『公式で価格改定をしたようですが・・』 SIE プレイステーション クラシック SCPH-1000RJ mitsukikoさんのレビュー・評価

2018年12月 3日 発売

プレイステーション クラシック SCPH-1000RJ

  • 外見やボタン配置などはほぼそのままに、本体サイズを縦横比で約45%、体積比で約80%コンパクトにした初期型「プレイステーション」の復刻版。
  • 『R4 RIDGE RACER TYPE 4』『鉄拳3』『ファイナルファンタジーVII インターナショナル』『ワイルドアームズ』など、20タイトルを内蔵。
  • ゲーム機本体のほか、専用コントローラ(2個)、HDMIケーブル (1本)、USBケーブル (1本)、印刷物一式が付属する。
プレイステーション クラシック SCPH-1000RJ 製品画像
最安価格(税込):

¥8,508

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥8,508¥10,540 (4店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥9,980

タイプ:据え置きゲーム機 カラー:グレー系 プレイステーション クラシック SCPH-1000RJの詳細情報

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • プレイステーション クラシック SCPH-1000RJの価格比較
  • プレイステーション クラシック SCPH-1000RJの店頭購入
  • プレイステーション クラシック SCPH-1000RJのスペック・仕様
  • プレイステーション クラシック SCPH-1000RJのレビュー
  • プレイステーション クラシック SCPH-1000RJのクチコミ
  • プレイステーション クラシック SCPH-1000RJの画像・動画
  • プレイステーション クラシック SCPH-1000RJのピックアップリスト
  • プレイステーション クラシック SCPH-1000RJのオークション

プレイステーション クラシック SCPH-1000RJSIE

最安価格(税込):¥8,508 (前週比:±0 ) 発売日:2018年12月 3日

  • プレイステーション クラシック SCPH-1000RJの価格比較
  • プレイステーション クラシック SCPH-1000RJの店頭購入
  • プレイステーション クラシック SCPH-1000RJのスペック・仕様
  • プレイステーション クラシック SCPH-1000RJのレビュー
  • プレイステーション クラシック SCPH-1000RJのクチコミ
  • プレイステーション クラシック SCPH-1000RJの画像・動画
  • プレイステーション クラシック SCPH-1000RJのピックアップリスト
  • プレイステーション クラシック SCPH-1000RJのオークション
ユーザーレビュー > ゲーム > ゲーム機本体 > SIE > プレイステーション クラシック SCPH-1000RJ

『公式で価格改定をしたようですが・・』 mitsukikoさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

プレイステーション クラシック SCPH-1000RJのレビューを書く

mitsukikoさん

  • レビュー投稿数:224件
  • 累計支持数:512人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
11件
631件
スマートフォン
3件
349件
Xbox One ソフト
113件
8件
もっと見る
満足度3
デザイン4
ソフトの質2
操作感3
描画・画質2
サイズ3
拡張性4
公式で価格改定をしたようですが・・
   

   

【デザイン】
外箱を含めオブジェとしては良い方かと。
【ソフトの質】
NEOGEO miniやメガドライブミニなどに比べるとソフトの質も量もかなり不満なのは自分だけではないと思いますね。
自己責任ですが、有志が作成したツールを導入後USBフラッシュメモリに手持ちのゲームファイルを入れて接続すれば好きなゲームを簡単に追加出来てしまうので改造ありきなら良いと言う人もいますが、そこまでするのなら本製品より高スペックのPCや別ハードのエミュでやった方が良いでしょう。
【操作感】
デュアルショックでないので振動もアナログ操作も出来ません。割り切っての使用なら不満はないのかな。
【描画・画質】
20タイトル全てが酷い訳ではありませんが、初期設定だとCPU負荷やフレームレートが低いこともあり、ゲームによってはカクツキや処理落ちが酷い場面も結構見られました。特定のキーボードやツールを導入すれば設定変更は出来ますが、そこまでするならPCのエミュレーターでやった方がより快適じゃないかと・・
【サイズ】
ミニということで本体のサイズに不満はありません。
【拡張性】
どうせならオリジナルのPS Oneであった様な別売りの液晶モニタを社外品でも出して欲しかったですね。
【総評】
メーカー希望小売価格(税別):\9,980、発売日:2018年12月3日で台数限定というふれ込みで大々的に発売されましたが、中身はソニー独自開発のソフトではなくオープンソースの「PCSX ReARMed」が使用されているといったトンデモ仕様だったことで、一部のコアな人達により即ハッキングされ今や中華エミュ機とさして変わらない?様な扱いでもてはやされてしまっているのは何だかなあと思いますね(^^;)

まあ、大多数のライトなユーザーはそんな事よりも最初から入っているゲームに対しての不満の方が大きかったのを受けてなのかどうか分かりませんが、ここにきて公式が価格を4,480円(税別)に改定してきました。

発売から半年も経たないで価格をほぼ半額にするくらいなら最初からそうしろよと思うのは自分だけではないでしょう。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「プレイステーション クラシック SCPH-1000RJ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

プレイステーション クラシック SCPH-1000RJのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

プレイステーション クラシック SCPH-1000RJ
SIE

プレイステーション クラシック SCPH-1000RJ

最安価格(税込):¥8,508発売日:2018年12月 3日 価格.comの安さの理由は?

プレイステーション クラシック SCPH-1000RJをお気に入り製品に追加する <253

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ゲーム機本体)

ご注意