『長期使用レビュー (追加2回目)』 ロジテック LGB-EKU3 [ブラック] 世太夫さんのレビュー・評価

2018年 9月13日 発売

LGB-EKU3 [ブラック]

3.5インチ SATA HDDに対応した外付けケース(店頭販売モデル)

LGB-EKU3 [ブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥1,872

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥1,872〜¥3,360 (40店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥2,930

店頭参考価格帯:¥― (全国64店舗)最寄りのショップ一覧

規格サイズ:3.5 台数:1台 HDD接続方式:SATA インターフェース:USB3.1x1 LGB-EKU3 [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • LGB-EKU3 [ブラック]の価格比較
  • LGB-EKU3 [ブラック]の店頭購入
  • LGB-EKU3 [ブラック]のスペック・仕様
  • LGB-EKU3 [ブラック]のレビュー
  • LGB-EKU3 [ブラック]のクチコミ
  • LGB-EKU3 [ブラック]の画像・動画
  • LGB-EKU3 [ブラック]のピックアップリスト
  • LGB-EKU3 [ブラック]のオークション

LGB-EKU3 [ブラック]ロジテック

最安価格(税込):¥1,872 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 9月13日

  • LGB-EKU3 [ブラック]の価格比較
  • LGB-EKU3 [ブラック]の店頭購入
  • LGB-EKU3 [ブラック]のスペック・仕様
  • LGB-EKU3 [ブラック]のレビュー
  • LGB-EKU3 [ブラック]のクチコミ
  • LGB-EKU3 [ブラック]の画像・動画
  • LGB-EKU3 [ブラック]のピックアップリスト
  • LGB-EKU3 [ブラック]のオークション

『長期使用レビュー (追加2回目)』 世太夫さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

LGB-EKU3 [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:105件
  • 累計支持数:325人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

セキュリティソフト
14件
0件
ハードディスク ケース
11件
0件
ケースファン
6件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン4
静音性3
転送速度5
堅牢性1
付加機能無評価
サイズ2
長期使用レビュー (追加2回目)

トレイはカバー部分のネジ2本にて筐体と固定します。内部でHDDがガタつきます。

手持ちの玄人志向GW3.5AA-SUP.xxシリーズ(下段)とサイズ比較。

デバイスマネージャーではLogitec SCSI DISK Deviceと表示されてしまいます。

JMS577/9 Series Chipと表示されました。Ver.は177.02.00.03で最新型のようです。

台湾のファブレス企業Jmicronによる「JMS576」チップ搭載

フラックス残痕と基板表面の歪み

【○】

・(UASP対応のPCと通信させれば)通信速度は早いです。
・薄いけどアルミ製の筐体です(玄人志向GW3.5AAシリーズの70%程度の厚み)

【X】

・電源スイッチが本体にありません(AC/DCアダプターの抜き差しで代用)
・スタンドがきゃしゃ。本体を真っ直ぐ上に持ち上げるとスタンドから抜けます。
・数10分置きに勝手に切断と再接続を繰り返します。製品化粧箱にも説明書にも公式サイトにもその旨の記載はありません。もしかして一定時間アクセスがないと自動スリープ移行機能でも付いているんでしょうか? 再接続には数秒待たされるので面倒です。(この手間がが一日何度も必要となります)

【付録ソフト】

「データ消去ツール」
HDDの記録の完全消去用です。有料ソフトのように消去方式を自分で選択する事は出来ません。

「フォルダ自動バックアップツール」
HDD全体のバックアップは無理です。特定フォルダを登録監視させてファイルに変動が認められればそれだけを書き換えするという方式です。フォルダは複数登録可能です。バックアップと言っても限定的なものです。

「簡単フォーマッタ」
HDDのフォーマット用。WD(Data LifeGuard Diagnostic)やSeagate(SeaTools)でも同様のツールが用意されているので必要なかったです。

先頭の2本はあくまでも簡易版のようなソフトです。自分の場合、バックアップツールと消去ツールは既に有料版を保有しているので付録ソフトに魅力は感じません。 


【購入目的・用途】
手持ちのHDDが壊れたので記録データのコピー用に急遽買い求めました。目的は達成できたようなので現在はお蔵入りしています。

【総評】
前述の勝手に切断・接続を繰り返すという点が使い難いです。 



--- 以下は追記です ---

【発熱に関して】
・測定日 5月中旬
・室温25℃
・使用HDD 7200rpmモデル(WD10EZEX)
・書き込み容量 約365GBの書き込みを行いました
・温度変化 HDDは47℃まで上昇

夏場になればHDDは50℃を超えると予想します。


【付属ソフトLogitecディスクフォーマッタ】
興味があったので試してみました。 当方のWindows10環境下ではインストールすら不可能でした。必要に迫られていたので本ソフトの使用は諦めてコマンドプロンプト経由でHDDをフォーマットしました。

【振動】
その後数回使用してみましたがLGB-EKU3本体を軽く左右に振るだけでHDD本体がカタカタと音を立てて動くのが増大したようです。この製品は巷で言われるように横置きで使用するのがベストかも知れません。縦置き+高回転型HDDの組み合わせでは振動の影響でHDDそのものの寿命に影響が出そうです。 

【切断接続の繰り返し現象について】
本製品はメーカサイトの広告にも「PCに接続中(通電中)のサスペンド機能」についてはいまだに記載がありません。。公式サイトには「AUTO PC連動機能を搭載していますので、パソコンの電源ON/OFFに連動しハードディスクがスタンバイ/復帰します。」とのみ記載されています。

推測の域は出ませんが当製品はPCの電源ON/OFFに関係なくサスペンド機能が働くようです。 ネットではOS側の電源設定、及びUSBドライバの設定変更でこの動作を停止できるかのような事が書かれていますがその方法を用いても完全にサスペンド機能を停止する事は不可能でした。 このように頻繁にHDDにサスペンドを行うとHDDの耐久性に悪影響が出そうです。

【HDDの固有識別形式が認識されない】
これが一番の問題です。LGB-EKU3を使用するとOSがHDDの固有識別形式を認識できない場合が出てきます。この認識されない不具合はWindows10と同上のVMwareで生じています。 この原因はデバイスマネージャーを確認して貰えれば分かると思いますが「Logitec SCSI Disk Device」とのみ認識される事が原因です。(添付画像参照)

この状態でWD Acronisを使用すると「WD HDD製品の接続が認められない」という意味の警告が出てHDDクローンが不可能となります。その他、VMware上のUbuntuでも外部接続機器として認識させる事が不可能となり接続不可能でした。(玄人志向GW3.5AA-SUP3/MBでは同じ条件の下、接続される)

【総評】
手元に稼働中の玄人志向GW3.5AA-SUP3/MBが1台残存しています。両製品を比較すると
・転送速度ではLGB-EKU3が上
・本体の造りの良さ、頑丈さはGW3.5AA-SUP3/MBが上
・HDDの固定方法はGW3.5AA-SUP3/MBが上
という結論に達しました。多種多様な使い方をするのであればGW3.5AA-SUP3/MBの方が勝るかと思われます。



・・・・・以下2020年2月25日追記・・・・・

搭載チップを撮影しました。 搭載チップは台湾のファブレス企業Jmicron社による「JMS576」チップでした。Firmware書き換えツールで確認すると「JMS577/9 Series Chip Ver.177.02.00.03」と表示されます。Frimware Ver.は最新のようです。 それ以降の新Ver.は海外サイトでも見つける事ができません。

最近はこれまで以上に切断現象が増加しています。実容量1TB程度のファイルの塊を復元しようにも数時間経過しても作業が終わりません。おかしいな?と思って確認すると本機が切断されており復元が中断しています。USBケーブルを交換しても変化は認められません。 保証申請しようかと思いましたが現時点で1千7百円程度の製品の交換に片道1千円の送料を払っても損だし、交換品がまともに動くという保証すらありません。 よって当製品は廃棄処分と致しました。

尚、廃棄に当たって非鉄金属パーツと電装品に分類した際に基板の実装状態を確認してみました。 はっきり言って雑な仕事をしているようです。 パーツを取り付ける作業でフラックスをかなり酷く残している部位がありました。 LEDの脚部分を取り付ける際、加熱による基板表面の歪みが発生しています。 数カ所芋ハンダも認められました。 

参考になった20人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度2
デザイン4
静音性3
転送速度5
堅牢性3
付加機能無評価
サイズ2
長期使用レビュー

トレイはカバー部分のネジ2本にて筐体と固定します。内部でHDDがガタつきます。

デバイスマネージャーではLogitec SCSI DISK Deviceと表示されてしまいます。

手持ちの玄人志向GW3.5AA-SUP.xxシリーズ(下段)とサイズ比較。

   

JMS577/9 Series Chipです。Ver.は177.02.00.03で最新型のようです。

   

レビュー書き直しします。

【○】
・薄いアルミ製ボディが放熱には有利なようです

【X】
・スタンドの耐久性が悪い

【困った】
PC側からのアクセスが5分間停止すると本機はスリープモードに入ります。個人的な使い道ではこれは迷惑な機能でした。
 
それだけでなくPCと本機との接続が勝手に切断される現象が度々発生しています。最近はその発生頻度が高まりました。 自分の場合もUSBセレクティブサスペンド機能を「無効」化してみましたが、スリープに入る間隔が若干延長される程度の効果しか得られません。 そして一番の問題である勝手に接続解除されるという現象が止まりません。

現在EaseUS Todo Backup有料版と組み合わせてC(D)ドライブの復元作業をかなりの回数こなしましたがその復元作業中に本機側がスリープ状態に陥り、復元作業そのものが途中で失敗に終わります。  仕方なく途中でPCを無理に再起動させるのでPC側HDDの故障が心配になります。 このスリープ入りによる復元作業失敗は確率的には67%(3回復元作業を行えば内2回失敗)でした。

【HDDの固有識別形式が認識されない】
LGB-EKU3を使用するとOSがHDDの固有識別形式を認識できない場合が出てきます。このためにVMwareでLGB-EKU3に収めたHDDが「Logitec SCSI Disk Device」と認識され外部HDDとして使用出来ません。 またWD Acronisにて「WD HDD製品の接続が認められない」と警告を受けてしまいバックアップ作業が不可能でした。(これが原因でEaesUS Tobo Backup有料版を購入)

【Firmware情報】
搭載Firmwareは次の通りです。
・Chip → 「JMS577/9 Series」
・Firmware Ver. → 「177.02.00.03」

海外のサイトで頭3桁(177)の新バージョンを探してみましたが、頭3桁バージョンではこの「177.02.00.03」が最新でした。 よってファームウェア書き換えでスリープや勝手に接続解除される不具合が治る見込みはない模様です。

【補償】
補償を求めるには「ユーザー → Logitec」までの送料は往路ユーザー持ちです。不具合発生時には補償申請するよりも後ワンコイン、ツーコイン追加して別商品の購入も考えるべきかもしれません。 

【総評】
ドライブ復元作業では怖くて使えないというのが本音でしょうか?

参考になった1

満足度2
デザイン4
静音性3
転送速度5
堅牢性3
付加機能無評価
サイズ2
追記・画像増設しました

トレイはカバー部分のネジ2本にて筐体と固定します。内部でHDDがガタつきます。

デバイスマネージャーではLogitec SCSI DISK Deviceと表示されてしまいます。

手持ちの玄人志向GW3.5AA-SUP.xxシリーズ(下段)とサイズ比較。

【○】

・(UASP対応のPCと通信させれば)通信速度は早いです。
・薄いけどアルミ製の筐体です(玄人志向GW3.5AAシリーズの70%程度の厚み)

【X】

・電源スイッチが本体にありません(AC/DCアダプターの抜き差しで代用)
・スタンドがきゃしゃ。本体を真っ直ぐ上に持ち上げるとスタンドから抜けます。
・数10分置きに勝手に切断と再接続を繰り返します。製品化粧箱にも説明書にも公式サイトにもその旨の記載はありません。もしかして一定時間アクセスがないと自動スリープ移行機能でも付いているんでしょうか? 再接続には数秒待たされるので面倒です。(この手間がが一日何度も必要となります)

【付録ソフト】

「データ消去ツール」
HDDの記録の完全消去用です。有料ソフトのように消去方式を自分で選択する事は出来ません。

「フォルダ自動バックアップツール」
HDD全体のバックアップは無理です。特定フォルダを登録監視させてファイルに変動が認められればそれだけを書き換えするという方式です。フォルダは複数登録可能です。バックアップと言っても限定的なものです。

「簡単フォーマッタ」
HDDのフォーマット用。WD(Data LifeGuard Diagnostic)やSeagate(SeaTools)でも同様のツールが用意されているので必要なかったです。

先頭の2本はあくまでも簡易版のようなソフトです。自分の場合、バックアップツールと消去ツールは既に有料版を保有しているので付録ソフトに魅力は感じません。 


【購入目的・用途】
手持ちのHDDが壊れたので記録データのコピー用に急遽買い求めました。目的は達成できたようなので現在はお蔵入りしています。

【総評】
前述の勝手に切断・接続を繰り返すという点が使い難いです。 



--- 以下は追記です ---

【発熱に関して】
・測定日 5月中旬
・室温25℃
・使用HDD 7200rpmモデル(WD10EZEX)
・書き込み容量 約365GBの書き込みを行いました
・温度変化 HDDは47℃まで上昇

夏場になればHDDは50℃を超えると予想します。


【付属ソフトLogitecディスクフォーマッタ】
興味があったので試してみました。 当方のWindows10環境下ではインストールすら不可能でした。必要に迫られていたので本ソフトの使用は諦めてコマンドプロンプト経由でHDDをフォーマットしました。

【振動】
その後数回使用してみましたがLGB-EKU3本体を軽く左右に振るだけでHDD本体がカタカタと音を立てて動くのが増大したようです。この製品は巷で言われるように横置きで使用するのがベストかも知れません。縦置き+高回転型HDDの組み合わせでは振動の影響でHDDそのものの寿命に影響が出そうです。 

【切断接続の繰り返し現象について】
本製品はメーカサイトの広告にも「PCに接続中(通電中)のサスペンド機能」についてはいまだに記載がありません。。公式サイトには「AUTO PC連動機能を搭載していますので、パソコンの電源ON/OFFに連動しハードディスクがスタンバイ/復帰します。」とのみ記載されています。

推測の域は出ませんが当製品はPCの電源ON/OFFに関係なくサスペンド機能が働くようです。 ネットではOS側の電源設定、及びUSBドライバの設定変更でこの動作を停止できるかのような事が書かれていますがその方法を用いても完全にサスペンド機能を停止する事は不可能でした。 このように頻繁にHDDにサスペンドを行うとHDDの耐久性に悪影響が出そうです。

【HDDの固有識別形式が認識されない】
これが一番の問題です。LGB-EKU3を使用するとOSがHDDの固有識別形式を認識できない場合が出てきます。この認識されない不具合はWindows10と同上のVMwareで生じています。 この原因はデバイスマネージャーを確認して貰えれば分かると思いますが「Logitec SCSI Disk Device」とのみ認識される事が原因です。(添付画像参照)

この状態でWD Acronisを使用すると「WD HDD製品の接続が認められない」という意味の警告が出てHDDクローンが不可能となります。その他、VMware上のUbuntuでも外部接続機器として認識させる事が不可能となり接続不可能でした。(玄人志向GW3.5AA-SUP3/MBでは同じ条件の下、接続される)

【総評】
手元に稼働中の玄人志向GW3.5AA-SUP3/MBが1台残存しています。両製品を比較すると
・転送速度ではLGB-EKU3が上
・本体の造りの良さ、頑丈さはGW3.5AA-SUP3/MBが上
・HDDの固定方法はGW3.5AA-SUP3/MBが上
という結論に達しました。多種多様な使い方をするのであればGW3.5AA-SUP3/MBの方が勝かと思われます。



参考になった6

満足度2
デザイン4
静音性3
転送速度5
堅牢性3
付加機能無評価
サイズ2
切断・接続を繰り返すのが不満
   

HDDトレイはカバー部分のネジ2本で固定です。内部でHDDがガタつきます。

   

【○】

・(UASP対応のPCと通信させれば)通信速度は早いです。
・薄いけどアルミ製の筐体です(玄人志向GW3.5AAシリーズの70%程度の厚み)

【X】

・電源スイッチが本体にありません(AC/DCアダプターの抜き差しで代用)
・スタンドがきゃしゃ。本体を真っ直ぐ上に持ち上げるとスタンドから抜けます。
・数10分置きに勝手に切断と再接続を繰り返します。製品化粧箱にも説明書にも公式サイトにもその旨の記載はありません。もしかして一定時間アクセスがないと自動スリープ移行機能でも付いているんでしょうか? 再接続には数秒待たされるので面倒です。(この手間がが一日何度も必要となります)

【付録ソフト】

「データ消去ツール」
HDDの記録の完全消去用です。有料ソフトのように消去方式を自分で選択する事は出来ません。

「フォルダ自動バックアップツール」
HDD全体のバックアップは無理です。特定フォルダを登録監視させてファイルに変動が認められればそれだけを書き換えするという方式です。フォルダは複数登録可能です。バックアップと言っても限定的なものです。

「簡単フォーマッタ」
HDDのフォーマット用。WD(Data LifeGuard Diagnostic)やSeagate(SeaTools)でも同様のツールが用意されているので必要なかったです。

先頭の2本はあくまでも簡易版のようなソフトです。自分の場合、バックアップツールと消去ツールは既に有料版を保有しているので付録ソフトに魅力は感じません。 


【購入目的・用途】
手持ちのHDDが壊れたので記録データのコピー用に急遽買い求めました。目的は達成できたようなので現在はお蔵入りしています。

【総評】
前述の勝手に切断・接続を繰り返すという点が使い難いです。 

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「LGB-EKU3 [ブラック]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
DIGAの外付けHDDとして使用  4 2020年9月12日 14:17
ダメだなぁ  1 2020年8月30日 14:49
少し古いレグザに使用  5 2020年7月5日 04:15
コンパクトでよい  5 2020年5月14日 21:51
テレビの録画用で外付けHDD  5 2020年5月13日 15:53
外付けHDDケースの中ではかなり良い物だと思います  4 2020年2月29日 23:53
PS4外付け用  4 2020年2月29日 21:56
長期使用レビュー (追加2回目)  1 2020年2月25日 23:57
内蔵HDDが耳障りになってきたので  4 2020年2月18日 04:03
費用対効果が高い  5 2020年2月5日 02:19

LGB-EKU3 [ブラック]のレビューを見る(レビュアー数:25人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

LGB-EKU3 [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

LGB-EKU3 [ブラック]
ロジテック

LGB-EKU3 [ブラック]

最安価格(税込):¥1,872発売日:2018年 9月13日 価格.comの安さの理由は?

LGB-EKU3 [ブラック]をお気に入り製品に追加する <262

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
PayPayモール
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ハードディスク ケース]

ハードディスク ケースの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ハードディスク ケース)

ご注意