トヨタ RAV4 2019年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > RAV4 2019年モデル

RAV4 2019年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:RAV4 2019年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
HYBRID X 2020年8月7日 マイナーチェンジ 2人
HYBRID X 2019年4月10日 フルモデルチェンジ 11人
X 2020年8月7日 マイナーチェンジ 2人
X 2019年4月10日 フルモデルチェンジ 8人
HYBRID X 4WD 2020年8月7日 マイナーチェンジ 3人
HYBRID X 4WD 2019年4月10日 フルモデルチェンジ 7人
X 4WD 2019年4月10日 フルモデルチェンジ 3人
Adventure 2020年8月7日 マイナーチェンジ 8人
Adventure 2019年4月10日 フルモデルチェンジ 57人
HYBRID Adventure 2021年12月1日 マイナーチェンジ 2人
Adventure OFFROAD package 2020年10月2日 特別仕様車 3人
G 2021年12月1日 マイナーチェンジ 1人
G 2020年8月7日 マイナーチェンジ 2人
G 2019年4月10日 フルモデルチェンジ 17人
HYBRID G 2020年8月7日 マイナーチェンジ 4人
HYBRID G 2019年4月10日 フルモデルチェンジ 69人
G Z package 2020年8月7日 マイナーチェンジ 6人
G Z package 2019年4月10日 フルモデルチェンジ 19人
満足度:4.24
(カテゴリ平均:4.29
レビュー投稿数:235人 (プロ:1人 試乗:62人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.53 4.33 33位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.84 3.92 80位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.99 4.12 77位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.29 4.20 67位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.23 4.04 62位
燃費 燃費の満足度 4.14 3.87 62位
価格 総合的な価格の妥当性 3.67 3.86 79位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

RAV4 2019年モデルのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

蛎殻町さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:90人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
14件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

すごくイイクルマです。3ヶ月待ちました。
ムーンルーフ、1500W、おくだけ充電、キックバックドア、寒冷地仕様付けて正解でした。
ドア操作パネル辺りが夜間暗くて見えないのが難点、
自分でイルミ付けました。
フロントグリル4個ランプはディーラーにて納車時装着、昼ホワイト、夜イエロー。
バグガード自分で装着。
2色フォグ、室内灯、バックランプ等もLEDに自分で交換。
ふだんはソロリソロリ運転、しかし本気出すと結構速い。
燃費chrより2、3キロダウン、キロ20が18、17ぐらい。
ガソリン代月二、三千円アップ想定内。
いっぱい値引きして貰いました、‥破格の値引きとか?担当者さん。

乗車人数
5人
使用目的
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年7月
購入地域
新潟県

新車価格
402万円
本体値引き額
40万円
オプション値引き額
35万円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ジョー☆彡☆彡さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
   

   

【エクステリア】
一番お気に入りの部分。同クラスSUVでは、ハリアーのような都会的で流れるような綺麗なラインの車も多数ありますが、
元ハイラックスサーフ乗りなので、アメリカンで無骨なデザインに惚れ込みました。誰が否定しようが大好きです(笑)
ちなみに、キャンプ、アウトドア、BBQ、旅好きな私のライフスタイルには雰囲気ピッタリです。
【インテリア】
トレノ、カルディナ、ハイラックスサーフ、エスティマと乗り継いできましたが、インパネは非常に機能的でメカニカルです。
サーフやエスティマはGクレード で木目調でしたが、RAV4ハイブリッドGは機械的でコックピットのようです。
これからは内外装共にブラック基調が流行りそうですが、黒とシルバーの見た目のバランスは良好です。
走行モードチェンジやら、安全快適装置など、何かといじくるのが好きな性分の私にはボタン配置が良く楽しいです。
レザー調の合皮シートカバーですが、ステッチは程よく意匠性も感じが良く、座り心地も硬めで長距離運転に適してます。
ドアの操作スイッチ類が無灯火で、夜はブラックアウトします。自分でクラウン等のスイッチをインストールしました。
そこだけ☆−1。
【エンジン性能】
2.5リッター+モーター、222psの恩恵はしっかり実感出来ます。音がうるさいとの声も多々ありますが
普段はエコモードで安全運転しているので、踏んだ時に元気よくエンジン音が帰ってくるのは返って心地が良く
A25A-FXSダイナミックフォースエンジンの吹け上がりは気持ちがいいです。高級感より、元気っぽさが良いです。
【走行性能】
プログラム制御が良く効いていて、スポーツモードのレスポンスと加速力は86等ライトスポーツ並みに走り出します。
2トン近い重さは感じませんので、トヨタのハイブリッドシステムは走りにも応用できることを実感しています。
またエコモードはエンジンの回転数が上がらないようプログラムされており、街乗り安全運転に適しています。
【乗り心地】
ハイラックスサーフは悪路重視、エスティマは乗り心地重視で足が柔らかく、遠出すると家族が酔ってしまうことが
ありましたが、RAV4に変えて小中学生の子供たちは酔わないようです。
比べると硬いですが、一人で走るにはGA-Kの恩恵を感じます。
モノコックの安定感で、峠道やカーブも安定しています。
【燃費】
通勤主体、高速道8割+街乗り2割、9ヶ月平均は18.5km/Lくらいです。毎回満タン給油、40から45L/回。
スポーツモードで遊んだ回は、16km/Lを少し切ったかもしれませんが、最高は19.6km/Lまで伸びました。
遊び感覚で、エコ運転を楽しめるのもこのグレードの乗り方です。このサイズでは十分な燃費で満足です。
【価格】
トヨタハイブリットシステムTHSUもかなり実績と量産化が進みましたので、もう少し抑えられるのではと思います。
ピュアEVに移行する前に、ハイブリッド+モーターの楽しみを、望む人達に分かち合えるよう期待したいところです。
【総評】
何かと不具合の噂も絶えませんが、信頼するDのメカニックに支えられ不自由はありません。
少し前から比較するとトヨタは楽しい車を作るように少しづつ変化しているのは感じます。
走行性能に関わらない不具合にも真摯に向き合い改善して、品質のトヨタが作る楽しいRAV4であって欲しい。
ハイブリットエンジンとモーターAWD走行、エクステリア、クラストップのラゲッジスペースなど満足な車です。

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年11月
購入地域
愛知県

新車価格
402万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
35万円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった29人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

harutaさん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:519人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
68件
スマートフォン
3件
32件
液晶テレビ・有機ELテレビ
1件
29件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地3
燃費3
価格3

ツールズアイランドR06

スノーマークとM+Sマッドアンドスノー

ダミーリベット貼りと、16インチタイヤホワイトレター

既に210人もレビューしているので、
カスタムやオプションのことも含めて
書いてみました。

【エクステリア】
米国トヨタのタコマっぽい外観に惚れて
アドベンチャーのカーキツートンを
購入しました。
あまりカスタムしてませんが、ホイールを
19から16インチにして、ヨコハマタイヤの
ジオランダーATにしてあります。
タイヤのホワイトレターがワイルドです。
店舗も人言ってましたが、オールテレーン
タイヤの割になぜか純正より静かな気がします。
当初は仕事でも使うのでスタッドレスを
検討してましたが、本タイヤはスノーマークが
付いてるので、多少の雪道OKなのが決定打でした。
騒音と雪性能でオールテレーンは眼中に
無かったのですが、調べまくって良かったです。
ホイールもシルバーだと都会的なので、
黒いホイールMLJ製XJ03にしました。
車体色は黒だとせっかくのグリル形状が
分からないので、自分は避けました。

【インテリア】
白っぽい内装も購入のきっかけでした。
満足してます。ただ、収納が少ないですね。
ティッシュボックスも助手席下に転がしてあります。
マイナーチェンジ後の本皮ハンドルも手触りの満足感高いです。

【エンジン性能】
非力と言う方がいますが、スポーツモード使ったり、マニュアルモードで
最大トルクの4000回転あたりを使うとキビキビ走れます。
マニュアルモードがあったのは自分はかなりの加点でした。
信号スタートでも低速ギアを加えただけあって、私的には加速に問題ありません。
スポーツカーではないので、試乗で個人個人確かめて頂ければ良いかと。
自分は仮に30万円アップで2500ccグレードがあっても必要ないですね。
一点面倒なのは、エンジン始動の度に、ノーマルモードに戻る事くらいです。

【走行性能】
峠を攻めた訳ではないですが、市街地でカーブの時に、遠心力で体が
持っていかれないような気がします。ベクタリングのせいなのか。。。
2駆と4駆を自動切り替えも良いですね。
車庫入れがかなり狭いところなので、対物センサーがピーピーうるさいですが、
逆によく見てくれてるってことです。 
パノラミックビューも助かってますし、助手席サイドミラーのカメラから
下部も映るのはとても助かります。内輪部分がキノコミラー廃止で見えないので。
パノラミックは、オプションで絶対付けるべきです。
車の外周をぐるぐる表示してくれるのもハリアーとほぼ同じようです。
詳しくは他の方がハリアー版を上げてるのでYouTubeを検索下さい。

【乗り心地】
まぁ、並です。気になったのはブレーキの制動距離が長いような気がします。
慣れだと思いますが。
エンジンも踏み込んだ時以外は、動いてるか、心配になるほど、車内は静かです。
いいクルマを買いました。

【燃費】
並です。あまり気にしません。
youtubeで高速道路で20km/L出したという動画は見ましたが。
アドベンチャーでハイブリッドがあっても買わなかったですね。
地球のエコのために自腹を切る人の気持ちが、分からないです。

【価格】
ミニバンの下取り査定が良く、手出しは200万切ってたので、値引き共々満足です。
コロナで中古車買取価格が上がっていて助かりました。
売るのも買うのも決算期がベストですね。

【総評】
とにかくワイルドなスタイリングに惚れました。
毎日惚れ惚れ見てますが、カーキのせいか軍用車に見えてきました。
全体的に大満足ですが、以下気になった小さな所はDIYでカスタムしました。
・室内灯が暗いので中華LEDへ変更
・飾りですがアルミルーフラックR06と、INNOの安価なルーフバー。
・ドアハンドルが本体同色塗装?で指輪などの傷が予想されるので、
 ハンドル内にフィルム、ドアハンはカーボン調黒カバー。
・タイヤハウスの樹脂カバーにダミーリベット貼り付け。

【他】
・Dオプションのコムテック前後ドラレコに「駐車中の録画」も付いてるのは良かったです。
 ダッシュボードに置くタイプは後方窓からの録画でないので注意です。
 ショッピングセンターなどのババァの当て逃げ動画とか、多いですからねw
・謎なのは、何故駐車中のセキュリティランプがメーター内だけで外に発光しないかです。
 停車中なら発光に問題ないと思いますが。。。抑止にならないです。
・ディスプレイオーディオの音響がひどいとの噂でしたが、ツイーターをTS-T736の
 ポン付けにて10分で交換、イコライザーいじったら、素人の耳には充分になりました。
 左ツイーターは2スピーカーで、一つはTコネクトの通話用なので、むしりとって
 ダッシュボードに押し込んであります。純正ツイーターはおもちゃみたいに小さいです。
 ドアスピーカーはエアバッグ誤動作になると説明書にあったので、純正のままですが、
 サブウーファーもDSPも無くとも、「3項目しかないイコライザー」を調整すれば、
 まぁまぁ満足です。少なくとも低音しっかりの、シャカシャカのショボい音ではなくなります。
 外部メーカー説明書を見ると、どうしても付けたければ、スピーカー線から追加できるようです。
・純正ディスプレイオーディオのナビがスマホとUSBケーブルでなくwifiで飛ばせばよいのですが、
 今は仕方ないですね。とにかく、ナビに10万も20万も払うのがアホらしいので
 スマホナビを使うディスプレイオーディオ1択でした。
 我が家はCDもDVDもTVも不要でbluetoothでspotifyが鳴ればよかったので、満足です。
 恐れていたオーディオ性能は自分的には問題なかったですね。

素晴らしい車をありがとう、トヨタ!

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年3月
購入地域
東京都

新車価格
331万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yasuyasu070さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘアドライヤー
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
ウェアラブル端末・スマートウォッチ
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4
   

   

【エクステリア】
 ハリアーと比べると、直線的で洗練されていないように思いますが、コンセプトが違うのでオフロード車?と思えば、これで良いのかな。
 私は、TRDストリートエアロに一目惚れして購入しましたので、オフロードカーではありませんが...

【インテリア】
 価格相応の仕上げですが、ビニールレザーのシートの質感がいけません。アドベンチャーグレード以外は、ファブリックが標準で良いと思います。
 パワーウィンドー、ミラー調整スイッチにイルミネーションライトが無いのはとても不便です。

【エンジン性能】
 2.0Lノンターボなので、期待はしていませんでしたが、街乗り、高速道路でも必要十分です!しかしトルクが低いので、オフロード走行では厳しいでしょう。
 また、吹け上がりの良いエンジンにCVTが全く付いて行けず、素晴らしいエンジンの魅力を台無しにしています。
 
【走行性能】
 80ノアからの乗り換えですので、TNGAによるシャシー性能は実感できました。
 パノラマサンルーフを装着しましたが、腰高感は無く、試乗したVWティグアンよりサスはしなやかで、シャシーはシッカリしていると感じました。
 
【乗り心地】
 タイヤのエアボリュームがあるため、なかなか良いです。

【燃費】
 街乗り、エコモードで10km/L強ですが、想像よりは良いかなと。

【価格】
 私は、年次改良後のモデルを、オプション込415万円の値引50万円で購入しましたが、少し高いかな?と。

【総評】
 全体的には満足できる仕上がりですが、グローバル車種ですので、日本では、デザイン、サイズ、細かな仕様には物足りない部分もあります。
 しかし、トヨタも年次改良を始めているので、今後も色々改良されていくのではないでしょうか。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年11月
購入地域
大阪府

新車価格
339万円
本体値引き額
40万円
オプション値引き額
10万円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hiro1670さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
394件
デジタルカメラ
0件
5件
スマートフォン
0件
5件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4
   

   

納車されて1ヶ月弱の時点のレビューです。

【エクステリア】
ゴツゴツしすぎず、かと言って軟派ではなく好きです。強いて言えばもう少し樹脂パーツが少なかったらベストでした。
【インテリア】
ハリアーほど高級感はないが、十分です。この御時世仕方ないのかも知れませんが、メッキパーツは少なめにしてほしいです。
【エンジン性能】
シエンタからの乗り換えのため、十分です。
ただエコモードでしか運転してないので、車体の重さは感じることはあります。
【走行性能】
舗装路しか走ってませんので大したこと言えませんが、ダイナミックトルクベクタリングAWDのおかげで純正の足回りで一番ロールを感じず、オンザレールの気分を味わえます。
【乗り心地】
足回りはかなりしっかりしてます。タイヤが19インチだからか路面のショックの入力は多めです。
【燃費】
片道15キロ強でトヨタの渋滞の影響を多少うけつつの運転で12キロくらいの燃費表示をしているのでこの車体にしてはまずまずかと思います(シエンタで14キロくらいでした)
【価格】
TNGAとダイナミックトルクベクタリングAWDで運転性能はかなりいいので価格相応かと思いますが、あきらかなコストカットと思われる箇所もあるのは少しマイナスかと。
【総評】
一言「いいクルマです」

使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年7月
購入地域
愛知県

新車価格
353万円
本体値引き額
50万円
オプション値引き額
0円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

R60G3261さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
16件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5

【エクステリア】
スタイリングは基本的に好み
フロントのブルドッグ顔も悪くない
リアもタイヤハウス後方からテールランプ下部にかけて気持ち幅寄せしてる感(狭まる感じ)が良い
フォグランプは機能的にハロゲンが良いのでしょうが ディーラーにてLEDへ変更

【インテリア】
今までに高級車と言われる車を所有したことのない私にとって申し分なし
試乗したレクサスRXや 送迎で助手席、後席に乗るアウディ A6、A8Lとは価格が違いすぎて比較にならないが 、380万円の車体価格にしては上出来
電灯が豆球は残念。標準でLEDであって欲しい(DOPにて総替)
運転席ドアのウィンドウSW サイドミラーSWに照明がなく 夜間の操作性が悪い、見た目もNG なので 照明付きに変更

【エンジン性能】
総合パワーは申し分なし モーターのトルク感を十分に感じる (充電がFULLに近づく程パワーも増すように思う)
欲を言えばRAV4 PHV のモーターパワーが欲しいかな(体験してないがまわり情報から想像出来る)
エンジンは軽くよく回る(タコメーター欲しい)
アクセルを踏み込んだ時の車内に入ってくるエンジン音も良い
そのエンジン音と共に車体も滑るように速度を増していき高級感を感じる

【走行性能】
山道のコーナーリングは楽しい
きつく攻めるわけではないが 上りも下りもノーズは大きく流れる事なくタイヤの方向に素直に向いてくれる
コーナの立ち上がりでのアクセルONは後輪のモーターのトルク感を感じ運転の楽しさを増してくれる

【乗り心地】
静か、遮音性も十分
(サイドバイザーは付けてない)
タイヤのノイズは路面の状態によって大きく感じるが基本静か
急な凸凹も余裕でいなしてくれる
シートは最初は慣れずに遠乗りでお尻が痛くなったが すぐに慣れ快適
背もたれは幅広でゆったりしているがホールド感があり申し分なし
後席について
足元は175cmの私の後ろ目のシートポジションでも余裕あり(180cm近い息子がパソコン広げる事も有るが苦になさそう)
シートも硬過ぎず 柔らか過ぎず ちょうどいい感じで快適
後席からの見晴らしも良く フロントのインパネ周りの見栄えも良く夜は最高
リアウィンドウは広く 天井も余裕があり圧迫感なし
パノラマムーンルーフで開放感は増し付けて良かった

【燃費】
今年の夏はかなり暑かったが8月に満タン1000kmを記録 走行状況は 片道100kmの距離を3往復 残り400kmは通勤片道15kmの往復 軽いアップダウンあり
写真はガソリン満タン時の走行可能距離に注目 普段は見れない数字
気持ちに余裕を持ってタイヤ空気圧少し高めでその気になれば誰でも実現出来ると思う
夏場は2回記録し 最近も走行距離700km、航続可能距離250kmからその気になり おとなし目の運転で達成
VOXY HVでも経験あり
HV車の特典です笑
【価格】
ガソリン車も含めこの車格で200万円台からチョイスできるのは素晴らしい

【ラゲッジスペース】
ゴルフバッグ 4人分を載せる事ができ素晴らしい
しかし 3人の送り迎えで大変になった笑

【総評】

「良い車」

年間100万台に迫る販売台数は「いい車」の証
これだけ売れれば品質面も間違いなく良いでしょう

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年5月
購入地域
福岡県

新車価格
388万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった30

このレビューは参考になりましたか?参考になった

おとうふとうふさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
   

ディスプレイ上の平均燃費

   

総距離2500qを走行しての感想です。当方地方住まいで、信号の少ない幹線道路をメインに使用してます。
購入モデルは、Gグレードも試乗して悩みましたが、なるべく費用は安く!と思い、Xグレード/2WDのエントリーグレードにしました。(追加でインテリジェントクリアランスソナーとフォグランプ付けました。)
19年から現行モデルの国内販売されて以降、各社ミドルサイズSUVの中でも上位にランキングをされてますし、総じて良い買い物だったかなと思っています。


【エクステリア】
日本未発売の時点で、当時溢れかえっていた都会SUVスタイルではなく、すごくワイルド/タフな見た目のモデルでいいなぁと気になってました。個人的には特にリアのデザインが好きです。(フロントはかなり灰汁の強い見た目ですが)
Xなので装飾はシンプルですが、Gとさほど差は気になりません。でかい見た目自体はほとんど変わりませんからね。総じてエントリーグレードでも大変満足しています。それでも見た目が地味。。と思う方は、例えばXにモデリスタやTRDを付ければ、総額も大分抑えれるのではないかなと思います。

【インテリア】
Xなので布シートにウレタンハンドルです。全体雰囲気は高級感はなく地味です。ハンドルはメーカーオプションに革の選択が欲しかったと思ってますが、ウレタンでもハンドルの形は気に入ってます。シートは適度に左右にホールドしてくれて良きです。追加でインテリアイルミネーションをオプションで頼みましたが光量はもう一段階明るくしてほしいです。(決して目立たないわけではないですが。。)

【安全装備&燃費&乗り味】
標準のレーンキープアシストはしっかりハンドルで自動矯正してくれるし、衝突軽減ブレーキシステムも、事前警告の反応が良くて頼もしいです。燃費は田舎道メインなので平均15.6行きました。ガソリンででかい図体なのに15越えてくれたので満足です。
乗り味は、17インチホイールの影響か、突き上げのショックはマイルドな感じで、高速道路運転も楽になりました。普段はエコモードで巡航走行で、追い越し時はスポーモードに切り替えると、エンジンは唸り音を出しますが、その代わり胸をすく加速をしてくれます。

【気になった点】
・室内がオール豆球なのはがっかり。リアのナンバー灯は白色LEDなのが唯一の救い。かといってディーラーオプションは高いです。
・ボンネットが平な所があるので、夏は水垢が発生しやすい印象。ボディは黒できれい好きなオーナーさんはメンテ大変かも。
・もれなく付く耳たぶミラーは本当に使えないです。いざというときも、なにが映ってるのかよく見えません。
・フォグランプ光量が今一つ。市販のものに変えましたが結構明るくなりました。
・1855mmの車幅は、住宅地内生活道路だと気になるレベルです。ですがいまどきフルサイズミニバンのアル/ヴェルやランクルに乗られてる老若男女は多いですから、じきに慣れるものかと。駐車場の広さといっと物理的制約はありますが。
・前席に乗ると天井の圧迫感を感じます。ミドルサイズSUVですが後部座席のみゆったりと座れる印象。
・一度だけ、未だによくわからないタイミングでなんらかの警告音がなった時がありました。そして停車するまで止まないから心配になりました。。ディーラーに聞いたのですが結局わからずでした。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年2月
購入地域
大分県

新車価格
265万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
0円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27人(再レビュー後:23人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ユーベルさん

  • レビュー投稿数:38件
  • 累計支持数:99人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
14件
外付け ハードディスク
1件
10件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
10件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4
   

   

購入グレードは”HYBRID G"、外板色はホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉、内装色はライトグレーです。

燃費の良さと静粛性で当初からHYBRIDに決めていましたが、18インチホイールや革巻きステアリング等の"HYBRID G"のみの装備のほか、"HYBRID X"への装備追加で"HYBRID G"より高くなる見積りを見て"HYBRID G"にしました。
何より、"E-Four"が最も効いた装備かも知れません。

40年、色々な車に乗ってきましたが、当車は「コストの掛け方に特徴(疑問)あり!?」が正直な感想。
パワートレーン、ドライブトレーン、外装では適切にコストを掛けた造り込みで、言うことはありません。
・エンジンの滑らかさや静粛性、加速やサスペンションの減衰等にも不満はありません。
・HYBRID独自のデイライトのデザインも気に入っています。
・(やや違和感はあるものの)自動操舵付レーダークルーズ、停車中にブレーキペダルから足を放してもブレーキ&ランプを保持してくれるブレーキホールド、オートマチックハイビームなどのストレスフリー装備にも満足です。
・ラゲージの広さも十分で満足です。

幾つか言わせてもらえば、
・電動PKBの採用意図がよく分からないこと。
・ドアに隠れて使えない左ドアミラーのサイドアンダーミラー(耳たぶミラー)の存在意義が不明。
・ウインカーやフォグがLEDでないことや、シーケンシャルウインカー不採用が気になる方もおられるかもしれませんね。

さて、問題は内装関係です。
下記は、遅くも納車後に感じたことです。

【車両開発時の評価に疑問あり】
・パワーウインドウマスターSWの照明は運転席分だけ。これまでの車は全席分あったので。
・インサイドドアハンドルの位置が(ハリアーと比べても)前過ぎで、ドアの開閉力が半端でない。
・中〜高速時に両側のRr. ウインドウを同程度開けると耐えがたい"うなり音(こもり音)"が両耳を襲う。
・グローブBOXはライトも鍵も無く、何より車両OMとナビ取扱書で一杯。その上にある申し訳程度のオープントレイをやめてグローブBOXを広くして欲しかった。

【標準装備として疑問あり】
・シート地はファブリックが無く合皮しか選べず!
・D席パワーシートは必要か?
・左右独立エアコンは必要か?
・ステアリングヒーターは要るか?
・D, P席シートヒーター(Hi, Lo)は要るか?
・Rr. 席の極めて僅かなリクライニングは売りになるか?
・デジタル/アナログ切替やNormal/Eco/PowerおよびTRAILの各走行モードでメーターデザインを切り替える美味しさは?まあ、7インチディスプレイ装備なので何でもできてしまうのでしょうが。

【正解オプション(MOP)】
ハンズフリーパワーバックドアは15,000円(税抜)で着けられお得な装備だと思います。開閉操作に多少練習が要りますが。

【後悔オプション(DOP)】
"T-connectナビ9インチモデル"です。
DCM通信ばかりをやっていて、ルート変更などの操作ができず見切り発車することが茶飯事です。
これまでの車にもあったBCM(ブラインドコーナーモニター)を着けたかったため選ばざるを得ませんでしたが、「高い金払っておいてこれはないだろう!」が本心。
BCM不要でしたら、他機種や社外品をお勧めします。

使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年3月
購入地域
岐阜県

新車価格
388万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
5万円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった42

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ginya-さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:41人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能無評価
乗り心地4
燃費4
価格4
 

ラゲージ:横幅530×2箱でちょうど良い

ティッシュ置き場(笑):鼻炎持ちには重要

 

2019年5月の納車から丸1年、12,000kmです。総合して満足しています。

モデル:ガソリンX(2WD)
オプション:バックカメラ、安全装備一式
前車:ラッシュ(11年使用)
用途:通勤(片道15km)、レジャー(自分+妻+子供2人、オンロードのみ)
燃費:12〜14km/L(通勤:非渋滞(30分))、7〜9km/L(通勤:渋滞時(50分))、16〜18km/L(通勤:高速使用時(25分))、エコモード、エアコン使用。
その他:降雪なし

【エクステリア】
〇 力強さと洗練さを両立している。しばらく飽きそうに無い。
△ ホイールのデザインが17インチと18インチで似通っている(ただし実際見てみると、思ったよりは印象が違った)
× フロントノーズがフラットな分、雨の日や雨上がりは水たまりができる。また、減速時にフロントグリルで弾けたと思われる水しぶきがフロントガラスに飛んでくる。さすがにもう慣れたが、安全運転上、良いことではない。

【インテリア】
〇 主観的な話だが、必要十分で良いと思う。不必要な豪華さは無く、かつ簡素すぎずで良いと思う。
× 室内灯が暗すぎる。ただ、自分のような素人でも大して金も手間もかけずに交換できるので大した問題ではない。
△ 室内の広さは十分だが、天井の高さは思ったより低く窮屈で、このクラスのSUVとしては物足りない。
× シートの調整によっては、オーディオパネル最上部の反射がフロントガラスに映り込み、夜は気になることがある。
〇 後席、ラゲージともに十分な広さ。ラゲージは50Lのボックスを2つ置くとちょうど良い感じになる(写真1)。また、5chで議題になっていた「ティッシュの置き場所」は、後席のキックガードにつけた(写真2)。ティッシュボックスは多少高い位置にあるべき。低い位置だと子供に蹴られてしまうし、運転中に手を伸ばすのがしんどくなる。自分は鼻炎持ちなのでティッシュは必須。
△ ウレタンハンドルが細くツルツル感があり、滑りそう。気になる人は対策した方が良い。

【エンジン性能】
△ このサイズに2000のため、さすがに発進時(特に坂道)ではもっさり感がある。ただし踏めばそれなりに動くし、SPORTモードなら実用上は問題ない。自分は元々ふんわりスタート派なので気にならない。
〇 40〜50km/hぐらいから加速がすいすい伸びる。ディーゼルCX-5のような力強い伸びではないが、回転数や音がおとなしい割にやたら伸びる印象。調子に乗るとすぐ80〜90km/hぐらいまで到達してしまうため、慣れるまでは一般道では気を付ける必要がある。


走行性能
(運転技術が無く、またオフロード走行機会もほとんどないため、評価外。
特にネガティブな印象は無いが、パドルシフトは欲しかった。)


乗り心地
〇 シートは快適で、2時間程度の運転では特に疲れない。
〇 レーントレースは結構しっかりしている。
〇 安全機能がとにかく良い。RCTA、BSMが優秀。先代(11年前)とは隔世の感がある。
〇 クルコンは実用的。ノロノロ渋滞でもちゃんと機能していて驚いた。普通のカーブでも問題なく追従する。ただ、運転が疲れないので、ほとんど使っていない。
△ カーブでは思ったより横に振られる印象。
× ドアハンドルの位置が悪く、非常に閉めずらい。

燃費
〇 40〜50km/h以上からはアクセルを軽く踏むだけですいすい加速するので、その速度域に乗ってしまえば燃費性能は良い。そのため、市街地でも道が広く渋滞が無いなど40〜50km以上ですいすい走れる条件ならWLTCと同等以上の数値も出せる(例えば通勤片道15kmを国道20分+生活道路10分、エアコン有りで、14km/L出る。
× 逆に言うと、信号の停止や低速域の割合が多いと、大きく燃費が落ちる(渋滞時は7〜9km/L)。アイドリングストップが無いことも効いている。ハイブリッドとの差が最も出るケースなので、燃費目的でハイブリッド検討するなら、ユースケースに渋滞がどの程度含まれているかを重視すると良い(よく使う道路をガソリンとハイブリッドで試乗して比較した方が良い)。
〇 エコモードで慣れると、エコモード固定にしてもほとんど困らない。自分はすぐ慣れた。

価格
〇 価格発表直前まで「どうせCX-5とCR-Vの中間ぐらいだろう」と思われていたのが、最廉価グレードだけならほぼCX-5に寄せてきたのは良かった。
〇 最廉価グレードでも安全装備をオプションでつけることができるのも良かった。C-HRみたいな「安全装備欲しければ上級グレードにしろ」商法でないことは喜ばしい。C-HRに+30万でRAV4が選択肢に入り、さらに安全装備もつけられるのは良い(とはいえ安全装備をRAV4ベースグレードにフルでつけると、結局C-HRの最上位モデルに手が届くのだが)。
△ 上位グレードとの価格差がかなり大きい。X→Gで+60万、ハイブリッドでも+60万。コスパについてはグレードによって評価が分かれそう(もちろん上位グレードならではの大きな魅力があることは承知)。
× ボディカラーのグレード制限が結構大きい。ADV専用色で悩んでみたかった。

【総評】
安全装備オプションと値引きも含めて、300万に収まったので、良い買い物だったと思う。
4WDのイメージが強いし特徴的にもその通りだと思うけど、外見が好きなら、日常の使い勝手の良さや安全性重視でも、有力な選択肢になると思う。

以下の条件を満たすなら、ガソリンXの選択肢もアリだと思う。
 ・渋滞がそこまで多くない
 ・内装を必要十分と感じる
 ・馬力に大きな不満が無い
 ・アーバンカーキ/シアン/ツートンでなくても良い
 ・上級グレードを見ても劣等感を感じず、むしろ「仲間だ!」と思える性格(笑)
 ※安全装備は必要/不必要どちらでも問題ない
 ※4WDが必要/不必要どちらでも問題ない(降雪やオフロード走行が少ない場合は2WDを選択肢にできる)

(参考)
自分が重視した点
 ・運転時のアイポイントの高さ(アイポイントが低い車は苦手)
 ・安全装備(最重要。アイポイントが高いと手元に死角が増えるのでその意味でも重要)
 ・購入価格
 ・それなりの風格と個性
 ・普段の使い勝手の良さ
 ・それなりの燃費

レビュー対象車
新車
購入時期
2019年5月
購入地域
沖縄県

新車価格
265万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
20万円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった41

このレビューは参考になりましたか?参考になった

高山正寛さん

  • レビュー投稿数:76件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールこの度プロフェッショナルレビューを担当させていただきます高山正寛(たかやませいかん)です。1959年生まれで自動車専門誌で20年以上に新車とカーAV記事を担当しフリーランスへ。途中5年間エンターテインメント業界でゲーム関連のビジネスにも関…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

アドベンチャーのみに設定されているツートンボディカラーは5万5000円のオプション

専用デザインの19インチアルミホイールはアドベンチャーのみに標準装備されます

インテリアのオレンジコーディネートは好みですが、機能面はしっかり担保されています

AWDのマルチテレインセレクトスイッチはダイヤル式で確実な操作を可能にします

快適温熱シートにオプションで設定できる「シートベンチレーション」がオススメです

ラゲージ容量は580L、左右方向の張り出しも少なく奥行きも1015mmと使えるサイズです

2019年4月に発売を開始して今年3月末までの販売台数も7万1539台とSUVジャンルでトップとなったトヨタRAV4のガソリンモデルである「アドベンチャー」にコロナ禍が発生する前に試乗しました。

新型RAV4には2.5L直4ハイブリッドと2L直4のガソリン車をラインナップします。特にその中でもアドベンチャーはガソリンのみの設定で年齢を問わずアクティブ志向のユーザーをターゲットしたことで売れ線グレードとなっています。

先に結論を言ってしまうと、アドベンチャーと他グレードは特にエクステリア周辺のデザインに大きな違いがあります。好みはあるとはいえ、ハイブリッド車でこのエクテリアが欲しいと感じている人もディーラーで話を聞くと一定数いることがわかります。

もちろんいずれは(マイナーチェンジ時期?)そのような設定も追加されるかもしれませんがクルマの個性を際立たせるためにも初期導入はこのような形でラインナップしてきたと推察できます(トヨタの担当者の一部からもそのような意見はあったと聞いています)。

ボディサイズは全長4610×全幅1865×全高1690mmと堂々としたものです。個人的には全幅が1800mmを超えるクルマは日本の道路事情を考えると積極的には購入しようと思いません。クルマの取り回し性能はボディサイズだけでなく、ステアリングの切れ角も含めた「最小回転半径」や運転席からの視界などトータルで判断すべきですが、それでも19インチアルミホイールを装着するグレードが5.7m、その他が5.5mに何とか抑えている点、また特に前方の見切りの良さも手伝って実用上に大きな問題はありません。

新型RAV4の大きな特徴はグローバル環境で対応できる(特に北米市場)3種類のAWDシステムをグレードに応じて設定している点です。

その中でもトヨタが結構プッシュしてきたのがこのアドベンチャーとG“Zパッケージ”(つまり19インチ仕様車)にのみ搭載される「ダイナミックトルクベクタリングAWD」です。

簡単に言えば前後だけでなく後輪の左右間のトルク配分もコントロールできることでAWD車(特にFFベース)特有のコーナリング時のアンダーステアを抑える効果があります。

またこのシステムの優れている点は「特にAWDは必要ない」と車両側が判断した際にプロペラシャフト前後の動力伝達をカットする「ディスコネクト機構」を装備している点です。これにより実用燃費を高める効果もあります。

実は車両導入時にこの3種類のAWDの違いを専用のテストコースで試す機会に恵まれました。トヨタの開発陣が「それぞれのシステムの違いがわかりやすい」ということで設定したコースですからその差は顕著でした。

アドベンチャーの場合は少しオーバースピードでコーナーに侵入した際にリア側から押されるような感覚でフロントがインにグイっと入ってきます。その分ややコントロール性は求められますが決して運転技量が高いとは言えない筆者でも少しだけリアを滑らすような感覚を保ちながら車両の動きは把握できる。そんな走りを楽しむことができます。

一方で今回は触れませんがハイブリッド車の電気式AWDである「E-Four」もパワーと制御のバランスは抜群です。車両価格が異なりますので比較はしづらいのですが、安定志向であればこちらも候補に挙がります。

一般道では一番感じたのが静粛性の高さ、そして接地性の確かさです。今やトヨタが誇る「TNGA」による新型プラットフォームが生み出す走りの質感向上に対して説明は不要ですが、街中の交差点を曲がる際でもステアリング操作に対しクルマの動きが素直です。最低地上高が200mm(19インチ仕様)あるSUVでも一拍遅れてグラッと来るようなロール感が本当に少ないのです。

一方ステージが変わって高速道路を走ると静粛性の高さには驚かされます。前述したクルマの動きにプラスして後席にカメラマンを乗せた状態でも会話明瞭度が高いことがわかります。今後のトヨタ車は皆、こうなるはずですが、初代RAV4や他社のSUVを数台乗ってきた筆者からすれば「SUVの静粛性は大体こんなもの」と思っていたのを根底からくつがえされる程の進化を遂げています。

エンジンに関しては必要十分の性能とは思いますが、ここ一発の追い越しなどは2Lエンジンではややツラい部分もあります。理想は2.5LのNAエンジンが欲しいところですが、そこは無い物ねだりなのと不足部分は「Direct Shift-CVT+10速シーケンシャルシフトマチック」がフォローしてくれます。このシーケンシャルシフトはレクサスUXのガソリン車に搭載された機構ですがトヨタブランドではRAV4が初、実用燃費をキープしつつ、いざという時にはダイレクトな変速フィーリングや走りを楽しむことが出来ます。

冒頭に触れたようにアドベンチャーにはガソリン車しかありません。しかし専用の内外装のほか、先進安全装備も基本的なものは装備されているのでその点でもイチ押しグレードであることは間違いないでしょう。

ただ購入時には上位グレードに設定されている「インテリジェントクリアランスソナー(2万8600円)」「リアクロストラフィックオートブレーキ+ブラインドスポットモニター(6万8200円)」は安全性の観点からも装着すべきでしょう。

また快適装備としては大型の「パノラマムーンルーフ(14万3000円)」「快適温熱シート+運転席・助手席シートベンチレーション(他装備と一緒で8万1400円)」は将来のリセールバリューにもプラスに働くので少々高めでもオプション候補に残しておくことをオススメします。

今後はハリアーや2020年秋にはヤリスクロス、そしてこのRAV4にも時期未定とはいえPHEVが導入されることでトヨタのSUVラインナップはさらに充実します。価格差や車格の違いはあるとはいえ、選択肢が増えることはユーザーにとってのメリットも増えることになります。これらの動向を見ながらSUV選びを楽しんで下さい。

レビュー対象車
試乗

参考になった49

このレビューは参考になりましたか?参考になった

テント侍さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:110人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

20インチ・ランニングボード・マッドガード履かせ、ルーフバケット乗せてイメチェン

オフロード志向のSUV車をオンロードで走るカッコよさ

我が家のCOTYコンビです!ボルボとツーショット!2台ともタワーパーキングはNGです!

営業車なので迷いましたがつけちゃいました!とっても気に入っています!

画素数悪く映像はあまりよくありません。夜の運転で老眼がきっつい人には厳しいかも!

RAV4のお尻がSEXYで一番好きかも!NICEBODYなんです!

 昨年10月初めに契約し,今年2月初めの納車となりました。主に、通勤用・お仕事用(営業車兼工事車両として関東・関西・北陸くらいまでならよく走ります。年間2万キロ以上)に使用します。あとはたまに嫁さんと近所の外食&買物用にプライベート車として使用します。オフロード走行や車中泊は皆無です。つまり本格オフロードっぽい車をオンロードで走るカッコよさを求めています。ところで今回の車選びのポイントは、モデルチェンジしてから間もない車(モデル末期のハリアー、プラド、エクストレイルは興味なし)、SUV(ミニバン・セダンは不可、アルベルは落選)、やや大きめの車(大きすぎてもNGで、ランクルやハイラックスは車庫がギリギリなので断念)、オフロードっぽさ重視(シティ派志向のSUVもかっこいいけど今回はNGとしCX-5、CX-8、NX、UX、はかっこいいけど除外)
【エクステリア】
 RAV4に決めた理由はエクステリアです。人それぞれ好みもありますが他は退屈なデザインが多かったような気がします。エクステリアで気に入った輸入車ではミニクロスオーバーでした…しかし、悲しいかな小さすぎて…仕事でも使うので荷物があまり乗りません。ミニのフェイスで全長5m越えのダブルキャブのピックアップトラックが出たら欲しいです!あとJEEPラングラー…エクステリアは強烈でしたが右ハンドル車では左の足置きスペースがない?長距離ドライブはちょっと辛いという感想でした。並行輸入の左ハンドル車はまだ見てませんが…。
【インテリア】
黒の合皮です。手で触れば本革でないことはわかりますが、座っている分には全く問題ないです!ラグジュアリ感は全然ないのでメッキ調の後付けカスタムパーツ等を自分好みにゴチャゴチャつけてます。(それがまた楽しくて荷物が届くのがとても楽しみなんです。)
【エンジン性能】
仕事中心の車のため、名古屋市内を中心としたSTOP&GOの多い街乗り9割と高速が1割くらいです。普段乗りの車としてはバッチリ合格です。ゆったりと走っているときも、セカセカと走っているときもストレスは感じません。ただしPHVの情報は気になります。上位車種としての300馬力は非常に気になります( ;∀;)今回無茶苦茶オプションを付けたためPHVは十分射程圏内でした。速攻DLさんに巻き替えの要望を伝えるも断念。
【走行性能】
アウトドアで未舗装の山道や川原や砂丘を走ることはなくオフロード走行は皆無です。また高速道路等で限界走行性能を意識するような乗り方もしないです。普段乗りの車としては問題なく合格です。
【乗り心地】
主にプライベートで乗っている我が家のCOTYコンビのボルボXC60 D4 AWD Inscriptionにあってないものといえば運転席のマッサージ機能とシートベンチレーションですが長距離運転の場合これは欲しい!あと!ディスプレイオーディオ…YOU TUBEは無茶苦茶見るのでこれもつけて!とDLの営業さんに交渉するも無理でした。でもあまり評判よくないらしいのでちょっと安心。
【燃費】
本当はもっといいはず。というのは燃費に悪いものたくさんつけてしまいました。ルーフバスケット&常時荷物(仕事用脚立とそれを収納する為の迷彩色のルーフバッグ)、マッドガード、ランニングボード、インチアップ(18→20)&タイヤ…おかげで街乗り14Km/L弱は少なし( ;∀;)
【価格】
今回無駄だとおもうくらいオプションをたくさんつけました
【MKOP】
ホワイトパール よい
1500W 便利です
デジタルミラー 鏡ではなく映像なので老眼が強い人はNG
パノラマムーンルーフ  ダークフィルムを貼ったので車内が明るく解放感
ハンズフリーバックドア やっとコツをつかんだ
おくだけ充電 使わない
【DLOP】
TCナビ9インチ 老眼には優しい
ドライブレコーダー 非常時のもの
リモートスマートキー一体タイプ 勉強中
ベーシックセットC よい
LEDサイドミラー よい
ナンバーフレームデラックス よい
ドアエッジプロテクター 他のシルバーパーツと相まってGOOD
バイカラーLED切り替え式 実用性は少なし
システムベースラック パノラマつけたけど干渉しません
ブラインドコーナーモニター 車庫から出るとき一応見る
ETC車載器 可も不もなし
IPOD対応入力端子 ユーチューブを見ます
プレミアムダブルツイーターシステム 私は高音より低音派です
アームレストスライド 使わない
マッドガード 燃費によくない…JAOSのマッドフラップに変更検討中
リバース連動ミラー 高級輸入車でもなかなか見ない
車検証入 地味に必要
モデリスタLEDルームランプセット 車内明るいのはGOOD
モデリスタスマートフットライト 中途半端に暗い
モデリスタラゲージLED 夜荷物をごそごそ見るのによい
モデリスタクールシャインキット 絶対かっこいい…一押し
TRDIRカットフィルム ホイールの黒と相まってGOOD
TRDドアハンドルプロテクター 他のシルバーパーツと相まってGOOD
50数万円の値引(下取りなし)DLさんでの乗り出し価格は¥523万です
【社外品】
ホイール フルクロスRV5limited 18→20にインチアップしたけど全然やりすぎ感なし、赤いラインマークは営業車としてはちょいはずかしいかも
タイヤ ヨコハマパラダSPEC- X245/45/20 履き心地18と比べても全然かわらない
ThuleのキャリアバスケットTrail824Black(取付DL依頼) かっこいいとおもってます
北米トヨタ純正ランニングボード(取付DL依頼) 乗降にはちょっと邪魔、キャリアバスケットの使用時は便利、個人的にはフルエアロより絶対かっこいい
サブウーハー パイオニアTSWX130DA 重低音人間なので
以上5点で取付込で¥52万です。
【その他】
アマゾンで購入した内外装パーツ合わせて25点で合計12万円弱
結局大幅に予算オーバー(◎_◎;)
他の上位車種ならそんなに追加オプションはないのにRAV4は標準装備品が少ない為、オプションで費用が高騰!
【総評】
楽しい車!
仕事にまみれるぜ!
P.S.打倒!コロナ!

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年2月
購入地域
愛知県

新車価格
388万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
20万円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった76人(再レビュー後:26人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

BOGOTAさん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:299人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
6件
158件
自動車(本体)
7件
135件
SoftBank(ソフトバンク)携帯電話
0件
46件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5
 

降雪地ではないのでフォグもLEDに

メッキ無しのドアハンドルでXグレードと判別可能

 

これまでクルマのレビューは乗り換えの際に総括として書き込んできました。
今回初めて購入後一年未満でのレビューです。
なお登録済未使用車(新古車)を購入したため正確には中古車購入です。

RAV4を一言でレビューすると

高級感皆無なのにユーザーを満足させているのはスゴい!

マツダ車やハリアーなど、見かけの高級感が訴求力となるクルマが増えています。
軽自動車にすら高級感が求められている昨今です。
高級ではなくあくまで高級「感」に過ぎないのですが、それが所有者の満足「感」につながるならば、売り手も買い手もお互い丸く収まるのでしょう。

そんな中でこのRAV4、高級でないのはもちろんのこと高級感すらありません。
一応ソフトパッドや加飾はあるものの内装は実用本位で、上位グレードでもシート表面は合成皮革です。
ATではなくCVTだし…と安っぽいところを挙げればキリがありません。
それでも爆売れ。満足度も決して低くはないようです。
もうこれはトヨタがユーザーをなめていると言うより、むしろ価格と装備のバランスについて最大限の努力を払って素晴らしい!と敬意を表するしかありません。

当方の車両グレードはX。つまり一番下のエントリーグレードです。
新古車ゆえメーカーオプションを選択する余地はありません。
幸い購入したのは、ほぼフルオプション装備状態でしたので今回のレビューは主に各オプションの必要性をレビューいたします。

恐らくXグレードを購入する方は少ないでしょう。

でも
C-HRの後席狭い!
カローラツーリングの荷室狭い!
ミニバン嫌い!
大きいクルマが欲しいけど高いのは買えない!

そんな方はRAV4のXに必要なオプションを選ぶという買い方もアリ、かもしれません。

各ユーザーの使用状況によってオプションの必要度は大きく異なりますので、個人の感想程度としてご覧ください。

< X対応メーカーオプション >

◎ 18インチアルミホイール&タイヤ

社外品に交換前提でしたら標準の17インチアルミのままでもよいと思います。
交換予定がなければ嫌がらせのようなデザインの17インチアルミよりもだいぶましな18インチアルミのオプションを選ぶ価値は大いにあります。
差額も良心的だと感じます。


◎ スペアタイヤ

いざという時の安心感は応急キットの比ではありません。
タイヤ交換のスキルがあれば選ぶ価値は大きいです。
  

◎ バックカメラ

むしろ装着しない理由が見つかりません。
XとAdventure以外のグレードですとバックカメラは標準装備です。
つまりXは安いプライスタグを掲げるため、必須と思える装備もオプション扱いとなっています。
ちなみにナビはディーラーオプションではない社外品ですが、問題なく後方確認可能です。


◎ インテリジェントクリアランスソナー

車体の見切りがよく車両感覚がつかみやすいものの、やはり大きめのボディですからありがたい装備です。
当方TRDのエアロを装着しましたので前後が若干長くなっています。
そのためソナーを頼りに壁寄せすると、エアロバンパーと壁との間が結構ギリギリでびっくりしたことがあります。
ブレーキサポートも付いていますのでぶつかる心配は少ないのですが、エアロ装着予定でしたらご留意ください。


二重丸を付けた、以上が装着されていてよかったオプションです。


○ ムーンルーフ

Gグレード以上に装着可能なパノラマムーンルーフと比べれば開放感はかなり劣ります。
とはいえ、後からは選ぶことのできない装備の筆頭がムーンルーフですので、欲しいと思ったなら10万円払う価値はあると思います。
採光や換気くらいでしたら普通のムーンルーフでも役立ちます。


○ ブラインドスポットモニター

後方接近車両が近いとサイドミラーに表示してくれます。
この装備が必要かどうかは各ユーザーの使用状況によりかなり異なると思います。
当方はあまり恩恵を感じません。
むしろ車両をバックさせている時に、かなり後方にある障害物にも反応しサイドミラーに表示されるのでありがた迷惑です。
また、このオプションを選択するとサイドミラーにウェルカムライトが装備されます。もちろん豆球です。
室内灯をLEDに交換しましたので、ウェルカムライトもLEDにしました。室内灯に比べて交換の難易度が少し上がりますので、ウェルカムライトのLEDは耐久性の高いものをお勧めします。


○ ボディカラー

個人的には白がベスト。当方は赤色。
センシュアルレッドマイカも白も同じ価格のオプション色です。
ヴェゼルやマツダの赤と比較して、落ち着いた雰囲気で性別年齢を問わず似合うと思います。
しかしながら購入店の話では、どちらかと言えば不人気色らしくそのおかげで随分お安く購入できました。
ボディーカラーについてはお好きな方はどうぞーと言うしかないオプションかと思います。
  

○ デジタルインナーミラー

この装備の必然性・必要性が分かりません。
録画機能なし、解像度いまいち。夜は普通のミラーよりも見やすいかと言えばそうでもなく。
ラゲッジに荷物満載で普通のミラーでは後方確認不可なんてこともなし。
もったいないから(?)意地になって使っていますが、妻がRAV4に乗った後は普通のミラーに切り替わっています。
おそらく今後進化していく装備だと思います。現時点では個人的に不要で5万円以上払う価値はないと感じます。


丸印の付いた上記メーカーオプションは必要ならばどうぞ、といった感じです。

当方はこれまで三菱車とマツダ車ばかり選んでいました。
二社のクルマに魅力を感じたのはもちろんですが、アンチトヨタを自負していたからでもあります。

時は流れ、周りと違うクルマを選ぶことでアイデンティティーを主張することなど無意味だと気付きました。
今回トヨタのどストライク車を選ぶことができ、やっと大人になれたのかもしれません。

「そんなつもりでRAV4作ったんちゃうで。このクルマは若者向けや」
トヨタの嘆きが聞こえてきそうです。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった77人(再レビュー後:38人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

トム456さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:65人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格4
   

   

約6000km乗りました。

【エクステリア】
アドベンチャーのフェイスに一目惚れしました。
見慣れると大きく感じないです。普通のサイズだと思います。リフトアップしたい気分になります。

【インテリア】
高級感はありません。そもそも車のコンセプトを考えれば普通。ただしチープだな〜という印象もなく、全体的な印象として価格帯の割に綺麗に仕上がっていると思います。
所々プラスチック感が否めませんが、汚れても気にしないと考えて見慣れました。飽きたら、被せるだけ系のカバーがネットで沢山出てくるので、装飾すればいいかなと思ってます。
ドアが重い?というレビューを良くみますが、今まで乗った車で一番軽いです。何も入ってないんじゃない?って感じです。ドアは全開にすると「ギギギッ」とヒンジが軋みます。

【エンジン性能】
重量感を感じますが、踏めば一般的な加速はします。登坂などでエンジンの回転数が上がると室内にも低いエンジン音が聞こえます。
最近、アイドリング時の振動が大きくなってるような気がします。空調OFFなのに…まぁこんなもんですかね!

【走行性能】
トルクベクタリングですかね!峠や大きなカーブで、ちょっと無理な速度で入っても、よく曲がります!今までの車と安心感が違います。
動画投稿サイトでは、結構な悪路走ってますけど、あんな所走る予定ないので、パワーも十分と感じてます。
車は基本街乗りで、整地されたキャンプ場でのキャンプ・釣り・登山などで使いますが、普通に道ありますからね。

【乗り心地】
普通ですよね。そもそも試乗無しで購入してるので、期待値が低かったかもしれないですけどねw
突き上げも若干ありますが、トヨタのフワフワした乗り心地が嫌いなので、テイストとしてはキビキビした印象で、個人的には満足です。

【燃費】
現在燃費計で12.9です。ガソリン満タンにした時にリセットしてるので、今は街乗り300kmぐらいの走行の表示。
高速含めてぶっ通し100km走行時は17〜22ぐらいの表示してます。嘘か誠か。いい方じゃないでしょうか。


【価格】
最近の車は、高いですからね。普通だと思います。
下取り車価格が、よかったので、乗り出し250万で買えた、私からすると、良い買い物でしたね。

【総評】
見た目に惚れて購入でしたが、街で被る事が増えてきたらカスタムしたくて仕方なくなりますね。今まで年に数回ぐらいしか被らない良き車達でしたので優越感や所有欲を満たしてくれていましたが…相当数売れているみたいですし、これからもっと被る機会が増えるのかと思うと…やっぱカスタムしたいですね!
まぁとは言っても概ね満足しています。

今まで色んな車と付き合ってきましたが、家族も増えてもう少しで30歳ですし、この車で落ち着き長ーく付き合っていきたいと思います。

リフトアップして…ワイドフェンダーにして…タイヤは…
今は、カスタム妄想が楽しいです。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年5月
購入地域
北海道

新車価格
319万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
10万円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった37人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヴォルビック501さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
145件
ビデオカメラ
0件
6件
タブレットPC
0件
4件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
ボディデザインのラインがとても綺麗で遠くから見ても「なんか良い車が来たな」って感じます。
以前乗っていたCHRとの比較になりますが、RAV4の方がよりSUVらしさがあって押し付け感がなく嫌味のないデザインだと思います。

【インテリア】
シンプルで上質、個人的にはCHRのようにピアノブラックを使いややごちゃごちゃした押し出しのある高級感よりもRAV4のシンプルで上質なデザインの方が好みです。ギア感というか質実剛健さもあって欧州車のようなデザインがすごく良いと思いました。
【エンジン性能】
普段はハイブリッドの静かで素晴らしい燃費性能が楽しめ踏めばエンジン音は少し大きくなりますが、かなり力強く加速してくれるので日本で走る限り全く不満もなく乗れます。

【走行性能】
例えるなら大海原で少し大きな船に乗っているかのようなゆったり感があります 笑
長距離クルーズに向いていてめちゃめちゃ楽に走れます。
個人的にはエコモードがメインですが走行モードを切り替えてみると、ハンドルを切ったら反応も早くスポーティーに走れて色んな楽しみ方ができます。
【乗り心地】
ゆったり滑らかで上質です!
CHRとの比較ですが、CHRも非常に滑らかでしたがRAV4はさらにその上をいく滑らかさと上質さを持っています。
静粛性も外部からの遮音が凄い高いレベルにあると思いました。ロードノイズもかなり抑えられていて静粛性でもCHRより上だと思います。

【燃費】
個人的な使用環境では実燃費がエコモードでリッター25以上いきます。カタログ値を超える驚異的な燃費性能です。
CHRで実燃費リッター28?32だったので、RAV4のサイズと重量を考慮してみても驚異的な燃費性能だと思いました。
CHRに比べてバッテリー容量も大きく、上手にアクセル調整をすればEVモード走行もより長時間可能だと思いました。
参考までに燃費計数値の写真もアップしておきます。
【価格】
性能に見合って妥当な価格だと思います。
むしろ、この完成度でよくこれだけ価格を抑えられたなという感想です。
【総評】
シンプルで上質。素晴らしい車です^ - ^
世界で販売されて1番アメリカで売られているらしいですが売れている理由が納得です。

個人的に気になる点をあげておくとすれば、ドアハンドルが前の方に付いているため、駐車場で隣の車にドアをぶつけないよう、
ドア開度調整の力加減がしにくい事です。
もう少し中央部にドアハンドルが付いていればドアを支える力調整がしやすいかなと思いました。
ドアグリップはとても良くて気に入ってますけどね笑

アメリカでは日本と違い広いのでそう言う事は気にならないのかもしれませんけどね笑

とにかくめっちゃ良い車で欠点もほとんど見つかりません。
長く乗れる車だと思います!

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
滋賀県

新車価格
388万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
5万円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった50

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ジャム吉さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
   

   

契約からちょうど100日待って、9月7日に納車されました。
待ちくたびれて気絶しそうでした。

ちょうど10日経ちました。
SUV車を候補に、購入を迷われている方がおりましたら、ぜひ参考に見てください。(再レビューです)

                      
                         ◇


【エクステリア】
はじめはごつごつしていて、イノシシ顔に見えていましたが、今は最高にイケメン顔に見えています。笑
特に、ヘッドライトの形状やコの字のデイライト、テールランプは、LEDのつぶつぶ感が無く、とても凝った形状をしており
気に入っています。なんとも精悍で凛々しくかっこいいフロントマスクで心を奪われました。

【インテリア】 
RAV4の評価項目の中で、なかなか★5が付かない項目ですが、私は5を付けました。
水平基調で、階層のようなインパネは、購入後だんだんよく見えてくるから不思議です。

7インチ液晶の多くの情報が見られるメーター類、夜の薄いブルーに光る文字や9インチのナビなどとても満足しています。

私はライトグレー色の内装にしたのですが、これが本当にいいです。黒とのツートンの感じや室内が明るく感じられ、友人たちにも内装がいい、と言われました。グレー色はそれほど白くなく、汚れを気にしている方もおられるかと思いますが、黒ばかりうすいの内装が多いので迷われておられる方、ライトグレーにしてみてがいかがでしょうか。絶対満足します!

【エンジン性能】 
アクセルを強く踏むと、2.5とモーターの合わせたトルク感が素晴らしいと感じます。
ガソリン車の4駆システムも魅力的ですが、トルク配分の変わるE-Foreもいい感じです。
速く雪道を走りたいです。(^▽^笑)

【乗り心地】
実は、私がLAV4購入を決定づけたのはHVGの乗り心地でした。
多くのSUV車を乗りましたが、静粛性やしっとり感が素晴らしいと感じたのは、RAV4とホンダCR-Vのハイブリッド車でした。
ハイブリッド車はハリアーより乗り心地は上ではないでしょうか。

【燃費】
職場までの通勤往復54キロでは、平均燃費は21kmぐらいです。(エアコン常時26℃設定、ノーマルモード)
これまでマツダMPVに乗っていて燃費は7kmだったので、ありえないほどよいと感じています。

【価格】
RAV4のハイブリッド購入者の多くが★3ぐらいでやや高いと感じているようです。

私はこの車のできなら車体価格が400万いかないことが素晴らしいと感じているぐらいです。
有人から価格を聞かれて「381万円」と答えると、「たっけー!」と返ってくることが多いのは確かです。
決して高級車ではないですが、ハイブリッドGの価格はそう思われるようです。

だから・・安もんの車に思われない満足感があります。笑



                                   ◇



すべてに★5にしましたが、細かい所で不満が無いわけではありません。

【不満なところ】

不満1‥サイドカメラ設定がない。当方、スキーが趣味でけっこう山の中を走ります。
細い道路も多く、すれ違いのときMPVのサイドカメラ(オプション)をよく利用しました。
海外のRAV4には設定がありアラウンドビューにもなるのに、これが一番の不満点です。

不満2‥内側ドアノブの位置が前に行きすぎ。力が入りにくく、なかなか慣れません。娘を後ろに乗せたとき、ドアを締める瞬間、「おとーさん、この取っ手の位置、おかしくない? なんか締めにくいんだけど」と指摘されました^_^;

不満3‥これはRAV4というよりトヨタ純正のバックカメラへの不満かと思いますが、バックして駐車場に止めるとき、カメラに映るぐにょーって曲がる黄色の予想進路線が馴染めず、うまく止めることができません。これまでの曲がらない線に慣れてしまっているからでしょうか。それで黄色選だけでも消せるといいのですが、赤線1本以外は全部消えてしまってこれも使いにくいです。
結局、グリーンの線モードが合ってなんとか解決しました。
MPVでは、進路予想線は無く、線の位置も自分で微妙に変えることができたのがよかったのですが。

不満4‥ハンドル、あるいはナビに一発でTVの音等、消音させるボタンがない。
MPVで重宝したのであるとよかった‥。

不満5‥室内灯の暗いこと。夜、室内で説明書まほとんど暗くて読めませんでした。
すぐに、LED室内灯を注文しました。


など、細かいところはいろいろ出てきますね。それでも総じて大満足な車です。

MPVは20万キロ乗りましたが、RAV4も長く、大切に乗っていこうと思います。


長文で失礼しました<(_ _)>

レビュー対象車
試乗

参考になった50人(再レビュー後:31人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

RAV4 2019年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

RAV4 2019年モデル
トヨタ

RAV4 2019年モデル

新車価格:277〜410万円

中古車価格:242〜513万円

RAV4 2019年モデルをお気に入り製品に追加する <600

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

RAV4の中古車 (全2モデル/1,109物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意
RAV4の中古車 (全2モデル/1,109物件)