『ベルボンUTC-53ASと比較して』 マンフロット befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BH Thはじめさんのレビュー・評価

2018年10月 3日 発売

befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BH

befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BH 製品画像
最安価格(税込):

¥35,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥35,800¥47,800 (26店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥52,500

店頭参考価格帯:¥43,030 〜 ¥43,030 (全国701店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:三脚 全高:410〜1500mm 段数:4段 本体重量:1250g befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHの価格比較
  • befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHの店頭購入
  • befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHのスペック・仕様
  • befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHのレビュー
  • befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHのクチコミ
  • befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHの画像・動画
  • befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHのピックアップリスト
  • befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHのオークション

befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHマンフロット

最安価格(税込):¥35,800 (前週比:±0 ) 発売日:2018年10月 3日

  • befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHの価格比較
  • befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHの店頭購入
  • befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHのスペック・仕様
  • befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHのレビュー
  • befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHのクチコミ
  • befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHの画像・動画
  • befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHのピックアップリスト
  • befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHのオークション
ユーザーレビュー > カメラ > 三脚・一脚 > マンフロット > befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BH

『ベルボンUTC-53ASと比較して』 Thはじめさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

Thはじめさん

  • レビュー投稿数:120件
  • 累計支持数:814人
  • ファン数:39人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
8件
495件
レンズ
30件
332件
デジタルカメラ
10件
137件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性5
収納性3
操作性3
安定性4
ベルボンUTC-53ASと比較して

三脚沼の住人です^^;;;
反転式の三脚はこれで3本目
三脚二本を持ち歩くことがあるのでこのマンフロットの三脚を追加購入しており、その片一方であるベルボンUTC-53UASと比較したレビューをします。
この二本、ほぼ同等の価格でほぼ同等の全高、そしてほぼ同等の安定性です。


【デザイン】
イタリアデザインとあってやっぱりこの三脚は格好いいですね。
マンフロットの勝です

【携帯性】
縮長410mmということで、UTC-53(縮長350mm)と比べると、60mm長いです
一方重量の方はこちらが1250gに対してUTC-53ASは1330g。
マンフロットの方が80gほど軽いので
結果この勝負はイーブンでしょうか
尚、反転しない場合の縮長は、マンフロット520mm、ベルボン500mmとなります
畳んだ時の直径はいずれも100φ程度ですから、リュックのサイドポケットには脚二本だけを入れることになります

【収納性】
収納する際には脚を畳んで反転しないといけないわけですが、いずれもベルボンの方が簡単です
伸ばした脚を一気に縮めることが出来ますし、3本の脚の反転のロックを一気に解除できます。
ベルボンの大勝です
反転が面倒な時は反転せずに収納することになりそうです。

【操作性】
センターポールの上下ですが、意外に手間がかかります。
マンフロットはセンターポール自体が丸型ではなくオムスビ型で回転しない仕様の一本ものになっているのでその方が良い時もあるのですが、一方でベルボンは丸型の分割式なので最低高が低くなり。上下の移動もベルボンの方が簡単です。
最低高はマンフロットが410mmに対してベルボンは290mmまで低くすることが出来ます。

脚の長さ調節や開閉はどちらも簡単ではあるのですが、マンフロットはやや硬めのセッティング。
脚の伸縮はマンフロットはナット式、ベルボンはウルトラロック式でベルボンの方が素早く簡単にできます。

雲台の操作はどちらもパンが独立していて、ボールのトルク調整も付いています。トルクのセッティングはどちらもヒトクセあります。
クイックシューはベルボンがアルカスイス互換型なのに対し、マンフロットはシューがアルカスイス互換なのに雲台本体側はアルカスイスに対応していません。
つまりアルカスイス互換のL型ブラケットやプレートを使用することが出来ません。
私の場合は雲台のクイックシュー取付部をMENGS CL-50C(\1400)に交換してアルカスイス互換にしました。
ベルボンの大勝です

【安定性】
マンフロットがカーボン製22mm、4段なのに対し、ベルボンはカーボン製26mm、5段という仕様。
一番下の細い足はマンフロットの方が太い感じがしますので見た目ではマンフロットの方が良さそうな気がします。
脚の最大耐荷重はマンフロットが8kg、ベルボンが12kg(推奨積載荷重は3.5kg)となっていますが、いずれも使用する機材の総重量としては2kgが限度だと思います。
一応いずれの三脚もEOS-RにEF70-200F4を付けて縦撮りも試してみましたが、なんとかお辞儀することはありませんでした。
その時、EOS-Rのシャッターボタンから手を放して揺れが収まるまでの時間を計測してみましたが、横撮り時が平均で約1.8秒。2秒セルフで問題ないレベルだと思いました。一方同条件でベルボンUTC-53UASは平均1.7秒でした。
縦撮りだと平均2.5秒でしたから、正直なところ、望遠レンズ使用時の縦撮りはL型ブラケットを使用した方が良いとは思います。

【総評】
どちらの三脚も制振性が優れていて軽くて小さくてとても良い三脚だと思うのですが、操作性などの面からベルボンUTC-53ASの方が一般的にはややオススメの様に思います。マンフロットのこの三脚は重りをぶら下げるためのフックが付いているのがひとつの優位点で、またデザイン優先の方にはお勧めです。

尚、アルミの三脚も試してみましたが、同じ重量のものは揺り返しが来るので制振性はかなり劣ってしまいました。
このクラスの三脚はカーボンが必須だと感じています。

比較製品
ベルボン > UTC-53 II AS
主な被写体
風景

参考になった10人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
携帯性5
収納性3
操作性3
安定性4
ベルボンUTC-53ASと比較して

三脚沼の住人です^^;;;
反転式の三脚はこれで3本目
三脚二本を持ち歩くことがあるのでこのマンフロットの三脚を追加購入しており、その片一方であるベルボンUTC-53UASと比較したレビューをします。
この二本、ほぼ同等の価格でほぼ同等の全高、そしてほぼ同等の安定性です。


【デザイン】
イタリアデザインとあってやっぱりこの三脚は格好いいですね。
マンフロットの勝です

【携帯性】
縮長410mmということで、UTC-53(縮長350mm)と比べると、60mmも長いです
一方重量の方はこちらが1250gに対してUTC-53ASは1330g。
マンフロットの方が80gほど軽いので
結果この勝負はイーブンでしょうか
尚、反転しない場合の縮長は、マンフロット520mm、ベルボン500mmとなります
畳んだ時の直径はいずれも100φ程度ですから、リュックのサイドポケットには脚二本だけを入れることになります

【収納性】
収納する際には脚を畳んで反転しないといけないわけですが、いずれもベルボンの方が簡単です
伸ばした脚を一気に縮めることが出来ますし、3本の脚の反転のロックを一気に解除できます。
ベルボンの大勝!

【操作性】
センターポールの上下ですが、どちらも手間がかかります。マンフロットはセンターポール自体が丸型ではなくオムスビ型で回転しない仕様の一本ものになっているのでその方が良い時があるのですが、一方でベルボンは丸型の分割式なので最低高が低くなります。
最低高はマンフロットが410mmに対してベルボンは290mmまで低くすることが出来ます。

脚の長さ調節や開閉はどちらも簡単ではあるのですが、マンフロットはやや硬めのセッティング。
脚の伸縮はマンフロットはナット式、ベルボンはウルトラロック式でベルボンの方が素早く簡単にできます。

雲台の操作はどちらもパンが独立していて、ボールのトルク調整も付いています。動きはどちらも良好。
クイックシューはベルボンがアルカスイス互換型なのに対し、マンフロットはシューがアルカスイス互換で雲台本体は対応していません。
つまり複数のカメラと複数のアルカスイス互換三脚を扱う場合はシューはすべてマンフロットのものを使用しないといけなくなります。
私の場合は逆に雲台側をベルボンに統一しました。
ベルボンの大勝です

【安定性】
マンフロットがカーボン製22mm、4段なのに対し、ベルボンはカーボン製26mm、5段という仕様。
一番下の細い足はマンフロットの方が太い感じがしますので見た目ではマンフロットの方が良さそうな気がします。
脚の最大耐荷重はマンフロットが8kg、ベルボンが12kg(推奨積載荷重は3.5kg)となっていますが、いずれも使用する機材の総重量としては2kgが限度だと思います。
一応いずれの三脚もEOS-RにEF70-200F4を付けて縦撮りも試してみましたが、問題ありませんでした。
気分的にマンフロットの勝

【総評】
どちらの三脚も使用には問題ないレベルで軽くて小さくてとても良い三脚だと思うのですが、操作性などの面からベルボンUTC-53ASの方がややオススメの様に思います。デザイン優先ならこのマンフロットです。

尚、アルミの三脚も試してみましたが、同じ重量のものは揺り返しが来るので制振性は劣ってしまいました。
このクラスの三脚はカーボンが必須だと感じています。

比較製品
ベルボン > UTC-53 II AS
主な被写体
風景

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BH」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BH
マンフロット

befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BH

最安価格(税込):¥35,800発売日:2018年10月 3日 価格.comの安さの理由は?

befreeアドバンス カーボンT三脚キット MKBFRTC4-BHをお気に入り製品に追加する <88

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[三脚・一脚]

三脚・一脚の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(三脚・一脚)

ご注意