『濃密な音に包まれて』 SONY MDR-Z7M2 DKbloodさんのレビュー・評価

2018年10月 6日 発売

MDR-Z7M2

  • 大口径70mm振動板により、生演奏を聴いているような自然な響きを再生するヘッドホン。ドームを大型化、形状を最適化し、中低音域の表現がクリアに。
  • フィボナッチパターングリルの採用により、ハイレゾ音源の忠実な再生を実現。重低音のリズムを正確に再現する「ビートレスポンスコントロール」機能を搭載。
  • 着脱式ケーブルでバランス接続にも対応し、さまざまな機器と接続して高音質を楽しめる直径4.4mmバランス標準プラグを採用。
MDR-Z7M2 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥64,980

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥64,980

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥64,980〜¥85,313 (38店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥65,936 〜 ¥71,280 (全国41店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜100kHz ハイレゾ:○ MDR-Z7M2のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MDR-Z7M2の価格比較
  • MDR-Z7M2の店頭購入
  • MDR-Z7M2のスペック・仕様
  • MDR-Z7M2のレビュー
  • MDR-Z7M2のクチコミ
  • MDR-Z7M2の画像・動画
  • MDR-Z7M2のピックアップリスト
  • MDR-Z7M2のオークション

MDR-Z7M2SONY

最安価格(税込):¥64,980 (前週比:±0 ) 発売日:2018年10月 6日

  • MDR-Z7M2の価格比較
  • MDR-Z7M2の店頭購入
  • MDR-Z7M2のスペック・仕様
  • MDR-Z7M2のレビュー
  • MDR-Z7M2のクチコミ
  • MDR-Z7M2の画像・動画
  • MDR-Z7M2のピックアップリスト
  • MDR-Z7M2のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

MDR-Z7M2のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:72人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
スマートフォン
2件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止2
携帯性1
濃密な音に包まれて

2019年四月に購入してから三ヶ月ほど経過後のレビューになります。
接続対象はSonyのNW-ZX300に付属のバランスケーブルにてハイゲイン出力しています。
eイヤホンなどで何度か実機試聴を繰り返し、オープンエアーなど他のヘッドホンなどとも比較をしながら最終的にこれに決定しました。
実家住まいの身なのでオープンエアーヘッドホンでリスニングすると音漏れが激しく弟妹から苦情が寄せられるのも理由の一つです。

【デザイン】
外見は非常に重厚感を強烈に放つ高級な品格を感じます。ハウジング部分はざらざらとしており、Sonyのロゴは鈍く光っています。
あまり鋭く輝く銀色よりも濁らせることで全体的な色合いに溶け込んでいるふうです。

【高音】
悪くは無いと思いますが、逆手に取れば悪くはないという評価に留まります。あと一歩抜けて欲しいところまで届かないと言いますか、逆上がりを出来ない小学生男子がもう少しで一回転できそうなのに惜しいところまで来て回りきれない具合と言えば良いでしょうか。
ヴァイオリンを聴いてみた感想ですが、音の広がり、高音の伸びがもどかしい。演奏しているコンサートホールの舞台から続けてS席、二階部分のA席があるとして、私がその音の波を視覚的に捉えることができたなら、A席には届いているがやや遠いという印象を受けるような――具体性に欠ける比喩ですが、聴いている私にはそんな感覚が湧いてきます。

【低音】
通常の状態では弱いです。イコライザーで低音だけ突出して高く設定してあります。
ですが弱いというだけで、強化さえしてやれば音質自体は悪くないように思います。低音・高音域よりも中音域の輪郭がくっきりとしたヘッドホンなので、この点にはあまり期待しない方が良いでしょう。

【フィット感】
この点は完璧です。試聴の時から本当に聴覚へマスキングを施したかのように聞こえなくなるような遮音能力に惹かれました。
フィット感は強いのですが側圧が強烈なわけではなく、しっかりと耳を包み込むようにハウジングが傾くようです。
この遮音が濃厚な音の再現に大きく貢献しているのは間違いありません。

【音漏れ】
自宅用なのでそれほど気にしたことはありませんが、冒頭で記した通り家族に被害が及ばないことも考慮しこの製品を選んだので遮音性を確認してみました。どうやら、装着時はやや漏れる程度です。
問題は外した際の音の大きさです。スピーカーで流しているの同義です。装着時に普通だと思って聞いていた音量が外してみて初めてその大きさを知り、私の耳に未来はあるのだろうかと少し不安がよぎりました。

【携帯性】
携帯性の項目を設けるのは愚行かと思いましたが一応。携帯するつもりはありませんし、電車内でも外でも使おうとは思いません。ケーブルは太くハウジングも大きく邪魔ですし、もしかすると他者の迷惑になるかも知れません。もし外で使用している人がいれば嘲笑せざるを得ません。自己満足か、と。付属のアンバランスケーブルに関してはテレビ接続用なのか3mほどの長さがあります。

【総評】
私にとってはこれが最も高額なヘッドホンですし、買って良かったと思える満足感を得られています。何より音の再現度。細かい音まで蔑ろにせず、一つ一つの粒を拾い上げる丁寧な音はリスニングの高尚さを一段階引き上げてくれます。デザインも堅剛かつ鈍重な質量を目に覚えさせてくれるので眺めていても楽しいです。
普段はバランスで音楽のみの用途なのですが、以前にPS4で「Fate/Stay night Heaven's Feel T Presage flower」のブルーレイ鑑賞する際に使用してみました。始めはゼンハイザー、HD599を使い、その後このヘッドホンに変更してみたのですが、イコライザーを強化していないのにも関わらず重厚な低音が戦闘シーンを引き立て、耳元を這うような中音域によってボーカルがすぐ傍にあり、それぞれのキャラクターの声音がくっきりと聞こえます。ゼンハイザーのものよりも音が全体的に近い。音場の広さというよりは高濃度な音に陶酔させられる感じでしょうか。
とにもかくにも一度試聴していただくのが良いと思います。家電量販店ではほとんどショーケースに入っており試聴が難しい場合があるので、eイヤホンなど試聴機をそのまま置いている店舗へ行くのが良いかと思います。

主な用途
音楽
映画
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「MDR-Z7M2」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
いわゆる今風の音  4 2019年11月3日 07:39
TA-ZH1ESのメインパートナーとして  5 2019年9月20日 23:52
リラックスホン  5 2019年9月13日 17:12
バランス駆動で本領発揮したようです  4 2019年8月15日 17:23
濃密な音に包まれて  4 2019年7月16日 16:45
快適なリスニング用ヘッドホン  5 2019年6月22日 13:53
バランスの良いヘッドホン  4 2019年6月13日 19:45
初めてのヘッドフォン  5 2019年1月24日 14:57
音質は先代『Z7』装着感や外観は『Z7M2』  4 2019年1月18日 16:35
全体域解像度高くきれいに聴こえます!  5 2019年1月12日 18:11

MDR-Z7M2のレビューを見る(レビュアー数:23人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

MDR-Z7M2のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

MDR-Z7M2
SONY

MDR-Z7M2

最安価格(税込):¥64,980発売日:2018年10月 6日 価格.comの安さの理由は?

MDR-Z7M2をお気に入り製品に追加する <229

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意