『【最終追記】台湾版のRAM-3GBモデルを購入しました』 ASUS ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [スペースブルー] やすゆーさんのレビュー・評価

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [スペースブルー]

5000mAhの大容量バッテリーを搭載した6型スマートフォン

最安価格(税込): ¥31,838〜 登録価格一覧(9店舗)
発売日:2018年12月21日

中古価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

キャリア:SIMフリー OS種類:Android 8.1 販売時期:2018年冬モデル 画面サイズ:6インチ 内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 3GB バッテリー容量:5000mAh ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [スペースブルー]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > ASUS > ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー > ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [スペースブルー]

『【最終追記】台湾版のRAM-3GBモデルを購入しました』 やすゆーさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [スペースブルー]

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [スペースブルー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:118件
  • 累計支持数:729人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
6件
528件
自動車(本体)
1件
401件
バイク(本体)
2件
264件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ4
【最終追記】台湾版のRAM-3GBモデルを購入しました

【最終追記】
Max Pro (M2)が正式に発売されたので、もうM1を選択肢にする理由がありません。
もし買うとしても、1万未満の価格で売ってたとか、せいぜい「ノッチが嫌な人」くらいでしょう。

これを買おうと思った人はM2を検討すべきです。
Wi-fiが2.4G、MicroUSBという点は同じですが、それ以外すべて上位互換の製品ですから。


★★アップデート後の台湾版★★★★★★

『DSDVが使用不可』になりました。  ※3Gで使うなら一応大丈夫ですが…

私はこうなる可能性を覚悟してたので「スマホがタブレットになった」くらいの感覚ですが、このレビューの記載そのままだと、間違って台湾版を買う人いるかもしれないので追記しておきます。
 ※これの日本版を買うかは不明

Wi-fiで使う分には問題ありません。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★


・ゲームに関して
知人に「ゲーム動作のベンチマークならデレステ」と聞いて試してみましたが、3Dリッチという設定でもプレイに違和感ありませんでした。
バックで踊るキャラクターとかまるで不自然な動作ありません。
honor9との比較では、データロード等の「ゲーム動作と別」の部分で少し差がありましたけど、それもちょっと読込が遅い程度。
日頃からデレステ遊んでるワケじゃないので、実際の「ヌルヌル動く」がどういうのか知らないから問題ないと思ってるだけで、やり込んでる人は違いを感じるかも?

自分が日頃から遊んでる3Dシューティングでは問題なし。
honor9だとかなり発熱して指が痛くなってくるくらいで、長時間プレイしてるとキャッシュが溜まって動作も悪くなるのに…MaxProだと半日くらい遊び続けても熱くならないし、キャッシュも長持ちするし…。
さすがSnapdragonって感じでしょうか。


・カメラ
ダブルレンズなだけあって綺麗です。
本気で写真やってる人はスマホをメインにしないでしょうけど、素人目には十分すぎるほど高画質だと思います。
気軽にパシャッと撮影する人にとっては、ほんとデジカメ不要な時代になってきてましたね。
「カメラ」で撮影する場合、解像度は最大16M(4608*3456)、最低QVGA(320*240)。

縦横比が4:3  >13M/12M/5M/3M/2M/1.5M/1.3M/1M/SVGA//VGA/CIF/QVGA
1:1の正方形  >2976*2976のみ
16:9またはワイド>8M/4M/HD1080/WXGA/HD720/WVGA/720*480(DVD画質)

パノラマ撮影したい場合は、別にアプリをインストールする必要あります。

**************************************************************

honor9からの買い替えです。
正直言ってhonor9にあまり不満はなかったんですが、昨今のファーウェイ騒ぎで、私の勤務先だと問題視されそうなので買い替えました。
これでスマホは5台目になりますが、初のSnapdragonです。

Antutuスコアは総合が11.5万、3Dが2.1万でした。(honor9は17万・7万)
ミドルクラスなので普通だと思いますが、honor9よりゲームの動きが悪くなるかも・・・と不安ありました。

・・・ゲームに強いとは聞いてましたが、ここまで強いとは驚きました。
ハイエンドでもないSnapdragon636なのに、honor9のkirin960と遜色ないどころか「明らかに発熱量が少ないのに体感でほぼ同等」という代物でした。
honor9だと熱くなってきて持ってるのが辛くなる(指が痛くなるくらい)のに、これは全然大丈夫ですね。

6インチの割には持ちやすくて、重さも極端に重いようには思えません。
サイズや重さはフリーテルのRAIZINに近いですが、持ちやすさが違います。

バッテリーも大容量だけあって長持ちしますが、充電も長くなります。
一晩で満充電になりますけど。

DSDSのSIM2枚とMicroSDを同時利用できるのは良いですね。

付属品はUSB充電器・USBケーブル・イヤホンです。


●残念な点
・Wifiが2.4G帯のみ(やはり今時は5G帯を使えた方が良い)
・MicroUSBコネクタ(裏表のないType-Cは便利)
・ROMが32G(初期状態で半分使用済み)

参考になった15人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ4
台湾版のRAM-3GBモデルを購入しました

★★アップデート後の台湾版★★★★★★

『DSDVが使用不可』になりました。  ※3Gで使うなら一応大丈夫ですが…

私はこうなる可能性を覚悟してたので「スマホがタブレットになった」くらいの感覚ですが、このレビューの記載そのままだと、間違って台湾版を買う人いるかもしれないので追記しておきます。
 ※これの日本版を買うかは不明

Wi-fiで使う分には問題ありません。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★


・ゲームに関して
知人に「ゲーム動作のベンチマークならデレステ」と聞いて試してみましたが、3Dリッチという設定でもプレイに違和感ありませんでした。
バックで踊るキャラクターとかまるで不自然な動作ありません。
honor9との比較では、データロード等の「ゲーム動作と別」の部分で少し差がありましたけど、それもちょっと読込が遅い程度。
日頃からデレステ遊んでるワケじゃないので、実際の「ヌルヌル動く」がどういうのか知らないから問題ないと思ってるだけで、やり込んでる人は違いを感じるかも?

自分が日頃から遊んでる3Dシューティングでは問題なし。
honor9だとかなり発熱して指が痛くなってくるくらいで、長時間プレイしてるとキャッシュが溜まって動作も悪くなるのに…MaxProだと半日くらい遊び続けても熱くならないし、キャッシュも長持ちするし…。
さすがSnapdragonって感じでしょうか。


・カメラ
ダブルレンズなだけあって綺麗です。
本気で写真やってる人はスマホをメインにしないでしょうけど、素人目には十分すぎるほど高画質だと思います。
気軽にパシャッと撮影する人にとっては、ほんとデジカメ不要な時代になってきてましたね。
「カメラ」で撮影する場合、解像度は最大16M(4608*3456)、最低QVGA(320*240)。

縦横比が4:3  >13M/12M/5M/3M/2M/1.5M/1.3M/1M/SVGA//VGA/CIF/QVGA
1:1の正方形  >2976*2976のみ
16:9またはワイド>8M/4M/HD1080/WXGA/HD720/WVGA/720*480(DVD画質)

パノラマ撮影したい場合は、別にアプリをインストールする必要あります。

**************************************************************

honor9からの買い替えです。
正直言ってhonor9にあまり不満はなかったんですが、昨今のファーウェイ騒ぎで、私の勤務先だと問題視されそうなので買い替えました。
これでスマホは5台目になりますが、初のSnapdragonです。

Antutuスコアは総合が11.5万、3Dが2.1万でした。(honor9は17万・7万)
ミドルクラスなので普通だと思いますが、honor9よりゲームの動きが悪くなるかも・・・と不安ありました。

・・・ゲームに強いとは聞いてましたが、ここまで強いとは驚きました。
ハイエンドでもないSnapdragon636なのに、honor9のkirin960と遜色ないどころか「明らかに発熱量が少ないのに体感でほぼ同等」という代物でした。
honor9だと熱くなってきて持ってるのが辛くなる(指が痛くなるくらい)のに、これは全然大丈夫ですね。

6インチの割には持ちやすくて、重さも極端に重いようには思えません。
サイズや重さはフリーテルのRAIZINに近いですが、持ちやすさが違います。

バッテリーも大容量だけあって長持ちしますが、充電も長くなります。
一晩で満充電になりますけど。

DSDSのSIM2枚とMicroSDを同時利用できるのは良いですね。

付属品はUSB充電器・USBケーブル・イヤホンです。


●残念な点
・Wifiが2.4G帯のみ(やはり今時は5G帯を使えた方が良い)
・MicroUSBコネクタ(裏表のないType-Cは便利)
・ROMが32G(初期状態で半分使用済み)

参考になった4

満足度4
デザイン4
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ4
台湾版のRAM-3GBモデルを購入しました

★最初、【台湾版だからとレビュー拒否された】けど、再掲載されたので追記★

・ゲームに関して
知人に「ゲーム動作のベンチマークならデレステ」と聞いて試してみましたが、3Dリッチという設定でもプレイに違和感ありませんでした。
バックで踊るキャラクターとかまるで不自然な動作ありません。
honor9との比較では、データロード等の「ゲーム動作と別」の部分で少し差がありましたけど、それもちょっと読込が遅い程度。
日頃からデレステ遊んでるワケじゃないので、実際の「ヌルヌル動く」がどういうのか知らないから問題ないと思ってるだけで、やり込んでる人は違いを感じるかも?

自分が日頃から遊んでる3Dシューティングでは問題なし。
honor9だとかなり発熱して指が痛くなってくるくらいで、長時間プレイしてるとキャッシュが溜まって動作も悪くなるのに…MaxProだと半日くらい遊び続けても熱くならないし、キャッシュも長持ちするし…。
さすがSnapdragonって感じでしょうか。


・カメラ
ダブルレンズなだけあって綺麗です。
本気で写真やってる人はスマホをメインにしないでしょうけど、素人目には十分すぎるほど高画質だと思います。
気軽にパシャッと撮影する人にとっては、ほんとデジカメ不要な時代になってきてましたね。
「カメラ」で撮影する場合、解像度は最大16M(4608*3456)、最低QVGA(320*240)。

縦横比が4:3  >13M/12M/5M/3M/2M/1.5M/1.3M/1M/SVGA//VGA/CIF/QVGA
1:1の正方形  >2976*2976のみ
16:9またはワイド>8M/4M/HD1080/WXGA/HD720/WVGA/720*480(DVD画質)

パノラマ撮影したい場合は、別にアプリをインストールする必要あります。

**************************************************************

日本版は3GBのみなので日本版と同じ品だと思われます。
Amazonで2.3万でした。
日本版より1万も安かったです。(6GBモデルが3.3万でしたが、6GBも要らないので3GBモデルに)

honor9からの買い替えです。
正直言ってhonor9にあまり不満はなかったんですが、昨今のファーウェイ騒ぎで、私の勤務先だと問題視されそうなので買い替えました。
これでスマホは5台目になりますが、初のSnapdragonです。

Antutuスコアは総合が11.5万、3Dが2.1万でした。(honor9は17万・7万)
ミドルクラスなので普通だと思いますが、honor9よりゲームの動きが悪くなるかも・・・と不安ありました。

・・・ゲームに強いとは聞いてましたが、ここまで強いとは驚きました。
ハイエンドでもないSnapdragon636なのに、honor9のkirin960と遜色ないどころか「明らかに発熱量が少ないのに体感でほぼ同等」という代物でした。
honor9だと熱くなってきて持ってるのが辛くなる(指が痛くなるくらい)のに、これは全然大丈夫ですね。

6インチの割には持ちやすくて、重さも極端に重いようには思えません。
サイズや重さはフリーテルのRAIZINに近いですが、持ちやすさが違います。

バッテリーも大容量だけあって長持ちしますが、充電も長くなります。
一晩で満充電になりますけど。

DSDSのSIM2枚とMicroSDを同時利用できるのは良いですね。

付属品はUSB充電器・USBケーブル・イヤホンです。


●残念な点
・Wifiが2.4G帯のみ(やはり今時は5G帯を使えた方が良い)
・MicroUSBコネクタ(裏表のないType-Cは便利)
・ROMが32G(初期状態で半分使用済み)

参考になった5

満足度4
デザイン4
携帯性5
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ無評価
台湾版のRAM-3GBモデルを購入しました

日本版は3GBのみなので日本版と同じ品だと思われます。
Amazonで2.3万でした。
日本版より1万も安かったです。(6GBモデルが3.3万でしたが、6GBも要らないので3GBモデルに)

honor9からの買い替えです。
正直言ってhonor9にあまり不満はなかったんですが、昨今のファーウェイ騒ぎで、私の勤務先だと問題視されそうなので買い替えました。
これでスマホは5台目になりますが、初のSnapdragonです。

Antutuスコアは総合が11.5万、3Dが2.1万でした。(honor9は17万・7万)
ミドルクラスなので普通だと思いますが、honor9よりゲームの動きが悪くなるかも・・・と不安ありました。

・・・ゲームに強いとは聞いてましたが、ここまで強いとは驚きました。
ハイエンドでもないSnapdragon636なのに、honor9のkirin960と遜色ないどころか「明らかに発熱量が少ないのに体感でほぼ同等」という代物でした。
honor9だと熱くなってきて持ってるのが辛くなる(指が痛くなるくらい)のに、これは全然大丈夫ですね。

6インチの割には持ちやすくて、重さも極端に重いようには思えません。
サイズや重さはフリーテルのRAIZINに近いですが、持ちやすさが違います。

バッテリーも大容量だけあって長持ちしますが、充電も長くなります。
一晩で満充電になりますけど。

DSDSのSIM2枚とMicroSDを同時利用できるのは良いですね。

付属品はUSB充電器・USBケーブル・イヤホンです。


●残念な点
・Wifiが2.4G帯のみ(やはり今時は5G帯を使えた方が良い)
・MicroUSBコネクタ(裏表のないType-Cは便利)
・ROMが32G(初期状態で半分使用済み)

参考になった5

「ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [スペースブルー]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [スペースブルー]

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [スペースブルー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の情報を見る

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [スペースブルー]
ASUS

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [スペースブルー]

発売日:2018年12月21日

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [スペースブルー]をお気に入り製品に追加する <151

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スマートフォン]

スマートフォンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意