『待ちに待ったMINI-STX Ryzen-PC』 ASRock DeskMini A300/B/BB/BOX/JP masterkskさんのレビュー・評価

DeskMini A300/B/BB/BOX/JP

「Ryzen」を搭載可能な小型ベアボーンキット

DeskMini A300/B/BB/BOX/JP 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥17,263 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2019年 2月 8日

店頭参考価格帯:¥19,958 〜 ¥19,958 (全国50店舗)最寄りのショップ一覧

ケースタイプ:省スペース型 CPUスロット:SocketAM4 対応メモリー:Ryzen CPU:DDR4 2933/A-series APU:DDR4 2400 SATA:2 DeskMini A300/B/BB/BOX/JPのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DeskMini A300/B/BB/BOX/JPの価格比較
  • DeskMini A300/B/BB/BOX/JPの店頭購入
  • DeskMini A300/B/BB/BOX/JPのスペック・仕様
  • DeskMini A300/B/BB/BOX/JPのレビュー
  • DeskMini A300/B/BB/BOX/JPのクチコミ
  • DeskMini A300/B/BB/BOX/JPの画像・動画
  • DeskMini A300/B/BB/BOX/JPのピックアップリスト
  • DeskMini A300/B/BB/BOX/JPのオークション

DeskMini A300/B/BB/BOX/JPASRock

最安価格(税込):¥17,263 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 2月 8日

  • DeskMini A300/B/BB/BOX/JPの価格比較
  • DeskMini A300/B/BB/BOX/JPの店頭購入
  • DeskMini A300/B/BB/BOX/JPのスペック・仕様
  • DeskMini A300/B/BB/BOX/JPのレビュー
  • DeskMini A300/B/BB/BOX/JPのクチコミ
  • DeskMini A300/B/BB/BOX/JPの画像・動画
  • DeskMini A300/B/BB/BOX/JPのピックアップリスト
  • DeskMini A300/B/BB/BOX/JPのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > ベアボーン > ASRock > DeskMini A300/B/BB/BOX/JP

『待ちに待ったMINI-STX Ryzen-PC』 masterkskさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:54件
  • 累計支持数:337人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
13件
0件
CPU
12件
0件
CPUクーラー
11件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
拡張性4
機能性4
入出力端子4
安定性5
静音性5
組み易さ5
サイズ5
待ちに待ったMINI-STX Ryzen-PC

設定を詰めて、更にBIOSを1.20にアップデートしました。

【構成】
CPU Ryzen5 2400G
クーラー A30 RH-A30-25FK-R1(ファンAK-FN076A換装)
MEM ARK ARD4-S16G48SB-26V (サムスンDDR4-2666 CL19-19-19)
SSD INTEL SSD660P

【デザイン】
今までのDeskMiniシリーズと見た目は変わりません。おもちゃのミニチュアPCみたいな見た目で、小さくてかわいいです。サイドカバーに空気取り入れ用の開口が多く、埃が気になったので、対策で裏からマグネットファンフィルターを装着しました。フィルターはSilverStone SST-FF143Wを使用したのですが、純正品の様にピッタリ収まりました。

【拡張性】
このサイズでM.2×2でSATA×2であれば十分、無線LANはオプションで用意されているので必要によって追加が可能。

【機能性】
一般的なものはすべて実装されています。追加したければいろいろオプションが準備されています。

【入出力端子】
本体サイズ的には必要十分かと思います。USB2.0×2をオプションで追加可能

【安定性】
メモリを3200にOCした状態で、更にタイミングをギリギリまで詰めましたが安定して動いています。(CL16-18-18 1.35Volt)

【静音性】
CPUクーラーをA30 RH-A30-25FK-R1(ファンAK-FN076A換装)に交換、ファンが大型化した分、多少静穏化となった。また、UEFIの設定とM/Bのシルク印刷が違っており、CPUFAN1の速度はUEFIではCPUFAN2側の設定が反映されます(BIOS1.20)。速度設定をしたら、ファンの回転数が劇的に落ちて、物凄く静かになりました。

【組み易さ】
あっけないほどに簡単です。ケース開いて、CPU挿してクーラー付けて、メモリ挿して、M.2SSD付けて終了。

【サイズ】
小さくて良いです。この大きさでこのスペックは最強だと思う。

【OC】
今回はメモリのOCに挑戦しました。
メモリの基本スペックはDDR4-2666 CL19-19-19 1.2Volt なのですが、このPCではDDR4-2666 CL20-22-22 1.2Volt となります。CL=20なので結構余裕があることを踏まえて調整した結果、DDR4-3200 CL20-22-22 1.2Volt で稼働しました。
メモリ的には電圧も1.2Vであり、まだまだクロックは伸ばせそうですが、メモコンの都合かこれ以上はOCしても安定しませんでした。
その後、BIOSを1.20に更新し、再度挑戦しましたがDDR4-3200 CL16-18-18 1.35Voltが現状、限界の様です。

尚、UEFIにCPUのOC設定らしきものがありますが、設定しても表示のみ変更になるだけでした。

【ベンチマーク】
OC状態のベンチマークを軽く測定してみました。
FFXIV  紅蓮のリベレーター ベンチマーク
1920×1080 最高品質 フルスクリーンモード
2613 (2933MHz)
2751 (3000MHz)
2844 (3200MHz CL20-22-22 1.2Volt)
2987 (3200MHz CL16-18-18 1.35Vol)

【消費電力・温度】
アイドル   12W 41℃
CPU-Z    71W 78℃
CINEBENCH 83W 79℃

【総評】
登場を心待ちにしていたベアボーンがついに発売になり、即日購入しました。Ryzen APUもだいぶドライバがこなれてきていて、安定して動作してくれます。気にしていた温度も、今の季節であれば通常使用で70℃をこえることもなく、CINEBENCH時でも80℃いくことはありませんでした。その為、付属CPUクーラーでも通常使用状態であれば十分に冷却出来ていると考えられます。

しかしながら、冷却性能を高めるためにケースが穴だらけなので、CPUクーラーのファンの音は少し気になります。CPUファンについてはUEFIの設定箇所が違うというバグがあり、それが分かればファンコントローラーの設定が反映されるので、大幅に静穏化が可能となります。

Ryzen APUはメモリの周波数が重要なので、今回メモリOCに挑戦してみました。正直、素のまま周波数を上げるだけで、2666→3200を達成したときは驚きましたが、最終的には、3200 CL16-18-18 1.35Voltまで詰めることができ、常用使用しています。

最後に、実使用で気になった点としては、ドライバの問題かYouTubeの再生がたまに変になる場合があります。グラフィックドライバの動作再生支援の部分に何か不具合があるのかもしれません。動画と言えば、Fluid Motionの方は設定すれば問題なく使えます。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった13人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
拡張性4
機能性4
入出力端子4
安定性5
静音性4
組み易さ5
サイズ5
待ちに待ったMINI-STX Ryzen-PC
   

CINEBENCH

   

【構成】
CPU Ryzen5 2400G
MEM ARK ARD4-S16G48SB-26V (サムスン純正モジュール)
SSD INTEL SSD660P

【デザイン】
今までのDeskMiniシリーズと見た目は変わりませんが、ミニチュアPCみたいで小さくてかわいい。

【拡張性】
このサイズでM.2×2でSATA×2であれば十分。

【機能性】
一般的なものはすべて実装されている。無線LANが無いのは少し残念。

【入出力端子】
サイズ的には必要十分かと思います。

【安定性】
メモリを3200にOCした状態でも安定して動いています。

【静音性】
付属のファンの音は多少気になりますが、今の季節であれば十分に冷やせています。

【組み易さ】
あっけないほどに簡単です。ケース開いて、CPU挿してクーラー付けて、メモリ挿して、M.2SSD付けて終了。

【サイズ】
小さくて良いです。この大きさでこのスペックは最強だと思う。

【OC】
今回はメモリのOCに挑戦しました。
メモリの基本スペックはDDR4-2666 CL19-19-19 1.2Volt なのですが、このPCではDDR4-2666 CL20-22-22 1.2Volt となります。CL=20なので結構余裕があることを踏まえて調整した結果、DDR4-3200 CL20-22-22 1.2Volt で稼働しました。
メモリ的には電圧も1.2Vであり、まだまだクロックは伸ばせそうですが、メモコンの都合かこれ以上はOCしても安定しませんでした。

OC状態のベンチマークを軽く測定してみました。
FFXIV  紅蓮のリベレーター ベンチマーク
1920×1080 最高品質 フルスクリーンモード
2613 (2933MHz)
2751 (3000MHz)
2844 (3200MHz)
予想通り、メモリ周波数に合わせてベンチの結果は良くなりました。

尚、UEFIにCPUのOC設定らしきものがありますが、設定しても表示のみ変更になるだけでした。

【総評】
登場を心待ちにしていたベアボーンがついに発売になり、即日購入しました。Ryzen APUもだいぶドライバがこなれてきていて、安定して動作してくれます。気にしていた温度も、今の季節であれば通常使用で70℃をこえることもなく、CINEBENCH時でも80℃いくことはありませんでした。その為、付属CPUクーラーでも十分に冷却出来ていると考えられます。

しかしながら、冷却性能を高めるためにケースが穴だらけなので、CPUクーラーのファンの音は少し気になります。まあ、PCから音が出ていればかき消されるレベルの音ではあります。

Ryzen APUはメモリの周波数が重要なので、今回メモリOCに挑戦してみました。正直、素のまま周波数を上げるだけで、2666→3200を達成したときは驚きましたが、結果的に下手なOCメモリを購入するより良い結果となりました。噂では、一部のOCメモリでは動作しないとも言われているので、メモリの設定はそれなりに気を付ける必要があるのかもしれません。

MINI-STXのRyzen-PCは私の悲願だったので、製品化してくれたASRockさんには感謝しきれません。これから、いろいろ使い込んで実力を判断していこうと思います。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「DeskMini A300/B/BB/BOX/JP」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

DeskMini A300/B/BB/BOX/JP
ASRock

DeskMini A300/B/BB/BOX/JP

最安価格(税込):¥17,263発売日:2019年 2月 8日 価格.comの安さの理由は?

DeskMini A300/B/BB/BOX/JPをお気に入り製品に追加する <323

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ベアボーン)

ご注意