『SONYより安かったから買っただけだけど、割と良かった』 JBL ENDURANCE DIVE [ブラック] I//Fさんのレビュー・評価

ENDURANCE DIVE [ブラック] 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:耳かけ 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:20Hz〜20kHz ENDURANCE DIVE [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ENDURANCE DIVE [ブラック]の価格比較
  • ENDURANCE DIVE [ブラック]の店頭購入
  • ENDURANCE DIVE [ブラック]のスペック・仕様
  • ENDURANCE DIVE [ブラック]のレビュー
  • ENDURANCE DIVE [ブラック]のクチコミ
  • ENDURANCE DIVE [ブラック]の画像・動画
  • ENDURANCE DIVE [ブラック]のピックアップリスト
  • ENDURANCE DIVE [ブラック]のオークション

ENDURANCE DIVE [ブラック]JBL

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年11月16日

  • ENDURANCE DIVE [ブラック]の価格比較
  • ENDURANCE DIVE [ブラック]の店頭購入
  • ENDURANCE DIVE [ブラック]のスペック・仕様
  • ENDURANCE DIVE [ブラック]のレビュー
  • ENDURANCE DIVE [ブラック]のクチコミ
  • ENDURANCE DIVE [ブラック]の画像・動画
  • ENDURANCE DIVE [ブラック]のピックアップリスト
  • ENDURANCE DIVE [ブラック]のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

ENDURANCE DIVE [ブラック]のレビューを書く

I//Fさん

  • レビュー投稿数:90件
  • 累計支持数:543人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
9件
69件
バイク(本体)
2件
64件
PCモニター・液晶ディスプレイ
2件
32件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性3
SONYより安かったから買っただけだけど、割と良かった

プールでの使用のため購入(ただしスイムやプールウォーキングでの検証はまだできてないです)。
この機種を購入するにあたって競合検討したのはSONYでしたが、単純に価格差で選びました。購入先もフリマサイトで見つけた未開封品で2000円くらいです。まぁ失敗してもいいやという値段ですね。これが定価9800円だとSONY選んでいたと思います。
防水性のイヤホンはいくつもありますが、スマホや携帯プレーヤーを身に着けてプールで泳ぐのは無理がある。となると、単体でMP3プレーヤー機能を持ったごく一部の機種に絞られます。AppleWatchをこのためだけに買うのはちょっと高すぎるし。

音質に関しては一般的なカナル型のもの、音質はJBLなので必要なレベルは満たしているものの、特別高音質なモデルではないので必要十分というところまでです。

装着感についてはカナル型+耳掛け+ネックバンドのテンションにより、落とさないようしっかり乗りながらきつすぎないようになっています。
ただし、水泳のような直で圧が掛かるような場合にはキャップかゴーグルのバンドと挟むようにしたほうがいいでしょう。

操作性ははっきり言ってわかりにくい。
浸水を防ぐために物理スイッチがありません。操作はタップパターンのみ。
説明書を読んで練習して、家の風呂などで自然に操作できるようになってからプールに持ち込まないと、ただのお荷物と化します。
併せて、音楽の転送は簡単なようで面倒。
環境によるのかもしれませんが、マグネットスイッチを離して電源が入ったままにしないとUSBストレージが短時間で切られてしまいます。
また、フォルダ管理等はできず、直でドライブのルートにぶち込むという原始的な仕組みです。リネームで曲順などを管理するしかなさそう。

廃版のようなので今後同じことができる機種が出ないと思われます。
安く買えるようならあり、ただし外音取り込みなど機能性について、物理ボタンによる操作性についてはSONYのものが勝ります。お好みによりけりですね。
SONYはメモリ容量が多いですが、そこはあまり気にする必要ないです。
アクティビティ中に効く程度の音質なら高ビットレートやFLACに意味はないですし、1GBでもMP3の256kbpsなら8時間入ります。ドーバー海峡渡るんでもない限り曲が尽きることは無いです。

ちなみに、全く同じ外観で内蔵メモリ再生を持たないバージョンにENDURANCE JUMPがありますので探すときは間違えないように気をつけましょう。

主な用途
音楽

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

ENDURANCE DIVE [ブラック]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

ENDURANCE DIVE [ブラック]
JBL

ENDURANCE DIVE [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年11月16日

ENDURANCE DIVE [ブラック]をお気に入り製品に追加する <11

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意