『384kHz/32bitの再生が可能な小さなオーディオI/F』 CREATIVE Sound BlasterX G6 SBX-G6 藤本健さんのレビュー・評価

Sound BlasterX G6 SBX-G6 製品画像

最安価格(税込):¥13,602 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2018年 8月中旬

店頭参考価格帯:¥14,089 〜 ¥14,089 (全国57店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:外付け インターフェース:USB 出力サンプリングレート:32bit/384kHz 入力サンプリングレート:32bit/192kHz Sound BlasterX G6 SBX-G6のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Sound BlasterX G6 SBX-G6の価格比較
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6の店頭購入
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のスペック・仕様
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のレビュー
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のクチコミ
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6の画像・動画
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のピックアップリスト
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のオークション

Sound BlasterX G6 SBX-G6CREATIVE

最安価格(税込):¥13,602 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 8月中旬

  • Sound BlasterX G6 SBX-G6の価格比較
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6の店頭購入
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のスペック・仕様
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のレビュー
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のクチコミ
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6の画像・動画
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のピックアップリスト
  • Sound BlasterX G6 SBX-G6のオークション

『384kHz/32bitの再生が可能な小さなオーディオI/F』 藤本健さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:58件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
安定性5
音質5
機能性5
入出力端子5
付属ソフト5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

384kHz/32bitの再生が可能な小さなオーディオI/F

384kHz/32bitの再生が可能な小さなオーディオI/F Sound BlasterX G6

フロント中央にボリュームノブ、左右にミニジャックが装備されている

リアのミニジャックは左がLINE IN兼S/PDIF IN、右がLINE OUT兼S/PDIF OUTとなっている

Sound BlasterX G6は384kHz/32bitの再生が可能な小さなオーディオインターフェイス。Sound BlasterXシリーズには、USB接続の外付けタイプの「Sound BlasterX G6」、PCI Express x1接続の内蔵型タイプの「Sound BlasterX AE-5」が存在し、いずれも再生は384kHz/32bitに対応するスペックを持っている。

ほとんどのオーディオインターフェイスのサンプリングレートは192kHzまでとなっている中、手頃な価格で再生が384kHz、録音で192kHzに対応している製品は少ないので、試してみる価値はあるだろう。

さて、本体を見てみると、すぐに感じるのはとってもコンパクトな機材であるという点。多くのオーディオインターフェイスはXLRの入力を装備しているので、必然的に大きくなり、一般的にはハーフラックサイズ以上となっているが、これは手のひらに乗るサイズであり、見かけ上はポータブルヘッドホンアンプみたいだ。

フロント中央にはボリュームノブがあり、左右にミニジャックが装備されている。2つのミニジャックは左側がヘッドホン出力、右側がマイク入力となっているが、マイク入力はファンタム電源が使えるわけではなく、内蔵のマイクプリアンプも音楽制作用というイメージのものではないので、それほど期待しないほうがいいだろう。

ちなみに、このヘッドホン出力に接続するヘッドホンのインピーダンスに応じて、出力を変えることができるのもSound BlasterX G6の特徴だ。サイドにあるGAINというスイッチを用いて16〜149Ωの場合はL側、150〜600Ωの場合はH側にすることで、最適なレベルに調整することが可能となっている。

一方、リアにはPCと接続するためのmicroUSB端子と、ミニジャックが2つ搭載されている。このリアのミニジャックは左がLINE IN兼S/PDIF IN、右がLINE OUT兼S/PDIF OUTとなっている。なので、ステレオミニジャックを挿せばライン入出力として機能し、光オプティカルの丸型端子を挿せばS/PDIFデジタルとして機能する仕組みになっている。

このSound BlasterX G6の対応機器はWindows、Mac以外にもPS4、Nintendo Switch、Xboxシリーズに対応している。Windowsの場合はドライバ、ユーティリティソフトが用意されており、これを使うことでASIOドライバも利用可能となる。Macの場合はとくにドライバは用意されていないが、CoreAudioドライバが機能しCubaseやStudio Oneほか各種DAWで使うことができる。

またレイテンシー問題に関しては、WindowsのASIOドライバの設定項目を見てみると、バッファサイズを直接指定するのではなく、レイテンシー自体を指定する形になっており、最小で1msecまで設定できるようになっている。この1msecに設定しても特にマシン負荷が大きくて使えないということはなく、実際に使うことができる。

ゲームや映画鑑賞、DTMでも使えるコンパクトなオーディオインターフェイスがこの価格で入手できるので、モバイル用途に1つ持っていても損はないだろう。

私が運営しているDTMステーションではSound BlasterX G6について、もっと詳細に紹介しているので、ぜひそちらも参照していただきたい。

「384kHz/32bitの再生も可能な15,000円の小さなオーディオインターフェイス、Sound BlasterX G6の実力」
https://www.dtmstation.com/archives/22545.html

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「Sound BlasterX G6 SBX-G6」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

Sound BlasterX G6 SBX-G6
CREATIVE

Sound BlasterX G6 SBX-G6

最安価格(税込):¥13,602発売日:2018年 8月中旬 価格.comの安さの理由は?

Sound BlasterX G6 SBX-G6をお気に入り製品に追加する <55

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[サウンドカード・ユニット]

サウンドカード・ユニットの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(サウンドカード・ユニット)

ご注意