『クラシック◎ 電子音 △』 SONY WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]  犬 介 さんのレビュー・評価

2018年10月 6日 発売

WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]

  • 独自開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載したワイヤレスヘッドホン。プロセッサーの処理能力が前モデル比の4倍となっている。
  • ノイズキャンセリング機能をユーザーの装着状態や環境に合わせて最適化する「NCオプティマイザー」を採用。ワイヤレスでハイレゾ相当の高音質を楽しめる。
  • ヘッドホンを外さず周囲の音を聞ける「クイックアテンションモード」、音楽を聴きながら周囲の音も聞ける「アンビエントサウンドモード」を搭載。
WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー] 製品画像

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥30,879

(前週比:-1,293円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥30,879〜¥43,800 (65店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥30,884 〜 ¥33,500 (全国745店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ハイレゾ:○ WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]の価格比較
  • WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]の店頭購入
  • WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のスペック・仕様
  • WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のレビュー
  • WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のクチコミ
  • WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]の画像・動画
  • WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のピックアップリスト
  • WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のオークション

WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]SONY

最安価格(税込):¥30,879 (前週比:-1,293円↓) 発売日:2018年10月 6日

  • WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]の価格比較
  • WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]の店頭購入
  • WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のスペック・仕様
  • WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のレビュー
  • WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のクチコミ
  • WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]の画像・動画
  • WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のピックアップリスト
  • WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:69件
  • 累計支持数:131人
  • ファン数:0人
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
クラシック◎ 電子音 △

【デザイン】
WH-1000XM2に比べて金属板が減った分ソリッドな感じが減った。指紋が付かないところは よいかも。ブラックに関しては前作の方が格段に良かったかも。

【高音の音質】
つんざかない音。そして機械的な成分が濾されてる。

スイープ信号を聞いてみると位相のズレも少なく低域から高域までフラットですが、音楽を聴くと中域が一番おいしい感じです。
密度は高いけどくっきりした音ではないので電子音の音楽を聴くと張合いのない印象になるけど、クラシックの管弦楽が良すぎてうっとりです。普段聴いてるオケのあのホールトーンがこれほど芳醇に出てくるヘッドホンは少ないです。全域にわたって甘美な音がしています。MDR-1000XがサントリーホールならWH-1000XM3は東京芸術劇場になりました。しかしジャズやポップスを聴くなら個人的にはWH-1000XM2かな。3に比べたら機械的ではあるけど。

【低音の音質】
輪郭は甘いけどクラシックの場合はこれくらいで良いです。

【携帯性】
専用ケースがあり、合理的にできていて収納は慣れるとすぐです。ケーブル使わないから、ケースの出し入れが苦にならないと思います。

【総評】
Bluetoothのヘッドホンはデメリットを語られますが、WH-1000XM3はメリットばかりを感じる音の具合です。モデルごとの進化度が大きい分野みたいです。Bluetoothだと有線に比べて解像度は落ちるけどヘッドホンはスピーカーのように解像度は高くないからこれでもいいような気もします。また、昔のKENWOODのMG-G608でBluetooth接続して聴いてみたら最新のWALKMANより2段階くらい高音質で (昔のコーデックなのでDレンジが狭くて微妙に音割れはするけど)、LDACやapt-X HDなどのコーデックは、相対的に見るとそんなに重要なのかな? と思いました。ディナウディオのデモでもハイレゾという文句に踊らされすぎと(中略) 録音がよければCDでもいい音なんでした。
Bluetoothのメリットは損失や歪みが少ない分ピュアな音が出ること。そのユニットを駆動する専用のアンプを設計できること。オーディオ店で同社の据え置きのハイエンドと比較試聴したけれど、そのピュアな音色では勝っていました。うっとりとするのはそれが原因かな。

参考になった6人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
クラシック◎ 電子音 △

【デザイン】
WH-1000XM2に比べて金属板が減った分ソリッドな感じが減った。指紋が付かないところは よいかも。ブラックに関しては前作の方が格段に良かったかも。

【高音の音質】
つんざかない音。そして機械的な成分が濾されてる。

スイープ信号を聞いてみると位相のズレも少なく低域から高域までフラットですが、音楽を聴くと中域が一番おいしい感じです。
密度は高いけどくっきりした音ではないので電子音の音楽を聴くと張合いのない印象になるけど、クラシックの管弦楽が良すぎてうっとりです。普段聴いてるオケのあのホールトーンがこれほど芳醇に出てくるヘッドホンは少ないです。全域にわたって甘美な音がしています。MDR-1000XがサントリーホールならWH-1000XM3は東京芸術劇場になりました。しかしジャズやポップスを聴くなら個人的にはWH-1000XM2かな。3に比べたら機械的ではあるけど。

【低音の音質】
輪郭は甘いけどクラシックの場合はこれくらいで良いです。

【フィット感】
MDR-1000XとWH-1000XM2と同じくらいに最高です。完成してる領域かも。耳の身長が高い人はBOSEのQuietComfortよりも良いかも。そちらは自分の場合、耳の先端が当たるので。イヤパットはQuietComfortの方が良いです。

【携帯性】
専用ケースがあり、合理的にできていて収納は慣れるとすぐです。ケーブル使わないから、ケースの出し入れが苦にならないと思います。

【総評】
Bluetoothのヘッドホンはデメリットを語られますが、WH-1000XM3はメリットばかりを感じる音の具合です。モデルごとの進化度が大きい分野みたいです。Bluetoothだと有線に比べて解像度は落ちるけどヘッドホンはスピーカーのように解像度は高くないからこれでもいいような気もします。また、昔のKENWOODのMG-G608でBluetooth接続して聴いてみたら最新のWALKMANより2段階くらい高音質で (昔のコーデックなのでDレンジが狭くて微妙に音割れはするけど)、LDACやapt-X HDなどのコーデックは、相対的に見るとそんなに重要なのかな? と思いました。ディナウディオのデモでもハイレゾという文句に踊らされすぎと(中略) 録音がよければCDでもいい音なんでした。
Bluetoothのメリットは損失や歪みが少ない分ピュアな音が出ること。そのユニットを駆動する専用のアンプを設計できること。オーディオ店で同社の据え置きのハイエンドと比較試聴したけれど、そのピュアな音色では勝っていました。うっとりとするのはそれが原因かな。

参考になった0

満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
クラシック◎ 電子音 △

【デザイン】
WH-1000XM2に比べて良くなったような、金属板が減った分ソリッドな感じがなくて、つまらないような。ブラックに関しては前作の方が格段に良かった。個人的には。

【高音の音質】
つんざかない音。そして機械的な成分が濾されてる。

スイープ信号を聞いてみると位相のズレも少なく低域から高域までフラットですが、音楽を聴くと中域が一番おいしい感じです。
密度は高いけどくっきりした音ではないので電子音の音楽を聴くと張合いのない印象になるけど、クラシックの管弦楽が良すぎてうっとりです。普段聴いてるオケのあのホールトーンがこれほど芳醇に出てくるヘッドホンは少ないです。全域にわたって甘美な音がしています。

【低音の音質】
輪郭は甘いけどクラシックの場合はこれくらいで良いです。MDR-1000XがサントリーホールならWH-1000XM3は東京芸術劇場になりました。しかしジャズやポップスを聴くなら個人的にはWH-1000XM2かな。3に比べたら機械的ではあるけど。

【フィット感】
MDR-1000XとWH-1000XM2と同じくらいに最高です。完成してる領域かも。耳の身長が高い人はBOSEのQuietComfortよりも良いかも。そちらは自分の場合、耳の先端が当たるので。イヤパットはQuietComfortの方が良いです。

【携帯性】
専用ケースがあり、合理的にできていて収納は慣れるとすぐです。ケーブル使わないから、ケースの出し入れが苦にならないと思います。

【総評】
Bluetoothのヘッドホンはデメリットを語られますが、WH-1000XM3はメリットばかりを感じる音の具合です。モデルごとの進化度が大きい分野みたいです。Bluetoothだと有線に比べて解像度は落ちるけどヘッドホンはスピーカーのように解像度は高くないからこれでもいいような気もします。昔のKENWOODのMG-G608でBluetooth接続して聴いてみたら最新のWALKMANより2段階くらい高音質で (昔のBluetoothの方式でDレンジが狭くて微妙に音割れはするけど)、LDACとかapt-X HDとか、相対的に見るとそんなに重要なのかなと思った。ディナウディオのデモでもハイレゾという文句に踊らされすぎと·····中略) 録音がよければCDでもいい音なんでした。
Bluetoothのメリットは損失や歪みが少ない分ピュアな音が出ること。そのユニットを駆動する専用のアンプを設計できること。オーディオ店で同社の据え置きのハイエンドと比較試聴したけれど、そのピュアな音色では勝っていました。うっとりとするのはそれが原因かな。

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
全部入りはこれ一択  4 2019年12月3日 20:08
価格に似合うだけの事はあります  5 2019年12月3日 18:20
音質優先で有線モデルか、利便性優先でワイヤレスか迷った結果  4 2019年12月2日 15:49
ノイズキャンセル性能はダントツかも!?  5 2019年11月23日 17:11
期待していた分ガッカリ  3 2019年11月21日 18:20
落ち着ける  5 2019年11月10日 11:41
もう他に行く勇気がない。  5 2019年11月9日 20:26
ベスト バイ ノイズキャンセリングヘッドホン  5 2019年11月7日 22:40
非常に満足  5 2019年10月31日 14:22
出張必需品  4 2019年10月29日 13:17

WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のレビューを見る(レビュアー数:107人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]
SONY

WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]

最安価格(税込):¥30,879発売日:2018年10月 6日 価格.comの安さの理由は?

WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]をお気に入り製品に追加する <811

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意