『慣れれば、従来レフ機より圧倒的に快適です。』 CANON EOS R ボディ taichosanさんのレビュー・評価

EOS R ボディ

  • 新開発のレンズマウント「RFマウント」を採用した、約3030万画素の35mmフルサイズCMOSセンサー搭載ミラーレス一眼。
  • 「RFレンズ」との組み合わせにより、高画質で表現力豊かな撮影が可能。マウントアダプター(別売り)を装着すれば、従来のEFレンズやEF-Sレンズが使用できる。
  • 視野率約100%の高精細な電子ビューファインダー(EVF)を内蔵し、背面モニターはバリアングル式の3.15型液晶を備えている。
EOS R ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):¥174,500 (前週比:-500円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2018年10月25日

店頭参考価格帯:¥179,000 〜 ¥230,850 (全国709店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:3170万画素(総画素)/3030万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/36mm×24mm/CMOS 重量:580g EOS R ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • EOS R ボディの価格比較
  • EOS R ボディの中古価格比較
  • EOS R ボディの買取価格
  • EOS R ボディの店頭購入
  • EOS R ボディのスペック・仕様
  • EOS R ボディの純正オプション
  • EOS R ボディのレビュー
  • EOS R ボディのクチコミ
  • EOS R ボディの画像・動画
  • EOS R ボディのピックアップリスト
  • EOS R ボディのオークション

EOS R ボディCANON

最安価格(税込):¥174,500 (前週比:-500円↓) 発売日:2018年10月25日

  • EOS R ボディの価格比較
  • EOS R ボディの中古価格比較
  • EOS R ボディの買取価格
  • EOS R ボディの店頭購入
  • EOS R ボディのスペック・仕様
  • EOS R ボディの純正オプション
  • EOS R ボディのレビュー
  • EOS R ボディのクチコミ
  • EOS R ボディの画像・動画
  • EOS R ボディのピックアップリスト
  • EOS R ボディのオークション

『慣れれば、従来レフ機より圧倒的に快適です。』 taichosanさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:296人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
114件
PC用テレビチューナー
0件
15件
PCモニター・液晶ディスプレイ
3件
11件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
慣れれば、従来レフ機より圧倒的に快適です。
当機種RF50mmF1.2L USMは収差もなく素晴らしいレンズです。
当機種慣れてくれば流し撮りも。高速表示モードだと違和感少なくなります。
当機種RF20-105mmF4Lは期待以上の描写力。普段使いに最適です。

RF50mmF1.2L USMは収差もなく素晴らしいレンズです。

慣れてくれば流し撮りも。高速表示モードだと違和感少なくなります。

RF20-105mmF4Lは期待以上の描写力。普段使いに最適です。

動画撮影はしませんので、静止画のみでのレビューです。


【デザイン】
これまでのレフ機EOSのデザインを残しつつ、より精悍になった印象で好感が持てます。
ホールド感もちょうどよく、私としては大変気に入っています。


【画質】
フルサイズ機として十分かつきれいな画質と認識しています。
私は普段、RAW撮影→Light room現像なので、カメラ内の画像エンジンのパワーにそれほど依存してはいないのですが、RAWとしても非常に素性のいい扱いやすいデータだなと思っています。ノイズ除去もしやすいです。
JPEGとして出力される画像も文句ありません。いわゆるキヤノンらしい味付けです。


【操作性】
正直なところ、ボタンやダイヤル類のカスタマイズは必須です。
しかし、カスタマイズしたうえで使い慣れると非常に、いや極めて快適です。
従来の操作系では、EOS Rの機能を生かしきれないと思います。この思い切ったキヤノンの決断を私は高く評価したいと思います。
これになれてしまうと、従来のレフ機の操作系には戻りたくありません。
購入当初、これまで使っていたレフ機を手元に残しておこうかと思っていたのですが、混乱しそうなのと「戻りたくない」という気持ちが勝り、思い切ってすべて手放しました。

ちなみに、ボタンなどのカスタマイズは、
AF開始→ワンショット・サーボ切替、AFフレーム→AFフレーム中央戻し、動画撮影ボタン→絞り込み、マルチファンクションバー→AF方式選択、コントロールリング→ISO設定
を割り当てています。

メニューの設定は必要に応じ…というところですが、撮影の快適性を上げるため「撮影画像の確認」はOFFにしています。


【バッテリー】
持ちは確かにレフ機に比べれば悪いです。しかしレフ機と同じバッテリーなのですから仕方ありません。
私の場合、表示先をファインダーに指定し、マイメニューで必要な時にモニターと手動で切り替えるようにしました。そのせいかカタログスペックよりは全然持っています。100枚の撮影でインジケーターが1つ減るか減らないかです。連写を多用している場合などは200〜250枚くらいで1つ減るか減らないかです
モニターについては、従来のレフ機のように再生時のみ表示されるような設定が欲しいところです。


【携帯性】
レフ機に比べれば、全然いいです(笑
ホールド感や操作性を考えれば、妥当なものではないかと思います。


【機能性】
AFは非常にいいです。もうレフ機には戻れません。
精度・速さ・追従性・自由度、どれをとってもレフ機はかないません。ここまで凄いとは思っていませんでした。50mm F1.2開放の極薄ピントが気持ちいいくらいにジャスピンで決まります。
「顔+追尾優先」は非常に使えます。自動の顔認識もいいのですが、特定の被写体を指定して追尾させることができ、非常に重宝しています。この局面で「タッチ&ドラッグAF」がとてもいい仕事をしてくれます。サーボの精度も非常に高いです。
「瞳AF」はサーボでは使えないものの「コンティニュアスAF」では使えます。「コンティニュアスAF」をONにしておけば、1枚撮影であればサーボに近い使い勝手になり、非常に使いやすくなります。
ただ「コンティニュアスAF」はバッテリーを消耗しますので、マイメニューに登録してON・OFFを切り替えやすくしています。

ちなみにサーボAFは、被写体追従性 -1(粘る)、速度変化 +1、測距点乗り移り +1 にカスタマイズしています。

AEやAWSも優秀で、安定しています。

EOS Rの機能をフルに活かすのであれば、RFレンズの使用をお勧めします。EFレンズでも私が持っているレンズではAF速度や精度に全く問題なく、撮影に困ることはまずありません。ただEFレンズでは「高速表示」モードなどいくつかの機能が使えません。


<流し撮りについて>
もともと7D2を使っていたこともあり、動体ものもそれなりの頻度で撮影していました。
結論から言うと、これに関してはレフ機のほうが難易度は下がります。

ただ、RFレンズの「高速表示」を設定し、シャッタースピードや絞りなどの条件を守って撮影すれば、私的にはそれほどストレスにはなりませんでした。
またEFレンズでも慣れてくれば、言われているほどの違和感はなく撮影することができました。動体撮影時は「露出シミュレーション」はONにしておくことをお勧めします。
RFレンズで「高速表示」される設定を、カスタムモードに登録しておくと便利です。
AF精度が高いのでピンが来ない失敗はレフ機に比べ非常に少ないです。総じての歩留まりは、これまで使っていた7D2と同程度か若干少ないかな?というレベルです。

コマ数は、私の場合5〜6コマ/秒あれば十分。7D2の時は低速を7コマ/秒に設定して多用していました。10コマ/秒を使ったことは年に1回もありませんでした。


【液晶】
非常にきれいです。
EVFも、これまでOVFしか使ってこなかった私がそれほど違和感なく使えています。
事前に量販店で各メーカーのEVFを覗いてみましたが、その中で一番違和感なく使えたのがEOS Rでした。


【ホールド感】
レフ機のEOSを使い続けてきた私にとって、現状のフルサイズ一眼ミラーレス機の中では一番しっくりと来ました。


【総評】
発売から3か月ほど経過していますが、当初こちらでの評価が芳しくなく正直なところ二の足を踏んでいました。しかし「ニコン使いの知人」から「直接、使っている人から話聞くとと凄くいいみたいよ!」という話を聞き、購入に舵を切りました。
実際に使ってみて慣れてくると「もうレフ機には戻れない」というのが率直な感想。それほどまでに感じさせるカメラでした。
操作系が大きく変わったことで苦労されている方が多いようですが、カスタマイズをしたうえで慣れてくれば、こちらのほうが圧倒的に快適に感じるはずです。
非常に良いカメラだと思っています。



1/29追加:流し撮りについて加筆しました。
2/2追加:作例と一部記述を追加し、誤字等を修正しました。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった85人(再レビュー後:37人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
慣れれば、従来レフ機より圧倒的に快適です。

動画撮影はしませんので、静止画のみでのレビューです。


【デザイン】
これまでのレフ機EOSのデザインを残しつつ、より精悍になった印象で好感が持てます。
ホールド感もちょうどよく、私としては大変気に入っています。


【画質】
フルサイズ機として十分かつきれいな画質と認識しています。
私は普段、RAW撮影→Light room現像なので、カメラ内の画像エンジンのパワーにそれほど依存してはいないのですが、RAWとしても非常に素性のいい扱いやすいデータだなと思っています。ノイズ除去もしやすいです。
JPEGとして出力される画像も文句ありません。いわゆるキヤノンらしい味付けです。


【操作性】
正直なところ、ボタンやダイヤル類のカスタマイズは必須です。
しかし、カスタマイズしたうえで使い慣れると非常に、いや極めて快適です。
従来の操作系では、EOS Rの機能を生かしきれないと思います。この思い切ったキヤノンの決断を私は高く評価したいと思います。
これになれてしまうと、従来のレフ機の操作系には戻りたくありません。
購入当初、これまで使っていたレフ機を手元に残しておこうかと思っていたのですが、混乱しそうなのと「戻りたくない」という気持ちが勝り、思い切ってすべて手放しました。

ちなみに、ボタンなどのカスタマイズは、
AF開始→ワンショット・サーボ切替、AFフレーム→AFフレーム中央戻し、動画撮影ボタン→絞り込み、マルチファンクションバー→AF方式選択、コントロールリング→ISO設定
を割り当てています。

メニューの設定は必要に応じ…というところですが、撮影の快適性を上げるため「撮影画像の確認」はOFFにしています。


【バッテリー】
持ちは確かにレフ機に比べれば悪いです。しかしレフ機と同じバッテリーなのですから仕方ありません。
私の場合、表示先をファインダーに指定し、マイメニューで必要な時にモニターと手動で切り替えるようにしました。そのせいかカタログスペックよりは全然持っています。100枚の撮影でインジケーターが1つ減るか減らないかです。連写を多用している場合などは200〜250枚くらいで1つ減るか減らないかです
モニターについては、従来のレフ機のように再生時のみ表示されるような設定が欲しいところです。


【携帯性】
レフ機に比べれば、全然いいです(笑
ホールド感や操作性を考えれば、妥当なものではないかと思います。


【機能性】
AFは非常にいいです。もうレフ機には戻れません。
精度・速さ・追従性・自由度、どれをとってもレフ機はかないません。ここまで凄いとは思っていませんでした。50mm F1.2開放の極薄ピントが気持ちいいくらいにジャスピンで決まります。
「顔+追尾優先」は非常に使えます。自動の顔認識もいいのですが、特定の被写体を指定して追尾させることができ、非常に重宝しています。この局面で「タッチ&ドラッグAF」がとてもいい仕事をしてくれます。サーボの精度も非常に高いです。
「瞳AF」はサーボでは使えないものの「コンティニュアンスAF」では使えます。「コンティニュアンスAF」をONにしておけば、1枚撮影であればサーボに近い使い勝手になり、非常に使いやすくなります。
ただ「コンティニュアンスAF」はバッテリーを消耗しますので、マイメニューに登録してON・OFFを切り替えやすくしています。

ちなみにサーボAFは、被写体追従性 -1(粘る)、速度変化 +1、測距点乗り移り +1 にカスタマイズしています。

AEやAWSも優秀で、安定しています。

<流し撮りについて>
もともと7D2を使っていたこともあり、動体ものもそれなりの頻度で撮影していました。
結論から言うと、これに関してはレフ機のほうが難易度は下がります。

ただ、RFレンズの「高速表示」を設定し、シャッタースピードや絞りなどの条件を守って撮影すれば、私的にはそれほどストレスにはなりませんでした。
またEFレンズでも慣れてくれば、言われているほどの違和感はなく撮影することができました。動体撮影時は「露出シミュレーション」はONにしておくことをお勧めします。
AF精度が高いのでピンが来ない失敗はレフ機に比べ非常に少ないです。総じての歩留まりは、これまで使っていた7D2と同程度が若干少ないかな?というレベルです。


【液晶】
非常にきれいです。
EVFも、これまでOVFしか使ってこなかった私がそれほど違和感なく使えています。
事前に量販店で各メーカーのEVFを覗いてみましたが、その中で一番違和感なく使えたのがEOS Rでした。


【ホールド感】
レフ機のEOSを使い続けてきた私にとって、現状のフルサイズ一眼ミラーレス機の中では一番しっくりと来ました。


【総評】
発売から3か月ほど経過していますが、当初こちらでの評価が芳しくなく正直なところ二の足を踏んでいました。しかし「ニコン使いの知人」から「直接、使っている人から話聞くとと凄くいいみたいよ!」という話を聞き、購入に舵を切りました。
実際に使ってみて慣れてくると「もうレフ機には戻れない」というのが率直な感想。それほどまでに感じさせるカメラでした。
操作系が大きく変わったことで苦労されている方が多いようですが、カスタマイズをしたうえで慣れてくれば、こちらのほうが圧倒的に快適に感じるはずです。
非常に良いカメラだと思っています。



1/29追加:流し撮りについて加筆しました。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった24

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
慣れれば、従来レフ機より圧倒的に快適です。

動画撮影はしませんので、静止画のみでのレビューです。


【デザイン】
これまでのレフ機EOSのデザインを残しつつ、より精悍になった印象で好感が持てます。
ホールド感もちょうどよく、私としては大変気に入っています。


【画質】
フルサイズ機として十分かつきれいな画質と認識しています。
私は普段、RAW撮影→Light room現像なので、カメラ内の画像エンジンのパワーにそれほど依存してはいないのですが、RAWとしても非常に素性のいい扱いやすいデータだなと思っています。ノイズ除去もしやすいです。
JPEGとして出力される画像も文句ありません。いわゆるキヤノンらしい味付けです。


【操作性】
正直なところ、ボタンやダイヤル類のカスタマイズは必須です。
しかし、カスタマイズしたうえで使い慣れると非常に、いや極めて快適です。
従来の操作系では、EOS Rの機能を生かしきれないと思います。この思い切ったキヤノンの決断を私は高く評価したいと思います。
これになれてしまうと、従来のレフ機の操作系には戻りたくありません。
購入当初、これまで使っていたレフ機を手元に残しておこうかと思っていたのですが、混乱しそうなのと「戻りたくない」という気持ちが勝り、思い切ってすべて手放しました。

ちなみに、ボタンなどのカスタマイズは、
AF開始→ワンショット・サーボ切替、AFフレーム→AFフレーム中央戻し、動画撮影ボタン→絞り込み、マルチファンクションバー→AF方式選択、コントロールリング→ISO設定
を割り当てています。

メニューの設定は必要に応じ…というところですが、撮影の快適性を上げるため「撮影画像の確認」はOFFにしています。


【バッテリー】
持ちは確かにレフ機に比べれば悪いです。しかしレフ機と同じバッテリーなのですから仕方ありません。
私の場合、表示先をファインダーに指定し、マイメニューで必要な時にモニターと手動で切り替えるようにしました。そのせいかカタログスペックよりは全然持っています。100枚の撮影でインジケーターが1つ減るか減らないかです。
モニターについては、従来のレフ機のように再生時のみ表示されるような設定が欲しいところです。


【携帯性】
レフ機に比べれば、全然いいです(笑
ホールド感や操作性を考えれば、妥当なものではないかと思います。


【機能性】
AFは非常にいいです。もうレフ機には戻れません。
精度・速さ・追従性・自由度、どれをとってもレフ機はかないません。ここまで凄いとは思っていませんでした。50mm F1.2開放の極薄ピントが気持ちいいくらいにジャスピンで決まります。
「顔+追尾優先」は非常に使えます。自動の顔認識もいいのですが、特定の被写体を指定して追尾させることができ、非常に重宝しています。この局面で「タッチ&ドラッグAF」がとてもいい仕事をしてくれます。サーボの精度も非常に高いです。
「瞳AF」はサーボでは使えないものの「コンティニュアンスAF」では使えます。「コンティニュアンスAF」をONにしておけば、1枚撮影であればサーボに近い使い勝手になり、非常に使いやすくなります。
ただ「コンティニュアンスAF」はバッテリーを消耗しますので、マイメニューに登録してON・OFFを切り替えやすくしています。

ちなみにサーボAFは、被写体追従性 -1(粘る)、速度変化 +1、測距点乗り移り +1 にカスタマイズしています。

AEやAWSも優秀で、安定しています。


【液晶】
非常にきれいです。
EVFも、これまでOVFしか使ってこなかった私がそれほど違和感なく使えています。
事前に量販店で各メーカーのEVFを覗いてみましたが、その中で一番違和感なく使えたのがEOS Rでした。


【ホールド感】
レフ機のEOSを使い続けてきた私にとって、現状のフルサイズ一眼ミラーレス機の中では一番しっくりと来ました。


【総評】
発売から3か月ほど経過していますが、当初こちらでの評価が芳しくなく正直なところ二の足を踏んでいました。しかし「ニコン使いの知人」から「直接、使っている人から話聞くとと凄くいいみたいよ!」という話を聞き、購入に舵を切りました。
実際に使ってみて慣れてくると「もうレフ機には戻れない」というのが率直な感想。それほどまでに感じさせるカメラでした。
操作系が大きく変わったことで苦労されている方が多いようですが、カスタマイズをしたうえで慣れてくれば、こちらのほうが圧倒的に快適に感じるはずです。
非常に良いカメラだと思っています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった24

 
 
 
 
 
 

「EOS R ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
評価が難しいカメラです  5 2019年7月15日 20:56
皆さんが酷評する理由  4 2019年7月10日 18:22
創意工夫でモータースポーツ  5 2019年6月25日 13:12
手になじむ大きさで、使いやすいです。  5 2019年6月22日 15:48
ソニーα7Vからの買い増しです  4 2019年6月19日 20:22
運動会で突然・・・  1 2019年6月17日 23:58
所持していて楽しいカメラ  5 2019年6月13日 23:22
ミラーレスの新たなコンセプト・新たな価値観  5 2019年6月4日 21:50
素晴らしい!  5 2019年5月23日 22:02
とってもお行儀の良いという印象  5 2019年5月22日 23:18

EOS R ボディのレビューを見る(レビュアー数:109人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

EOS R ボディ
CANON

EOS R ボディ

最安価格(税込):¥174,500発売日:2018年10月25日 価格.comの安さの理由は?

EOS R ボディをお気に入り製品に追加する <2065

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意