『AK380の正統派後継モデルといえる“ちょうどよい”製品』 Astell&Kern A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB] 野村ケンジさんのレビュー・評価

2018年10月20日 発売

A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]

  • オクタコアCPU搭載のハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー。前の画面に戻る「バーチャル・バック・キー」機能を新搭載。
  • 旭化成エレクトロニクスのDAC「AK4497EQ」をデュアル構成で搭載。PCM最大32bit/384kHzおよびDSD256のネイティブ再生を実現。
  • USB 3.0(Type-C)により、最大10Gbpsのファイル転送速度を実現。高速充電にも対応し、2時間の充電で最大約10時間の連続再生が可能。
A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥224,980

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥224,980

eイヤホン

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥224,980〜¥337,593 (17店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥224,980 〜 ¥249,980 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

記憶媒体:フラッシュメモリ/外部メモリ 再生時間:10時間 インターフェイス:USB2.0/Bluetooth/USB3.0 A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]の価格比較
  • A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]の店頭購入
  • A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]のスペック・仕様
  • A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]のレビュー
  • A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]のクチコミ
  • A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]の画像・動画
  • A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]のピックアップリスト
  • A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]のオークション

A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]Astell&Kern

最安価格(税込):¥224,980 (前週比:±0 ) 発売日:2018年10月20日

  • A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]の価格比較
  • A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]の店頭購入
  • A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]のスペック・仕様
  • A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]のレビュー
  • A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]のクチコミ
  • A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]の画像・動画
  • A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]のピックアップリスト
  • A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]のオークション

『AK380の正統派後継モデルといえる“ちょうどよい”製品』 野村ケンジさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:56件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールヘッドホンからホームシアター、音楽、クルマ関連などの記事を手がけるライター。専門誌やWEBサイトに寄稿するほか、TBSテレビ開運音楽堂やレインボータウンFMなどにもレギュラー出演させていただいてます。音元出版VGP、CDジャーナル・ヘッド…続きを読む

満足度5
デザイン4
携帯性5
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

AK380の正統派後継モデルといえる“ちょうどよい”製品

SP1000、SE100に対して小柄で持ち運びしやすいボディサイズ。

大きさも重さも、旧製品AK380に近いイメージ!?

電源ボタンがボリューム一体型から独立したものに変更された。

   

microSDカードスロットは底側に移動。カバーもなくなった。

   

輸入代理店から試聴機を1ヶ月ほど借用してのレビューです。
イヤホンはFitEar EST、ヘッドホンはFostex T50RP MK3gをメインに試聴しました。

【デザイン】
高級モデルの名に恥じない上質感漂うデザインです。凝ったデザインを採用していますので多少好き嫌いが分かれるかもしれませんが、細部の作り込みにもこだわった安っぽさ皆無の作りです。

【携帯性】
SP1000に対して、ディスプレイサイズが5インチから4.1インチに変更。ボディの素材もアルミへと変更されたため、重量も約203gと半分近くまで軽量化。そのおかげで、とても持ち運びしやすく、扱いやすくなりました。

【バッテリ】
約10時間の連続再生と、スペック的には必要充分なレベル。実際に1ヶ月ほど使ってみましたが、感覚的にはスペックに近い(やや劣る)くらいのバッテリーライフが確保されていました。

【音質】
高級モデルらしく質感の高いサウンド。全帯域でフォーカスがよく、細かいニュアンス表現までしっかりと伝わってきてくれます。また、SP1000に対しては音の密度感やエネルギー感がやや劣るものの、その分自然な音色だったりメリハリ表現が素直だったりで、逆にこちらの方が聴きやすい音だと感じました。

【操作性】
SP1000以降新しくなったUIは、見栄えはとても良いものの操作性はいまひとつ分かりづらい傾向があります。とはいえ、慣れてしまえば大変便利に使えますし、ホームボタンなど、歴代継承している操作性もあるので、これまでAK製DAPを使用したことがある人であれば、扱いにくいという印象は持たないはずです。
不満があるとすれば、SP1000では電源スイッチ一体型だったボリュームが採用されず、電源スイッチが普通のタイプになったことでしょうか。

【付属ソフト】
正確には付属ソフトとは違いますが、androidベースのOSは、特定の音楽ストリーミングサービスアプリをインストールできる「Open APP Service」機能を搭載するなど、幅広い活用ができるようになっています。

【拡張性】
SP1000からは比較デジタル出力や本体下部の専用端子などが省かれていますが、どちらもまず利用しないものなので不満は全くありません。

【総評】
SP1000に対して軽量コンパクトになり、とっても扱いやすくなりました。音質的には基礎体力面で劣る部分は見られますが、この扱いやすいサイズ感だけでも十分に魅力的といえます。事実上、こちらのほうがAK380の後継モデル、といえるのではないでしょうか。

比較製品
Astell&Kern > A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]
Astell&Kern

A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]

最安価格(税込):¥224,980発売日:2018年10月20日 価格.comの安さの理由は?

A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB [128GB]をお気に入り製品に追加する <27

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意