IER-M9 レビュー・評価

2018年10月 6日 発売

IER-M9

  • バランスド・アーマチュア・ドライバー5基がそれぞれの役割を持ち、補完し合う新しいマルチBAシステムを搭載したイヤホン。
  • ツイーターの振動板にはマグネシウム合金を採用することでクリアな音質を再現。音の透明度を高めるマグネシウムインナーハウジングを採用。
  • 新開発プリフォームドイヤーハンガーで素早く装着できる。13種類のイヤーピース、ハードケース、独自設計のシリコン製ケーブルホルダーが付属。
IER-M9 製品画像
最安価格(税込):

¥135,876

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥135,876¥149,600 (28店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥149,600 〜 ¥149,600 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:バランスド・アーマチュア型 再生周波数帯域:5Hz〜40kHz ハイレゾ:○ IER-M9のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • IER-M9の価格比較
  • IER-M9の店頭購入
  • IER-M9のスペック・仕様
  • IER-M9のレビュー
  • IER-M9のクチコミ
  • IER-M9の画像・動画
  • IER-M9のピックアップリスト
  • IER-M9のオークション

IER-M9SONY

最安価格(税込):¥135,876 (前週比:±0 ) 発売日:2018年10月 6日

  • IER-M9の価格比較
  • IER-M9の店頭購入
  • IER-M9のスペック・仕様
  • IER-M9のレビュー
  • IER-M9のクチコミ
  • IER-M9の画像・動画
  • IER-M9のピックアップリスト
  • IER-M9のオークション

満足度:4.49
(カテゴリ平均:4.26
レビュー投稿数:23人 (プロ:1人 試用:2人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.41 4.18 144位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.71 4.15 53位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.40 4.13 121位
フィット感 装着したときのフィット感など 4.58 4.08 54位
外音遮断性 外の音を遮断するか 4.62 3.81 14位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 4.65 3.78 17位
携帯性 コンパクトさ 4.24 3.82 165位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

IER-M9のレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

きのねこさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:113人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
7件
0件
イヤホン・ヘッドホン
5件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4

WALKMAN ZX-300とSONY XBA-N1をバランス接続して音楽を楽しんでいましたが、ひょんなことからこのIER-M9を手に入れました。
XBA-N1のころから引き続きZX-300と純正バランスケーブルでバランス接続をして楽しんでいます。
またイヤーピースは付属ではなく低反発タイプのSONY ノイズアイソレーションイヤーピースに変更しています。
よく聴くジャンルはJ-POPやジャズです。
【デザイン】
よくあるイヤモニらしいシェイプを基調にしつつ、SONYらしく現代的にまとまっていると思います。
カーボン製のプレートも上質でカッコいいです。カーボン調ではなくリアルカーボンが用いられていて、安っぽさはなくこのクラスにふさわしい上質な雰囲気となっています。
またマグネシウム製のハウジングもマットな結晶塗装がされカメラのような落ち着いた雰囲気となっています。
艶消しなので汚れが目立ちにくいのもポイント。指紋や脂汚れが目立ちにくく機能性にも優れていると思います。
【高音の音質】
高解像で気持ちよくはじけます。
シンバルの音など粒立ちがよく解像度が高い感じで立体感もあり聴いていて気持ちが良いです。
解像度は高いものの刺さることはなく聴き疲れは個人的にはしにくいと感じました。
【低音の音質】
モニターイヤホンとはいえ割としっかり目に出る感じです。
BA機ですがリスニング向けのダイナミック機ほどの迫力はないもののノリがよくかつ解像度の高い低音です。ダイナミック機的な温かさのようなものはなく冷静な低音といえばわかりやすいでしょうか。
個人的にはゴリゴリ出る感じの低音より音のエッジがわかるような低音が好みなのでこのチューニングはいですね。
【フィット感】
かなり良いです。耳にしっかり合わせれば口を開けたりしてもしっかり耳の穴についてきてくれます。
ただしイヤーピースの合わせはシビアな印象です。私は低反発が好みなので付属は使わず、前述のノイズアイソレーションイヤーピースを使っています。付属品でもたくさんのサイズのものがありますのでいろいろ変えてみてぴったり合うものをじっくり探すのがベストだと思います。
ちなみにノイズアイソレーションイヤーピースは付属のトリプルコンフォートより低音が出る印象です。
【外音遮断性】
イヤピをしっかり合わせればかなりあります。
ノイキャンイヤホンのような作られたような静寂感はないですが音楽流し始めたら周りの音はほぼわからなくなります。
【音漏れ防止】
こればっかりは自分ではわかりませんが普通の音量で聞いていれば漏れることはないと思います。
【携帯性】
付属のケースの出来がとても良いです。ケーブルをきれいにまとめてしっかりとしまうことができます。また天板も金属製で頑丈です。
とても出来の良いケースですがちょっと大きいのが難点かな。あとほかのケーブルとかを入れるところがないのもしいて言えば難点かもしれません。
【総評】
音はもちろん、使い勝手もよいよくできたイヤホンだと思います。
上に項目がなかったのでここに書きますが、ケーブルもよくできています。
しなやかでタッチノイズがかなり少ないです。クリップを使わなくてもほとんど気にならない感じです。また耳掛け部も適度な柔らかさでフィットさせやすく眼鏡をかけていても干渉する感じはありません。やわらかいのでちょっと絡みやすい気もしますがいうほど絡みやすくもないです。
純正キンバーなども使ってみたい気もしますが付属ケーブルの出来がよく取り回しが良いのでケーブルはしばらくこのままでいいかな。リケーブルするにもまたお金かかりますしね。
フラットを基調としつつノリの良い優等生なイヤホンだと思います。モニター系の楽しいイヤホンが好きな方はぜひ一度…

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

mokogenさん

  • レビュー投稿数:70件
  • 累計支持数:312人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
32件
11件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
9件
6件
ネットワークオーディオプレーヤー
1件
9件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止無評価
携帯性4

2021/11月購入。
以来メインイヤホンとして活躍しています。

【デザイン】
IEMらしいデザインは気に入っています
ケーブルの耐久性が気になっていますが
今のところ問題なく使えております

【高音の音質】
少し抑えめのチューニングなのでしょうか
でも自分にはちょうどよい感じです

【低音の音質】
低音の量感が多いのが当機の特徴ではないでしょうか
少しボワついてるところもありますが、量感たっぷりです

【フィット感】
2種類のイヤーピースが付属。
自分はハイブリッドイヤーピースを装着しています

【外音遮断性】
ほとんど聞こえません

【音漏れ防止】
無評価、たぶん漏れていないと思います

【携帯性】
付属のケースはちょっと入れずらいですが、
コンパクトなので★4つ

【総評】
旧型になってしまいましたが、WM1A/WM1Zによく合います

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Uehara課長さん

  • レビュー投稿数:197件
  • 累計支持数:1141人
  • ファン数:12人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
126件
1180件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
26件
244件
デジタル一眼カメラ
1件
55件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

KANN ALPHAに4.4mmバランス接続

PRENUE Lに4.4mmバランス接続

超絶便利な付属ケースとケーブルホルダー

購入年月日:2021年10月8日
購入方法:Amazon


久しぶりにソコソコ高級な有線イヤホンを購入しました。
化粧箱が大きく、セット内容がとても充実しています。
しかも、其が機能的に配置されて、後々の整理や保管、フィッティングがし易いです。

付属イヤーピースのサイズが多く、新品を購入すればコレ1つでバランス接続出来て、フィッティングも完璧。
余程の事が無い限り買い足す必要性を感じません。

主にPRENUE L、KANN ALPHA、Cayin N6U tiで使っています。
N6U tiは現在初期不良で販売店に返送してますので、写真は撮れませんでした。

※購入直後の印象です。


【デザイン】

パッと見は黒一色の地味なデザインですが、高級機種らしく各部分の仕上げは素晴らしく、合わせ目の段差も無くて実に高精度に造られています。

自分が感心したのは付属の携帯ケースとケーブルホルダー。
本当に良く考えられていて、他の有線イヤホンでは社外品を使う事が殆どですが、今回は此を常用する事にしました。


【高音の音質】【低音の音質】

モニターイヤホンらしく、低音域から高音域まで、全体的にほぼフラット。音のモニタリングには最適な機材ですね。
人によっては抑揚感のない退屈な音と感じる方が居るかもしれません。しかし自分にはリスニングにも充分に使える素晴らしい機材だと思っています。

【フィット感】

この項目は特に素晴らしいです。
自分の小さな外耳道の場合、トリプルコンフォートイヤピースのSでドンピシャ、不自然に耳の外に出っ張る事もなく、筐体全体で耳の中に蓋をする様な装着感になります。

社外品のイヤピも取り付けしやすいですね。
自分は眼鏡常用者ですが、眼鏡のツル部分に変に干渉する事は一切ないです。ケーブルのイヤーフックが適度に柔らかく、絶妙な形状で耳掛けもし易いです。


【外音遮断性】【音漏れ防止】

どちらもカナル型イヤホンとしては平均点でしょう。

【携帯性】

専用で高級感の高いケースが付属してます。
中にはコレまた専用のケーブルホルダーが入っていてコレも非常に良く考えられています。

【総評】

最初はM7と少し迷ったのですが、此方の方が高音域の解像度が高いと様です。
今回も何時もの如く未試聴での購入。店頭でM7と比べたりもしてませんが、懐に余裕の有る方は此方を選んだ方が満足度は高いと思います。

※暫く聴き込んだ後再レビューします。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kaki0724さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:76人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
5件
イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
スマートフォン
1件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

【デザイン】
ハウジングはマグネシウムでとても剛性感があります!
【高音の音質】
透明感があり、とても解像感溢れる高音域になっています!
【低音の音質】
モニターイヤホンなので低域にはあまり期待はしていませんでしたが、意外と奥深い低音が出ており驚きました!
【フィット感】
元々はステージ上で使用するイヤホンなので装着感はとても良いです!
【外音遮断性】
IEMなのでイヤホン単体でも遮音性はかなりありますが、付属のトリプルコンフォートイヤーピースを付けるとさらに向上します!
【音漏れ防止】
第三者からの立場でないと分からないのですが、音漏れは少なめだと思います!
【携帯性】
付属のコンパクトにまとめられるケーブルホルダーやハードケースも付属しているので持ち歩きやすい物になっていると思います!
【総評】
コンサートホールの特等席で聴いているような音質とデザイン、ハードケースなど全てにおいて自分の予想を上回ってきました!
全体的に買ってとても満足度が高いイヤホンでした!
また、360 Reality Audio認証機種なので先進の立体音響もこのイヤホンで体感出来るのでとても臨場感も楽しめるイヤホンとなっています!

主な用途
音楽
映画
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

時空一元さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
151件
ニンテンドーDS ソフト
0件
14件
プレイステーション3(PS3) ソフト
0件
9件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

このIER-M9は、2年以上使用していますが、要するに、アーティスト等がステージで使用する「モニター」として作られたもののようです。
音の分解能が高く、原音忠実再現を至上命題として、大歓声やブーストされたスピーカーからの大音量の中での外音遮断性が高めで、公演中にアーティストの耳を害する音圧の負荷を抑える・・・と、そんな目的で作られた「イヤー・モニター」。

その目的からすると、世界最高峰クラスなのではないかと思います。
スタジオ用ヘッドホンの世界シェアを握るSONYらしいプロ用商品だと思いました。

イヤーピースは、トリプルコンフォート系とハイブリッド系とが付属していますが、少し、音も違って聞こえるような気もします。私は、前者を基本としていますが。

一般の音楽愛好者の場合には、高解像ばかりのバランスト・アーマチュアのドライバ・ユニットでは低音がつまらないという人も少なくないでしょう。
ステージ上で使うならば、これは最高の部類でしょうけれど、それ以外の一般用途に使う場合は、本当に自分の好みに見合った価格なのか、各自が視聴する必要がある個性的商品だと思います。
ハイレゾ嗜好の方には良い選択肢かと思いますが。




主な用途
音楽
接続対象
その他

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

マイヨ・ジョーヌさん

  • レビュー投稿数:62件
  • 累計支持数:238人
  • ファン数:14人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
39件
イヤホン・ヘッドホン
4件
32件
レンズ
9件
25件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4
 

DAP+イヤホン一部

PHA-3での4.4mmシングルバランス化

 

当初IER-Z1R購入を目的に、店舗へ試聴へ伺いました。
候補に挙げていたのは、
(1)Sony IER-Z1R
(2)Shure SE846
(3)Campfire Audio Andromeda2020
当て馬的に、IER-M9を試聴した結果、一番好みということで購入して愛用してます。

私の好みから順位をつけるとすると、以下のようになります。
(1)Sony IER-M9
(2)Campfire Audio Andromeda2020
(3)Shure SE846
(4)Sony IER-Z1R

購入時、イヤホンはSonyのXBA-Z5とXBA-H3を所有。ヘッドホンは、SonyのMDR-Z7を所有と言う感じでした。
音楽鑑賞の環境は、自宅内はSonyのWM1Z、外出時はSonyのWM1Aと使い分けて、パソコン(MacBook Pro)を使うときはSony PHA-3を4.4mmバランス化した状態で楽しんでおります。

中学生当時、バンドを組んでてシンセサイザーを弾いていて、現在はギター(エレキ)もやっています。
XBA-Z5試聴購入時は、その音の量感や低音の厚みに魅了して購入したのですが、数年経過したのと新たに音楽を演奏する熱が再燃したことによって、楽器演奏の生々しさを再現できるような音を求めるようになりました。

XBA-Z5は、今でもたまにリズミカルなダンスナンバーを聴きたいときは取り出して使ってます。ただ、低音が強すぎるなぁとか、しっかり楽器演奏の一音一音を聞き取りたい時には不向きとの結論です。

IER-M9は、高解像度で高音(High)がサスティナブルで、全く刺さらず煌びやかに再現してくれます。エレキギターの1弦のチョーキングなんかもとても綺麗に鳴らしてくれます。かと言ってパワーコードのブリッジミュートやベースラインも綺麗になります。

また、中音域も量感豊かです。

低音域が乏しいとは言いませんが、モニター系のイヤホンとは思えないくらい綺麗に鳴らします。Z5、H#、Z1Rと比べるとタイトにしまった低音です。

私にとっては、最高にバランスが取れているイヤホンだと思って楽しんでます。

外音遮断性は、私にとってはShure SE846とほぼ同等くらい確保できています。通勤時、電車内で音楽に没頭したい時にとても気に入ってます。

私にとって、色々な趣味がある中、楽器の演奏と音楽鑑賞は、かなり重要度の高い趣味なのでイヤホンやヘッドホンに好みはあってもどれが良いもので、どれが良くないものと位置づけ評価をしたくないなと考えてます。
それそれの機種には、作り手の考えがあって、個性があると思っていますので、自分の気分に変えて機種を変えて楽しむようにしてます。

結果的には稼働率という意味で、屋内ではMDR-Z1Rが多く、外出時はIER-M9が最近は多いです。
なお、先ほど申した通り、それぞれ個性やキャラクターが違うため、それらを楽しむ意味でShure SE846以外の機種は購入して所有してしまいました。

比較製品
SONY > MDR-Z1R
SONY > IER-Z1R
Campfire Audio > ANDROMEDA 2020 CAM-5492
主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

水和物さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン4
高音の音質1
低音の音質2
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

私の環境
iPhone→PHA-2A→IER-M9

【外装、素材】
カッターでゴリゴリ削れた。

【音質】
iMac Proのスピーカー以下。

【総評】
いらね。

主な用途
音楽
ゲーム
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった19人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

MR.dark sideさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性3

再生機器:NW ZX-300 バランス接続
音楽ファイルは基本的にFLACです。主に聴く曲はMr.Children,Queen,映画のサウンドトラックなどです。
【デザイン】
完璧です。一般的なイヤーモニターのフォルムに寄せつつソニー独特の近未来的なフォルムで非常にカッコいいです。個人的にカーボンもいい味出してると思います。
【高音の音質】
自分が所有しているxba-a3と比べると残響感がややなくなり適切に伸びるようになりました。また、音の分離感が良いのでクラシックなどを聞いていても非常に高音の聞き分けがしやすいです。
【低音の音質】
xba-a3と比べると低音は出なくなりましたが、今までが若干出過ぎているなとも感じていたので適切な量になったのではないでしょうか。
【所有しているxba-a3との比較】
ボーカルはa3に比べると遠くなったように感じます。逆にa3を使っているときボーカルが遠いなと感じていたのでなおさらm9の方が遠く感じます。音の聞こえ方はa3がボーカルと音楽を若干分離しつつ頭の中心にまとめて投げつけてくるような感じでしたか、m9は耳の周辺で全ての帯域をフラットにして鳴らしてくれています。a3は主観的に音楽が聞けて、m9は客観的に音楽が聞けます。(抽象的すぎてすいません。)
【フィット感】
すごく良いです。まるで自分の耳に合わせて作ったのかのように耳に吸いつきます。ちなみに付属のハイブリッドイヤーピースLを使っています。
【外音遮断性】
完璧です。危ないくらい外の音が聞こえません。
【音漏れ防止】
無評価
【携帯性】
携帯用のケースが付いていますが表面が金属なので傷がつきそうであまり持ち運びたくはないです。また、13万円もする物なので盗難が心配です。
【総評】
とても良いイヤホンだと思います。音はBA機ですがダイナミックに近いです。今までのソニーのイヤホンに比べると大人しめなので実際に試聴することをお勧めします。どんな曲でも鳴らせるオールマイティなイヤモニなのではないでしょうか。初めてレビュー書いたので至らない点があったら申し訳ありません。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

jazz_さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:97人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
17件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
4件
イヤホン・ヘッドホン
4件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
   

WM1イコライザ

   

Sony XBA-Z5から買い増し
長くZ5のダイナミックの豊穣な低音
広い音場で楽しんでいましたが

新作が出たということで視聴
最近の機種がどれも納得できなかったが
圧倒的な解像度に思わずこの
IER-M9 を購入
BAが5機のモニターサウンドということで
基本的にフラットに低音から中音ー高音ー超高音と
どの音域も綺麗になっていると思います。
なかでも中音の綺麗さは秀逸でギターなどの弦楽器や
ピアノは聞いているだけで聞き惚れます。

低音はZ5に比べると当然下がでていないわけですが
モニターということですべてが均一になるようにチューニングされている事がわかり

プレイヤーWM1のイコライザーをいじってみました。
いわゆるドンシャリタイプの"W"字や"M"字などにすると
SONYらしい迫力ある音質と広い音場に。

なるほどフラットとはこういうことかと感心します。
5BAで全音域が綺麗に出ていますので
自分の好きな音域をいじって一番いいポジションを楽しむのも楽しいです。


遮音性はSONY製としては最も高く
トリプルコンフォートなら電車でも快適に聞けます
またステージでの使用も考慮されているという事で
装着感も優れていて即座にベストスポットに取り付けられるのも素晴らしい。
Z5と比べてもここも非常に良かったポイントです。

イコライザーと併用すれば欠点は感じられず
イコライザーをいじりながら自分がどんな音傾向が好きか楽しんでいます。


もちろんXBA-Z5のダイナミックの低音もある意味究極だと思うので併用したいと思います。

-------------------------------------------------------
追記 リケーブル

視聴環境
WM1ーキンバー純正ーIER-M9ートリプルコンフォート

しばらくエージング(バーンイン)を進める

低音がかなり出てきているので
イヤーピースをひと昔前のSONYノイズアイソレーションイヤーピースに変えて見ると

包まれるような低音に
刺激を抑えて美しい高音
広がる音場

イコライザーは全て均一にした方が心地よく...

もちろんイコライザーで好みの値にすることもできますが、随分これまでと印象が変わります。

SONYノイズアイソレーションって一世代前のハイブリッドにスポンジのやつですよ。もう廃番ですよね。
もっとストック買っておけば良かった。
イヤーピースはこれが一番気に入りました。
ぜひお試しあれ。

現時点で一番気に入ったイヤホンの音になってきています。

-------------------------------------------------------
追記
再生200時間超経過で変化があったので再度
追記

・キンバーケーブル
低音がでてきて迫力と臨場感が素晴らしい
低音から超高音まで広い音場の中で広がる
ここまでかという解像度の高さ
視聴感としてとてもフラットに感じる。

ただし長時間はやや聴き疲れするか

・付属ケーブル
とても静かななかに広がる音の空間表現
高音がとても綺麗に
響きと余韻が増してきて
音に艶があるように感じてくる
もちろん絹の軽さもあり
取り回しと装着感も最高。

何かに似ていると感じていたが
SACDやDSDの密度感と鳴らし方に似ている気がする

いつまででも聴いて入られて
聴き疲れが皆無。

迫力を増すなら少しだけ低音をあげてあげるといいかもしれません。
(ただし少し聴き疲れは出てきます)


SONY製のケーブルだけで
大きく変化があり
同じイヤホンかというくらい
印象が変わります。

特に付属ケーブルの変化は凄く好ましい音に
なって来ました。


-------------------------------------------------------
追記 再生200時間



どういった印象で聴きたいかで使い分けても良いかもしれません。

なお下記のバーンインを利用すると
音の詰まりのように感じていたものが取れ
より音の広がりを感じるようになりました。

https://www.audiocheck.net/testtones_highdefinitionaudio.php


改めてとても良いイヤホンだと思います。



-------------------------------------------------------
追記 再生260時間

購入当初より全体にやわらかい、まろやかな
音質になってきたように感じます。
キンバーケーブル利用でもやわらかく聞き疲れはなくなりました。
気のせいかもと思いますが、XBA-Z5でも同じ状況があったので
時間経過で音の硬さのようなものはとれてくるのかもしれません。

また添付の写真のようにイコライザ位置を変えてあげると
リスニング上も心地よく、これまでのSONYのリスリングイヤホンらしい
ビート感や心地よさも感じます。

完全にフラットで全音域が均一な音量に感じるので
違和感を感じる人や、迫力不足と思う場合はぜひためしてみるとおもしろいかもしれません。

またフラットならではの心地よさもあり
最近のSONYのWALKMANなどではプリセットしておけるので

末永くいろいろ楽しめると思います。

外に持ち歩いてもBA機ならではの遮音性がとても高く
通勤でも静かななかで良い音が聞けて心地よくストレス軽減できます
このへんは初めてSHUREの高価格帯イヤホンを試して以来です。

これまでいろいろイヤホンもためして来ましたが
このイヤホンが自分には一番合っているようです。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった24人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

茶屋 甘味処さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:135人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
10件
19件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
0件
デジタルオーディオプレーヤーアクセサリ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

比較対象
XBA-Z5 (所有)
MDR-EX1000 (所有・生産終了品のため音質比較のみ)
IER-Z1R (試聴)
IER-M7 (試聴)

接続機器 (すべての比較対象への接続方法です)
NW-ZX300 アンバランス接続
SU-AX01 アンバランス接続 

各種音質設定
NW-ZX300
DSEE HX スタンダード
DCフェーズリニアライザー タイプA standard
ダイナミックノーマライザー OFF
バイナルプロセッサー スタンダード

SU-AX01
K2 ON

再生曲
初音ミクシンフォニー〜Miku Symphony 2018-2019 オーケストラ ライブ  たいせつなこと
東方フィルハーモニー交響楽団6 風 フォールオブフォール
「テイルズ オブ オーケストラコンサート2017 feat. テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」コンサートアルバム  Journey's End
ブラームス:交響曲第3番 梅田俊明(指揮) 仙台フィルハーモニー管弦楽団 第299回定期演奏会
ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調 作品90 IV.Allegro

追記 装着イヤーピース
全機種ハイブリッドイヤーピース

【デザイン】
IER-M9以前の飛び出し形状では無いために、目立たなくとてもいいと思います。
デザインも、奇抜なAndromeda等の目立つ色合いではないので、いいですね。
まさに機能美です!IER-M7と比べてしまうとIER-M9はカーボン素材でギザギザがついているので人によってはダサっとか思われるかもしれませんね。
ですが、ウェブ上の見た目よりもカーボン素材がカッコいいので私としてはIER-M7よりも好きです。

【高音の音質】
Sony現行モデルの中で一番いいと思います。
特にIER-M7と比べるとボーカルが一歩引いた音に感じられますが、実際ライブに行ってもそのように感じるのでボーカル重視ならばIER-M7がおすすめでは?と思います。
あとはIER-M7とは高音の伸びが違うことですねスーパートゥイーター搭載のために天井の高さや伸びやかさが全然違います。
XBA-Z5の場合低音が持ち味で味が出ていたのですが、SU-AX01等のパワーのあるアンプを使わないと中高音どこ?
みたいな状態になっていて、さらに私の場合だとアウトドア(電車内だとか)でNW-ZX300にXBA-Z5を接続して使用するとただでさえNW-ZX300で中高音が出てない?のにアウトドアのせいで中高音が減衰されて余計微妙な音になっていたのでIER-M9はNW-ZX300でもよく聞こえ、遮音性も高いために減衰されないと、完璧です。
ちょっと話はIER-M9からずれてしまいますが、IER-Z1Rの場合MDR-EX1000のシンバルの粗さ・曲が濃くなると途端に悪くなる。(再生曲で言うと、シンバルはJourney's End , 曲が濃くなるはたいせつなことのサビ部分です)を見事に引き継いでいて耳が死ぬ・もしくは頭が痛くなります(白目)
XBA-Z5以降のアルミコートLCP搭載モデルは全てこの傾向ですので迷走中?と思ったりしています。

【低音の音質】
IER-M7と比べるとスーパートゥイーター搭載のためにIER-M9は若干中高音域にフォーカスが当たっているように見えます。
低音が欲しくてボーカルも欲しいならばIER-M7がおすすめでしょうか?
XBA-Z5の場合は沈みこむ低音でズーンッという感じがありましたが、リバーブがある曲(ホールが大きい曲)だとズーンッーと長く尾を引いてしまっていたのでIER-M9の量はXBA-Z5と比べ絶対的に減っていますが、質は若干IER-M9が上なのでは?と感じます。

【フィット感】
XBA-Z5比だとXBA-Z5は重心が偏っていたために、アウトドアで使うとどうしても耳が疲れてしまっていたのですが、
IER-M9はステージモニターのためか長時間つけていても(1時間以降くらい?)大丈夫なのでとてもいいと思います。
IER-M7と比べるとIER-M7はドライバー数が減っているのでIER-M9より装着感がいいという考えがあってもいいと思います。
(私の場合はどこかに接触していたのか見事に痛くなりましたが)

【外音遮断性】
かなり遮音すると思います。
ただし、声や鳴き声(動物・人間)だとかなり貫通して聞こえてきます。

【音漏れ防止】
全然漏れていません。
どこでも使えます。

【携帯性】
こちらはXBA-Z5等の耳掛けとは違って、耳に挿し込んでケーブルをかけるとすぐに安定するので文句なしの星5です。

【総評】
最後に騒音計(THANKORAMA11O08)で、スポンジ部分取り外しイヤーピースとマイク部分をくっつけて
「たいせつなこと」の最大音量を測定しました。
NW-ZX300 アンバランス接続 音量 85 各種音質設定 上記と同じ
最大音量 85.7dbA

以上でレビューを終わらせてもらいます。
個人の評価ですので、話半分に信じてもらえれば・・・

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった22人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ボダバカさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:74人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
3件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性3

Z1Rが届いて1週間経ったので、現時点での感想を報告させていただきます。
プレーヤーはWM1Zで、Z1Rは付属のバランスケーブル、本品はキンバーバランスです。

確かにZ1Rはすごいと思います。

ビートルズのペニーレイン、ベンチャーズの10番街の殺人、喜多郎のシルクロード、ピエールブーレーズ指揮のメシアンのクロノクロミー、ゲオルグショルティ指揮のベヒチ、いずれもこんな音が入っていたのかと感動しました。

ところが、最近のライブ音源を聴くとサ行が刺激的で、
ボーカルのボディが薄っぺらに感じます。

具体的には、TOTOの40周年記念ライブ、リッチー・ブラックモアのレインボウライブ、Charのロック+イブです。
これらの録音ではボーカルのサ行が強調されすぎるのと、
エレキギターの4弦と5弦のハイポジションの中音のつややかさが再現されないのが残念です。

ロック+イブではCharの息子のジェシーとの親子共演があり、結構好きな曲です。
舞台が暗転してジェシーが登場するまでの間、
Charがボリュームをしぼってストラトで軽いフレーズをつま弾いています。
ところが、Z1Rでは高音しか聞こえずあまり存在感がありません。
一方、M9ではしっかり聞こえるので、こういう音源にはだんぜん向いていると思います。

結論です。

M9はどんな音源でも音楽の本質を過不足無く誇張すること無く伝えてくれます。
Z1Rはオーケストラや弦楽器、金管楽器、古いポビュラー音源の再生には最強のデバイスだと思います。

Z1Rを最初に聞いたときには、
M9を売っぱらおうかと思いましたが、
いやいや、まてまて・・

どちらも、
作り手の思いを感じることのできる製品です。







主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった32

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドローずさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:94人
  • ファン数:0人
満足度3
デザイン3
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

今回、eイヤホン秋葉原店で試用させて頂きました。
接続は hiby r6ss
音源は 山下達郎の「クリスマス・イブ」FLAC

【デザイン】
悪くないと思います。
ギラギラした派手なデザインではなく、マットな黒にカーボンプレートというシンプルさ。

かなり現場での使用を想定して練られたデザインかと思います。
フィット感も含めて非常に無駄がないです。

ですが、かっこよくは無いです。

【高音の音質】
むらがなく、刺激も少なく、程よく伸びる高音域です。
クリスマス・イブの特徴的なバックで鳴るキーボードが浮かびあがってきます。
ハイハットはもう少しニュアンスがつくように刺激がほしいので個人的にはマイナス。

とにかく刺激は少なく繊細な高音ですので、クリアーではありますがモニターライク。
楽しむための高音ではないですね。

【低音の音質】
質感の良い低音が魅力的です。
バスドラムの深さはそれ程ですが、広がりがあります。
音源にもよるでしょうが、力強さを感じる低音。
アタックはありますが圧迫するような暑苦しさは感じません。
ですが、ダイナミック型ほどの分厚く深い低音ではないので注意。

【フィット感】
とても良いです。
現場での仕様を想定したモデルとしては、EX850stやEX1000が既存でありましたが比べ物にならないくらいこちらのほうが良いです。

ピッタリと張り付くような感じではなく、適度にゆとりを持ちながらすっぽりと耳に収まります。

【外音遮断性】
程よい遮音性ではあります。

つまり現場だと少し遮音が足りないのでは?と思います。

【総評】

良く出来た製品と思います。
ですが10万円を超す強気な価格設定は良くも悪くもSONYだな…と少々がっくり。

10万円を超すBA製品では、campfire audioのandromedaやwestoneのW60、W80などがあります。

このIER-M9はそういったコンシューマ向けの音楽を楽しむ製品では無いとは分かってますが
それでももう少し音を良くできなかったのか…と。

コストパフォーマンス的にもあまりよろしくないと思います。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kodawarinさん

  • レビュー投稿数:69件
  • 累計支持数:409人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
15件
5件
レンズ
8件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
5件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
   

芯抜きComply+SpinFit

   

まず最初に私の音の好みをヘッドホンで紹介すると、様々な遍歴を経てモニター機DT1990Proを終着点にして愛用しています。
イヤホンは、高価なモデルでは、IE 800, XELENTO REMOTE, MASON, ANDROMEDA, SE846等を聴いてきました。自分の好みではBAの音になじめず、ダイナミックのみでは物足らずで、低音が強めのXBA-Z5を愛用していました。音楽を楽しむという点ではとても良いモデルでしたが、遮音性と音漏れが悪く、外で使えないのが悩みでした。
そこに出てきたモニターイヤホンIER-M9。たまたまなじみのショップに状態の良い中古が安価で新着販売されたので即購入しました。


【デザイン】
地味ですが、カーボン調のプレートが良い感じで好きです。

【高音の音質】
解像度の高い高音域が良く出ています。子音が刺さるようなことはありません。
自作のオーグラインPtリケーブルで聴くと、より透明感が高く輝きます。
付属の純正ケーブルの方が高音域はやや落ち着き、こちらの方が自然かもしれません。

【低音の音質】
Z5に比べると量感は少ないですが、タイトな低音がしっかりと出ています。
自分は、最初の写真のように、芯を抜いたComplyにSpinFitを重ねたイヤピースを愛用しています。このイヤピースの入れ具合によって、低音がかなり変わります。強く押し込んで密閉すると低音が痩せるので、かるく音道が鼓膜の方に向くように入れるとしっかりとした低音が聴けます。

【フィット感】
自分の耳の大きさに筐体が良くあっていて、ぴったりとフィットします。

【外音遮断性】
とても良いです。装着していると電話の呼び出し音も聞き逃します。

【音漏れ防止】
とても良いです。通常の使用で音漏れはないでしょう。

【携帯性】
付属のケースは大きいので、百均で買ったポーチに、ケーブルと本体を収納しています。

【総評】
自分がこれまで苦手にしてきたBA独特の音の癖?を全く感じません。解像度が高く、低域から広域までバランスの良い音質、優れた遮音性、と自分の好みを全て満たしたイヤホンです。
購入当初はあまり使用されていなかったようで音が硬質な印象でしたが、使い込むにつれてより豊かな音を聴くことができて満足しています。
「付属のケーブルの質が良くない」との噂も聞いていましたが、イヤホンの特性に合わせた良いケーブルだと思います。

問題は価格です。私は10万円よりかなり下で買えたので良かったですが、発売当初の販売価格は高すぎます。BAドライバの自社製造など開発費がかかっていることは理解できますが、実売価格が下がっているのは妥当だと思います。8万円台ならば文句なしに素晴らしいイヤホンだと思います。

比較製品
SONY > XBA-Z5
主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

てんだらーずさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4
 

 

【デザイン】デザインは、良いと思います。でもカーボンプレートは、凄く安っぽいです。

【高音の音質】いたって普通の高音です。刺さりもなく良いのですがまったくインパクトのない高音です。


【低音の音質】ここは、微妙ですね。しっかり出てますがZ5見たいに凄く下から出る低音じゃないです。

【フィット感】まずまずです。イヤーピース次第ですね

【外音遮断性】ほとんど周りの音は、聞こえないです。

【音漏れ防止】漏れないと思います。

【携帯性】塗装がZ5とにてますので必ずケースに入れて携帯した方が良いと思います。多分ぶつけるとすぐ剥げると思います。

【総評】今、まだ使用して1ヶ月位なんで何とも言えないですけど12万も出すほどのイヤホンでは、なかったです。自分は、いたって普通でした。まぁ、ステージモニターなんで音の方向性がこんな感じなのかもしれません。一度試聴してから買った方が良いと思います。自分は、試聴せず買ってしまった次第です。Z5バランスの方がかなりインパクトありました。このクラスのイヤホンになると好みの問題ですので....参考になれば
逆にIEM-Z1R待った方が良いと思います。あちらはハイブリッドですのでZ5に似た感じの音だと思います。多分.... 初めてEX-1000やZ5聞いた時の感動をもう一度次のモデル期待します。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

dellhadounanoさん

  • レビュー投稿数:54件
  • 累計支持数:232人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
8件
62件
スマートフォン
3件
15件
イヤホン・ヘッドホン
3件
13件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

【デザイン】
 モニター用ということで外耳孔にフィットする様に形成されている。HA-FX1100(以下HA)は、ハウジングが耳から飛び出してしまいますので、見た目がチョット外歩きにはね〜ですが、IER-M9(以下M9)は見た目がすっきりしていて良い。
 IER-M7との違いは、ハウジングの仕上げがM9はカメラの筐体のようにマグネシウム塗装が施されており、さわり心地も良い。
音抜け孔も、本体ハウジングと一体になっている(M7は真鍮で金色)。
デザインとしては、モニター用と言うことで、余り主張しないデザインですが、SONYですという感じが出ていてSONYファンならば受け入れられるものと思います。
 見た目でいえばIER-Z1Rみたいのが派手でコンシューマ向け、こちらは目立たずスタジオモニター用という感じ。
以下、NW-ZX300にて、NOBUNAGA舞姫4.4mmバランス使用。イコライザーはOFFで、ダイレクトモードで再生。音源はジャズMiles Davis ALAC 16bit。クラシックは、第九バーンスタイン DSD2.8MHz 1bit。 メタルは、Metallica ブラックアルバム ALAC 16bit。

【高音の音質】
 切れの良い高音です。HAのほうが公称45KHzと5KHz高いですが、どのみち中年の私の耳には聞こえるはずが無いところ。ですが、
Miles Davisで聞き比べると、ペットの息継ぎ、高音の金属製の響きが明らかにM9のほうがクリアに聞こえます。
 ウルトラサウンドエフェクトが存在するのであれば、その効果もあるだろうし、BAの高音、超高音の効果がハッキリと現れているようだ。
 HAの方は、ウッド製ダイナミックで、解像度という点で、どうしてもBAに劣ると思う。
しかし、オーケストラになると少し違う。恐らく、演者の近くで録音するジャズでは、金管楽器の演奏自体が素晴らしくリアルに聞こえるが、
オーケストラでは、たぶん、宙づりのマイクだろうから、雰囲気と言えば、モニター用であるM9は、少人数の演奏で、マイクが近い録音に効果が大きいのではないか?と思う。
 ホールの響きを再現する意味では、私はHAに軍配が上がると思う。
 メタルは、ハイハットが締まり輪郭がクリアになり、リフも、ガリガリのピッキングがクリアに聞こえる。
 HAとの差は、苔の生えた岩と苔を取った岩の様。(分かりにくいか笑?)
 モニターで言われる全域でフラットというよりか、5BAの恩恵で高音域で良く鳴る傾向です。リスニングでは、HAでイコライザーにて高音域を上げていましたが、そのままの設定で、M9をつなぐと高音が突き刺さりました(笑)

【低音の音質】
 HAではモンモンと鳴っていた低音、特に250Hz以下でハッキリとした差がわかる。
 派手な響く重低音では無く、こちらもクリアな低音部分を再現してくれます。ベースの奏法にも寄ると思いますが、ピッキングでのベースではコンコンしたカッティングの音が聞こえる。
 クラシックでは、少し物足りないかな。(イコライザーをいじるとそれらしくなりますが、あくまでフラットでの評価)
雰囲気では、低音もHAのほうが良い。特にクラシック。

【フィット感】
イヤーパッドによると思いますが、トリプルコンフォートイヤーパッドがとても良いです。私は右が穴が大きいのですが、6サイズ分入っていますので、どなたも十分だと思います。

【外音遮断性】
 非常に優秀。
 室内では、家内の金切り声、子供のケンカ。聞こえなくなります(笑)
音の解像度が非常に高いので、ボリュームをそんなに上げなくても良いことにエイジングしていくウチに気付きました。

【音漏れ防止】
通常のリスニングボリューム(NW-RZ300では30〜40)で夜間寝室で聞こえないとのこと。

【携帯性】
専用のケースにて。HAのそれより少し厚みがありますが、ケーブルの収納もあり、あまり窮屈だとケーブルを痛めそうなので、このくらいの大きさで良いと思います。

【総評】
 イヤホンとしては、モニターで優等生。
 リスニングでは非常に繊細な音。すこしこじんまりしているかな。派手な音が出るリスニングに慣れてしまったからかも。
 総評から☆1つ減点は、音ではなく価格。
 いろいろコスト、技術が詰まっているのは理解できるが、他のモニターと比べて突出してという訳ではなくキャラクターの違いだと感じる。6〜8万円でどうかなあ?

インピーダンスはHAが16Ω、M9が20Ω。
音圧感度 106dB/1mW、 103dB/1mW。
NW-RZ300で、同じボリューム40で差し替えると、M9が明らかに音量が低いです。ご参考まで。

比較製品
JVC > HA-FX1100
主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

IER-M9のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

IER-M9
SONY

IER-M9

最安価格(税込):¥135,876発売日:2018年10月 6日 価格.comの安さの理由は?

IER-M9をお気に入り製品に追加する <167

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意