『ファンレス仕様。サーバー用のGPUとして最適。平常運用時38℃!』 玄人志向 GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB] 西川善司さんのレビュー・評価

2019年 2月上旬 発売

GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]

  • 低消費電力のGeForce GT 710を搭載したビデオカード。ヒートシンクを搭載したファンレスモデルで、冷却ファンによるノイズがない。
  • コアクロックは954MHz、メモリークロックは1000MHz、メモリーサイズは1GB、メモリー規格はDDR3。
  • HDMI×1、DVI-D×1、D-sub×1を装備し、DirectX 12に対応している。
GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB] 製品画像

拡大

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥3,480

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥3,480

TSUKUMO

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥3,480¥4,620 (16店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国70店舗)最寄りのショップ一覧

搭載チップ:NVIDIA/GeForce GT 710 バスインターフェイス:PCI Express 2.0 x16 モニタ端子:D-SUBx1/DVIx1/HDMIx1 メモリ:DDR3/1GB GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]の価格比較
  • GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]の店頭購入
  • GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]のスペック・仕様
  • GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]のレビュー
  • GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]のクチコミ
  • GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]の画像・動画
  • GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]のピックアップリスト
  • GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]のオークション

GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]玄人志向

最安価格(税込):¥3,480 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 2月上旬

  • GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]の価格比較
  • GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]の店頭購入
  • GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]のスペック・仕様
  • GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]のレビュー
  • GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]のクチコミ
  • GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]の画像・動画
  • GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]のピックアップリスト
  • GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]のオークション

『ファンレス仕様。サーバー用のGPUとして最適。平常運用時38℃!』 西川善司さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]のレビューを書く

西川善司さん

  • レビュー投稿数:58件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールテクニカルジャーナリストの西川善司です。
パソコン、IT全般、半導体技術、グラフィックス技術、ゲーム開発技術、ゲームそのもの、映像技術、映画コンテンツ、自動車とその関連技術、家電製品など、幅広く取材して各メディアに記事を寄稿しています。…続きを読む

満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度5
静音性5
付属ソフト4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ファンレス仕様。サーバー用のGPUとして最適。平常運用時38℃!

パッケージ写真

パッケージ内容物全容

搭載状態(その1) 意外とヒートシンクは厚手で直下のPCIeスロットを不削いでしまう

 

搭載状態(その2) カード全長はPCIeスロット幅と変わらないくらいに小さいことがわかる

GPU-Zの画面。動作温度はほとんど40℃未満で安定している

 

2021年3月、自作サーバーが故障。
サーバーとは言っても実質的には自作PCであるため、24時間365日連続稼働させれば、マシンには相当な負担は掛かるもの。7年間もったのはむしろ凄いことだったかもしれない。

次はどうするか。
今度も自作PCサーバーか。

結論は今回も自作PCサーバーだ。
まあ、業務用のサーバーはお高いので。
筆者のような小規模事業者では、故障したらその都度、安価な自作パソコンをサーバーにしを立て直す事にほぼ実害はないし。

故障したサーバーはAMDのAPU、A10-6800K BOXベースであった。

能力アップを図るため新しいRyzen系CPUのRyzen 3 3100を購入。
今まで使っていたA10は内蔵GPUがあったのだが、このCPUには内蔵グラフィックスがない。

実は、手持ちに前期型のGeForce GT 610があり、これが使えるかと思ったのだが、UEFIモードでは使えず。Windows ServerをUEFIモードでセットアップしたい筆者としては、新たにGPUを買い求める必要が出てきてしまったのであった。

今手に入る、一番安く、それでいてUEFIモードに対応しているGPUを探す。
もちろん、近年モデルはとうぜんUEFIに対応しているのだが、昨今の仮想通貨マイニングブームによってローエンドGPUまで品薄状態の現状では、手に入るGPUは世代の古いものばかり。

本製品はKepler世代コア採用のモデルで、ぎりぎりUEFI対応化が本格的に始まったころの製品らしく、今回の要件を満たす。また、電動ファンレスでサーバー向けというポイントも決定打となり、選択した。

今時珍しいPCIe Gen2の接続の製品でCUDAコアも192基しかないが、サーバー用途としては十分過ぎる製品だ。

ブラケット側の接続端子はHDMI、DVI-D、DSub(VGA)端子が1系統ずつ。
サーバー側に接続するモニターは古めのものになるのでこれで問題なし。

ファンレス仕様なので動作音はとても静か。
サーバー用途としては最適だ。

平常運転時の動作温度は38℃前後(画面写真参照)と低め。
これならば夏場でも問題なく運用できそうだ。

外部電源は不要で動作可能。
ファンレンス仕様がゆえにヒートシンクは太めのものが採用されており、本製品の接続に使用した直下のPCIeスロットは塞がる格好となる。
外観上はスリムに見えるが実は1.5スロット占有仕様なのであった。
ここは少し残念。
カード全長はもう少し長くしてもヒートシンクを薄くして1スロットモデルでもよかった気がしないこともない。

付属物はドライバーCDROMがあるのみ。ネット環境がない時の臨時用としてはありがたい。
ただ、筆者はドライバーCDROMは使わず、インターネット上のNVIDIAのサポートサイトからダウンロードして使用。
なお、Windows Server 2019ではWindows10用のものが使えた。

ところで、サーバー用であれば、そもそもCPUをグラフィックス内蔵のRyzen 3 3200Gでもよかったかな、とあとで気がついて一瞬、後悔した。
しかし、Ryzen 3 3200Gの価格は、本製品とRyzen 3 3100の価格の合算値くらいだったことをしり、結果、コスト的には損も得もしていないことに胸をなで下ろしたのであった

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]
玄人志向

GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]

最安価格(税込):¥3,480発売日:2019年 2月上旬 価格.comの安さの理由は?

GF-GT710-E1GB/HS [PCIExp 1GB]をお気に入り製品に追加する <146

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[グラフィックボード・ビデオカード]

グラフィックボード・ビデオカードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(グラフィックボード・ビデオカード)

ご注意