『定番ミドルレンジマザーながらも豊富な設定項目が◎』 ASUS ROG STRIX Z390-F GAMING underdogさんのレビュー・評価

ROG STRIX Z390-F GAMING

  • Z390チップセット搭載のインテル製CPU向けATXマザーボード。ゲーミング向けで、第8世代/第9世代Coreデスクトッププロセッサーに対応。
  • オンボードM.2ヒートシンク、ウォーターポンプヘッダー、拡張ファンヘッダーを搭載し、包括的に冷却を行う。
  • 「SupremeFX S1220A」と「Sonic Studio III」の組み合わせで奥行きのあるサウンドを実現し、アクションへの没入感が向上。
ROG STRIX Z390-F GAMING 製品画像

部門別ランキング

最安価格(税込):¥22,832 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2018年10月 9日

店頭参考価格帯:¥26,750 〜 ¥26,750 (全国74店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:LGA1151 チップセット:INTEL/Z390 メモリタイプ:DDR4 ROG STRIX Z390-F GAMINGのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ROG STRIX Z390-F GAMINGの価格比較
  • ROG STRIX Z390-F GAMINGの店頭購入
  • ROG STRIX Z390-F GAMINGのスペック・仕様
  • ROG STRIX Z390-F GAMINGのレビュー
  • ROG STRIX Z390-F GAMINGのクチコミ
  • ROG STRIX Z390-F GAMINGの画像・動画
  • ROG STRIX Z390-F GAMINGのピックアップリスト
  • ROG STRIX Z390-F GAMINGのオークション

ROG STRIX Z390-F GAMINGASUS

最安価格(税込):¥22,832 (前週比:±0 ) 発売日:2018年10月 9日

  • ROG STRIX Z390-F GAMINGの価格比較
  • ROG STRIX Z390-F GAMINGの店頭購入
  • ROG STRIX Z390-F GAMINGのスペック・仕様
  • ROG STRIX Z390-F GAMINGのレビュー
  • ROG STRIX Z390-F GAMINGのクチコミ
  • ROG STRIX Z390-F GAMINGの画像・動画
  • ROG STRIX Z390-F GAMINGのピックアップリスト
  • ROG STRIX Z390-F GAMINGのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > ASUS > ROG STRIX Z390-F GAMING

『定番ミドルレンジマザーながらも豊富な設定項目が◎』 underdogさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
0件
13件
サウンドカード・ユニット
1件
1件
PCケース
1件
1件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト3
定番ミドルレンジマザーながらも豊富な設定項目が◎

まず初めにお断りしておきますが、オーバークロックを推奨するレビューではありません。
こちらのマザーはCPU補助電源が8pinのみとなっておりますので、ちょい盛り程度ならば十分に可能です。

久しぶり(消費税増税前)に駆け込みで新PCを組みました。主なスペックは以下の通りです。
OS >>> Windows 10 Pro 64bit
CPU >>> Intel Core i9 9900K
RAM >>> Corsair DDR4 32GB
M/B >>> ROG STRIX Z390-F GAMING
GPU >>> GeForce GTX 1080 Ti
電源 >>> Corsair RM850x CP-9020180-JP

<安定性>
ド安定といった印象が非常に強いです。堅牢な作りであるかは微妙なところですが、
通常運用する限りはマザーにこれと言って「ん?」と思うところはありません。
人気製品でそれなりの値段がする分、運用上の問題は特に発生しないのではないでしょうか

しかし注意点が2点ほど。M2 SSDのヒートシンクネジが硬すぎる……力技でやったつもりはないのですが、
ネジ山をなめるギリギリのところでやっと外れてくれました。
ヒートシンクには熱伝導材が塗布しており、伝導材保護シールを剥がして使用します。
どんな伝導材が使用されているのかは不明ですが、おまじない程度かな?と思って使用しました。

M2 SSDのスロットはCPUソケット近くにも存在しておりますが、そちらを利用すると一部SATAと競合し、
SATA側が利用不可になる仕様の為、あまりお勧めできません。

また、CPU補助電源が8pinのみであるため、ちょい盛り以上のオーバークロックをする方向けではないかと思います。
自分は定格でゆるゆると回して満足しております。

<互換性>
現在のところ、なんと約10年前のSSDまで通常動作してくれています。
組み上げる前は「さすがにこれは無理だろうなぁ」と思っていただけに少々驚きました。
久しぶりの自作なので驚いただけで普通なのでしょうか?そこはすこし個人的な疑問です。
互換性で問題が出るとすれば、殆どがソフトウェアとの兼ね合いかもしれませんね。
今のところ何も問題が起きていないので満足しています。

♯追記
残念ですが、初期不良品を引いてしまったようです。
突然すごい音がして何事かと見たところ、チップが焼けてしまっていたようでした。
ショップに持ち込んでみて頂きまして交換対応となりました。
同じマザーに交換してもよかったのですが、嫌な思い出ができてしまったので差額を支払って他社製品に交換していただきました。
運が悪いだけで悪評を付けたくはありませんので、星数はそのままにしますが、非常に残念……。

<拡張性>
こちらについては前述したM2 SSDと一部SATAで同帯域を利用しているため、利用不可になる。という仕様をどう解釈するかですね。
個人的にはあまり気にしませんが、SATA SSDやHDDを多く積まれる方にとっては不便ですね。

<機能性>
驚いたのはBIOSの設定項目の豊富さでした。
もしかしたら設定や石次第では、ちょい盛り以上のオーバークロックができるかもしれません。
そのあたりは詳しくないので深く掘り下げられないのが申し訳ないです。これから勉強ですね。

<付属ソフト>
可もなく不可もなく、といった印象でしょうか。
セットアップ時には付属ディスクからAI Suite IIIを導入しましたが、あまり使用していません。
毎回起動時に出てくるEz Updateがちょっとばかり気になったので、タスクスケジューラからスタートアップ無効化しました。
利用するときはAI Suiteから起動できるので問題ありません。

<総評>
今回は予算の都合でこちらを選びましたが、安定性と互換性、設定項目には全く文句がありません。
あえて苦言?を呈すならば、CPU補助電源が8+4pinであれば満点だったかもしれません。
人気マザーの理由もわかった気がします。あまり気にしていませんが、LEDもちょっとカッコいいかも…?

#CPU補助電源が8pinであるところを6pinと誤表記していたため、修正。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
安定性4
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト3
定番ミドルレンジマザーながらも豊富な設定項目が◎

まず初めにお断りしておきますが、オーバークロックを推奨するレビューではありません。
こちらのマザーはCPU補助電源が8pinのみとなっておりますので、ちょい盛り程度ならば十分に可能です。

久しぶり(消費税増税前)に駆け込みで新PCを組みました。主なスペックは以下の通りです。
OS >>> Windows 10 Pro 64bit
CPU >>> Intel Core i9 9900K
RAM >>> Corsair DDR4 32GB
M/B >>> ROG STRIX Z390-F GAMING
GPU >>> GeForce GTX 1080 Ti
電源 >>> Corsair RM850x CP-9020180-JP

<安定性>
ド安定といった印象が非常に強いです。堅牢な作りであるかは微妙なところですが、
通常運用する限りはマザーにこれと言って「ん?」と思うところはありません。
人気製品でそれなりの値段がする分、運用上の問題は特に発生しないのではないでしょうか

しかし注意点が2点ほど。M2 SSDのヒートシンクネジが硬すぎる……力技でやったつもりはないのですが、
ネジ山をなめるギリギリのところでやっと外れてくれました。
ヒートシンクには熱伝導材が塗布しており、伝導材保護シールを剥がして使用します。
どんな伝導材が使用されているのかは不明ですが、おまじない程度かな?と思って使用しました。

M2 SSDのスロットはCPUソケット近くにも存在しておりますが、そちらを利用すると一部SATAと競合し、
SATA側が利用不可になる仕様の為、あまりお勧めできません。

また、CPU補助電源が8pinのみであるため、ちょい盛り以上のオーバークロックをする方向けではないかと思います。
自分は定格でゆるゆると回して満足しております。

<互換性>
現在のところ、なんと約10年前のSSDまで通常動作してくれています。
組み上げる前は「さすがにこれは無理だろうなぁ」と思っていただけに少々驚きました。
久しぶりの自作なので驚いただけで普通なのでしょうか?そこはすこし個人的な疑問です。
互換性で問題が出るとすれば、殆どがソフトウェアとの兼ね合いかもしれませんね。
今のところ何も問題が起きていないので満足しています。

<拡張性>
こちらについては前述したM2 SSDと一部SATAで同帯域を利用しているため、利用不可になる。という仕様をどう解釈するかですね。
個人的にはあまり気にしませんが、SATA SSDやHDDを多く積まれる方にとっては不便ですね。

<機能性>
驚いたのはBIOSの設定項目の豊富さでした。
もしかしたら設定や石次第では、ちょい盛り以上のオーバークロックができるかもしれません。
そのあたりは詳しくないので深く掘り下げられないのが申し訳ないです。これから勉強ですね。

<付属ソフト>
可もなく不可もなく、といった印象でしょうか。
セットアップ時には付属ディスクからAI Suite IIIを導入しましたが、あまり使用していません。
毎回起動時に出てくるEz Updateがちょっとばかり気になったので、タスクスケジューラからスタートアップ無効化しました。
利用するときはAI Suiteから起動できるので問題ありません。

<総評>
今回は予算の都合でこちらを選びましたが、安定性と互換性、設定項目には全く文句がありません。
あえて苦言?を呈すならば、CPU補助電源が8+4pinであれば満点だったかもしれません。
人気マザーの理由もわかった気がします。あまり気にしていませんが、LEDもちょっとカッコいいかも…?

#CPU補助電源が8pinであるところを6pinと誤表記していたため、修正。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

満足度4
安定性4
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト3
定番ミドルレンジマザーながらも豊富な設定項目が◎

まず初めにお断りしておきますが、オーバークロックを推奨するレビューではありません。
こちらのマザーはCPU補助電源が6pinのみとなっておりますので、ちょい盛り程度ならば十分に可能です。

久しぶり(消費税増税前)に駆け込みで新PCを組みました。主なスペックは以下の通りです。
OS >>> Windows 10 Pro 64bit
CPU >>> Intel Core i9 9900K
RAM >>> Corsair DDR4 32GB
M/B >>> ROG STRIX Z390-F GAMING
GPU >>> GeForce GTX 1080 Ti
電源 >>> Corsair RM850x CP-9020180-JP

<安定性>
ド安定といった印象が非常に強いです。堅牢な作りであるかは微妙なところですが、
通常運用する限りはマザーにこれと言って「ん?」と思うところはありません。
人気製品でそれなりの値段がする分、運用上の問題は特に発生しないのではないでしょうか

しかし注意点が2点ほど。M2 SSDのヒートシンクネジが硬すぎる……力技でやったつもりはないのですが、
ネジ山をなめるギリギリのところでやっと外れてくれました。
ヒートシンクには熱伝導材が塗布しており、伝導材保護シールを剥がして使用します。
どんな伝導材が使用されているのかは不明ですが、おまじない程度かな?と思って使用しました。

M2 SSDのスロットはCPUソケット近くにも存在しておりますが、そちらを利用すると一部SATAと競合し、
SATA側が利用不可になる仕様の為、あまりお勧めできません。

また、CPU補助電源が6pinのみであるため、ちょい盛り以上のオーバークロックをする方向けではないかと思います。
自分は定格でゆるゆると回して満足しております。

<互換性>
現在のところ、なんと約10年前のSSDまで通常動作してくれています。
組み上げる前は「さすがにこれは無理だろうなぁ」と思っていただけに少々驚きました。
久しぶりの自作なので驚いただけで普通なのでしょうか?そこはすこし個人的な疑問です。
互換性で問題が出るとすれば、殆どがソフトウェアとの兼ね合いかもしれませんね。
今のところ何も問題が起きていないので満足しています。

<拡張性>
こちらについては前述したM2 SSDと一部SATAで同帯域を利用しているため、利用不可になる。という仕様をどう解釈するかですね。
個人的にはあまり気にしませんが、SATA SSDやHDDを多く積まれる方にとっては不便ですね。

<機能性>
驚いたのはBIOSの設定項目の豊富さでした。
もしかしたら設定や石次第では、ちょい盛り以上のオーバークロックができるかもしれません。
そのあたりは詳しくないので深く掘り下げられないのが申し訳ないです。これから勉強ですね。

<付属ソフト>
可もなく不可もなく、といった印象でしょうか。
セットアップ時には付属ディスクからAI Suite IIIを導入しましたが、あまり使用していません。
毎回起動時に出てくるEz Updateがちょっとばかり気になったので、タスクスケジューラからスタートアップ無効化しました。
利用するときはAI Suiteから起動できるので問題ありません。

<総評>
今回は予算の都合でこちらを選びましたが、安定性と互換性、設定項目には全く文句がありません。
あえて苦言?を呈すならば、CPU補助電源が6+2pinであれば満点だったかもしれません。
人気マザーの理由もわかった気がします。あまり気にしていませんが、LEDもちょっとカッコいいかも…?

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「ROG STRIX Z390-F GAMING」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
9世代CPU対応のMB  5 2019年7月14日 18:09
ROG STRIXラインは二枚目  5 2019年7月2日 22:19
久しぶりのWin機です。  5 2019年5月6日 15:02
初めての自作におすすめのマザーボードです。  5 2019年5月6日 13:13
必要な機能は備わっており満足できます。  5 2019年5月5日 23:26
オーバークロックのために購入  5 2019年4月28日 21:51
いや〜良いですよ  5 2019年4月26日 22:49
機能 ◎ デザイン◎  4 2019年4月23日 20:45
安心のASUS  4 2019年4月20日 22:09
初の自作PC  5 2019年4月20日 11:20

ROG STRIX Z390-F GAMINGのレビューを見る(レビュアー数:27人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

ROG STRIX Z390-F GAMING
ASUS

ROG STRIX Z390-F GAMING

最安価格(税込):¥22,832発売日:2018年10月 9日 価格.comの安さの理由は?

ROG STRIX Z390-F GAMINGをお気に入り製品に追加する <690

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意