき、手入れ方法が動画で見られる。
ルンバi7+ i755060 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥119,300

(前週比:-1,618円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥119,300

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥119,300〜¥142,868 (21店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国38店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ロボット アプリ連携:○ ルンバi7+ i755060のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※認定販売店以外で購入された場合、メーカー保証が受けられない可能性がございます。保証に関しては購入ショップへお問い合わせください。

ご利用の前にお読みください

  • ルンバi7+ i755060の価格比較
  • ルンバi7+ i755060の店頭購入
  • ルンバi7+ i755060のスペック・仕様
  • ルンバi7+ i755060のレビュー
  • ルンバi7+ i755060のクチコミ
  • ルンバi7+ i755060の画像・動画
  • ルンバi7+ i755060のピックアップリスト
  • ルンバi7+ i755060のオークション

ルンバi7+ i755060iRobot

最安価格(税込):¥119,300 (前週比:-1,618円↓) 発売日:2019年 3月 8日

  • ルンバi7+ i755060の価格比較
  • ルンバi7+ i755060の店頭購入
  • ルンバi7+ i755060のスペック・仕様
  • ルンバi7+ i755060のレビュー
  • ルンバi7+ i755060のクチコミ
  • ルンバi7+ i755060の画像・動画
  • ルンバi7+ i755060のピックアップリスト
  • ルンバi7+ i755060のオークション

『いよいよルンバが家族になった』 名もなき羊さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ルンバi7+ i755060のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:114人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
42件
デジタル一眼カメラ
1件
28件
レンズ
1件
25件
もっと見る
満足度4
デザイン4
使いやすさ4
吸引力・パワー4
静音性3
サイズ4
手入れのしやすさ4
取り回し4

※価格.comモニタレビューは評価用製品による試用レビューです。販売されている製品仕様と一部異なる場合があります。
※価格.comモニタレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

いよいよルンバが家族になった

再生する

製品紹介・使用例
動作音の参考にして頂きたい。彼の操作はスマートフォンで可能だ。

なかなか堂々としたサイズである。高さがあることから場所を選んでしまう。

質感はなかなかだ。決してチープではない。かと言って値段ほどの高級感も感じない。

電源ボタンは白色のLEDで彩られる。クリック感はなくタッチセンサー式になっている。

 

たまったゴミは外してポイだ。廃棄時にダストが舞わないよう工夫されている。

我が家のルンバ880とのツーショット。大きさはあまり変わらない。

 

掃除機の概念を覆したルンバに知能が宿った。
こいつはいよいよ意思を持ち、掃除という生活行為を一変させてしまいそうだ。
これまでルンバには人間による視覚の代償が必用であった。
例えば、この領域に入るな!という場合は、別途「お部屋ナビ」と呼ばれる障壁(バーチャルウォール)を作る機器を設置する必要があった。
この「お部屋ナビ」にはもう一つの機能「ライトルーム」があり、この機能を使うことで部屋の掃除の順序を教えていた。
私の持っているルンバは「880」というやや古いモデルであるが、880は「お部屋ナビ」の助けがなければ、ユーザーが意図した掃除はしてくれないのである。
また、880はやたらめったらに進み、障壁に当たっては方向を変え、ただし、進んできた道筋は記憶している(ホームベースに戻るとそれはリセットされるorz)という、やや粗雑なアルゴリズムであり、決して賢いとは言えなかった。
私にとっては、未だおもちゃなのである。
ただし毎日一生懸命働く姿は、愛らしくも感じられ、親しみをもって我が家に鎮座している。
だが、今回のルンバi7(以降、彼)は違う。
冒頭に述べたように知能が宿った。
彼は人間と同じように探索行動から学習し、次の行動を変えることができるのだ。
部屋の位置と形状を記憶し、指定した部屋を掃除することができる。
部屋の形状を認識するという事は、行動を最適化できる。
やたらめったら進み、無駄な動きの多かった我が家のルンバだが、彼は実に合理的な行動をとるため、掃除時間を短縮できるのである。
そして彼の行動はすべてスマートフォンを経由し我々に報告される。
そう、彼は意思を持ったのだ。
これこそが今回のルンバの大きな目玉と進化である。
これらの機能の詳細な説明は他の方が大いにレビューされているので本稿では割愛する。

もう一つの大きなアピールポイントは、ごみ捨てから解放されることである。
いよいよ「ルンバに完全に掃除を任せる」という真のゴールに近づいているのである。

さて、少しネガティブな面も述べておく。
まずはその価格だ。
3月30日時点での最安値は約125,000円である。
仮に365日3年間働いてもらっても、毎日114円を彼に支払わなければならない。
少なくとも私にとって、これは決してコストパフォーマンスが高いとは言えない。
次に、動作音についてである。
動作音は880と比較し、やや静かにはなっているが、未だ改善の余地がある。
この辺りは人によって評価が分かれるだろうが、私にはやはり煩く感じる。
また、アピールポイントにあげた、ドックでのゴミの吸引時の動作音は相当に煩い。
これはスマートではない。
洗練された彼の数少ない欠点である(動画を参照下さい)。
それから、あと、もう少し本体を低く、小さくできればなお良いと考える。
彼の行動範囲がより広がるからだ。
彼のセンサーはより進化しているようだが、やはりまだ家具にぶつかる。
次はぶつからずとも方向転換を行う機能を持って欲しい。

その他添付の画像にも少しコメントを残した。

最後に、彼と過ごしてみて、掃除機の未来を感じた。
いやもう彼はただの掃除機ではない。
私達のライフスタイルを構築する家族になった。


注釈:私はルンバi7を彼と呼んでいるが、彼女でも一向にかまわない。


ここに書くべきではないかと思うが、価格コムのレビュー投稿のシステムは本当にひどい。
再編集をしたくても、再レビューしか選べない。
記入画面も非常に書きづらい。
長文を書くことを考慮されていない。
本当に残念なシステムだ。
書く人のことをまったく考えていないのだろう。

掃除面積
100m2以上
頻度
毎日

参考になった46人(再レビュー後:43人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
使いやすさ4
吸引力・パワー4
静音性3
サイズ4
手入れのしやすさ4
取り回し4

※価格.comモニタレビューは評価用製品による試用レビューです。販売されている製品仕様と一部異なる場合があります。
※価格.comモニタレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

いよいよルンバが家族になった

掃除機の概念を覆したルンバに知能が宿った。
こいつはいよいよ意思を持ち、掃除という生活行為を一変させてしまいそうだ。
これまでルンバには人間による視覚の代償が必用であった。
例えば、この領域に入るな!という場合は、別途「お部屋ナビ」と呼ばれる障壁(バーチャルウォール)を作る機器を設置する必要があった。
この「お部屋ナビ」にはもう一つの機能「ライトルーム」があり、この機能を使うことで部屋の掃除の順序を教えていた。
私の持っているルンバは「880」というやや古いモデルであるが、880は「お部屋ナビ」の助けがなければ、ユーザーが意図した掃除はしてくれないのである。
また、880はやたらめったらに進み、障壁に当たっては方向を変え、ただし、進んできた道筋は記憶している(ホームベースに戻るとそれはリセットされるorz)という、やや粗雑なアルゴリズムであり、決して賢いとは言えなかった。
私にとっては、未だおもちゃなのである。
ただし毎日一生懸命働く姿は、愛らしくも感じられ、親しみをもって我が家に鎮座している。
だが、今回のルンバi7(以降、彼)は違う。
冒頭に述べたように知能が宿った。
彼は人間と同じように探索行動から学習し、次の行動を変えることができるのだ。
部屋の位置と形状を記憶し、指定した部屋を掃除することができる。
部屋の形状を認識するという事は、行動を最適化できる。
やたらめったら進み、無駄な動きの多かった我が家のルンバだが、彼は実に合理的な行動をとるため、掃除時間を短縮できるのである。
そして彼の行動はすべてスマートフォンを経由し我々に報告される。
そう、彼は意思を持ったのだ。
これこそが今回のルンバの大きな目玉と進化である。
これらの機能の詳細な説明は他の方が大いにレビューされているので本稿では割愛する。

もう一つの大きなアピールポイントは、ごみ捨てから解放されることである。
いよいよ「ルンバに完全に掃除を任せる」という真のゴールに近づいているのである。

さて、少しネガティブな面も述べておく。
まずはその価格だ。
3月30日時点での最安値は約125,000円である。
仮に365日3年間働いてもらっても、毎日114円を彼に支払わなければならない。
少なくとも私にとって、これは決してコストパフォーマンスが高いとは言えない。
次に、動作音についてである。
動作音は880と比較し、やや静かにはなっているが、未だ改善の余地がある。
この辺りは人によって評価が分かれるだろうが、私にはやはり煩く感じる。
また、アピールポイントにあげた、ドックでのゴミの吸引時の動作音は相当に煩い。
これはスマートではない。
洗練された彼の数少ない欠点である(動画を参照下さい)。
それから、あと、もう少し本体を低く、小さくできればなお良いと考える。
彼の行動範囲がより広がるからだ。
彼のセンサーはより進化しているようだが、やはりまだ家具にぶつかる。
次はぶつからずとも方向転換を行う機能を持って欲しい。

その他添付の画像にも少しコメントを残した。

最後に、彼と過ごしてみて、掃除機の未来を感じた。
いやもう彼はただの掃除機ではない。
私達のライフスタイルを構築する家族になった。


注釈:私はルンバi7を彼と呼んでいるが、彼女でも一向にかまわない。

掃除面積
100m2以上
頻度
毎日

参考になった3

満足度4
デザイン4
使いやすさ4
吸引力・パワー4
静音性3
サイズ4
手入れのしやすさ4
取り回し4

※価格.comモニタレビューは評価用製品による試用レビューです。販売されている製品仕様と一部異なる場合があります。
※価格.comモニタレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

いよいよルンバが家族になった

再生する

製品紹介・使用例
動作音の参考にして頂きたい。彼の操作はスマートフォンで可能だ。

なかなか堂々としたサイズである。高さがあることから場所を選んでしまう。

質感はなかなかだ。決してチープではない。かと言って値段ほどの高級感も感じない。

電源ボタンは白色のLEDで彩られる。クリック感はなくタッチセンサー式になっている。

 

たまったゴミは外してポイだ。廃棄時にダストが舞わないよう工夫されている。

我が家のルンバ880とのツーショット。大きさはあまり変わらない。

 

掃除機の概念を覆したルンバに知能が宿った。
こいつはいよいよ意思を持ち、掃除という生活行為を一変させてしまいそうだ。
これまでルンバには人間による視覚の代償が必用であった。
例えば、この領域に入るな!という場合は、別途「お部屋ナビ」と呼ばれる障壁(バーチャルウォール)を作る機器を設置する必要があった。
この「お部屋ナビ」にはもう一つの機能「ライトルーム」があり、この機能を使うことで部屋の掃除の順序を教えていた。
私の持っているルンバは「880」というやや古いモデルであるが、880は「お部屋ナビ」の助けがなければ、ユーザーが意図した掃除はしてくれないのである。
また、880はやたらめったらに進み、障壁に当たっては方向を変え、ただし、進んできた道筋は記憶している(ホームベースに戻るとそれはリセットされるorz)という、やや粗雑なアルゴリズムであり、決して賢いとは言えなかった。
私にとっては、未だおもちゃなのである。
ただし毎日一生懸命働く姿は、愛らしくも感じられ、親しみをもって我が家に鎮座している。
だが、今回のルンバi7(以降、彼)は違う。
冒頭に述べたように知能が宿った。彼は人間と同じように探索行動から学習し、次の行動を変えることができるのだ。
部屋の位置と形状を記憶し、指定した部屋を掃除することができる。部屋の形状を認識するという事は、行動を最適化できる。
やたらめったら進み、無駄な動きの多かった我が家のルンバだが、彼は実に合理的な行動をとるため、掃除時間を短縮できるのである。
そして彼の行動はすべてスマートフォンを経由し我々に報告してくれる。
そう、彼は意思を持ったのだ。
これこそが今回のルンバの大きな目玉と進化である。
これらの機能の詳細な説明は他の方が大いにレビューされているので本稿では割愛する。

もう一つの大きなアピールポイントは、ごみ捨てから解放されることである。
いよいよ「ルンバに完全に掃除を任せる」という真のゴールに近づいているのである。

さて、少しネガティブな面も述べておく。
動作音は気持ち静かにはなっているが、未だ改善の余地がある。この辺りは人によって評価が分かれるだろうが、私にはやはり煩く感じる。
また、アピールポイントにあげた、ドックでのゴミの吸引時の動作音は相当に煩い。これはスマートではない。洗練された彼の数少ない欠点である(動画を参照下さい)。
それから、あと、もう少し本体を低く、小さくできればなお良いと考える。彼の行動範囲がより広がるからだ。
彼のセンサーはより進化しているようだが、やはりまだ家具にぶつかる。次はぶつからずとも方向転換を行う機能を持って欲しい。

その他添付の画像にも少しコメントを残した。

最後に、彼と過ごしてみて、掃除機の未来を感じた。
いやもう彼はただの掃除機ではない。
私達のライフスタイルを構築する家族になった。


注釈:私はルンバi7を彼と呼んでいるが、彼女でも一向にかまわない。

掃除面積
20m2未満
100m2以上
頻度
毎日

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「ルンバi7+ i755060」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
便利です  4 2019年12月8日 03:08
全然ダメ…  1 2019年11月24日 00:27
今がチャンス!?  4 2019年11月23日 10:55
高いけれども素晴らしい  5 2019年11月10日 18:04
1階はルンバ  5 2019年10月31日 22:33
必需品になりました。  5 2019年10月24日 08:09
最先端の掃除機は凄い!  5 2019年10月12日 21:07
子供のおもちゃのパーツ等の誤吸引は紙パック廃棄時に要確認  4 2019年9月14日 21:23
意図せずに止まる  2 2019年8月7日 13:21
早く買えばよかった  4 2019年7月10日 12:43

ルンバi7+ i755060のレビューを見る(レビュアー数:26人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

ルンバi7+ i755060のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

ルンバi7+ i755060
iRobot

ルンバi7+ i755060

最安価格(税込):¥119,300発売日:2019年 3月 8日 価格.comの安さの理由は?

ルンバi7+ i755060をお気に入り製品に追加する <908

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[掃除機]

掃除機の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(掃除機)

ご注意