『Power Director 17 Ultraのレビュー』 CYBERLINK PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版 色異夢悦彩無さんのレビュー・評価

2018年10月26日 発売

PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版

PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版 製品画像

画像提供:Amazon.co.jp

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥7,090

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥7,090

NTT-X Store

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥7,090〜¥8,419 (20店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国7店舗)最寄りのショップ一覧

販売形態:パッケージ版 ライセンス形式:乗り換え/アップグレード版 PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版の価格比較
  • PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版の店頭購入
  • PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版のスペック・仕様
  • PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版のレビュー
  • PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版のクチコミ
  • PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版の画像・動画
  • PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版のピックアップリスト
  • PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版のオークション

PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版CYBERLINK

最安価格(税込):¥7,090 (前週比:±0 ) 発売日:2018年10月26日

  • PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版の価格比較
  • PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版の店頭購入
  • PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版のスペック・仕様
  • PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版のレビュー
  • PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版のクチコミ
  • PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版の画像・動画
  • PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版のピックアップリスト
  • PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 動画編集ソフト > CYBERLINK > PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版

『Power Director 17 Ultraのレビュー』 色異夢悦彩無さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:43件
  • 累計支持数:197人
  • ファン数:20人

よく投稿するカテゴリ

動画編集ソフト
37件
2409件
ビデオカメラ
0件
279件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
92件
もっと見る
満足度5
機能性4
使いやすさ5
安定性5
軽快性5
サポート5
マニュアル4
Power Director 17 Ultraのレビュー

起動画面

編集画面

オーディオエディター

   

アルファ付きQTアニメーション動画の合成

   

Power Director 17 (PDR17) Ultraをレビューします。

乗換え・アップグレード版はCyberLink製品か他社動画編集ソフト製品を持っていれば購入できます (OS付属ソフトやフリーソフトは対象外、バンドル版はOK)。
動画キャプチャーソフト[Screen Recoder 2]も付属しています。
以下、ホームユースソフトとしての評価・点数で、主に前Ver.16Ultraとの比較です。

【機能性】
○機能一覧と比較は下記。
https://jp.cyberlink.com/products/powerdirector-video-editing-software/comparison_ja_JP.html
〇PDR17を起動すると(画像:起動画面)の通り各種の編集モードが選べます。通常は[タイムラインモード]で編集しますが、動画編集ビギナーの方でも素材をいれるだけで自動的にビデオを作成できる簡単モードもあります。

<主な新機能に関する感想>
・[オーディオエディター]
Ver.17のオーディオエディターはピッチシフト等の機能を備えていて、2chのオーディオ編集であれば充分に使えます。(画像:オーディオエディター)

・[モーショントラッキングでのフレーム単位操作]
モーショントラッキングは部分モザイク等の追跡に使いますが、Ver.17ではこのトラッキングを自動だけでなくフレーム単位の手動操作もできるようになりました。
但し、トラッカー精度は動画にピッタリと追随するような性能では無いのでオブジェクトがそこに在るかのようなリアルなマッチムーブには向きませんが、部分モザイクやぼかし等を概ね追随させる用途には充分使えます。

・[編集プロジェクトのネスト化]
Ver.17の新機能の目玉と言えるが、プロジェクトのネスト使用が出来るようになったことです。
例えば汎用に編集して作ったビデオ、自分のイントロロゴやオープニングタイトルのムービー等を作っておいたなら、そのプロジェクトを他の編集のタイムラインに置けば、そのまま他の編集に使いまわせます。
これはホームユースレベルのソフトとしても欲しかった機能です。

・[プレカット編集]
これは動画素材で編集に必要な区間を予めトリミングするものですが、基本的には従来のトリミング機能に自動的にカットする機能が入ったものと思います。次回バージョンではソースプレビューウィンドウを初めから設けて2画面表示とし、オーソドックスなものにしてもらいたいと思います。

・[動画の連番画像シーケンス書き出し]
この機能はPower Directorでどのような用途で使うか微妙。Power Directorはアルファチャンネル付きで動画を書き出せず、アルファ無し動画を静止画の連番で書き出す意味はあまりないと思います。
尚、連番書き出しする場合は書き出し用のフォルダを作って、その中に出力しないと多数の画像ファイルが出来るのでえらいことになります。

・[最適レンダリング形式の選択]
Ver.17から[出力]のレンダリングにおいて、従来の無劣化出力スマートレンダリング(SVRT)の適用判定だけでなく、色々な形式のクリップを併用したときに、どのプロファイルでレンダリングすべきか提示してくれる機能です。
初心者の方には便利と思います。

・[webmの対応]
最近のネット等ではwebm動画がありますが読み込みに対応しました。ネットから素材をダウンロードする場合は、そのサイトの利用規約等に注意が必要ですね。

・[コンテンツパックプレミアム4の追加]
利用できるテンプレート類が増えてます。

<主な拡張機能に関する感想>
[タイトル作成の機能向上]
タイトルのテンプレートスタイルが増えている。タイトルデザイナーに文字背景を作成できる機能が付加されて簡単に座布団を作成できるようになりました。又、文字エフェクトに[特殊エフェクト]機能が付加されて炎やネオン等の装飾適用が簡単にできます。

[ブラシによるマスク作成]
前回Ver.16のレビューでマスク作成にベジェのペンツールを入れて欲しい書きましたが、今回はブラシツールで自由なマスクが作成できるようになりました。但し、そのマスクを自動追跡で動かすことはできず、静止画像用のマスクですね。

[mov動画ファイルの読み込み対応拡大とアルファ付き動画の読み込みについて]
 movコンテナの動画読み込みが拡大されていて、Apple ProRes422(HQ)等の素材も読み込め、編集に使えるようになりました。
それと、アルファチャンネル付きの動画を読み込んで背景透過のまま編集に使えるかを確認しました。
色々なアルファ付き動画をテストしましたが、movコンテナの[QuickTimeアニメーション]コーデックのみ背景透過の動画のまま重ねることができました。(画像:アルファ付きQTアニメーション動画の合成)
尚、アルファチャンネル付き動画自体を出力することはPower Directorでは出来ません。あくまで読み込み利用です。素材にするアルファ付きQTアニメーション動画を作成する場合は他のソフトで行う。
早く、各種アルファチャンネル付き動画の読み込み・書き出しに対応して欲しいですね。

【使いやすさ】
編集の基本部分はビギナーにも分り易く、直ぐに使えるようになると思います。少し凝った編集を行う場合にも使い易いですね。

【安定性】
動作環境を満たす性能のPCでは安定して使えます。

【軽快性】
PC性能によりますが、円滑です。
4K/100Mbps以上の重いソース動画は、シャドウファイル(プロキシ)生成後に編集すればスムーズ。
レンダリングでのファイル書き出しは元と同じプロファイルの場合は無劣化高速のスマートレンダリング機能が使えます。又、再エンコする書き出しも最速のソフトと思います。

【サポート】
サポートの回答レスポンスは良いです。

【マニュアル】
・サイトから無料ダウンロード出来る「ユーザーガイド」は写真や図説を豊富に使って分り易いです。
・チュートリアル動画も豊富。

【その他】
付属のScreen Recorder 2も画面キャプチャーに重宝します。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする

「PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版
CYBERLINK

PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版

最安価格(税込):¥7,090発売日:2018年10月26日 価格.comの安さの理由は?

PowerDirector 17 Ultra 乗り換え・アップグレード版をお気に入り製品に追加する <24

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(動画編集ソフト)

ご注意