『大口径ドライバーによるエアー感が持ち味』 SONY MDR-Z7M2 鴻池賢三さんのレビュー・評価

2018年10月 6日 発売

MDR-Z7M2

  • 大口径70mm振動板により、生演奏を聴いているような自然な響きを再生するヘッドホン。ドームを大型化、形状を最適化し、中低音域の表現がクリアに。
  • フィボナッチパターングリルの採用により、ハイレゾ音源の忠実な再生を実現。重低音のリズムを正確に再現する「ビートレスポンスコントロール」機能を搭載。
  • 着脱式ケーブルでバランス接続にも対応し、さまざまな機器と接続して高音質を楽しめる直径4.4mmバランス標準プラグを採用。
MDR-Z7M2 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥66,366

(前週比:-2,034円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥66,366

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥66,366〜¥85,313 (37店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥71,000 〜 ¥82,300 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜100kHz ハイレゾ:○ MDR-Z7M2のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MDR-Z7M2の価格比較
  • MDR-Z7M2の店頭購入
  • MDR-Z7M2のスペック・仕様
  • MDR-Z7M2のレビュー
  • MDR-Z7M2のクチコミ
  • MDR-Z7M2の画像・動画
  • MDR-Z7M2のピックアップリスト
  • MDR-Z7M2のオークション

MDR-Z7M2SONY

最安価格(税込):¥66,366 (前週比:-2,034円↓) 発売日:2018年10月 6日

  • MDR-Z7M2の価格比較
  • MDR-Z7M2の店頭購入
  • MDR-Z7M2のスペック・仕様
  • MDR-Z7M2のレビュー
  • MDR-Z7M2のクチコミ
  • MDR-Z7M2の画像・動画
  • MDR-Z7M2のピックアップリスト
  • MDR-Z7M2のオークション

『大口径ドライバーによるエアー感が持ち味』 鴻池賢三さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

MDR-Z7M2のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

大口径ドライバーによるエアー感が持ち味

装着イメージ

装着イメージ(側方から)

質感のご参考に

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
A&Ultima SP1000と組み合わせ、ハイレゾ音源で試聴しました。

【デザイン】
ボリュームのある堂々としたシルエットです。
ヘッドバンド部は上質な革風素材、ステーとハウジングは金属素材で、価格に見合う高級感を備えています。
ステーの延長線上にケーブルを接続する構造で、流れるようなシルエットは好感が持てます。

【高音の音質】
全体的に腰高で、僅かながら子音が引っ掛かるような刺激を覚えます。例えば、女性ボーカルはニュートラルよりもクールな印象。高域が引っ張っているのかもしれません。
とは言え解像感が高く、ハイレゾらしいエアー感は楽しいものです。

【低音の音質】
リズムのはっきりした曲は、ややブーミーでどこかの帯域が抜けているような印象を受けます。。ダフト・パンクのフラグメンツ・オブ・タイムは、音が繋がらず今ひとつ気持ち良く浸れません。
一方、クラシックはスケールの大きな低域が好相性で、ホールの雰囲気も感じ取れます。ジャズ系も空気感、ライブ感が良いですね。総じてアコースティク系の音楽を長時間楽しまれる方に適していると思います。

【フィット感】
340gでやや重量感があります。
パッドは3D形状で厚みがあり、可動部の設計も適正で、フィット感は良好です。

【外音遮断性】【音漏れ防止】
密計型アラウンドイヤーヘッドホンとしては標準的な範疇ですが、やや遮音性が高く感じます。

【携帯性】
ハウジングはボリュームがあり、また、折り畳みもできず、携帯性はあまり考慮されていません。ホーム用ですね。

【総評】
SP1000だとアンプのパワーが足りない感もありました。ZX300クラス以上のプレーヤーとバランス接続、あるいはホーム用のハイパワーなアンプを組み合わせると、また違った印象かもしれません。
大きさ、重さ、折り畳み不可など、ポータブルにも不向きな要素も多く、ホーム用として検討をお薦めします。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「MDR-Z7M2」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
快適なリスニング用ヘッドホン  5 2020年2月5日 10:11
いわゆる今風の音  4 2019年11月3日 07:39
TA-ZH1ESのメインパートナーとして  5 2019年9月20日 23:52
リラックスホン  5 2019年9月13日 17:12
バランス駆動で本領発揮したようです  4 2019年8月15日 17:23
濃密な音に包まれて  4 2019年7月16日 16:45
バランスの良いヘッドホン  4 2019年6月13日 19:45
初めてのヘッドフォン  5 2019年1月24日 14:57
音質は先代『Z7』装着感や外観は『Z7M2』  4 2019年1月18日 16:35
全体域解像度高くきれいに聴こえます!  5 2019年1月12日 18:11

MDR-Z7M2のレビューを見る(レビュアー数:23人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

MDR-Z7M2のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

MDR-Z7M2
SONY

MDR-Z7M2

最安価格(税込):¥66,366発売日:2018年10月 6日 価格.comの安さの理由は?

MDR-Z7M2をお気に入り製品に追加する <233

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ViiBee
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意