『ボタンの耐久性が非常に高い』 ロジクール G502 HERO Gaming Mouse hk3さんのレビュー・評価

G502 HERO Gaming Mouse

  • 独自の「HERO 16Kセンサー」を搭載したゲーミングマウス。歴代最高のフレームレート処理速度を備え、安定したレスポンスを発揮する。
  • 11個の「プログラマブルボタン」を搭載。ロジクール・ゲームソフトウェアを使用して、よく使うコマンドやマクロを11個のボタンそれぞれに設定できる。
  • 同梱の3.6gのウェイト5個をマウスの前後左右や中央に自在に配置することで、重さを細かく調整可能。
G502 HERO Gaming Mouse 製品画像

最安価格(税込):¥9,617 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2018年10月18日

店頭参考価格帯:¥9,980 〜 ¥9,980 (全国769店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:光学式マウス インターフェイス:USB その他機能:チルトホイール/カウント切り替え可能 重さ:121g G502 HERO Gaming Mouseのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • G502 HERO Gaming Mouseの価格比較
  • G502 HERO Gaming Mouseの店頭購入
  • G502 HERO Gaming Mouseのスペック・仕様
  • G502 HERO Gaming Mouseのレビュー
  • G502 HERO Gaming Mouseのクチコミ
  • G502 HERO Gaming Mouseの画像・動画
  • G502 HERO Gaming Mouseのピックアップリスト
  • G502 HERO Gaming Mouseのオークション

G502 HERO Gaming Mouseロジクール

最安価格(税込):¥9,617 (前週比:±0 ) 発売日:2018年10月18日

  • G502 HERO Gaming Mouseの価格比較
  • G502 HERO Gaming Mouseの店頭購入
  • G502 HERO Gaming Mouseのスペック・仕様
  • G502 HERO Gaming Mouseのレビュー
  • G502 HERO Gaming Mouseのクチコミ
  • G502 HERO Gaming Mouseの画像・動画
  • G502 HERO Gaming Mouseのピックアップリスト
  • G502 HERO Gaming Mouseのオークション

『ボタンの耐久性が非常に高い』 hk3さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マウス
4件
0件
メンズグルーミング
1件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン4
動作精度2
解像度無評価
フィット感2
機能性4
耐久性4
ボタンの耐久性が非常に高い

【デザイン】
メチャかっこいいと言う感じはしないが、悪くない。変な柄がなくていい。

【動作精度】
特に問題はない。

【解像度】
一般的には、たぶんこの解像度はいらないと思うが、個人的には、使い物にならないほど低い解像度。
実質、16000dpi 1モード固定で使用するしかない。加速を6倍の数値で使用。

【フィット感】
個人的にはよくない。マウスの左後方が盛り上がってる。手も左後方が手の中で一番分厚いので干渉する。

【機能性】
スクロール切り替えスイッチが、個人的には非常に重要。これがないマウスは、使う気にならない。web閲覧などに頻繁に使用している。
「戻る」ボタンの下に数個、マウスの右側に数個、追加のボタンが欲しい。
いくつかのボタンは、実質押せない位置にあるので、ボタングループを移動させるギミックが欲しい。

【耐久性】
一部にタクトスイッチが残ってるが、頻繁に使うスイッチはマイクロスイッチなので、スイッチの寿命は、ほとんど気にせずに使うことが出来る。
初代のゴムコーティングは、ボロボロになり、耐久性が低かった。heroの耐久性も期待できない。最初からこのゴムはないほうが良かった。意外に重さがあるので、取り除くと軽量化できる。プラスチックの凹凸で滑り止め効果を実現して欲しかった。

【総評】
まず、定番のホイール交換(真ん中ゴムタイプ)。これで、すごく使いやすくなる。

機能を削らず裸g9xくらいの大きさ軽さが欲しい。
無線+複数ペアリングのbluetoothで、完全体になる気がする。

内部の変更が、初代から少ないので、パーツを置き換えられる。
地味に、「進む」「戻る」ボタンの感触が良くなってる(個体差?)。

現時点で、自分の要求に一番答えてくれるマウスは、これだと思う。

【不具合】 26日加筆
たまに、2mmくらい?(よく分からないが、0.1mm〜10mmの間だと思う)のマウスポインタの不感応が発生するようです。
常に動かしている間は発生しませんが、一度動きを止めると、発生することがあります。
何か、センサーのスリープ機能が悪さをしているのでしょうか?
1mmあれば、画面の端まで到達可能なため、使用にはストレスが貯まります。
ファームウェアは、数日前チェックしたときは最新でした。
g502無印では、こんなことは起こりませんでした。
恐らく、ハズレ個体を掴んだと思いますが、もしかすると、heroセンサーの問題かも知れません。

加筆中にも、プチフリーズが発生しました。
2mm角以内(くらい)をどう動かしても、マウスカーソルが動かなくなります。
マウスパッドとの相性かも知れません。g502無印よりもパッドを選ぶのかも。

動作精度5→2 満足度4→2 に変更させていただきます。

【不具合2】 5/3日加筆
g502 heroをもう1台入手し、使用してみました。
不感領域ですが、新しい個体でも発生しました。予備のマウスパッドをどこに置いたか忘れましたので、マウスパッドを取り除いて、机にじか置きで使用してみした。しかし、不感領域は発生しました。
これで、マウスパッドのせいではないと思われます。
発生頻度は、新しいマウスのほうが低い気がしないでもないと言う感じです。

この不感領域は、16000dpi設定時に発生するので、もしかすると、解像度を落とすと、発生しないかも知れません。

あと、usbハブを使用しているので、電力不足が原因の可能性もあると思います。

一番疑っているのが、heroセンサーです。自分は、このセンサーを欠陥品だと思っています。
高解像度設定時のみに発生するかも知れませんが、マウスのポインタ飛びが、たまに発生するかも知れません。
なんらかの外的要因(マウスパッド、電力供給、電気ノイズなど)で発生するにしても、耐性が弱く、脆弱過ぎると思います。

書き忘れてましたが、ロジのマウスで、伝統的に誰得硬いケーブルが悩みの種でしたが、g502 heroでは、柔らかケーブルに変更されています。これは、すごくいいです。

【不具合3】 5/6日加筆
usbハブにも疑いがあり、それが原因の場合、heroセンサーに不適切な評価をしたことになると思い、usbハブを取り除いて検証してみました。
usbハブが原因の場合、usbハブの制御にバグがあり、まれにデータを取りこぼすなどする場合と、電圧降下により、接続機器が正常に動作しない可能性です。

結果は、不感領域は発生してしまいました。これで、usbハブが原因である可能性は消えました。

マザーボード、OSなど、疑い出せばきりがないなく、メーカーでないので、個人の持ち物の範囲で検証するには限界があります。
2台のg502 heroで不感領域が発生したことから、たまたま発生した不良品ではないと思います。
初代g502(頻繁に使用したのは2台)では、同じ環境で不感領域が起こらなかったことから考え、やはり、一番疑わしいのは、heroセンサー、次に、ファームウェアとなると思います。

ポインタ飛びと書きましたが、正確には、不感領域の中で内部でカウントしていた場合ポインタ飛び(最終的には座標の辻褄が合うので、盲点のように気づきにくい?)、内部でカウントしてない場合には、ポインタの引っかかりのような症状になると思います。

使用目的
ネット
こだわり
解像度

参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度2
デザイン4
動作精度2
解像度無評価
フィット感2
機能性4
耐久性4
ボタンの耐久性が非常に高い

【デザイン】
メチャかっこいいと言う感じはしないが、悪くない。変な柄がなくていい。

【動作精度】
特に問題はない。

【解像度】
一般的には、たぶんこの解像度はいらないと思うが、個人的には、使い物にならないほど低い解像度。
実質、16000dpi 1モード固定で使用するしかない。加速を6倍の数値で使用。

【フィット感】
個人的にはよくない。マウスの左後方が盛り上がってる。手も左後方が手の中で一番分厚いので干渉する。

【機能性】
スクロール切り替えスイッチが、個人的には非常に重要。これがないマウスは、使う気にならない。web閲覧などに頻繁に使用している。
「戻る」ボタンの下に数個、マウスの右側に数個、追加のボタンが欲しい。
いくつかのボタンは、実質押せない位置にあるので、ボタングループを移動させるギミックが欲しい。

【耐久性】
一部にタクトスイッチが残ってるが、頻繁に使うスイッチはマイクロスイッチなので、スイッチの寿命は、ほとんど気にせずに使うことが出来る。
初代のゴムコーティングは、ボロボロになり、耐久性が低かった。heroの耐久性も期待できない。最初からこのゴムはないほうが良かった。意外に重さがあるので、取り除くと軽量化できる。プラスチックの凹凸で滑り止め効果を実現して欲しかった。

【総評】
まず、定番のホイール交換(真ん中ゴムタイプ)。これで、すごく使いやすくなる。

機能を削らず裸g9xくらいの大きさ軽さが欲しい。
無線+複数ペアリングのbluetoothで、完全体になる気がする。

内部の変更が、初代から少ないので、パーツを置き換えられる。
地味に、「進む」「戻る」ボタンの感触が良くなってる(個体差?)。

現時点で、自分の要求に一番答えてくれるマウスは、これだと思う。

【不具合】 26日加筆
たまに、2mmくらい?(よく分からないが、0.1mm〜10mmの間だと思う)のマウスポインタの不感応が発生するようです。
常に動かしている間は発生しませんが、一度動きを止めると、発生することがあります。
何か、センサーのスリープ機能が悪さをしているのでしょうか?
1mmあれば、画面の端まで到達可能なため、使用にはストレスが貯まります。
ファームウェアは、数日前チェックしたときは最新でした。
g502無印では、こんなことは起こりませんでした。
恐らく、ハズレ個体を掴んだと思いますが、もしかすると、heroセンサーの問題かも知れません。

加筆中にも、プチフリーズが発生しました。
2mm角以内(くらい)をどう動かしても、マウスカーソルが動かなくなります。
マウスパッドとの相性かも知れません。g502無印よりもパッドを選ぶのかも。

動作精度5→2 満足度4→2 に変更させていただきます。

【不具合2】 5/3日加筆
g502 heroをもう1台入手し、使用してみました。
不感領域ですが、新しい個体でも発生しました。予備のマウスパッドをどこに置いたか忘れましたので、マウスパッドを取り除いて、机にじか置きで使用してみした。しかし、不感領域は発生しました。
これで、マウスパッドのせいではないと思われます。
発生頻度は、新しいマウスのほうが低い気がしないでもないと言う感じです。

この不感領域は、16000dpi設定時に発生するので、もしかすると、解像度を落とすと、発生しないかも知れません。

あと、usbハブを使用しているので、電力不足が原因の可能性もあると思います。

一番疑っているのが、heroセンサーです。自分は、このセンサーを欠陥品だと思っています。
高解像度設定時のみに発生するかも知れませんが、マウスのポインタ飛びが、たまに発生するかも知れません。
なんらかの外的要因(マウスパッド、電力供給、電気ノイズなど)で発生するにしても、耐性が弱く、脆弱過ぎると思います。

書き忘れてましたが、ロジのマウスで、伝統的に誰得硬いケーブルが悩みの種でしたが、g502 heroでは、柔らかケーブルに変更されています。これは、すごくいいです。

使用目的
ネット
こだわり
解像度

参考になった0

満足度2
デザイン4
動作精度2
解像度無評価
フィット感2
機能性4
耐久性4
ボタンの耐久性が非常に高い

【デザイン】
メチャかっこいいと言う感じはしないが、悪くない。変な柄がなくていい。

【動作精度】
特に問題はない。

【解像度】
一般的には、たぶんこの解像度はいらないと思うが、個人的には、使い物にならないほど低い解像度。
実質、16000dpi 1モード固定で使用するしかない。加速を6倍の数値で使用。

【フィット感】
個人的にはよくない。マウスの左後方が盛り上がってる。手も左後方が手の中で一番分厚いので干渉する。

【機能性】
スクロール切り替えスイッチが、個人的には非常に重要。これがないマウスは、使う気にならない。web閲覧などに頻繁に使用している。
「戻る」ボタンの下に数個、マウスの右側に数個、追加のボタンが欲しい。
いくつかのボタンは、実質押せない位置にあるので、ボタングループを移動させるギミックが欲しい。

【耐久性】
一部にタクトスイッチが残ってるが、頻繁に使うスイッチはマイクロスイッチなので、スイッチの寿命は、ほとんど気にせずに使うことが出来る。
初代のゴムコーティングは、ボロボロになり、耐久性が低かった。heroの耐久性も期待できない。最初からこのゴムはないほうが良かった。意外に重さがあるので、取り除くと軽量化できる。プラスチックの凹凸で滑り止め効果を実現して欲しかった。

【総評】
まず、定番のホイール交換(真ん中ゴムタイプ)。これで、すごく使いやすくなる。

機能を削らず裸g9xくらいの大きさ軽さが欲しい。
無線+複数ペアリングのbluetoothで、完全体になる気がする。

内部の変更が、初代から少ないので、パーツを置き換えられる。
地味に、「進む」「戻る」ボタンの感触が良くなってる(個体差?)。

現時点で、自分の要求に一番答えてくれるマウスは、これだと思う。

【不具合】 26日加筆
たまに、2mmくらい?(よく分からないが、0.1mm〜10mmの間だと思う)のマウスポインタの不感応が発生するようです。
常に動かしている間は発生しませんが、一度動きを止めると、発生することがあります。
何か、センサーのスリープ機能が悪さをしているのでしょうか?
1mmあれば、画面の端まで到達可能なため、使用にはストレスが貯まります。
ファームウェアは、数日前チェックしたときは最新でした。
g502無印では、こんなことは起こりませんでした。
恐らく、ハズレ個体を掴んだと思いますが、もしかすると、heroセンサーの問題かも知れません。

加筆中にも、プチフリーズが発生しました。
2mm角以内(くらい)をどう動かしても、マウスカーソルが動かなくなります。
マウスパッドとの相性かも知れません。g502無印よりもパッドを選ぶのかも。

動作精度5→2 満足度4→2 に変更させていただきます。

使用目的
ネット
こだわり
解像度

参考になった2

満足度4
デザイン4
動作精度5
解像度無評価
フィット感2
機能性4
耐久性4
ボタンの耐久性が非常に高い

【デザイン】
メチャかっこいいと言う感じはしないが、悪くない。変な柄がなくていい。

【動作精度】
特に問題はない。

【解像度】
一般的には、たぶんこの解像度はいらないと思うが、個人的には、使い物にならないほど低い解像度。
実質、16000dpi 1モード固定で使用するしかない。加速を6倍の数値で使用。

【フィット感】
個人的にはよくない。マウスの左後方が盛り上がってる。手も左後方が手の中で一番分厚いので干渉する。

【機能性】
スクロール切り替えスイッチが、個人的には非常に重要。これがないマウスは、使う気にならない。web閲覧などに頻繁に使用している。
「戻る」ボタンの下に数個、マウスの右側に数個、追加のボタンが欲しい。
いくつかのボタンは、実質押せない位置にあるので、ボタングループを移動させるギミックが欲しい。

【耐久性】
一部にタクトスイッチが残ってるが、頻繁に使うスイッチはマイクロスイッチなので、スイッチの寿命は、ほとんど気にせずに使うことが出来る。
初代のゴムコーティングは、ボロボロになり、耐久性が低かった。heroの耐久性も期待できない。最初からこのゴムはないほうが良かった。意外に重さがあるので、取り除くと軽量化できる。プラスチックの凹凸で滑り止め効果を実現して欲しかった。

【総評】
まず、定番のホイール交換(真ん中ゴムタイプ)。これで、すごく使いやすくなる。

機能を削らず裸g9xくらいの大きさ軽さが欲しい。
無線+複数ペアリングのbluetoothで、完全体になる気がする。

内部の変更が、初代から少ないので、パーツを置き換えられる。
地味に、「進む」「戻る」ボタンの感触が良くなってる(個体差?)。

現時点で、自分の要求に一番答えてくれるマウスは、これだと思う。

使用目的
ネット
こだわり
解像度

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「G502 HERO Gaming Mouse」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ボタンの耐久性が非常に高い  2 2019年5月6日 03:46
良いと思います。  5 2019年4月23日 14:05
久しぶりのロジ  3 2019年3月30日 09:24
人間工学的なバランスの最適解ゲーミングマウス  5 2019年2月8日 07:49

G502 HERO Gaming Mouseのレビューを見る(レビュアー数:4人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

G502 HERO Gaming Mouse
ロジクール

G502 HERO Gaming Mouse

最安価格(税込):¥9,617発売日:2018年10月18日 価格.comの安さの理由は?

G502 HERO Gaming Mouseをお気に入り製品に追加する <68

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マウス]

マウスの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マウス)

ご注意