『momentumM3と迷っている方へ。』 SONY WH-1000XM3 (B) [ブラック] さくらはさいたかさんのレビュー・評価

2018年10月 6日 発売

WH-1000XM3 (B) [ブラック]

  • 独自開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載したワイヤレスヘッドホン。プロセッサーの処理能力が前モデル比の4倍となっている。
  • ノイズキャンセリング機能をユーザーの装着状態や環境に合わせて最適化する「NCオプティマイザー」を採用。ワイヤレスでハイレゾ相当の高音質を楽しめる。
  • ヘッドホンを外さず周囲の音を聞ける「クイックアテンションモード」、音楽を聴きながら周囲の音も聞ける「アンビエントサウンドモード」を搭載。
WH-1000XM3 (B) [ブラック] 製品画像
最安価格(税込):

¥28,282

(前週比:+283円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥28,282

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥28,282〜¥45,793 (26店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥28,500 〜 ¥34,980 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ハイレゾ:○ WH-1000XM3 (B) [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

WH-1000XM3 (B) [ブラック] の後に発売された製品WH-1000XM3 (B) [ブラック]とWH-1000XM4を比較する

WH-1000XM4
WH-1000XM4WH-1000XM4

WH-1000XM4

最安価格(税込): ¥36,736 発売日:2020年 9月 4日

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ハイレゾ:○
 
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]の価格比較
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]の店頭購入
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のレビュー
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のクチコミ
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]の画像・動画
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のオークション

WH-1000XM3 (B) [ブラック]SONY

最安価格(税込):¥28,282 (前週比:+283円↑) 発売日:2018年10月 6日

  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]の価格比較
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]の店頭購入
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のレビュー
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のクチコミ
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]の画像・動画
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM3 (B) [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:168人
  • ファン数:11人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
10件
1225件
デジタルカメラ
0件
48件
デジタル一眼カメラ
1件
43件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
momentumM3と迷っている方へ。

両方使ってます。

1. ノイキャンの効果に関してはSony 1000M3が100としたら、momentumM3は60-70くらいです。
例えば、テレビを普段の音量で聴いている時、Sonyは音声が殆ど聞こえないし、かすかに聞こえても、何を話しているか分からないのに対しゼンハイザーは音量は小さくなるが、何を話しているかは聞き取れます。

2. 使い勝手はSonyのタッチセンサー(音量、曲の送り戻し、再生、ストップなど)が大変便利。

3. アプリのイコライザーはゼンハイザーは一見ユニークではあるが、感覚的にはSonyの方が分かりやすい。

4. 装着感はSonyの方が軽いが、どちらも合格点です。

5. デザインは好き好きですが、ゼンハイザーはドイツのベンツみたいな屈強な感じがあって私は好きだ。

6. さて、最後に音質、現在\15,000の差が有るので、比較するのに無理がありますが、ゼンハイザーの勝ちです。
ゼンハイザーにはヨーロッパの雰囲気の上品さがあります、聞き疲れしません。
解像度、音域のバランスも文句ありません。
ゼンハイザーはノイキャンを犠牲にして音質を取ったと言ってますが、もし、本当なら納得できます。

現在、私はじっくりと音楽を家で、または静かな所で楽しむ時はゼンハイザーM3, 外出する時は雑音に邪魔されないSony EM3で楽しんでます。

もし、Sonyの ”ノイキャンの凄さ”と、ゼンハイザーの ”音質” が合体したら無敵のヘッドホンになると思います。

さて、あなたはどちらを買いますか? それとも懐は淋しくなっても両方買いますか?






主な用途
音楽

参考になった17人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
ゼンハイザー momentum M3とお迷いの方へ。

両方使ってます。

1. ノイキャンの効果に関してはSony 1000M3が100としたら、momentumM3は60-70くらいです。
例えば、テレビを普段の音量で聴いている時、Sonyは音声が殆ど聞こえないし、かすかに聞こえても、何を話しているか分からないのに対しゼンハイザーは音量は小さくなるが、何を話しているかは聞き取れます。

2. 使い勝手はSonyのタッチセンサー(音量、曲の送り戻し、再生、ストップなど)が大変便利。

3. アプリのイコライザーはゼンハイザーは一見ユニークではあるが、感覚的にはSonyの方が分かりやすい。

4. 装着感はSonyの方が軽いが、どちらも合格点です。

5. デザインは好き好きですが、ゼンハイザーはドイツのベンツみたいな屈強な感じがあって私は好きだ。

6. さて、最後に音質、現在、約15,000円の差が有るので、比較するのには無理がありますが、ゼンハイザーの勝ちです。
ゼンハイザーにはヨーロッパの雰囲気の上品さがあります、聞き疲れしません。
解像度、音域のバランスも文句ありません。
ゼンハイザーはノイキャンを犠牲にして音質を取ったと言ってますが、もし、本当なら納得できます。

現在、私はじっくりと音楽を家で、または静かな所で楽しむ時はゼンハイザーM3, 外出する時は雑音に邪魔されないSony EM3で楽しんでます。

もし、Sonyの ”ノイキャンの凄さ”と、ゼンハイザーの ”音質” が合体したら無敵のヘッドホンになるでしょう。そして二台共買わなくて済みます。笑

さて、あなたはどちらを買いますか? それとも懐は淋しくなっても両方買いますか?






主な用途
音楽

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「WH-1000XM3 (B) [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM3 (B) [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

WH-1000XM3 (B) [ブラック]
SONY

WH-1000XM3 (B) [ブラック]

最安価格(税込):¥28,282発売日:2018年10月 6日 価格.comの安さの理由は?

WH-1000XM3 (B) [ブラック]をお気に入り製品に追加する <2569

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意