『買い替え成功』 CANON EOS R ボディ 大林 明さんのレビュー・評価

2018年10月25日 発売

EOS R ボディ

  • 新開発のレンズマウント「RFマウント」を採用した、約3030万画素の35mmフルサイズCMOSセンサー搭載ミラーレス一眼。
  • 「RFレンズ」との組み合わせにより、高画質で表現力豊かな撮影が可能。マウントアダプター(別売り)を装着すれば、従来のEFレンズやEF-Sレンズが使用できる。
  • 視野率約100%の高精細な電子ビューファインダー(EVF)を内蔵し、背面モニターはバリアングル式の3.15型液晶を備えている。
EOS R ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥163,979

(前週比:-2,176円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥164,468

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥157,850 (10製品)


価格帯:¥163,979〜¥296,036 (76店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥163,979 〜 ¥235,125 (全国710店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:3170万画素(総画素)/3030万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/36mm×24mm/CMOS 重量:580g EOS R ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品において、PTP通信とファームウエアアップデートに関する脆弱性が発表されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

  • EOS R ボディの価格比較
  • EOS R ボディの中古価格比較
  • EOS R ボディの買取価格
  • EOS R ボディの店頭購入
  • EOS R ボディのスペック・仕様
  • EOS R ボディの純正オプション
  • EOS R ボディのレビュー
  • EOS R ボディのクチコミ
  • EOS R ボディの画像・動画
  • EOS R ボディのピックアップリスト
  • EOS R ボディのオークション

EOS R ボディCANON

最安価格(税込):¥163,979 (前週比:-2,176円↓) 発売日:2018年10月25日

  • EOS R ボディの価格比較
  • EOS R ボディの中古価格比較
  • EOS R ボディの買取価格
  • EOS R ボディの店頭購入
  • EOS R ボディのスペック・仕様
  • EOS R ボディの純正オプション
  • EOS R ボディのレビュー
  • EOS R ボディのクチコミ
  • EOS R ボディの画像・動画
  • EOS R ボディのピックアップリスト
  • EOS R ボディのオークション

『買い替え成功』 大林 明さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS R ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:204人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
8件
216件
デジタルカメラ
5件
62件
レンズ
5件
17件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感5
買い替え成功
当機種RF35マクロ
当機種RF35マクロ
当機種EF-S 18-55 F4-5.6 STM

RF35マクロ

RF35マクロ

EF-S 18-55 F4-5.6 STM

当機種タムロン 28-300mm (A010)
当機種タムロン 28-300mm (A010)
当機種タムロン 28-300mm (A010)

タムロン 28-300mm (A010)

タムロン 28-300mm (A010)

タムロン 28-300mm (A010)

RF 24-240は、まだ買ってません。

口コミの方で書いた通り、盆休み前にタムロン28-300mmをファームアップをしてもらったところ、普通に使えたことと RF24-240の買うタイミングを逸したため(具体的には、一時キタムラ等で9万3千円で売ってたのに買わなかったら、価格が元に戻ってしまった)

と言っても、タムロン28-300mmは普通に使えており、不便は感じていないので、想定の価格まで下がるまで待つことにしました。RFマウントの純正レンズの方が画質もAF性能も高いと思うので買うのは決めてますが、10万円以上ってのはやはり躊躇しますよね。

念のため、タムロンは公式には28-300mmはEOS Rに適応しているとは言ってません。また、適応する予定も公表されていません。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□

以下、最初(4月30日)のレビュー

RF 24-240の発売発表が遅い為、とりあえず小さくて安い標準ズームを購入したので追加レビュー。投稿画像も2枚追加しました。

現時点で標準ズームと言えば、RF24-105がベストであり、ほぼこれしかない。
しかし、EOS 6Dでタムロン24-70(A007)を使っていたこともあり、重いレンズは使わなくなるのは分かっているので
買わずに待っているけど、まだ先のようなので、APS-Cのキットレンズ(中古美品)をキタムラで購入。ちなみに8千円。
EF24-105STM(中古美品で4万円台)も候補でしたが、RF24-240は購入予定なので、その間の繋ぎとしては安いことに越したことは無いため。

1)当然、マウントアダプター付けますが軽い。RF35マクロとほぼ同じですが、軽く感じる。
2)純正レンズのため、レンズ補正は全て可能。
3)撮影時に違和感なし。ただし、AFポイントサイズが多少大きくなる。(クロップ1.6倍の影響)
4)画素数が減る以外にデメリット無し。(約3010万画素→約1160万画素)。私にとって約1160万画素は、α7Sとほぼ同じため問題なし。

YoutubeでEF-Sレンズを使った時の注意点を見た上で買いました。
動画だけで言えば、APS-Cレンズの方がクロップの影響が小さい為、メリットみたいな話もあり。(ジェットダイスケさん)

コンパクトで軽いEF-Sレンズは繋ぎのレンズとして最高ですよ。って感想。しかも安く手に入る。

あとついでに書きますが、EOS Rに私が持っているタムロン28-300(A010)はまともに動きません。ファームアップしてもダメ。繋ぐと強制MFとなり、シャッターボタン押すとフリーズする。レンズ補正は全てOFF。これが使える予定で、RF24-240を待つつもりだったんだけど、うちのタムロン28-300は発売直後のモノだからか、うまくいかなかった。※他の人は使えているようなので、個体差や製造時期によって違うと言う意味です。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□

以下、最初(3月29日)のレビュー

α7Sを下取りに出して、EOS Rに買い替えしました。数年の歳月で色々と進化してます(メーカー違うけど)。
私が欲しい機能があり、その上でα7S以上の性能だと思います。

◎必要な機能
・サイレントシャッター
・AF低輝度合焦限界EV−6。 実際使ってみてα7Sより性能は良いと思います。
・低速限界シャッター速度設定。 6Dには有ったので欲しい機能でした。

◎機能・性能アップで満足した点
・タッチパネル操作。すでにパナソニックGX7mk2を持っているため、少しは慣れていたが、メニュー操作や再生時の拡大縮小など タッチパネルの使い勝手が良くなっていました。AFポイントが5655点と多いため、細かくポイントを選べるところも使い易い。

・Fvモード。Pモードなのに、必要なところ(絞り、SS、ISO)だけ設定変更できるみたいな便利な機能。

・RAW(CR3)のデータ容量が小さい。1200万画素のα7Sよりは増えるが、今主流の2400万画素のRAWよりは小さく、SDカードやHDDなどを気にせず保存できるところ。

・所有するカメラの中で一番多い画素数はEOS 6Dの2000万画素でしたが、さらにトリミング(切り抜き)してもタブレットやプリンター印刷でも十分な画素数となるところ。


△その他
・RFレンズが少ない。まずエントリーズームレンズを数本発売して欲しい。お店でRF35mmマクロを付けたEOS RPをさわってみたが、とても軽く使い易そうだったけど、やっぱり標準ズームが欲しいところ。24-240mmは開発発表されたが、それ以外のエントリーレンズはない(優先順位的に仕方ないけど)。24-85mmや28-70mmなどの焦点距離でコンパクトな標準ズームレンズが欲しいところ。ただし、ズームリングやフォーカスリングがスカスカの安物は要らない。できれば、コントロールリングやナノUSM付で発売して欲しいところ。ソニー SELP1650やオリンパス14-42mm EZのような電動ズームでコンパクトなら更にうれしい。

 EFレンズを装着するとマウントアダプターの分だけ大きく重くなるため、使いたくない。RFレンズが増えるのが待ち遠しい。なお、EF40STMは軽くてよかった。多少暗くてもマウントアダプター+EF40ぐらいのレンズも欲しいところ。

・液晶画面とEVFはかなり綺麗です。今まで所有したカメラで一番良い。

・バッテリーは必要十分だった。6Dと同じバッテリーが使えるのも選んだ理由。

・EOS RPの発売直前に購入したが、RPを選ばなかったのはバッテリー、シャッター、EVFの違い。購入後にRPをさわったがバッテリーさえ同じだったらRPの方が良かった気がした。

・コントロールリングには、露出補正を設定した。結構便利です。

・マルチファンクションバーは、使っていません。

◎総合感想
 α7Sを買った目的(機能)を満たし、タッチパネルがスマホ並みに便利で大満足です。操作方法が変わった為、1,2日は慣れが必要でした。また、高感度性能的には多少ノイズが増えていましたが、タブレットで見たり、印刷する分にはまったく問題ありません。なお、ソニーのαはレンズが高額になり、重くて大きい本格的なモノばかりになってしまい、維持できないと判断し、レンズも含めて下取りに出しました。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景

参考になった49人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感5
買い替え成功
当機種
当機種RF35マクロ
当機種EF-S 18-55 F4-5.6 STM

RF35マクロ

EF-S 18-55 F4-5.6 STM

RF 24-240の発売発表が遅い為、とりあえず小さくて安い標準ズームを購入したので追加レビュー。投稿画像も2枚追加しました。

現時点で標準ズームと言えば、RF24-105がベストであり、ほぼこれしかない。
しかし、EOS 6Dでタムロン24-70(A007)を使っていたこともあり、重いレンズは使わなくなるのは分かっているので
買わずに待っているけど、まだ先のようなので、APS-Cのキットレンズ(中古美品)をキタムラで購入。ちなみに8千円。
EF24-105STM(中古美品で4万円台)も候補でしたが、RF24-240は購入予定なので、その間の繋ぎとしては安いことに越したことは無いため。

1)当然、マウントアダプター付けますが軽い。RF35マクロとほぼ同じですが、軽く感じる。
2)純正レンズのため、レンズ補正は全て可能。
3)撮影時に違和感なし。ただし、AFポイントサイズが多少大きくなる。(クロップ1.6倍の影響)
4)画素数が減る以外にデメリット無し。(約3010万画素→約1160万画素)。私にとって約1160万画素は、α7Sとほぼ同じため問題なし。

YoutubeでEF-Sレンズを使った時の注意点を見た上で買いました。
動画だけで言えば、APS-Cレンズの方がクロップの影響が小さい為、メリットみたいな話もあり。(ジェットダイスケさん)

コンパクトで軽いEF-Sレンズは繋ぎのレンズとして最高ですよ。って感想。しかも安く手に入る。
EOS RPのバッテリーがEOS Kiss X9iや9000Dと同じLP-E17と言うのは、RFレンズが揃うまでEF-Sレンズを使って下さい。の意味もあったのかも等と勝手に妄想。

あとついでに書きますが、EOS Rに私が持っているタムロン28-300(A010)はまともに動きません。ファームアップしてもダメ。繋ぐと強制MFとなり、シャッターボタン押すとフリーズする。レンズ補正は全てOFF。これが使える予定で、RF24-240を待つつもりだったんだけど、うちのタムロン28-300は発売直後のモノだからか、うまくいかなかった。※他の人は使えているようなので、個体差や製造時期によって違うと言う意味です。

※注記(クロック時の画素数を正確な数値に修正しました)
 → 画像貼り付け忘れの為、再度修正しました。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□

以下、最初(3月29日)のレビュー

α7Sを下取りに出して、EOS Rに買い替えしました。数年の歳月で色々と進化してます(メーカー違うけど)。
私が欲しい機能があり、その上でα7S以上の性能だと思います。

◎必要な機能
・サイレントシャッター
・AF低輝度合焦限界EV−6。 実際使ってみてα7Sより性能は良いと思います。
・低速限界シャッター速度設定。 6Dには有ったので欲しい機能でした。

◎機能・性能アップで満足した点
・タッチパネル操作。すでにパナソニックGX7mk2を持っているため、少しは慣れていたが、メニュー操作や再生時の拡大縮小など タッチパネルの使い勝手が良くなっていました。AFポイントが5655点と多いため、細かくポイントを選べるところも使い易い。

・Fvモード。Pモードなのに、必要なところ(絞り、SS、ISO)だけ設定変更できるみたいな便利な機能。

・RAW(CR3)のデータ容量が小さい。1200万画素のα7Sよりは増えるが、今主流の2400万画素のRAWよりは小さく、SDカードやHDDなどを気にせず保存できるところ。

・所有するカメラの中で一番多い画素数はEOS 6Dの2000万画素でしたが、さらにトリミング(切り抜き)してもタブレットやプリンター印刷でも十分な画素数となるところ。


△その他
・RFレンズが少ない。まずエントリーズームレンズを数本発売して欲しい。お店でRF35mmマクロを付けたEOS RPをさわってみたが、とても軽く使い易そうだったけど、やっぱり標準ズームが欲しいところ。24-240mmは開発発表されたが、それ以外のエントリーレンズはない(優先順位的に仕方ないけど)。24-85mmや28-70mmなどの焦点距離でコンパクトな標準ズームレンズが欲しいところ。ただし、ズームリングやフォーカスリングがスカスカの安物は要らない。できれば、コントロールリングやナノUSM付で発売して欲しいところ。ソニー SELP1650やオリンパス14-42mm EZのような電動ズームでコンパクトなら更にうれしい。

 EFレンズを装着するとマウントアダプターの分だけ大きく重くなるため、使いたくない。RFレンズが増えるのが待ち遠しい。なお、EF40STMは軽くてよかった。多少暗くてもマウントアダプター+EF40ぐらいのレンズも欲しいところ。

・液晶画面とEVFはかなり綺麗です。今まで所有したカメラで一番良い。

・バッテリーはスペック的に不安がある。ただし、約2時間で300枚ほど桜を撮ったが半分も減らなかった(連写なし)。6Dと同じバッテリーが使えるのも選んだ理由。

・EOS RPの発売直前に購入したが、RPを選ばなかったのはバッテリー、シャッター、EVFの違い。購入後にRPをさわったがバッテリーさえ同じだったらRPの方が良かった気がした。

・コントロールリングには、露出補正を設定した。結構便利です。

・マルチファンクションバーは、イマイチ。何を選んだらよいのか、未だに分からない。

◎総合感想
 α7Sを買った目的(機能)を満たし、タッチパネルがスマホ並みに便利で大満足です。操作方法が変わった為、1,2日は慣れが必要でした。また、高感度性能的には多少ノイズが増えていましたが、タブレットで見たり、印刷する分にはまったく問題ありません。なお、ソニーのαはレンズが高額になり、重くて大きい本格的なモノばかりになってしまい、維持できないと判断し、レンズも含めて下取りに出しました。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景

参考になった14

満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感5
買い替え成功

RF 24-240の発売発表が遅い為、とりあえず小さくて安い標準ズームを購入したので追加レビュー。投稿画像も2枚追加しました。

現時点で標準ズームと言えば、RF24-105がベストであり、ほぼこれしかない。
しかし、EOS 6Dでタムロン24-70(A007)を使っていたこともあり、重いレンズは使わなくなるのは分かっているので
買わずに待っているけど、まだ先のようなので、APS-Cのキットレンズ(中古美品)をキタムラで購入。ちなみに8千円。
EF24-105STM(中古美品で4万円台)も候補でしたが、RF24-240は購入予定なので、その間の繋ぎとしては安いことに越したことは無いため。

1)当然、マウントアダプター付けますが軽い。RF35マクロとほぼ同じですが、軽く感じる。
2)純正レンズのため、レンズ補正は全て可能。
3)撮影時に違和感なし。ただし、AFポイントサイズが多少大きくなる。(クロップ1.6倍の影響)
4)画素数が減る以外にデメリット無し。(約3010万画素→約1160万画素)。私にとって約1160万画素は、α7Sとほぼ同じため問題なし。

YoutubeでEF-Sレンズを使った時の注意点を見た上で買いました。
動画だけで言えば、APS-Cレンズの方がクロップの影響が小さい為、メリットみたいな話もあり。(ジェットダイスケさん)

コンパクトで軽いEF-Sレンズは繋ぎのレンズとして最高ですよ。って感想。しかも安く手に入る。
EOS RPのバッテリーがEOS Kiss X9iや9000Dと同じLP-E17と言うのは、RFレンズが揃うまでEF-Sレンズを使って下さい。の意味もあったのかも等と勝手に妄想。

あとついでに書きますが、EOS Rに私が持っているタムロン28-300(A010)はまともに動きません。ファームアップしてもダメ。繋ぐと強制MFとなり、シャッターボタン押すとフリーズする。レンズ補正は全てOFF。これが使える予定で、RF24-240を待つつもりだったんだけど、うちのタムロン28-300は発売直後のモノだからか、うまくいかなかった。※他の人は使えているようなので、個体差や製造時期によって違うと言う意味です。

※注記(クロック時の画素数を正確な数値に修正しました)


■□■□■□■□■□■□■□■□■□

以下、最初(3月29日)のレビュー

α7Sを下取りに出して、EOS Rに買い替えしました。数年の歳月で色々と進化してます(メーカー違うけど)。
私が欲しい機能があり、その上でα7S以上の性能だと思います。

◎必要な機能
・サイレントシャッター
・AF低輝度合焦限界EV−6。 実際使ってみてα7Sより性能は良いと思います。
・低速限界シャッター速度設定。 6Dには有ったので欲しい機能でした。

◎機能・性能アップで満足した点
・タッチパネル操作。すでにパナソニックGX7mk2を持っているため、少しは慣れていたが、メニュー操作や再生時の拡大縮小など タッチパネルの使い勝手が良くなっていました。AFポイントが5655点と多いため、細かくポイントを選べるところも使い易い。

・Fvモード。Pモードなのに、必要なところ(絞り、SS、ISO)だけ設定変更できるみたいな便利な機能。

・RAW(CR3)のデータ容量が小さい。1200万画素のα7Sよりは増えるが、今主流の2400万画素のRAWよりは小さく、SDカードやHDDなどを気にせず保存できるところ。

・所有するカメラの中で一番多い画素数はEOS 6Dの2000万画素でしたが、さらにトリミング(切り抜き)してもタブレットやプリンター印刷でも十分な画素数となるところ。


△その他
・RFレンズが少ない。まずエントリーズームレンズを数本発売して欲しい。お店でRF35mmマクロを付けたEOS RPをさわってみたが、とても軽く使い易そうだったけど、やっぱり標準ズームが欲しいところ。24-240mmは開発発表されたが、それ以外のエントリーレンズはない(優先順位的に仕方ないけど)。24-85mmや28-70mmなどの焦点距離でコンパクトな標準ズームレンズが欲しいところ。ただし、ズームリングやフォーカスリングがスカスカの安物は要らない。できれば、コントロールリングやナノUSM付で発売して欲しいところ。ソニー SELP1650やオリンパス14-42mm EZのような電動ズームでコンパクトなら更にうれしい。

 EFレンズを装着するとマウントアダプターの分だけ大きく重くなるため、使いたくない。RFレンズが増えるのが待ち遠しい。なお、EF40STMは軽くてよかった。多少暗くてもマウントアダプター+EF40ぐらいのレンズも欲しいところ。

・液晶画面とEVFはかなり綺麗です。今まで所有したカメラで一番良い。

・バッテリーはスペック的に不安がある。ただし、約2時間で300枚ほど桜を撮ったが半分も減らなかった(連写なし)。6Dと同じバッテリーが使えるのも選んだ理由。

・EOS RPの発売直前に購入したが、RPを選ばなかったのはバッテリー、シャッター、EVFの違い。購入後にRPをさわったがバッテリーさえ同じだったらRPの方が良かった気がした。

・コントロールリングには、露出補正を設定した。結構便利です。

・マルチファンクションバーは、イマイチ。何を選んだらよいのか、未だに分からない。

◎総合感想
 α7Sを買った目的(機能)を満たし、タッチパネルがスマホ並みに便利で大満足です。操作方法が変わった為、1,2日は慣れが必要でした。また、高感度性能的には多少ノイズが増えていましたが、タブレットで見たり、印刷する分にはまったく問題ありません。なお、ソニーのαはレンズが高額になり、重くて大きい本格的なモノばかりになってしまい、維持できないと判断し、レンズも含めて下取りに出しました。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景

参考になった0

満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感5
買い替え成功
当機種
当機種RF35マクロ
当機種EF-S 18-55 F4-5.6 STM

RF35マクロ

EF-S 18-55 F4-5.6 STM

RF 24-240の発売発表が遅い為、とりあえず小さくて安い標準ズームを購入したので追加レビュー。投稿画像も2枚追加しました。

現時点で標準ズームと言えば、RF24-105がベストであり、ほぼこれしかない。
しかし、EOS 6Dでタムロン24-70(A007)を使っていたこともあり、重いレンズは使わなくなるのは分かっているので
買わずに待っているけど、まだ先のようなので、APS-Cのキットレンズ(中古美品)をキタムラで購入。ちなみに8千円。
EF24-105STM(中古美品で4万円台)も候補でしたが、RF24-240は購入予定なので、その間の繋ぎとしては安いことに越したことは無いため。

1)当然、マウントアダプター付けますが軽い。RF35マクロとほぼ同じですが、軽く感じる。
2)純正レンズのため、レンズ補正は全て可能。
3)撮影時に違和感なし。ただし、AFポイントサイズが多少大きくなる。(クロップ1.6倍の影響)
4)画素数が減る以外にデメリット無し。(3000万画素→約1000万画素)

YoutubeでEF-Sレンズを使った時の注意点を見た上で買いました。
動画だけで言えば、APS-Cレンズの方がクロップの影響が小さい為、メリットみたいな話もあり。(ジェットダイスケさん)

コンパクトで軽いEF-Sレンズは繋ぎのレンズとして最高ですよ。って感想。しかも安く手に入る。
EOS RPのバッテリーがEOS Kiss X9iや9000Dと同じLP-E17と言うのは、RFレンズが揃うまでEF-Sレンズを使って下さい。の意味もあったのかも等と勝手に妄想。

あとついでに書きますが、EOS Rに私が持っているタムロン28-300(A010)はまともに動きません。ファームアップしてもダメ。繋ぐと強制MFとなり、シャッターボタン押すとフリーズする。レンズ補正は全てOFF。これが使える予定で、RF24-240を待つつもりだったんだけど、うちのタムロン28-300は発売直後のモノだからか、うまくいかなかった。※他の人は使えているようなので、個体差や製造時期によって違うと言う意味です。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□

以下、最初(3月29日)のレビュー

α7Sを下取りに出して、EOS Rに買い替えしました。数年の歳月で色々と進化してます(メーカー違うけど)。
私が欲しい機能があり、その上でα7S以上の性能だと思います。

◎必要な機能
・サイレントシャッター
・AF低輝度合焦限界EV−6。 実際使ってみてα7Sより性能は良いと思います。
・低速限界シャッター速度設定。 6Dには有ったので欲しい機能でした。

◎機能・性能アップで満足した点
・タッチパネル操作。すでにパナソニックGX7mk2を持っているため、少しは慣れていたが、メニュー操作や再生時の拡大縮小など タッチパネルの使い勝手が良くなっていました。AFポイントが5655点と多いため、細かくポイントを選べるところも使い易い。

・Fvモード。Pモードなのに、必要なところ(絞り、SS、ISO)だけ設定変更できるみたいな便利な機能。

・RAW(CR3)のデータ容量が小さい。1200万画素のα7Sよりは増えるが、今主流の2400万画素のRAWよりは小さく、SDカードやHDDなどを気にせず保存できるところ。

・所有するカメラの中で一番多い画素数はEOS 6Dの2000万画素でしたが、さらにトリミング(切り抜き)してもタブレットやプリンター印刷でも十分な画素数となるところ。


△その他
・RFレンズが少ない。まずエントリーズームレンズを数本発売して欲しい。お店でRF35mmマクロを付けたEOS RPをさわってみたが、とても軽く使い易そうだったけど、やっぱり標準ズームが欲しいところ。24-240mmは開発発表されたが、それ以外のエントリーレンズはない(優先順位的に仕方ないけど)。24-85mmや28-70mmなどの焦点距離でコンパクトな標準ズームレンズが欲しいところ。ただし、ズームリングやフォーカスリングがスカスカの安物は要らない。できれば、コントロールリングやナノUSM付で発売して欲しいところ。ソニー SELP1650やオリンパス14-42mm EZのような電動ズームでコンパクトなら更にうれしい。

 EFレンズを装着するとマウントアダプターの分だけ大きく重くなるため、使いたくない。RFレンズが増えるのが待ち遠しい。なお、EF40STMは軽くてよかった。多少暗くてもマウントアダプター+EF40ぐらいのレンズも欲しいところ。

・液晶画面とEVFはかなり綺麗です。今まで所有したカメラで一番良い。

・バッテリーはスペック的に不安がある。ただし、約2時間で300枚ほど桜を撮ったが半分も減らなかった(連写なし)。6Dと同じバッテリーが使えるのも選んだ理由。

・EOS RPの発売直前に購入したが、RPを選ばなかったのはバッテリー、シャッター、EVFの違い。購入後にRPをさわったがバッテリーさえ同じだったらRPの方が良かった気がした。

・コントロールリングには、露出補正を設定した。結構便利です。

・マルチファンクションバーは、イマイチ。何を選んだらよいのか、未だに分からない。

◎総合感想
 α7Sを買った目的(機能)を満たし、タッチパネルがスマホ並みに便利で大満足です。操作方法が変わった為、1,2日は慣れが必要でした。また、高感度性能的には多少ノイズが増えていましたが、タブレットで見たり、印刷する分にはまったく問題ありません。なお、ソニーのαはレンズが高額になり、重くて大きい本格的なモノばかりになってしまい、維持できないと判断し、レンズも含めて下取りに出しました。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景

参考になった1

満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感5
買い替え成功
当機種
   

   

α7Sを下取りに出して、EOS Rに買い替えしました。数年の歳月で色々と進化してます(メーカー違うけど)。
私が欲しい機能があり、その上でα7S以上の性能だと思います。

◎必要な機能
・サイレントシャッター
・AF低輝度合焦限界EV−6。 実際使ってみてα7Sより性能は良いと思います。
・低速限界シャッター速度設定。 6Dには有ったので欲しい機能でした。

◎機能・性能アップで満足した点
・タッチパネル操作。すでにパナソニックGX7mk2を持っているため、少しは慣れていたが、メニュー操作や再生時の拡大縮小など タッチパネルの使い勝手が良くなっていました。AFポイントが5655点と多いため、細かくポイントを選べるところも使い易い。

・Fvモード。Pモードなのに、必要なところ(絞り、SS、ISO)だけ設定変更できるみたいな便利な機能。

・RAW(CR3)のデータ容量が小さい。1200万画素のα7Sよりは増えるが、今主流の2400万画素のRAWよりは小さく、SDカードやHDDなどを気にせず保存できるところ。

・所有するカメラの中で一番多い画素数はEOS 6Dの2000万画素でしたが、さらにトリミング(切り抜き)してもタブレットやプリンター印刷でも十分な画素数となるところ。


△その他
・RFレンズが少ない。まずエントリーズームレンズを数本発売して欲しい。お店でRF35mmマクロを付けたEOS RPをさわってみたが、とても軽く使い易そうだったけど、やっぱり標準ズームが欲しいところ。24-240mmは開発発表されたが、それ以外のエントリーレンズはない(優先順位的に仕方ないけど)。24-85mmや28-70mmなどの焦点距離でコンパクトな標準ズームレンズが欲しいところ。ただし、ズームリングやフォーカスリングがスカスカの安物は要らない。できれば、コントロールリングやナノUSM付で発売して欲しいところ。ソニー SELP1650やオリンパス14-42mm EZのような電動ズームでコンパクトなら更にうれしい。

 EFレンズを装着するとマウントアダプターの分だけ大きく重くなるため、使いたくない。RFレンズが増えるのが待ち遠しい。なお、EF40STMは軽くてよかった。多少暗くてもマウントアダプター+EF40ぐらいのレンズも欲しいところ。

・液晶画面とEVFはかなり綺麗です。今まで所有したカメラで一番良い。

・バッテリーはスペック的に不安がある。ただし、約2時間で300枚ほど桜を撮ったが半分も減らなかった(連写なし)。6Dと同じバッテリーが使えるのも選んだ理由。

・EOS RPの発売直前に購入したが、RPを選ばなかったのはバッテリー、シャッター、EVFの違い。購入後にRPをさわったがバッテリーさえ同じだったらRPの方が良かった気がした。

・コントロールリングには、露出補正を設定した。結構便利です。

・マルチファンクションバーは、イマイチ。何を選んだらよいのか、未だに分からない。

◎総合感想
 α7Sを買った目的(機能)を満たし、タッチパネルがスマホ並みに便利で大満足です。操作方法が変わった為、1,2日は慣れが必要でした。また、高感度性能的には多少ノイズが増えていましたが、タブレットで見たり、印刷する分にはまったく問題ありません。なお、ソニーのαはレンズが高額になり、重くて大きい本格的なモノばかりになってしまい、維持できないと判断し、レンズも含めて下取りに出しました。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景

参考になった24

 
 
 
 
 
 

「EOS R ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
カスタマイズすれば十分使い易い  4 2020年1月1日 11:49
絵は奇麗だが操作性がかなり悪い  3 2019年12月30日 17:10
評価が難しいカメラです  5 2019年12月22日 16:22
9000Dから  5 2019年12月14日 09:50
2台目のR  5 2019年12月10日 00:33
気持ち的には☆5つけたかったけと・・・  3 2019年12月3日 21:36
キャノンから脱皮できません。  4 2019年11月25日 13:27
ほぼ満足です  4 2019年11月17日 00:19
使ってみての感想  4 2019年11月7日 16:19
UI改善とRFマウントの充実を  5 2019年11月6日 20:56

EOS R ボディのレビューを見る(レビュアー数:136人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS R ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

EOS R ボディ
CANON

EOS R ボディ

最安価格(税込):¥163,979発売日:2018年10月25日 価格.comの安さの理由は?

EOS R ボディをお気に入り製品に追加する <2276

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意