『廉価なA3対応機。FAX機能を使わずとも優秀なビジネス複合機!』 ブラザー プリビオ MFC-J6983CDW 親愛なる矜持さんのレビュー・評価

2019年 2月上旬 発売

プリビオ MFC-J6983CDW

  • 大容量2段トレイ・多目的トレイを搭載したA3フル対応のハイスペック複合機。インクジェットで約15万ページの高耐久を実現し、大量印刷ニーズにも対応する。
  • 1分間にA4カラー約20ページ、A4モノクロ約22ページの高速印刷を実現。1枚目の印刷時間はカラー約6.0秒、モノクロ約5.5秒で、出力の待ち時間を短縮。
  • 大手運送会社の送り状を専用のプリンタードライバーから発行可能。面倒な設定なしに、誰でも簡単に送り状をプリントできる。
プリビオ MFC-J6983CDW 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:インクジェット 最大用紙サイズ:A3 解像度:1200x4800dpi 機能:FAX/コピー/スキャナ プリビオ MFC-J6983CDWのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • プリビオ MFC-J6983CDWの価格比較
  • プリビオ MFC-J6983CDWの店頭購入
  • プリビオ MFC-J6983CDWのスペック・仕様
  • プリビオ MFC-J6983CDWの純正オプション
  • プリビオ MFC-J6983CDWのレビュー
  • プリビオ MFC-J6983CDWのクチコミ
  • プリビオ MFC-J6983CDWの画像・動画
  • プリビオ MFC-J6983CDWのピックアップリスト
  • プリビオ MFC-J6983CDWのオークション

プリビオ MFC-J6983CDWブラザー

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年 2月上旬

  • プリビオ MFC-J6983CDWの価格比較
  • プリビオ MFC-J6983CDWの店頭購入
  • プリビオ MFC-J6983CDWのスペック・仕様
  • プリビオ MFC-J6983CDWの純正オプション
  • プリビオ MFC-J6983CDWのレビュー
  • プリビオ MFC-J6983CDWのクチコミ
  • プリビオ MFC-J6983CDWの画像・動画
  • プリビオ MFC-J6983CDWのピックアップリスト
  • プリビオ MFC-J6983CDWのオークション

『廉価なA3対応機。FAX機能を使わずとも優秀なビジネス複合機!』 親愛なる矜持さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

プリビオ MFC-J6983CDWのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:49件
  • 累計支持数:442人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
0件
7件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
1件
6件
PCモニター・液晶ディスプレイ
2件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
印刷速度4
解像度4
静音性5
ドライバ5
付属ソフト5
印刷コスト4
サイズ4
廉価なA3対応機。FAX機能を使わずとも優秀なビジネス複合機!

【購入経緯】
小規模な音楽制作プリプロダクション・スタジオへの設置用に購入。
Wi-Fi接続のみで使用。
常設常時の接続はApple/MacProのみ。
客が持ち込むMac・Windowsのノートパソコン、iOS・Androidの端末、全てからの接続が見込まれ使用者は不特定。
よって、使い易く分かり易い機種を選定したところ、当機となった。
私がブラザー製の家庭用インクジェット機に慣れていることもあったが、
それを抜きにして同クラス他機 (特にEPSON/PX-M5081F) と比較しても当機が優れているため購入した。
しかも、最安34,000円 (2019年10月下旬) と他社同クラス機に比べ安価であった。

(※尚、FAX機能は不要なので使用していない。)


【デザイン】
特段洗練しているわけではないが、無駄な装飾的要素は無くシンプルで好感が持てる。
角や端が全て丸いので、服などを引っ掛ける心配が無い。


【印刷速度】
公称はA4で、カラー:20ページ/1分、モノクロ:22ページ/1分。
速いことを宣伝している。
確かに動作がテキパキしていて速い印象。
特段とても速いとは感じないが、一般的には速めだと思う。
ストレスは感じない。


【解像度】
印刷品質の設定でかなり変わる。
「最高品質」で印刷するとキレイ。
「普通」や「高品質」の設定だと、ドットの精度がエプソンやキャノンの同クラス機より若干劣るかも。
しかし、テキストやグラフなどの一般書類で考えれば十分な品質である。
実用上の不足を一切感じない。


【静音性】
全く問題なし。
静音モードで動作させれば静かだと思う。
ただ、静音モードの場合は印刷速度が遅くなるので使っていない。
静音モードがオフでも動作音気にならない。


【ドライバ】
ブラザーの該当サイトから一括ダウンロードしインストール。
ダウンロードサイトでは、使用しているパソコンのOSを自動的に選択してくれるので、
分からなくなることはないだろう。明快だと思う。


【付属ソフト】
パソコン、タブレット、スマホの全てに用意されたアプリ・・・
Windows「Btother iPrint&Scan」
Mac「iPrint&Scan Push Scan Tool」
iOS/Android「Btother iPrint&Scan」
・・・を使用すると便利。


【印刷コスト】
大容量インクなど、各社、印刷コスト低減に注力している近年、
ブラザーの印刷コスト優位性は若干下がったとはいえ、
全般的にブラザーのインクカートリッジはエプソンやキャノンに比べ安価。
当機と同性能の大容量インクカートリッジ対応機「MFC-J6997CDW」は
当機より3万円も高い。(2019年12月)
3万円分のインクカートリッジを買えるならば、間違いなく当機の方が印刷コストは低くなる。
インクカートリッジの交換に煩雑さはなく極めて容易なのでストレスはない。


【サイズ】
A4インクジェット機に慣れている人が当機を初めて見ると、その大きさに驚く。
しかし、A3判の印刷やスキャンにフル対応し、用紙トレイが二段あるわけで、
これくらいの大きさは仕方がない。寧ろ、コンパクトな方だと思う。

ただし、購入前に寸法を必ず事前確認し、設置予定場所のスペースが足りるかを調べたほうが良いだろう。
製品写真は最も「小さい」状態のものであることに留意したい。
排紙トレイを手前に引き出したりA3用紙の用紙トレイ常設時の前方拡張、
また、多目的トレイ展開時の後方拡張を考慮する必要がある。


【多目的トレイ】
本体後背部に付いている大型トレイ。
これが付いているだけで、購入動機を強力に後押しする。
家庭用のインクジェット機には「手差しトレイ」として付属的に装備されている。
「手差しトレイ」の場合、1枚ずつの給紙しか出来ないものが多い。
たまにしか使わない前提だからだ。それでも便利な「手差しトレイ」。
ライバル機となるビジネスインクジェット機「EPSON/PX-M5081F」もこの「手差しトレイ」だ。
当機には「多目的トレイ」が装備されている。
「手差し」ではなく「多目的」であるのがミソだ。
一般印刷用紙を100枚、ハガキでも50枚を一度にセットすることが出来る。
常設トレイと異なり、カートリッジ方式ではないため、
入れ替えがとても容易。
当方は、常設の用紙トレイ@をA4、用紙トレイAをA3の専用とし、
「多目的トレイ」で必要に応じてB4もしくはB5をセットするようにしている。
例えばB5で10枚を印刷したい場合、常設の用紙トレイを引き出し開けてB5に交換しなくても、
「多目的トレイ」にB5用紙を10枚ほどバサッと置いて一気に印刷。
用紙が残ったら、そのまま引き上げれば良い。


【総評】
FAX機能を使用していないので勿体ないが、
FAX機能を差し引いても、当機の機能と価格のバランスは他よりも明らかに優れている。
購入して失敗ということは考えにくい。
オススメ出来る良品だ。

願わくば、大容量インク対応のFAX無しモデルを安価に発売してほしい!

印刷目的
文書

参考になった25人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
印刷速度4
解像度4
静音性5
ドライバ5
付属ソフト5
印刷コスト4
サイズ4
廉価なA3対応機。FAX機能を使わずとも優秀なビジネス複合機!

【購入経緯】
小規模な音楽制作プリプロダクション・スタジオへの設置用に購入。
Wi-Fi接続のみで使用。
常設常時の接続はApple/MacProのみ。
客が持ち込むMac・Windowsのノートパソコン、iOS・Androidの端末、全てからの接続が見込まれ使用者は不特定。
よって、使い易く分かり易い機種を選定したところ、当機となった。
私がブラザー製の家庭用インクジェット機に慣れていることもあったが、
それを抜きにして同クラス他機 (特にEPSON/PX-M5081F) と比較しても当機が優れているため購入した。
しかも、最安34,000円 (2019年10月下旬) と他社同クラス機に比べ安価であった。

(※尚、FAX機能は不要なので使用していない。)


【デザイン】
特段洗練しているわけではないが、無駄な装飾的要素は無くシンプルで好感が持てる。
角や端が全て丸いので、服などを引っ掛ける心配が無い。


【印刷速度】
公称はA4で、カラー:20ページ/1分、モノクロ:22ページ/1分。
速いことを宣伝している。
確かに動作がテキパキしていて速い印象。
特段とても速いとは感じないが、一般的には速めだと思う。
ストレスは感じない。


【解像度】
「印刷品質」の設定でかなり変わる。
「最高品質」で印刷するとキレイ。
「普通」や「高品質」の設定だと、ドットの精度がエプソンやキャノンの同クラス機より若干劣るかも。
しかし、テキストやグラフなどの一般書類で考えれば十分な品質である。
実用上の不足を一切感じない。


【静音性】
全く問題なし。
静音モードで動作させれば静かだと思う。
ただ、静音モードの場合は印刷速度が遅くなるので使っていない。
静音モードがオフでも動作音気にならない。


【ドライバ】
ブラザーの該当サイトから一括ダウンロードしインストール。
ダウンロードサイトでは、使用しているパソコンのOSを自動的に選択してくれるので、
分からなくなることはないだろう。明快だと思う。


【付属ソフト】
パソコン、タブレット、スマホの全てに用意されたアプリ・・・
Windows「Btother iPrint&Scan」
Mac「iPrint&Scan Push Scan Tool」
iOS/Android「Btother iPrint&Scan」
・・・を使用すると便利。


【印刷コスト】
大容量インクなど、各社、印刷コスト低減に注力している近年、
ブラザーの印刷コスト優位性は若干下がったとはいえ、
全般的にブラザーのインクカートリッジはエプソンやキャノンに比べ安価。
当機と同性能の大容量インクカートリッジ対応機「MFC-J6997CDW」は
当機より3万円も高い。(2019年12月)
3万円分のインクカートリッジを買えるならば、間違いなく当機の方が印刷コストは低くなる。
インクカートリッジの交換に煩雑さはなく極めて容易なのでストレスはない。


【サイズ】
A4インクジェット機に慣れている人が当機を初めて見ると、その大きさに驚く。
しかし、A3判の印刷やスキャンにフル対応し、用紙トレイが二段あるわけで、
これくらいの大きさは仕方がない。寧ろ、コンパクトな方だと思う。

ただし、購入前に寸法を必ず事前確認し、設置予定場所のスペースが足りるかを調べたほうが良いだろう。
製品写真は最も「小さい」状態のものであることに留意したい。
排紙トレイを手前に引き出したりA3用紙の用紙トレイ常設時の前方拡張、
また、多目的トレイ展開時の後方拡張を考慮する必要がある。


【多目的トレイ】
本体後背部に付いている大型トレイ。
これが付いているだけで、購入動機を強力に後押しする。
家庭用のインクジェット機には「手差しトレイ」として付属的に装備されている。
「手差しトレイ」の場合、1枚ずつの給紙しか出来ないものが多い。
たまにしか使わない前提だからだ。それでも便利な「手差しトレイ」。
ライバル機となるビジネスインクジェット機「EPSON/PX-M5081F」もこの「手差しトレイ」だ。
当機には「多目的トレイ」が装備されている。
「手差し」ではなく「多目的」であるのがミソだ。
一般印刷用紙を100枚、ハガキでも50枚を一度にセットすることが出来る。
常設トレイと異なり、カートリッジ方式ではないため、
入れ替えがとても容易。
当方は、常設の用紙トレイ@をA4、用紙トレイAをA3の専用とし、
「多目的トレイ」で必要に応じてB4もしくはB5をセットするようにしている。
例えばB5で10枚を印刷したい場合、常設の用紙トレイを引き出し開けてB5に交換しなくても、
「多目的トレイ」にB5用紙を10枚ほどバサッと置いて一気に印刷。
用紙が残ったら、そのまま引き上げれば良い。

【総評】
FAX機能を使用していないので勿体ないが、
FAX機能を差し引いても、当機の機能と価格のバランスは他よりも明らかに優れている。
購入して失敗ということは考えにくい。
オススメ出来る良品だ。

願わくば、大容量インク対応のFAX無しモデルを安価に発売してほしい!

印刷目的
文書

参考になった0

満足度5
デザイン5
印刷速度4
解像度4
静音性5
ドライバ5
付属ソフト5
印刷コスト4
サイズ4
廉価なA3対応機。小規模オフィスの強力な味方。良品!

【購入経緯】
小規模な音楽制作プリプロダクション・スタジオへの設置用に購入。
Wi-Fi接続のみで使用。
常設常時の接続はApple/MacProのみ。
客が持ち込むMac・Windowsのノートパソコン、iOS・Androidの端末、全てからの接続が見込まれ使用者は不特定。
よって、使い易く分かり易い機種を選定したところ、当機となった。
私がブラザー製の家庭用インクジェット機に慣れていることもあったが、
それを抜きにして同クラス他機 (特にEPSON/PX-M5081F) と比較しても当機が優れているため購入した。
しかも、最安34,000円 (2019年10月下旬) と他社同クラス機に比べ安価であった。

(※尚、FAX機能は不要なので使用していない。)


【デザイン】
特段洗練しているわけではないが、無駄な装飾的要素は無くシンプルで好感が持てる。
角や端が全て丸いので、服などを引っ掛ける心配が無い。


【印刷速度】
公称はA4で、カラー:20ページ/1分、モノクロ:22ページ/1分。
速いことを宣伝している。
確かに動作がテキパキしていて速い印象。
特段とても速いとは感じないが、一般的には速めだと思う。
ストレスは感じない。


【解像度】
「印刷品質」の設定でかなり変わる。
「最高品質」で印刷するとキレイ。
「普通」や「高品質」の設定だと、ドットの精度がエプソンやキャノンの同クラス機より若干劣るかも。
しかし、テキストやグラフなどの一般書類で考えれば十分な品質である。
実用上の不足を一切感じない。


【静音性】
全く問題なし。
静音モードで動作させれば静かだと思う。
ただ、静音モードの場合は印刷速度が遅くなるので使っていない。
静音モードがオフでも動作音気にならない。


【ドライバ】
ブラザーの該当サイトから一括ダウンロードしインストール。
ダウンロードサイトでは、使用しているパソコンのOSを自動的に選択してくれるので、
分からなくなることはないだろう。明快だと思う。


【付属ソフト】
パソコン、タブレット、スマホの全てに用意されたアプリ・・・
Windows「Btother iPrint&Scan」
Mac「iPrint&Scan Push Scan Tool」
iOS/Android「Btother iPrint&Scan」
・・・を使用すると便利。


【印刷コスト】
大容量インクなど、各社、印刷コスト低減に注力している近年、
ブラザーの印刷コスト優位性は若干下がったとはいえ、
全般的にブラザーのインクカートリッジはエプソンやキャノンに比べ安価。
当機と同性能の大容量インクカートリッジ対応機「MFC-J6997CDW」は
当機より3万円も高い。(2019年12月)
3万円分のインクカートリッジを買えるならば、間違いなく当機の方が印刷コストは低くなる。
インクカートリッジの交換に煩雑さはなく極めて容易なのでストレスはない。


【サイズ】
A4インクジェット機に慣れている人が当機を初めて見ると、その大きさに驚く。
しかし、A3判の印刷やスキャンにフル対応し、用紙トレイが二段あるわけで、
これくらいの大きさは仕方がない。寧ろ、コンパクトな方だと思う。

ただし、購入前に寸法を必ず事前確認し、設置予定場所のスペースが足りるかを調べたほうが良いだろう。
製品写真は最も「小さい」状態のものであることに留意したい。
排紙トレイを手前に引き出したりA3用紙の用紙トレイ常設時の前方拡張、
また、多目的トレイ展開時の後方拡張を考慮する必要がある。


【多目的トレイ】
本体後背部に付いている大型トレイ。
これが付いているだけで、購入動機を強力に後押しする。
家庭用のインクジェット機には「手差しトレイ」として付属的に装備されている。
「手差しトレイ」の場合、1枚ずつの給紙しか出来ないものが多い。
たまにしか使わない前提だからだ。それでも便利な「手差しトレイ」。
ライバル機となるビジネスインクジェット機「EPSON/PX-M5081F」もこの「手差しトレイ」だ。
当機には「多目的トレイ」が装備されている。
「手差し」ではなく「多目的」であるのがミソだ。
一般印刷用紙を100枚、ハガキでも50枚を一度にセットすることが出来る。
常設トレイと異なり、カートリッジ方式ではないため、
入れ替えがとても容易。
当方は、常設の用紙トレイ@をA4、用紙トレイAをA3の専用とし、
「多目的トレイ」で必要に応じてB4もしくはB5をセットするようにしている。
例えばB5で10枚を印刷したい場合、常設の用紙トレイを引き出し開けてB5に交換しなくても、
「多目的トレイ」にB5用紙を10枚ほどバサッと置いて一気に印刷。
用紙が残ったら、そのまま引き上げれば良い。

【総評】
FAX機能を使用していないので勿体ないが、
FAX機能を差し引いても、当機の機能と価格のバランスは他よりも明らかに優れている。
購入して失敗ということは考えにくい。
オススメ出来る良品だ。

願わくば、大容量インク対応のFAX無しモデルを安価に発売してほしい!

印刷目的
文書

参考になった0

満足度5
デザイン5
印刷速度4
解像度4
静音性5
ドライバ5
付属ソフト5
印刷コスト4
サイズ4
廉価なA3対応機。小規模オフィスの強力な味方。良品!

【購入経緯】
小規模な音楽制作プリプロダクション・スタジオへの設置用に購入。
Wi-Fi接続のみで使用。
常設常時の接続はApple/MacProのみ。
客が持ち込むMac・Windowsのノートパソコン、iOS・Androidの端末、全てからの接続が見込まれ使用者は不特定。
よって、使い易く分かり易い機種を選定したところ、当機となった。
私がブラザー製の家庭用インクジェット機に慣れていることもあったが、
それを抜きにして同クラス他機と比較しても当機が優れていると感じたため購入した。
しかも、最安34,000円 (2019年10月下旬) と圧倒的安価であった。
(※尚、FAXは不要なので使用していない。)


【デザイン】
特段洗練しているわけではないが、無駄な装飾的要素は無くシンプルで好感が持てる。
角や端が全て丸いので、服などを引っ掛ける心配が無い。


【印刷速度】
公称はA4で、カラー:20ページ/1分、モノクロ:22ページ/1分。
速いことを宣伝している。
確かに動作がテキパキしていて速い印象。
特段とても速いとは感じないが、一般的には速めだと思う。
ストレスは感じない。


【解像度】
「印刷品質」の設定でかなり変わる。
「最高品質」で印刷するとキレイ。
「普通」や「高品質」の設定だと、ドットの精度がエプソンやキャノンの同クラス機より若干劣るかも。
しかし、テキストやグラフなどの一般書類で考えれば十分な品質である。
実用上の不足を一切感じない。


【静音性】
全く問題なし。
静音モードで動作させれば静かだと思う。
ただ、静音モードの場合は印刷速度が遅くなるので使っていない。
静音モードがオフでも動作音気にならない。


【ドライバ】
ブラザーの該当サイトから一括ダウンロードしインストール。
ダウンロードサイトでは、使用しているパソコンのOSを自動的に選択してくれるので、
分からなくなることはないだろう。明快だと思う。


【付属ソフト】
パソコン、タブレット、スマホの全てに用意されたアプリ・・・
Windows「Btother iPrint&Scan」
Mac「iPrint&Scan Push Scan Tool」
iOS/Android「Btother iPrint&Scan」
・・・を使用すると便利。


【印刷コスト】
大容量インクなど、各社、印刷コスト低減に注力している近年、
ブラザーの印刷コスト優位性は若干下がったとはいえ、
全般的にブラザーのインクカートリッジはエプソンやキャノンに比べ安価。
当機と同性能の大容量インクカートリッジ対応機「MFC-J6997CDW」は
当機より3万円も高い。(2019年12月)
3万円分のインクカートリッジを買えるならば、間違いなく当機の方が印刷コストは低くなる。
インクカートリッジの交換に煩雑さはなく極めて容易なのでストレスはない。


【サイズ】
A4インクジェット機に慣れている人が当機を初めて見ると、その大きさに驚く。
しかし、A3判の印刷やスキャンにフル対応し、用紙トレイが二段あるわけで、
これくらいの大きさは仕方がない。寧ろ、コンパクトな方だと思う。

ただし、購入前に寸法を必ず事前確認し、設置予定場所のスペースが足りるかを調べたほうが良いだろう。
製品写真は最も「小さい」状態のものであることに留意したい。
排紙トレイを手前に引き出したりA3用紙の用紙トレイ常設時の前方拡張、
また、多目的トレイ展開時の後方拡張を考慮する必要がある。


【総評】
FAX機能を使用していないので勿体ないが、
FAX機能を差し引いても、当機の機能と価格のバランスは他よりも優れている。
購入して失敗ということは考えにくい。
オススメ出来る良品だ。

願わくば、大容量インク対応のFAX無しモデルを安価に発売してほしい!

印刷目的
文書

参考になった0

満足度5
デザイン5
印刷速度4
解像度4
静音性5
ドライバ5
付属ソフト5
印刷コスト4
サイズ4
廉価なA3対応機。小規模オフィスの強力な味方。良品!

【購入経緯】
小規模な音楽制作プリプロダクション・スタジオへの設置用に購入。
Wi-Fi接続のみで使用。
常設常時の接続はApple/MacProのみ。
客が持ち込むMac・Windowsのノートパソコン、iOS・Androidの端末、全てからの接続が見込まれ使用者は不特定。
よって、使い易く分かり易い機種を選定したところ、当機となった。
私がブラザー製の家庭用インクジェット機に慣れていることもあったが、
それを抜きにして同クラス他機と比較しても当機が優れていると感じたため購入した。
しかも、最安34,000円 (2019年10月下旬) と圧倒的安価であった。
(※尚、FAXは不要なので使用していない。)


【デザイン】
特段洗練しているわけではないが、無駄な装飾的要素は無くシンプルで好感が持てる。
角や端が全て丸いので、服などを引っ掛ける心配が無い。


【印刷速度】
公称はA4で、カラー:20ページ/1分、モノクロ:22ページ/1分。
速いことを宣伝している。
確かに動作がテキパキしていて速い印象。
特段とても速いとは感じないが、一般的には速めだと思う。
ストレスは感じない。


【解像度】
「印刷品質」の設定でかなり変わる。
「最高品質」で印刷するとキレイ。
「普通」や「高品質」の設定だと、ドットの精度がエプソンやキャノンの同クラス機より若干劣るかも。
しかし、テキストやグラフなどの一般書類で考えれば十分な品質である。
実用上の不足を一切感じない。


【静音性】
全く問題なし。
静音モードで動作させれば静かだと思う。
ただ、静音モードの場合は印刷速度が遅くなるので使っていない。
静音モードがオフでも動作音気にならない。


【ドライバ】
ブラザーの該当サイトから一括ダウンロードしインストール。
ダウンロードサイトでは、使用しているパソコンのOSを自動的に選択してくれるので、
分からなくなることはないだろう。明快だと思う。


【付属ソフト】
パソコン、タブレット、スマホの全てに用意されたアプリ・・・
Windows「Btother iPrint&Scan」
Mac「iPrint&Scan Push Scan Tool」
iOS/Android「Btother iPrint&Scan」
・・・を使用すると便利。


【印刷コスト】
大容量インクなど、各社、印刷コスト低減に注力している近年、
ブラザーの印刷コスト優位性は若干下がったとはいえ、
全般的にブラザーのインクカートリッジはエプソンやキャノンに比べ安価。
当機と同性能の大容量インクカートリッジ対応機「MFC-J6997CDW」は
当機より3万円も高い。(2019年12月)
3万円分のインクカートリッジを買えるならば、間違いなく当機の方が印刷コストは低くなる。
インクカートリッジの交換に煩雑さはなく極めて容易なのでストレスはない。

【サイズ】
A4インクジェット機に慣れている人が当機を初めて見ると、その大きさに驚く。
しかし、A3判の印刷やスキャンにフル対応し、用紙トレイが二段あるわけで、
これくらいの大きさは仕方がない。寧ろ、コンパクトな方だと思う。
購入前に寸法を確認し、設置予定場所のスペースが足りるかを事前に調べたほうが良いだろう。
排紙トレイを手前に引き出したりA3用紙の用紙トレイ常設時の前方拡張、
また、多目的トレイ展開時の後方拡張を考慮する必要がある。


【総評】
FAX機能を使用していないので勿体ないが、
FAX機能を差し引いても、当機の機能と価格のバランスは他よりも優れている。
購入して失敗ということは考えにくい。
オススメ出来る良品だ。

願わくば、大容量インク対応のFAX無しモデルを安価に発売してほしい!

印刷目的
文書

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「プリビオ MFC-J6983CDW」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
電源が入らなくなる。  2 2020年6月12日 22:25
もっと早く変えておけば良かった  5 2020年6月4日 16:20
ブラザーのMFC-6490CNからの買い替え  5 2020年5月31日 17:18
大きいが早いです  5 2020年4月29日 18:33
はじめてのブラザー  3 2020年2月29日 14:36
期待通り  5 2020年1月17日 01:34
いいと思います  3 2020年1月8日 16:19
定評通り中学受験の勉強に最適  5 2020年1月5日 10:55
廉価なA3対応機。FAX機能を使わずとも優秀なビジネス複合機!  5 2019年12月2日 14:58
便利な機能豊富  5 2019年9月27日 11:10

プリビオ MFC-J6983CDWのレビューを見る(レビュアー数:18人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

プリビオ MFC-J6983CDWのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

プリビオ MFC-J6983CDW
ブラザー

プリビオ MFC-J6983CDW

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年 2月上旬

プリビオ MFC-J6983CDWをお気に入り製品に追加する <828

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリンタ]

プリンタの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリンタ)

ご注意