Core i9 9900K BOX レビュー・評価

2018年10月20日 発売

Core i9 9900K BOX

  • 8コア16スレッドで動作する、ソケットLGA1151対応のデスクトップ向けCPU。基本クロックは3.6GHz、最大クロックは5.0GHz、TDPは95W。
  • 「インテル UHD グラフィックス 630」を搭載。最大解像度は4096×2304で、3画面出力もサポート。
  • 「Optane メモリー」に対応。データの読み込みを高速化し、システムの応答時間を短縮できる。
Core i9 9900K BOX 製品画像

画像提供:Qoo10 EVENT

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥49,477

(前週比:-1円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥49,477

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥49,477¥66,495 (19店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥49,477 〜 ¥50,900 (全国72店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Core i9 9900K/(Coffee Lake-S Refresh) クロック周波数:3.6GHz ソケット形状:LGA1151 Core i9 9900K BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Core i9 9900K BOXの価格比較
  • Core i9 9900K BOXの店頭購入
  • Core i9 9900K BOXのスペック・仕様
  • Core i9 9900K BOXのレビュー
  • Core i9 9900K BOXのクチコミ
  • Core i9 9900K BOXの画像・動画
  • Core i9 9900K BOXのピックアップリスト
  • Core i9 9900K BOXのオークション

Core i9 9900K BOXインテル

最安価格(税込):¥49,477 (前週比:-1円↓) 発売日:2018年10月20日

  • Core i9 9900K BOXの価格比較
  • Core i9 9900K BOXの店頭購入
  • Core i9 9900K BOXのスペック・仕様
  • Core i9 9900K BOXのレビュー
  • Core i9 9900K BOXのクチコミ
  • Core i9 9900K BOXの画像・動画
  • Core i9 9900K BOXのピックアップリスト
  • Core i9 9900K BOXのオークション

Core i9 9900K BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.70
(カテゴリ平均:4.67
レビュー投稿数:43人 (試用:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
処理速度 処理速度は速いか 4.87 4.51 13位
安定性 安定して動作するか 4.68 4.72 32位
省電力性 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか 3.23 4.27 45位
互換性 対応マザーボードは豊富か 4.27 4.36 27位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Core i9 9900K BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「レベル:自作経験あり」で絞込んだ結果 (絞込み解除

suzakiさん

  • レビュー投稿数:58件
  • 累計支持数:203人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
5件
34件
レンズ
6件
11件
スマートフォン
3件
12件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性5

環境は以下の通りです。

CPU:intel 9900K(殻割なし)
マザーボード:ASROCK Z390 Phantom Gaming X
電源:Corsair HX750i
メモリ:G.SKILL TRIDENT Z 3600
クーラー:本格水冷
ケース:Themaltake LEVEL 20 GT
SSD: WD Blue 500GB

今回は新たにステッピングR0になったほうのOCで遊ぶ目的で9900Kを購入、いわゆるお替りしたわけです。

あんまりOCの細かいことを書いてしまっても個体差があるので、そちらには触れませんが、
私の購入した個体に関しては、stepping P0比で少しOC耐性がよくなっていました。
そもそも初期の9900Kはお店ではもう買えないようですしね。


AMDのCPUがコスパに優れているのはわかっているのですが、当方動画編集はあまりしないので、1コア当たりのスコアが良いintel信じテルを貫き通しました。


勿論いまから新規で自作PCを組むならばZ490環境に10900Kなんでしょうが、
ワットパフォーマンスが悪すぎですね。

OC時のベンチマークの値などは他の方がYoutubeやBlog等で書かれてある通りです。

【安定性】
個々の冷却環境によると思います。


【総評】
はやくプロセスルールが10nmのintel CPUが欲しいです。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

あぴぷさん

  • レビュー投稿数:67件
  • 累計支持数:145人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
5件
0件
マウス
4件
0件
キーボード
3件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性無評価

数値計算時間比較

i7-6600u SSD ノートPC:160[s]
i-9(これ) M.2 PC:70[s]

※メモリは数G程度の使用

もうちょっと速いのを期待したけど、倍以上のスピードが出てればいいのかな。

まあ、サクサク動くし、それなりに待ってる時間も短くなったので、
この程度の値段であれば、必要があれば十分ペイはする。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

パクパクバグさん

  • レビュー投稿数:41件
  • 累計支持数:184人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

CPU
8件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
6件
0件
CPUクーラー
5件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性5
 

r20

r15

 

購入して約3ヶ月。やっと時間がとれたのでOCしました。50倍いけますね。OCするならRYZENより弄りがいがあり面白いです。ちなみに計測時の室温は22〜23度です。
<主な構成>
MB asrockz390pgitxac、クーラー thermalright SA130、PSU コルセアSF600、メモリ ADATA AXU36008G17−DR80、ケース NCASE M1 V6

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

なにごともさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:51人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
34件
洗濯機
2件
8件
マザーボード
0件
8件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性5

ハイスペックCPUが欲しくなり購入しました。

ただ、自分の使い方だとオーバースペックです。

発熱もあるそうですが、簡易水冷のコルセアH100iを使用し、使用方法で負荷をかけていないため特に問題ありません。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

こよさんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度無評価
安定性無評価
省電力性無評価
互換性無評価

ポイントプレゼント対象ということで、
促されたので、この商品の感想を書きます。

自作歴は、仕事、自分、家族用に10年で5台です。
知識が豊富なわけでは無いので簡単に述べます。
イチからパーツを揃えて(一部自己所有新古品)
の自作PCに組み込み。

浪漫溢れる多角形の箱には興奮しました。
そして言うほど熱で困りませんでした。
OC未でさらに設定デフォ
現段階で用途的に負荷はかかっておりませんので。
今後OC含めて触りながら微調整します。
空冷でも問題なし、かどうかは設定と用途によると思いますが
当方もこれから使う中で見定めたいと思います。


楽しく出来て無理せず自分のタイミングで
パーツをグレードアップする自作は楽しいですね。


あまり参考にならないかもしれませんが構成

Corei9 9900k
thermal grizzly Kryonaut
asus rog strix z390-F gaming
無限5
corsair CMK16GX4M2A2666C16
PH-GTX1060-6G
サムスン 860QVO 1T
cooler master MASTERCASE MC500
玄人志向 KRPW-GK750W

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

xevoさん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:69人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SSD
3件
17件
自動車(本体)
0件
15件
デジタルカメラ
3件
10件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

クーラーマスター
MasterAir Maker 8 MAZ-T8PN-418PR-R1
で冷却をしながら使用しています。
今まで,i7(820)でしたので,
動画編集などをすると,みるみる作業残り時間が減っていくので感動しています。
この際,発熱は約80℃(78℃)でした。
空冷,部屋(エアコン26℃設定)を考えれば,仕方ないと思っています。

レベル
自作経験あり

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yuri_sheenaさん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:114人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
5件
1件
スピーカー
4件
2件
ハードディスク ケース
4件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
   

   

CPU i9-9900k BOX
mainboard ASUS ROG STRIX Z390-F GAMING
を主軸に構成。

【処理速度】
i7_2600の4倍(エンコ時間)
【安定性】
tmpeでエンコかけて寝るんですが、一度も途中で止まってた事はありません。
【省電力性】
i7_2600とほぼ同じ電力で4倍速いので以下略
【互換性】
これはどうでもいい。
【総評】

CPU i9-9900k BOX
mainboard ASUS ROG STRIX Z390-F GAMING
mem CMW16GX4M2C3000C15 *4
G/B ASUS STRIX-GTX970-DC2OC-4GD5 (以前買ってたもの)
SSD WD Black NVMe WDS500G2X0C
簡易水冷 MasterLiquid ML240L RGB MLW-D24M-A20PC-R1
電源 MWE Gold 750 Full Modular MPY-7501-AFAAG
箱 CM 690 II Plus White RC-692P-WNN1-JP(以前買ってた物、加工して使用)

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

クトゥルーさん

  • レビュー投稿数:84件
  • 累計支持数:259人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
10件
13件
PCモニター・液晶ディスプレイ
11件
1件
ケースファン
9件
0件
もっと見る
満足度4
処理速度4
安定性4
省電力性4
互換性5

【処理速度】
早い。けど、他に使っているのが7900Xと2990WXなので比較するとどうしても劣る。しかし、ゲーム用途だけに絞れば圧倒的に勝る。
【安定性】
定格運用の場合は安定している。OCは個体と使用環境次第では?自分は1.3V全コア5.0にて通常時は使っているが、室温30℃でMAX50℃台。通常時というのはブラウジングとゲーム(ネトゲとオフゲ、Steam)使用。
爆熱というワードを散見しますが、これも使用用途、環境次第。
【省電力性】
他二つに比べれば省電力。でも同じメインストリーム帯と比べれば電力喰い。
【互換性】
一番種類が豊富だと思う。ハイエンドはどうしてもMBの種類は減る。水冷仕様のMBも選択肢に選べる(買えるとは言ってない)のは個人的に非常に魅力的である。ハイエンド帯は別途パーツを購入すれば問題ない(というか、ハイエンド帯は水冷関連のパーツは豊富かも?)けど、手間もかかる。
【総評】
メインストリームは7700Kを最後に、7820→(2700X)・7900X・2990WXとハイエンド帯を使っていたが、正直ゲームするだけなら9900Kが一番快適。
そこらへん(ゲーム事情)の都合で、今更ながらこのタイミングで9900Kで組みました。
RYZENはコア数当たりの価格が安いのは魅力ですけど、やっぱり実性能というか、挙動では劣る。特に2990WXのゲーム性能はお世辞にもいいとは言えないレベルでした(コア数を制限して尚)。
いや、ゲーム用途ではないのは理解していたのですが、ただ、あそこまで不向きだとは思わなかった。
Zen2でどれくらい改善されているかは分からないですけど、多分実性能は9900Kと比べて今一歩及ばないんじゃないかなぁって気はしています。
企業側としては基本いい情報しか開示しませんからね。
自分の想像と違い、コア数も多くて(9900Kと3900比。3950はゲーム性能では3900に劣る?)、ゲーム性能も9900Kより上ならそれはそれで凄いですよね。
後はPCIE4.0にどれだけ魅力を感じれるか?
ただ、まぁ、AMDはチップセットの使いまわしが容易なのは利点ですね。コア数当たりの価格も安い。
低価格でそれなりのゲームマシンを作るならRYZENでしょう。
突き詰めるとやっぱ9900Kってなりますが。
後は、グラボ複数挿しのレーン数がなぁ。せめて2枚まではMAXで使えるようにして欲しい。


先の事情は正直分からないですけど、現時点でゲーム性能が一番高いのは9900Kだと思います。


マシン構成
CPU:9900K
M/B:GIGABYTE Z390 AORUS XTREME WATERFORC
GPU:DUAL-RTX2080TI-O11G×2(水冷化済み)
ストレージ:970Pro(1TB),970EvoPlus(1TB)、Micron1100(2TB),WD8003FRYZ,WD80EFZX,WD80EFAX,WD60EFRX,WD100EFAX
メモリ:CMW32GX4M2C3200C16×2
電源:AX1600i
ケース:ENTHOO ELITE

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

サードパーティ大好きさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
63件
デジタルカメラ
0件
39件
レンズ
1件
18件
もっと見る
満足度3
処理速度3
安定性5
省電力性3
互換性4

i7−6700kのPCと比べれば処理速度は速くなったが、まだ不満です。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

D830さん

  • レビュー投稿数:54件
  • 累計支持数:165人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
13件
303件
PC何でも掲示板
0件
296件
CPU
11件
264件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性3

ハンダ不良?ダイがそのままの部品がありました。

ピカピカ

   

5G OCCT Small

   

なんか他の人より温度が高い感じがし不満で殻割りしちゃいました(´∇`)
ソルダリング不良なのかハンダが付いてないダイがそのままの部品がありました(^_^;
ハンダを除去し、液体金属塗って水枕とスプレッダー間にはTF8のグリスを使用しました。
結果劇的に冷えるようになり大満足です。
本格水冷に大きなラジエター使用してるのでOCCTのSmallテスト30分で全CORE60度以下でした。
リスクはありますが、割る価値はありそうに感じます。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ichienさん

  • レビュー投稿数:77件
  • 累計支持数:218人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
7件
12件
SSD
3件
12件
CPU
5件
7件
もっと見る
満足度4
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性無評価

手に入れる気はなかったのだが手に入れてしまった。
殻割前でOCCTのデータ取って早速殻割。
ハンダの除去が難儀。失敗することを考えるとお勧めしません。
私の場合はうまくいき(画像参照)ダイがピカピカに。
ダイ研磨までは怖くてできません。
OCCTのデータを取ってみると殻割前と比べて定格で10度近く温度が下がった。(画像参照)
巷で言われれているより温度は下がることを実証した。
某有名人がエレクトリッククリーナーを使うといいと意見しているが不純物が入っているのでお勧めしません。
薬局で売っている無水エタノールが一番です。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

emchさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
0件
5件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
0件
4件
スマートフォン
0件
4件
もっと見る
満足度4
処理速度4
安定性4
省電力性4
互換性4
 

ASUS AI Suite 3

HWMonitor

 

Core i9-9900Kは、定格なら空冷でも十分冷えます。

TMPGEnc Video Mastering Works7で、動画圧縮していますが
クロックも上がりませんが、温度も上がりません。草

動画圧縮直後は、turbo boostにより、CPUクロックが5GHzまで上がりますが
しばらくして、4GHz〜4.2GHzに落ち着きます。

添付画像の通り、
CPUクロックは、4GHz〜4.2GHz
CPU温度は、53℃
M/B温度は、24℃
CPUファンも全開になっていませんし(MAX1200rpmのところ、1061rpm)
ケースファンは、6割強(722rpm, 760rpm)
とても静かですよ

温度が上がっていないので、少しOCしたいくらいです。
これから、ぼちぼちいじっていきます。

CPU: Intel Core i9-9900K
CPUクーラー: サイズ無限 Rev.B
メモリ:Corsair CMK16GX4M2A2666C16 (XMP 2666MHzで使用)
M/B: ASUS TUF Z390M-PRO GAMING (UEFIは、CPUに関してすべてデフォルトです)
ケースファン: サイズKAZE FLEX 120 PWM 4個(前面吸気3個、後面排気1個)

まだ使い始めたばかりですが、とりあえず全項目4点にしました。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ダイナマイト屋さん

  • レビュー投稿数:69件
  • 累計支持数:353人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

CPU
2件
220件
マザーボード
2件
145件
自動車(本体)
1件
135件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性5

出た当初は発熱がー言われててソルダリングで割れないと思ってたので買うつもりなかったんですけど完全なハンダではないようでしたし、クマメタルにしたら少しは下がるってことでしたので買いました。

みなさん言われているとおり5.2GHzから急激に厳しい石ですね。ウチのは1.35V盛ってもOSが立ち上がりさえしませんでしたのでそれ以上は追究するのをやめました。どうせ常用には向かない設定になりますし。

ただ、5.0GHzあたりは逆にあまり電圧を盛らなくても重い負荷テストはパスできましたし、温度も思ったより上がらない様子でした。
5.0GHzで極力電圧を下げて運用するのが一番おいしい設定なのかと思います。
とはいえOCするなら大型空冷・簡易水冷や殻割が必要になりますので、そういった意味でも高価なCPUであることは否めないのかな。

割ること自体はRockitなり他のメーカーの殻割機なり使えばいいし、入手性も以前より格段にあがりましたからそう難しくはないはずです。
ただ、STIMを溶かすためのリキプロかRockitから出ている専用のSolder Removerとダイ研磨用のコンパウンドは必須ですね。

失敗したくないならRockitで一式揃えて銅製IHSも買ったほうがいいでしょう。
他の方もおっしゃてますが溶かしながら削るのにはスクレーバーなりカードなり色々あるとは思いますが
私はRockitの COOL CLEANING KITに付属している固めのスポンジを使いました。

一般的なPCケース(マザーボードが縦になる)であればクマメタルなりリキプロ盛ったならば組む前に平坦なところで1日ぐらい置いておくと無難かと思います。

ここまでやってやれば8700Kに比べて発熱ガーなどといった心配はいらないでしょう。というか8700Kも出た当初は発熱ガー言われてたんですけどね。OCするなら8700Kも殻割したほうがよいと思いますし。

高いですけど、値段なりの性能は発揮してくれますのでよい製品だと思います。ココ2年くらいで一番買って損したのは7700Kでしたね・・・。多分ですけどそうそう値下がりって期待できるような状況じゃないんで購入を迷っている人がいるのならさっさと買って使いたおしたほうがいいと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった6人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sakki-noさん

  • レビュー投稿数:49件
  • 累計支持数:545人
  • ファン数:33人

よく投稿するカテゴリ

CPU
5件
1107件
マザーボード
2件
643件
グラフィックボード・ビデオカード
7件
586件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性4

CHINEBENCH R15 9900K vs 2700X

CHINEBENCH R15 9900K@5GHz

BIOSの電圧設定

 

Blender Bench Mark 温度と電圧

マシン外観(撮影のためサイド開放)

 

IntelがRyzen対抗で無理やり出してきた9000シリーズの頂点に君臨する9900Kですが、確かにパフォーマンスにおいてはRyzen 7 2700Xを凌駕しているものの、消費電力と発熱に関しても凌駕してしまったようで「爆熱がー」という声をちらほら聞きます。

今回はそんな9900Kを爆熱がーって言う前にいくつかやってみることがあると思い、実際やってみた結果結構発熱を抑え込むことができましたのでその方法を中心にレビューしていきたいと思います。
因みに発熱ということの基準としているのは全コア最高クロックで100%使用率に張り付いた状態、いわゆる持続的にフルロードさせている状態での温度の高さで、検証にはBlender Bench Markを使用しています。

さて、その前にさらっとRyzen 7 2700Xとのパフォーマンスの差を比較してみましょう。

【CINEBENCH R15】※定格
      Multi / Single
9900K 2074cb / 215cb
2700X 1821cb / 179cb

【HandBrakeによるエンコード】※定格

H.264  1080p / Preset Fast
9900K 105FPS
2700X  74FPS

H.265  1080p/Preset Fast
9900K 55FPS
2700X  30FPS

CINEBENCH R15においてはクロックが高い分順当にスコアの差をつけていますが、H.264、H.265のエンコードにおいてはさすがIntel有利ということもあり9900Kが圧倒的な速さを誇っていますね。また、ALLCore5GHzにするとCHINEBENCH R15のマルチのスコアが2200cbを超えます。

さて、最初に書いたとおりこの9900Kは何も考えずにそのまま使うとフルロード時にものすごく発熱します。
でもこれはいくつかの工夫をすることによって少しずつこの温度を削り取っていくことが可能です。

※冷却期待値はあくまでも目安です。環境により程度の差はあると思います。

@CPUクーラーを冷却性の高いものにする(冷却期待値−5℃)

クーラーで一番冷却に期待ができるのはやはり簡易水冷クーラーでしかもなるべくラジエターが大きいものになります。
できれば280mmサイズのものが好ましいですが、私が使っている「CRYORIG A SERIES A40 ULTIMATE V2」のように240mmサイズでもラジエターの厚みが38.5mmとかなり厚いものも冷却性は高くなります。要はラジエターの体積ですね。
ただ、使用されているポンプやヘッドの構造などによっても変わってくるので同じ280mmでも評価の高いものを選んでおけばいいでしょう。

Aラジエターの設置方法とケース選び(冷却期待値−5℃)

簡易水冷のラジエターはファンを吸気にするとよりCPUの冷却には有利です。そしてファンを吸気にセットする場合は迷わずケースフロントに設置しましょう。(ケース内の暖かい空気は上に上がるのでトップから排気する)
また、ケースの構造も大事で、ラジエターをフロントに設置した際に空気の取り入れが多いタイプ、例えばフロントの面がメッシュになっているものや、フロントの面が最近主流のスッキリした何もないタイプであれば、フロントサイドの吸入用のスリットが片側ではなく両側にあるようなスリットの面積が多いものを選びましょう。

B熱伝導率の高いグリスを使う(冷却期待値−5℃)

よく使われているシリコングリスやシルバーグリスよりも熱伝導率の高いThermal Grizzly Kryonaut(熱伝導率:12.5W/m・K)や、さらに熱伝導率の高いThermalright TF8 Thermal Paste(熱伝導率:13.8W/m-k)を使うことによってかなり温度を下げることができます。

C電圧を下げる(冷却期待値−10℃)

これが一番大幅に温度を下げることが期待できる工夫です。マザーボードによって様々ですが総じてデフォルトでの高負荷時の電圧が高いのですがこの電圧を下げてあげれば温度は下がります。
私がこの高負荷時の電圧を確認しているのはHWiNFO64の下の方にあるマザーボードの情報があるところのCPUに実際供給されている電圧の値「VCore」の値です。
ここの数値を見るとデフォルトでは高負荷時に1.3Vを超えるような数値になっていますが、9000番台CPUはかなり低い電圧で動作しますので私はこの数値が1.2V前後になるように設定してます。簡単な設定方法の一例を書きます。

1.電圧はオートのまま電圧モードをOffsetにする。
2.Offset値を「-」で設定する。(マザーによって数値の単位が異なります)※任意
3.LLCのレベルを下げる。(マザーによってLv.とかModeになっています。)
※LLC=Load Line Calibration(CPU負荷が増加するとCPU電圧がわずかに低下する現象Vdroopを防ぐため、高負荷時にVRMから供給される電圧が降下しないよう調整する機能)

オフセット値の設定は慣れてきたらでいいと思います。簡単なのはLLCのレベルを下げることです。数値が大きいほど低いレベルなのですがOCをしないなら思い切り下げてみてもいいと思います。私はASRockのマザーでは最低のLv.5、MSIのマザーでは最低のMode8にしてます。ただし、電圧が下がりすぎるとベンチが途中で落ちてしまったりブルースクリーンエラーになったりしますのでストレステストなどで色々検証してみてください。参考に私のASRockのマザーボードの設定画面を載せておきます。

最後に実際に私が温度検証をした環境と結果を載せておきます。

Core i9 9900K
ASRock Z390 Phantom Gaming 6
Corsair CMD16GX4M2B3000C15(3600MHz 16-18-18-36-2T)
CRYORIG A SERIES A40 ULTIMATE V2
Thermaltake VIEW 27(サイド閉じ)

Offset Mode / Offset -15 / LLC Level.5
SA Voltage 1.13V / IO Voltage 1.13V

室温22.5℃
Blender Bench実行時 Max69℃
VCore Max 1.200V(平均1.183V)

この設定で約15分フルロードするBlender Benchmarkをパスしていますし、FF-XIVのような軽負荷のベンチも問題なくパスし常用できています。
9900Kで爆熱にお悩みの方は私が紹介した工夫で取り入れられるものだけでもやってみられたら少しでも発熱を抑えることができると思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった34人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

高坂穂乃果さん

  • レビュー投稿数:88件
  • 累計支持数:92人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

プラモデル
46件
1件
CPU
2件
5件
ケースファン
6件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性4
   

   

やっとパーツが揃って組み立てが出来ました。
CPUが先に届いて、マザーが無かった事は内緒の方向でw

まだ調整は必要だと思いますが、とりあえずコメント残しておきます。
6700Kをメインに使ってて不都合はないのですが、
Zシリーズの8コアって事で、久しぶりに組んで見ました。
組む前から色々と情報を集めて、熱が…電源が…とか
色々言われてましたが、自分には全く問題なく
素晴らしいCPUだと分かりました。
まだゲームはしてませんが、ベンチ結果を貼っておきます。
調整する前の全コア5ギガで動いてる状態の物です。
うちのは簡易水冷なのですが、5.2Gがまでは動く事は確認出来ました。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

Core i9 9900K BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Core i9 9900K BOX
インテル

Core i9 9900K BOX

最安価格(税込):¥49,477発売日:2018年10月20日 価格.comの安さの理由は?

Core i9 9900K BOXをお気に入り製品に追加する <1457

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意