『Intelの時代はもう終わったかな……』 インテル Core i9 9900K BOX そら@自作好きさんのレビュー・評価

2018年10月20日 発売

Core i9 9900K BOX

  • 8コア16スレッドで動作する、ソケットLGA1151対応のデスクトップ向けCPU。基本クロックは3.6GHz、最大クロックは5.0GHz、TDPは95W。
  • 「インテル UHD グラフィックス 630」を搭載。最大解像度は4096×2304で、3画面出力もサポート。
  • 「Optane メモリー」に対応。データの読み込みを高速化し、システムの応答時間を短縮できる。
Core i9 9900K BOX 製品画像

画像提供:Qoo10 EVENT

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥49,478

(前週比:-292円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥49,478

TSUKUMO

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥49,478〜¥66,495 (22店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥49,970 〜 ¥50,900 (全国72店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Core i9 9900K/(Coffee Lake-S Refresh) クロック周波数:3.6GHz ソケット形状:LGA1151 Core i9 9900K BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Core i9 9900K BOXの価格比較
  • Core i9 9900K BOXの店頭購入
  • Core i9 9900K BOXのスペック・仕様
  • Core i9 9900K BOXのレビュー
  • Core i9 9900K BOXのクチコミ
  • Core i9 9900K BOXの画像・動画
  • Core i9 9900K BOXのピックアップリスト
  • Core i9 9900K BOXのオークション

Core i9 9900K BOXインテル

最安価格(税込):¥49,478 (前週比:-292円↓) 発売日:2018年10月20日

  • Core i9 9900K BOXの価格比較
  • Core i9 9900K BOXの店頭購入
  • Core i9 9900K BOXのスペック・仕様
  • Core i9 9900K BOXのレビュー
  • Core i9 9900K BOXのクチコミ
  • Core i9 9900K BOXの画像・動画
  • Core i9 9900K BOXのピックアップリスト
  • Core i9 9900K BOXのオークション

『Intelの時代はもう終わったかな……』 そら@自作好きさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Core i9 9900K BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:114件
  • 累計支持数:328人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
12件
8件
メモリー
12件
1件
CPU
12件
0件
もっと見る
満足度3
処理速度3
安定性5
省電力性3
互換性4
Intelの時代はもう終わったかな……
   

Ryzen9 3900XTは2回テスト実施(Ryzen7 2700Xから交換した際に設定を変更してないため)

   

【環境】

CPU:Intel Core i7 6950XE→Intel Core i9 9900K
M/B:ASUS RAMPAGE V EDITION 10→ASUS MAXIMUS XI Formura
RAM:G.Skill F4-2800C15Q2-64GRK→Corsair CMD64GX4M4C3200C16
電源:Corsair HX1200i
SSD1:SUNDISK SPCC Solid State Disk 960.1GB
SSD2:Crucial CT2050MX300SSD1
SSD3:PLEXTOR PX-1TM8PeG
SSHD:ST2000DM001×2 RIDE:0で利用
GPU:ASUS GTX1080Ti Founders Edition
Case:NZXT Phantom 820
その他:CPU・GPU・M/Bを本格水冷済

水冷クーラントのエア抜き中に事故に遭い、マザーボードが利用不可になったので急遽入手しました。


【処理速度】
ゲームでは以前より安定。
CPU依存ゲームでは周波数的な問題から、以前より遅延が少なくなったので満足しています。
ただ動画エンコードなどのコア数が必要な作業の場合は6950XEの約1.7倍程度の時間が必要になったのでそこには不満。
常用5GHzではあるが、6950XEでも4.7GHzでぶん回していたのでOCをそこまで利用していないのでそこは仕方がないかと妥協。
CPU使用率もアイドリングで6950XEが4%〜10%に3.3GHzに対して9900Kが10%〜15%で4.7GHzなのも如何なものか……まぁここも急場凌ぎだしどうでもいいことか……


【安定性】
ここは一般の方とは大きく違うかと思いますので深く突っ込みません。
アイドリングで6950XEが30℃〜45℃に対して9900Kは25℃〜35℃、負荷時で6950XEが計測時最高で55℃に対して9900Kが47℃
エンコード時などでも8℃下がったが、CPUポンプも変わっているのでなんとも言えないですね。
そもそも簡易水冷から本格水冷に変更した時点で30℃近く温度が変わっているので、最初から本格水冷にしている9900Kがどこまで温度が上がるか不明です。
ただ、このCPU購入と同時にマザーボードもわざと本格水冷対応モデルにしたので水冷する場所が増えて8℃下がっていると言うことはそもそもの発熱量は6950XEより低いのは間違いないです。ケースファンも根こそぎ回転しなくなりましたしおそらく熱量は下がったのでしょう。
とりあえずCPUの熱でブルスクになることは無さそうです。


【省電力性】
そもそもこのようなハイエンドCPUを利用している時点で省電性は考えてません。
1000Wあれば十分供給可能です。
アイドリングで20W前後、エンコード時で100W前後で安定していますので6950XEより電力も高くないです。

【互換性】
Z370でも動くことを考えたら十分互換性はあると言えますが、最近はZ390が主流なので十分ではないでしょうか?
私の場合は2011v3から1151へダウングレードですのでなんとも言えませんが確かこのモデルは『CoffeeLake』世代のマザーボードとの互換ありなはずなので、Z370マザーボード利用している方はそのままアップグレードが出来るのでそこは安心かと思います。


【総称】
元々サブPCをRyzen Thirdripper2990WXで組もうとしていたのですが、同時期に仕事でノパソの購入が必要になり、さらには事故が起こりで急遽購入したこの製品ですが、ガッツリゲーミング仕様になってしまいました。
動画のエンコードも多々あるのでコア数が多いモデルの方が良かったですが、EXTREMEシリーズ継続よりはこっちが安いしコア数もそれなり、周波数もあると言うことで選びましたが結局エンコード用のサブPCを組む結果になったのでEXTREMEシリーズにすべきだったかと若干後悔気味です。

ただ一般用とで困ることはまず無いかと思いますので安心して使える製品ではあることは間違いないです。

ーーーーーーーーーー
仕様変更に伴い再レビュー

CPU:Intel Core i9 9900K(殻割済)
M/B:ASUS MAXIMUS XI Formura
RAM:Corsair CMD64GX4M4C3200C16
電源:Corsair HX1200i
SSD1:CSSD-M2B02TPG2VN
SSD2:PLEXTOR PX-1TM8PeG
GPU:ASUS POSEIDON-GTX1080Ti
Case:NZXT Phantom 820
Sound Card:Creative Sound BlasterZxR
NW:ASUS XG-C100C
その他:CPU・GPU・RAM・SSDまで本格水冷済
    全コア5.0GHzで稼働状態
    RAMは3200MHzで動作

とりあえず安定性は1年半利用しても変わらない。
ただし動画のエンコード時における温度上昇率はめまぐるしいです。
「HandBrake」という変換ソフトを利用する際は、全コアが動作しますので、80℃ぐらいに上昇します。

それ以外の動作についてですが、基本的に困ることはありません。
ゲーム利用時においても動作が不安定になる場面等もないので、全体的には問題はありません。

不便な点はやはり動画のエンコード時
6950XE利用時は平均15分程度で終わっていたエンコードが、30分以上かかるようになりました。
2時間の動画をエンコードする場合においては、平均2時間になることもざらにあります。

サブ機としてRyzen9 3950Xと3900XTを搭載したCPUを用意しましたが、エンコード処理においてはRyzenの方が優秀のようです(コア数が多いので当たり前ではありますが)

ですが、「Cinebench」でシングルコアとマルチコアの性能を確認すると、まさかのRyzen9の方がシングルコアとマルチコアともにi9よりも上のスコアをたたき出しました。
これは思ってもみなかったことです。

クロック周波数はi9は3.6GHz→5GHzに対して、Ryzen9 3950X 3.5GHz→4.7GHzのためシングルコア性能的にはi9 の方が上のような気がしていましたが、シングルコアのスコアでもRyzen9の方が上となると、コスパ的に見てもIntelシリーズのCPUは不要になってきた気がします。

またインターネット上の記事を参照する限り、Intelの方がいいと言われる事は多々ありますが、実際に触ってみる限りIntel CPUの良さが年々下がってきているなと思い始めてみます。

とはいえFPSなどのゲームをする人にとっては、高いfps値を出さなければならない、という観点からすると、確かにfps値は同じGPUでもi9の方が上になるかと思いますので、ハードゲーマー重視のCPUと考えれば、このCPUの選択肢は間違いないでしょう



レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった3人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
処理速度4
安定性5
省電力性3
互換性5
久々のCPU交換
 

起動前

稼働状態

 

まず初めに……
私の環境では本格水冷にしているので、若干違う目線でのレビューになります。

【環境】

CPU:Intel Core i7 6950XE→Intel Core i9 9900K
M/B:ASUS RAMPAGE V EDITION 10→ASUS MAXIMUS XI Formura
RAM:G.Skill F4-2800C15Q2-64GRK→Corsair CMD64GX4M4C3200C16
電源:Corsair HX1200i
SSD1:SUNDISK SPCC Solid State Disk 960.1GB
SSD2:Crucial CT2050MX300SSD1
SSD3:PLEXTOR PX-1TM8PeG
SSHD:ST2000DM001×2 RIDE:0で利用
GPU:ASUS GTX1080Ti Founders Edition
Case:NZXT Phantom 820
その他:CPU・GPU・M/Bを本格水冷済

水冷クーラントのエア抜き中に事故に遭い、マザーボードが利用不可になったので急遽入手しました。


【処理速度】
ゲームでは以前より安定。
CPU依存ゲームでは周波数的な問題から、以前より遅延が少なくなったので満足しています。
ただ動画エンコードなどのコア数が必要な作業の場合は6950XEの約1.7倍程度の時間が必要になったのでそこには不満。
常用5GHzではあるが、6950XEでも4.7GHzでぶん回していたのでOCをそこまで利用していないのでそこは仕方がないかと妥協。
CPU使用率もアイドリングで6950XEが4%〜10%に3.3GHzに対して9900Kが10%〜15%で4.7GHzなのも如何なものか……まぁここも急場凌ぎだしどうでもいいことか……


【安定性】
ここは一般の方とは大きく違うかと思いますので深く突っ込みません。
アイドリングで6950XEが30℃〜45℃に対して9900Kは25℃〜35℃、負荷時で6950XEが計測時最高で55℃に対して9900Kが47℃
エンコード時などでも8℃下がったが、CPUポンプも変わっているのでなんとも言えないですね。
そもそも簡易水冷から本格水冷に変更した時点で30℃近く温度が変わっているので、最初から本格水冷にしている9900Kがどこまで温度が上がるか不明です。
ただ、このCPU購入と同時にマザーボードもわざと本格水冷対応モデルにしたので水冷する場所が増えて8℃下がっていると言うことはそもそもの発熱量は6950XEより低いのは間違いないです。ケースファンも根こそぎ回転しなくなりましたしおそらく熱量は下がったのでしょう。
とりあえずCPUの熱でブルスクになることは無さそうです。


【省電力性】
そもそもこのようなハイエンドCPUを利用している時点で省電性は考えてません。
1000Wあれば十分供給可能です。
アイドリングで20W前後、エンコード時で100W前後で安定していますので6950XEより電力も高くないです。

【互換性】
Z370でも動くことを考えたら十分互換性はあると言えますが、最近はZ390が主流なので十分ではないでしょうか?
私の場合は2011v3から1151へダウングレードですのでなんとも言えませんが確かこのモデルは『CoffeeLake』世代のマザーボードとの互換ありなはずなので、Z370マザーボード利用している方はそのままアップグレードが出来るのでそこは安心かと思います。


【総称】
元々サブPCをRyzen Thirdripper2990WXで組もうとしていたのですが、同時期に仕事でノパソの購入が必要になり、さらには事故が起こりで急遽購入したこの製品ですが、ガッツリゲーミング仕様になってしまいました。
動画のエンコードも多々あるのでコア数が多いモデルの方が良かったですが、EXTREMEシリーズ継続よりはこっちが安いしコア数もそれなり、周波数もあると言うことで選びましたが結局エンコード用のサブPCを組む結果になったのでEXTREMEシリーズにすべきだったかと若干後悔気味です。

ただ一般用とで困ることはまず無いかと思いますので安心して使える製品ではあることは間違いないです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「Core i9 9900K BOX」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
Intelの時代はもう終わったかな……  3 2020年8月7日 10:09
ゲーミング用途ならば9700Kがおススメです。  5 2020年7月16日 18:02
Prescott以来の失敗作。それが私の所感。  2 2020年5月22日 02:04
LGA1151でグラフィック付きの最強モデル  5 2020年4月7日 21:48
いいんぢゃないのかな  5 2020年3月4日 19:59
いじって遊ぶなら面白い  5 2020年1月4日 21:23
笑っちゃうほど高性能です!  5 2019年12月31日 03:13
良いです  5 2019年12月12日 18:13
コスパの高い 高速CPU  5 2019年11月23日 10:24
自分には、オーバースペックです。  5 2019年11月12日 21:51

Core i9 9900K BOXのレビューを見る(レビュアー数:43人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Core i9 9900K BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Core i9 9900K BOX
インテル

Core i9 9900K BOX

最安価格(税込):¥49,478発売日:2018年10月20日 価格.comの安さの理由は?

Core i9 9900K BOXをお気に入り製品に追加する <1458

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
colleee
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意