『9900k殻割♪冷却でのCBR15のOC耐性変化の検証』 インテル Core i9 9900K BOX まつ王@シビックさんのレビュー・評価

2018年10月20日 発売

Core i9 9900K BOX

  • 8コア16スレッドで動作する、ソケットLGA1151対応のデスクトップ向けCPU。基本クロックは3.6GHz、最大クロックは5.0GHz、TDPは95W。
  • 「インテル UHD グラフィックス 630」を搭載。最大解像度は4096×2304で、3画面出力もサポート。
  • 「Optane メモリー」に対応。データの読み込みを高速化し、システムの応答時間を短縮できる。
Core i9 9900K BOX 製品画像

画像提供:Qoo10 EVENT

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥56,980

(前週比:+321円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥56,980〜¥71,580 (24店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥58,980 〜 ¥58,980 (全国74店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Core i9 9900K/(Coffee Lake-S Refresh) クロック周波数:3.6GHz ソケット形状:LGA1151 Core i9 9900K BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Core i9 9900K BOXの価格比較
  • Core i9 9900K BOXの店頭購入
  • Core i9 9900K BOXのスペック・仕様
  • Core i9 9900K BOXのレビュー
  • Core i9 9900K BOXのクチコミ
  • Core i9 9900K BOXの画像・動画
  • Core i9 9900K BOXのピックアップリスト
  • Core i9 9900K BOXのオークション

Core i9 9900K BOXインテル

最安価格(税込):¥56,980 (前週比:+321円↑) 発売日:2018年10月20日

  • Core i9 9900K BOXの価格比較
  • Core i9 9900K BOXの店頭購入
  • Core i9 9900K BOXのスペック・仕様
  • Core i9 9900K BOXのレビュー
  • Core i9 9900K BOXのクチコミ
  • Core i9 9900K BOXの画像・動画
  • Core i9 9900K BOXのピックアップリスト
  • Core i9 9900K BOXのオークション

『9900k殻割♪冷却でのCBR15のOC耐性変化の検証』 まつ王@シビックさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:66人
  • ファン数:15人

よく投稿するカテゴリ

CPU
3件
265件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
73件
自動車(本体)
0件
51件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性1
互換性4
9900k殻割♪冷却でのCBR15のOC耐性変化の検証

殻割前5.2g

殻割後5.2g

殻割後5.2g同vcore

殻割前5.3g

殻割後5.3g

定期券でソルダリング削り

再レビューになります

・・・・・今回、殻割ってない・・・・・割りてぇっっ!!w

からの続きなので、未読の方は前レビューもよろしくお願いします♪

今回9900kを殻割しました
同じようなタイミングで、youtubeにて、オーバークロッカーの清水さんが動画
https://www.youtube.com/watch?v=FCr9nq-S8U8&t=254s
にて、冷却具合でのOC耐性の変化について出していましたので

手持ちのデータで、少し掘り下げれそうな感じでしたので
細かく検証してみました

まず、前の環境との違いの部分ですが
@殻割クマメタル
ARockit89 銅製大型スプレッダ
Bスプレッダと水冷ブロックの間にはリキッドウルトラ(少し粘性がある)
C5度くらいは外気温下がってるかも?
※リキッドウルトラにしたのは、常用機で縦置きでの液体金属のこぼれ対策です
  過去の使用でも、リキプロとの大差無かったので採用


殻割前のデーターに画像内の、CPU温度を足してみました
画像のデータは、CBR15のクリア直前で撮っていたので、温度がわかります

5.0g vcore 1.190v 53度
5.1g vcore 1.235v 59度
5.2g vcore 1.305v 67度 
5.3g vcore 1.380v 76度

※外気温とか室温とかの正確なデーターが無いのですが・・・
目的が「温度変化に対してのOC耐性変化」なので・・・

殻割りして温度が下がった後のデータが下記になります

5.0g vcore 1.185v 43度
5.1g vcore 1.220v 46度
5.2g vcore 1.275v 51度 
5.3g vcore 1.325v 56度

データーを比較してみますと

5.0g vcore差 0.005v 温度差 10度
5.1g vcore差 0.015v 温度差 13度
5.2g vcore差 0.030v 温度差 16度
5.3g vcore差 0.055v 温度差 20度

殻割前の同電圧値での温度差データーが下記

5.2g 同vcore 温度55度 温度差 12度
5.3g 同vcore 温度63度 温度差 13度

これらのデーターから見ますと
殻割とかによっての、10度強の温度低下で、確かにOC耐性は上がります

ただし、

5.0g程度ではたいして影響は出てませんが
5.3gへと高クロックに上がるにつれて、温度による耐性が各段に上がる


この事から、
9900kでOCするなら、限界迄冷やせば報われる!!


☆殻割に関して☆
今回殻割した感じなのですが、Rockit89殻割機使いましたので、とっても簡単でした

ただネットで見ますと、殻割のネックはソルダリングを削る事なのですが

今回、ソルダリング削りを定期券を使って非常に簡単に削る事が出来ました
以前から、定期券をカットして殻割していましたが
カード類の中で強度があるのを、薄さで柔軟さを出しており
スプレッダと基板の接着剤の削るのに非常に楽に削れます

コツとして、定期を曲げて持つ事で、曲げ部分の剛性を上げて
ソルダリングや接着剤に当てると、コアや基板には傷をつけずに
結構簡単にゴリゴリ削る事が出来ます

ある程度削りましたら、仕上げは液体金属で溶かせば、ものの1時間程度で
ソルダリング削り処理が可能になります

参考にしてください

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった11人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性1
互換性4
2018年度インテルジャンボ宝くじ!!ちょいと選別してみました♪

1号5.0G 1.240v

1号5.2G 1.375v

2号5.2G 1.315v

2号5.3G 1.380v

1号 2号 ストックVID

2号定格 OCCTラージデータ

去年の6コアで、次は無いかな〜って思って8700K買ったのに・・・当たり石迄手に入れたのに
あまりにプロセスシュリンクが進まないせいで、今年も宝くじがやって来てしまいましたw

まぁ、前回Z370とDDR4買っている訳で、今回は石だけ買えば良いだけなのですが・・・
のっけからの、供給不足で、1つは初日に確保するも、2個目がなかなか手に入らず苦労しましたが
なんとか2個目ゲットしまして、前回同様、選別していきたいと思います

☆機材☆
CPU 9900k ← NEW!!
マザー ASROCK EXTREME4
メモリ team Xtreem TXGD416G4000HC18EDC01 4000mhz 18-20-20-44 1.35v サムスンBダイ
冷却 クマさんグリス本格水冷2層360ラジ外気導入シロッコファン による
    「ぼくのかんがえたさいきょう」冷却

☆検証について☆
まずは基本のCMOSクリアによる、ストックVIDを見るからやっていきます
※VID値は振れが有るので、低い表示値を採用しています

1号 1.024V
2号 0.992V

2号低いですね、これは当たりの予感?
巷で見る数値的には1.024Vは普通辺りからチョイマシなレベルらしく
当たりは1V以下が多い様です、OCer清水さんの配信見るに、1V以下0.97〜0.95Vの石の低電圧は強烈でしたね

CINEBENCHI R15の 通過最低電圧を見て行きます

詰め方としては、0.005V単位で下げて行って、ベンチの半分以上通った場合は再確認して、通過した場合OKとしています
電圧調整はASROCKのAチューニングを使用し、ベンチ中はAチューニングのモニターを表示させています
ベンチ通過直前にスクショを取る事でベンチ中のデーターを残します

設定関係では、まず、ストック状態で、いくつかベンチを回して、かかる最高VCOREを調べますと
OCCTのラージデータ回しますと、VCORE値がなんと1.4V迄かかりました

ですので、基本的に1.4Vを上限とする事にしました


☆おみくじでの比較☆

1号石   電圧は設定値 
5.0g vcore 1.240v
5.1g vcore 1.285v
5.2g vcore 1.375v
5.3g 通らず

2号石   電圧は設定値
5.0g vcore 1.200v
5.1g vcore 1.255v
5.2g vcore 1.315v
5.3g 通らず

ちなみに、ベンチ中の表示値は設定値に対して、Aチューンでは-0.005V
HWモニターでは-0.01〜0.02V程低い表示となっていました
マザーによって、設定値と実電圧は、LLCの効きとかで異なるので、注意して下さい

そして、同じマザーで8700Kを回した時は、
今回とは逆に表示値は設定値にたいして0.02V程度高くなっていましたので、CPUでも変わる様です
9900Kでは電力食うので、電圧ドロップしているのかもしれません

注目なのはどちらも5.3Gが通って無い事ですね
8700Kでは同様の設定で、簡単に通った感じがあるのですが・・・
どうも、5.3Gでベンチが通るのは超当たり石との事です、多少はマザーの影響もあるみたいですが


☆その他☆
今回 Z370 EX4にて検証しましたが
8700Kの時は5.0Gのプロファイルがあるので、それを当てて、倍率と電圧調整をするだけで簡単でしたが

9900Kでは、プロファイル自体が無いので、8700Kの時のを参考に設定しましたので
今買うならZ390の方が良いかと思います、LLC最高でもVCORE多少下がりましたので・・・

それと、検証を開始した時に、最初は電圧が下がらなかったのですが
intel speed shift technologyを、オフにしましたら、vcore下げられまして

5.0g vcore 1.190v
5.1g vcore 1.235v
5.2g vcore 1.305v
5.3g vcore 1.380v

vcore0.01v強程下げれまして 5.3gが通りました


9900kの発熱についてですが
9900kの定格でOCCTラージデータを回した時のスクショを見ればわかるのですが
1.4v迄盛られるので要注意です。
個人的には電圧固定で下げた方が、安心かなと思います
UEFIで、ステートのC1Eを有効にすれば、周波数は可変しますので、アイドルでの温度も抑えられますし
必要電圧は周波数固定に比べてほとんど変わらない印象です




・・・・・今回、殻割ってない・・・・・割りてぇっっ!!w

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった6

 
 
 
 
 
 

「Core i9 9900K BOX」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

Core i9 9900K BOX
インテル

Core i9 9900K BOX

最安価格(税込):¥56,980発売日:2018年10月20日 価格.comの安さの理由は?

Core i9 9900K BOXをお気に入り製品に追加する <1330

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意