『美しさと走りと安全性に磨きがかかりました。』 アウディ A7 スポーツバック 2018年モデル 奈良の小仏さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > アウディ > A7 スポーツバック 2018年モデル

『美しさと走りと安全性に磨きがかかりました。』 奈良の小仏さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

A7 スポーツバック 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:66件
  • 累計支持数:239人
  • ファン数:2人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格3
美しさと走りと安全性に磨きがかかりました。

【エクステリア】
ワイドアンドローで流れるようなスタイリング、スポーティーさが立ち位置の車ですが、その流れを踏襲し正に「流麗」という言葉がぴったりの美しさです。最近のSUVブームとは反するかもしれませんがw私的には憧れます。
【インテリア】
シートの質感、ダッシュボード、ドアトリムなど特別仕様車ということもあってレザーの高級感が溢れています。
コックピットはレガシーメーターなどはなくなってタッチパネルとなっています。
ヴォイスコントロールも私のMY14のA6よりは遥かに広範囲となっており、目的地検索なども普通にしゃべるとグーグル検索で探してくれます。最後はパネルにタッチで決定するのですが。
【エンジン性能】
街中の流れのよい道の走行でしたが、全く静かです。3L340馬力だと当たり前ですが。
マイルドハイブリッドなので、アクセルを少し踏み込むとぐっと背中を押すGがかかります。これはモーターのアシストなのだと。トヨタのハイブリッドとは感覚が違います。
【走行性能】
あまり高速では走りませんでしたので詳しくは述べられませんが、アクセルのレスポンスはモーターアシストもあって敏感です。
直進性能、ハンドルの切れ申し分なし。
全車速追随のアダプティッククルーズコントロールは便利です。渋滞では前車に完全に追随して、前車が発進すれば自動的に発進します。時間が空くと、Automatic Go の表示が消えますのでその時は方向指示レバーを手前に引くと発進しますが、手間はかかりません。
【乗り心地】
255 40 20インチのタイヤですが静かです。路面の凹凸も旨くこなしています。ダンピングコントロールサスペンションがきいているのでしょう。
【燃費】
20分程度の試乗なので無評価とします。
【価格】
ちょっと高めかと思いますが、最近の車は電子部品が多く登載されていますので目に見えない部分に金がかかりますね。
【総評】
私的にはこういったスタイリングの車は好きですので、正しい方向に正常進化した姿と思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「A7 スポーツバック 2018年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

A7 スポーツバック 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

A7 スポーツバック
アウディ

A7 スポーツバック

新車価格帯:1083〜1090万円

中古車価格帯:590〜982万円

A7 スポーツバック 2018年モデルをお気に入り製品に追加する <14

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意