『機能、画質、コストがバランスされた機種』 SONY α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキット KM-Photoさんのレビュー・評価

2019年 2月22日 発売

α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキット

  • 0.02秒の高速AFを実現したミラーレス一眼カメラ。小型軽量ボディにAPS-Cサイズの有効約2420万画素CMOSイメージセンサー「Exmor」を搭載。
  • リアルタイム瞳AF、被写体を追従し続けるリアルタイムトラッキング、動画撮影時のファストハイブリッドAFなど、AF性能が大幅に向上。
  • タッチ操作に対応した180度チルト可動式液晶モニターを採用。Eマウント用高倍率ズームレンズ「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」が付属する。
α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキット 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥174,900

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

価格帯:¥174,900¥174,900 (1店舗) メーカー希望小売価格:オープン
付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2500万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:359g α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットのスペック・仕様

【付属レンズ内容】E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135

ご利用の前にお読みください

 
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットの価格比較
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットの中古価格比較
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットの買取価格
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットの店頭購入
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットのスペック・仕様
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットの純正オプション
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットのレビュー
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットのクチコミ
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットの画像・動画
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットのピックアップリスト
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットのオークション

α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットSONY

最安価格(税込):¥174,900 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 2月22日

  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットの価格比較
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットの中古価格比較
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットの買取価格
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットの店頭購入
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットのスペック・仕様
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットの純正オプション
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットのレビュー
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットのクチコミ
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットの画像・動画
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットのピックアップリスト
  • α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットのオークション

『機能、画質、コストがバランスされた機種』 KM-Photoさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットのレビューを書く

KM-Photoさん

  • レビュー投稿数:44件
  • 累計支持数:434人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
30件
122件
デジタル一眼カメラ
5件
81件
フラッシュ・ストロボ
5件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
機能、画質、コストがバランスされた機種
別機種E16-55Gとでメインシステムとして過不足なし
別機種E18-135とでハイレベルな軽量便利システム
 

E16-55Gとでメインシステムとして過不足なし

E18-135とでハイレベルな軽量便利システム

 

2年半使ったα6300から更新しました。
E16-55F2.8が手ぶれ補正無しなので、ボディ内手ぶれ補正ありのα6600も検討しましたが、値付けとサイズ感に納得出来ず本機を選びました。
今までのAPS-C使用歴はNEX-7→α6000→α6300→本機。
現在の使用レンズは
E16-55F2.8、E18-135、E70-350、FE70-200F4
E20F2.8、FE28F2、FE55F1.8、FE85F1.8、シグマ16F1.4

【デザイン】
デザインはα6000シリーズとして一貫しています。質感は、α6300よりチープな感じはしますが、現在同価格帯のα6100のプラボディにベタッとした塗装と違い梨地塗装なので、そこまで安っぽく感じません。α6100はかなり安っぽく感じました。
【画質】
α6300比でややアッサリ、スッキリ目な絵作りに感じます。AF精度が上がりバチピンが増えたので、実質画質アップした感覚です。高感度は大差無いかなと思いますが、暗部が多くなければ、ISO6400も個人的にいけるかなという感じ、ISO3200は全然OKです。
【操作性】
α6300からタッチパネルの追加やメニューの項目も細々と変わっていて、私は使いやすくなったと感じます。
【バッテリー】
これは今までのα6000シリーズ通りですね。予備必須。慣れているので問題なしです。
α6600の大容量バッテリーは魅力的ですが、サイズ感がややスポイルされるので、今は個人的にこれで十分です。
【携帯性】
良いです。フルサイズからメインをAPS-Cに移した理由です。
比較したα6600は手ぶれ補正、大型バッテリー搭載の割にはコンパクトですが、やはりα6400と比べるとドッシリ大きいと感じました。
【機能性】
リアルタイムトラッキングが素晴らしい。
α6000→α6300→α6400と使ってきて確実にAFが進化しています。はじめて動体撮影自慢を謳ったα6000は子供撮影でさえなかなかAF追従が満足出来ない事が多く、α6300でやっとまともに追従するかな?というレベルになりましたが、それでもまだまだだな〜という場面も多かったです。しかしα6400のリアルタイムトラッキングを使うと追従はほぼ外さず、精度もかなり高いと感じます。
ボディ内手ぶれ補正は有りませんが、手持ちのレンズ内手ぶれ補正無しのレンズとの組み合わせも問題なく使えております。(被写体が子供なので、SS高めに設定する為)
動体スチルメインなら、手ぶれ補正は必須とは思いません。
逆に静物メインでSS落として、ISO落としてと言うのであれば、高機能なAFは必要ないのでα6600ではなくα6500でも十分だと思います。
【液晶】
必要十分です。
【ホールド感】
α6300と同等です。良くは無いですが慣れているので問題なく使えています。
【総評】
現在の選択としてα6600が比較に上がるかもしれませんが、私の場合α7Vを18万程度で買っているので、15万を越す値付けは許容出来ませんでした。
確かに大容量バッテリーや手ぶれ補正は魅力的でしたが、AF機能が同じで撮れる絵が変わらないのであれば、私はより小型なα6400のほうが魅力的でした。
値段差を考えると尚更です。
(と言いながらも、もしα6600が12万円台位なら行っていたかもしれませんが)
とにかく質感がややチープになったくらいで、α6300からの更新では機能面コスト面を中心に大変満足しています。


(キットレンズのレビュー追記)
キットレンズ(E18-135)のレビューを単品のページにしたのですが、こちらに記載するようにと運営から連絡ががありましたので、追記しておきます。

E16-55F2.8を購入して以降、E16-70F4が非常に中途半端な立場となり、あまり出番がなくなった為、
α6400のキットで本レンズを手に入れる形で入れ替えました。
【操作性】
何も問題ありません。
【表現力】
ボケの量やボケ味、出てくる絵の透明感と言うか、雰囲気はやはり2.8ズームや単焦点とは比較出来ませんが、解像度や収差と言う点ではなかなかのレベルだと思います。特に高倍率ズームにありがちなテレ端での解像度低下があまり感じられなかったのが驚きでした。
これだけで、高倍率ズームとしての価値がグッと上がっていると感じました。
【携帯性】
7.5倍の高倍率ズームとしては非常にコンパクトだと思います。
メインで使用しているE16-55F2.8Gとの比較では長さは大きく変わりませんが、細身でとても軽量なので、取り回し良好です。
【機能性】
AFは非常に早く。手ぶれ補正も良く効いていると思います。
【総評】
基本はE16-55F2.8を使ってますが、子供連れのテーマパークや旅行などではほぼ一本で完結できるのでE16-70F4よりは使い分けが出来ると感じています。
その上、便利だから仕方なく使うと言うレベルの描写では無いと感じます。
このレンズがキットだと3万円代で手に入ると考えるとかなりお得かなと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
子供・動物

参考になった26人(再レビュー後:24人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
機能、画質、コストがバランスされた機種
別機種E16-55Gとでメインシステムとして過不足なし
   

E16-55Gとでメインシステムとして過不足なし

   

2年半使ったα6300から更新しました。
E16-55F2.8が手ぶれ補正無しなので、ボディ内手ぶれ補正ありのα6600も検討しましたが、値付けとサイズ感に納得出来ず本機を選びました。
今までのAPS-C使用歴はNEX-7→α6000→α6300→本機。
現在の使用レンズは
E16-55F2.8、E18-135、E70-350、FE70-200F4
E20F2.8、FE28F2、FE55F1.8、FE85F1.8、シグマ16F1.4

【デザイン】
デザインはα6000シリーズとして一貫しています。質感は、α6300よりチープな感じはしますが、現在同価格帯のα6100のプラボディにベタッとした塗装と違い梨地塗装なので、そこまで安っぽく感じません。α6100はかなり安っぽく感じました。
【画質】
α6300比でややアッサリ、スッキリ目な絵作りに感じます。AF精度が上がりバチピンが増えたので、実質画質アップした感覚です。高感度は大差無いかなと思いますが、暗部が多くなければ、ISO6400も個人的にいけるかなという感じ、ISO3200は全然OKです。
【操作性】
α6300からタッチパネルの追加やメニューの項目も細々と変わっていて、私は使いやすくなったと感じます。
【バッテリー】
これは今までのα6000シリーズ通りですね。予備必須。慣れているので問題なしです。
α6600の大容量バッテリーは魅力的ですが、サイズ感がややスポイルされるので、今は個人的にこれで十分です。
【携帯性】
良いです。フルサイズからメインをAPS-Cに移した理由です。
比較したα6600は手ぶれ補正、大型バッテリー搭載の割にはコンパクトですが、やはりα6400と比べるとドッシリ大きいと感じました。
【機能性】
リアルタイムトラッキングが素晴らしい。
α6000→α6300→α6400と使ってきて確実にAFが進化しています。はじめて動体撮影自慢を謳ったα6000は子供撮影でさえなかなかAF追従が満足出来ない事が多く、α6300でやっとまともに追従するかな?というレベルになりましたが、それでもまだまだだな〜という場面も多かったです。しかしα6400のリアルタイムトラッキングを使うと追従はほぼ外さず、精度もかなり高いと感じます。
ボディ内手ぶれ補正は有りませんが、手持ちのレンズ内手ぶれ補正無しのレンズとの組み合わせも問題なく使えております。(被写体が子供なので、SS高めに設定する為)
動体スチルメインなら、手ぶれ補正は必須とは思いません。
逆に静物メインでSS落として、ISO落としてと言うのであれば、高機能なAFは必要ないのでα6600ではなくα6500でも十分だと思います。
【液晶】
必要十分です。
【ホールド感】
α6300と同等です。良くは無いですが慣れているので問題なく使えています。
【総評】
現在の選択としてα6600が比較に上がるかもしれませんが、私の場合α7Vを18万程度で買っているので、15万を越す値付けは許容出来ませんでした。
確かに大容量バッテリーや手ぶれ補正は魅力的でしたが、AF機能が同じで撮れる絵が変わらないのであれば、私はより小型なα6400のほうが魅力的でした。
値段差を考えると尚更です。
(と言いながらも、もしα6600が12万円台位なら行っていたかもしれませんが)
とにかく質感がややチープになったくらいで、α6300からの更新では機能面コスト面を中心に大変満足しています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
子供・動物

参考になった2

満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
機能、画質、コストがバランスされた機種
別機種E16-55Gと合わせてメインシステムとして過不足なし
   

E16-55Gと合わせてメインシステムとして過不足なし

   

2年半使ったα6300から更新しました。
E16-55F2.8が手ぶれ補正無しなので、ボディ内手ぶれ補正ありのα6600も検討しましたが、値付けとサイズ感に納得出来ず本機を選びました。
今までのAPS-C使用歴はNEX-7→α6000→α6300→本機。
現在の使用レンズは
E16-55F2.8、E18-135、E70-350、FE70-200F4
E20F2.8、FE28F2、FE55F1.8、FE85F1.8、シグマ16F1.4

【デザイン】
デザインはα6000シリーズとして一貫していますが、質感は前機種のα6300のマグネシウムボディからプラになっています。しかしα6100と違い梨地塗装なので、私はそこまで大きな質感低下を感じませんでした。α6100のベタッとした塗装はかなり安っぽく感じました。
【画質】
α6300比でややアッサリ、スッキリ目な絵作りに感じます。AF精度が上がりバチピンが増えたので、実質画質アップした感覚です。高感度は大差無いかなと思いますが、暗部が多くなければ、ISO6400も個人的にいけるかなという感じ、ISO3200は全然OKです。
【操作性】
α6300からタッチパネルの追加やメニューの項目も細々と変わっていて、私は使いやすくなったと感じます。
【バッテリー】
これは今までのα6000シリーズ通りですね。予備必須。慣れているので問題なしです。
α6600の大容量バッテリーは魅力的ですが、サイズ感がややスポイルされるので、今は個人的にこれで十分です。
【携帯性】
良いです。フルサイズからメインをAPS-Cに移した理由です。
比較したα6600は手ぶれ補正、大型バッテリー搭載の割にはコンパクトですが、やはりα6400の比べるとドッシリ大きいと感じました。
【機能性】
リアルタイムトラッキングが素晴らしい。
α6000→α6300→α6400と使ってきて確実にAFが進化しています。はじめて動体撮影自慢を謳ったα6000は子供撮影でさえなかなかAF追従が満足出来ない事が多く、α6300でやっとまともに追従するかな?というレベルになりましたが、それでもまだまだだな〜という場面も多かったです。しかしα6400のリアルタイムトラッキングを使うと追従はほぼ外さず、精度もかなり高いと感じます。
ボディ内手ぶれ補正は有りませんが、手持ちのレンズ内手ぶれ補正無しのレンズとの組み合わせも問題なく使えております。(被写体が子供なので、SS高めに設定する為)
動体スチルメインなら、手ぶれ補正は必須とは思いません。
逆に静物メインでSS落として、ISO落としてと言うのであれば、高機能なAFは必要ないのでα6600ではなくα6500でも十分だと思います。
【液晶】
必要十分です。
【ホールド感】
α6300と同等です。良くは無いですが慣れているので問題なく使えています。
【総評】
現在の選択としてα6600が比較に上がるかもしれませんが、私の場合α7Vを18万程度で買っているので、15万を越す値付けは許容出来ませんでした。
確かに大容量バッテリーや手ぶれ補正は魅力的でしたが、AF機能が同じで撮れる絵が変わらないのであれば、私はより小型なα6400のほうが魅力的でした。
値段差を考えると尚更です。
(と言いながらも、もしα6600が12万円台位なら行っていたかもしれませんが)
とにかく質感がチープになったくらいで、α6300からの更新では機能面コスト面を中心に大変満足しています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
子供・動物

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキット」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキット
SONY

α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキット

最安価格(税込):¥174,900発売日:2019年 2月22日 価格.comの安さの理由は?

α6400 ILCE-6400M 高倍率ズームレンズキットをお気に入り製品に追加する <741

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意