『心穏やかにさせてくれる逸品』 SONY WH-1000XM3 (B) [ブラック] にょろにょろ♪さんのレビュー・評価

2018年10月 6日 発売

WH-1000XM3 (B) [ブラック]

  • 独自開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載したワイヤレスヘッドホン。プロセッサーの処理能力が前モデル比の4倍となっている。
  • ノイズキャンセリング機能をユーザーの装着状態や環境に合わせて最適化する「NCオプティマイザー」を採用。ワイヤレスでハイレゾ相当の高音質を楽しめる。
  • ヘッドホンを外さず周囲の音を聞ける「クイックアテンションモード」、音楽を聴きながら周囲の音も聞ける「アンビエントサウンドモード」を搭載。
WH-1000XM3 (B) [ブラック] 製品画像

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥30,099

(前週比:-1円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥30,984

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥30,099〜¥44,126 (44店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥30,100 〜 ¥38,280 (全国741店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ハイレゾ:○ WH-1000XM3 (B) [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]の価格比較
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]の店頭購入
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のレビュー
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のクチコミ
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]の画像・動画
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のオークション

WH-1000XM3 (B) [ブラック]SONY

最安価格(税込):¥30,099 (前週比:-1円↓) 発売日:2018年10月 6日

  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]の価格比較
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]の店頭購入
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のレビュー
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のクチコミ
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]の画像・動画
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • WH-1000XM3 (B) [ブラック]のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM3 (B) [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:185件
  • 累計支持数:1647人
  • ファン数:9人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
23件
67件
タブレットPC
17件
22件
プリメインアンプ
8件
27件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4
心穏やかにさせてくれる逸品

WH-1000XM2からの買い替えです。以前は1000XやQC35も所有していました。発表直後にSONYストアで試聴し速攻予約しました。

以前はXperia XZ2 PremiumやGalaxy S9+で使用していましたが、現在はiPhone XS MAXです。

【デザイン】
M2の時はシャンパンゴールドでしたが、使い込むとイヤーパッドなど薄汚れた感が出るので今回はブラックにしました。ただ、表面がつや消しにはなっており、手脂や顔脂で汚れやすいこと、引っかき傷がつきやすいのが難点です。表面はM2のように凹凸のついた塗装が良かったです。

【音質】
主にジャズなどを聴いております。EQなどは一切使用していませんが、はっきり言ってM2とは別物!M2まではNCでは仕方ないかと思ってきたボヤっと感がスッキリ。以前のモデルとは高音に改善があり音の見晴らしが良くなりました。エージングが進んだせいか、非常に柔らかい音を聞かせてくれるようになりました。

使いこなしでもありませんが、EQやエフェクト系を使用しないで素ノーマルの音質が良いと思います。S9+ではLDAC接続にし、Adapt Soundのみ最適化させて使用していました。iPhoneでも特にいじらず素ノーマルで聴いています。LDACやハイレゾ音源でなくても不満が出ません。但し、SONYのヘッドホンアプリにあるエフェクトは本機の魅力を台無しにします。気圧や装着の最適化は絶対必要ですが、エフェクトは使わないほうがお勧めです。

【フィット感】
前機種の1000XM2は装着すると締め付けられる感が強かったですが、本機はややソフトな装着感です。軽いですしね。

【外音遮断性】
ここがすごく良くなりました。

◆地下鉄の車内
M2でもNC効果は良かったですが、車内アナウンスや高い音の遮音性は良くなりました。車内アナウンスが何か言っているなとわかる程度です。

◆飛行機
これは効果抜群!かぶってしまえばとても静かに過ごせます。電池持ちも良いので、無音のまま6時間以上過ごせゆっくり寝られました。これだけでも買ってよかったと思わせます。

◆カフェ(スタバとか)の店内
M2はこれが全く使えなかった。隣の席の女性のしゃべる声、グラスの触れ合う音、店内を流れる音楽。椅子を引きずる音。こういうものが妙に増幅するように聞こえて非常にストレスが溜まってました。M3はこれがかなり改善。カフェの店内で使えるNCヘッドホンになりました。ただ、この場面が唯一の弱点で、うるさい主婦の席の隣では気になりますね。何故か女性の声や高い音が取り切れないのがウィークポイントです。

◆風切り音
扇風機を普通に使っている位では風切り音はほとんどしません。M2は路上で使っていて風が吹くと結構風切り音がしましたが、M3はあまり気にならなくなってます。

NC性能はQC35や1000XM2より優れていて、現時点では最高性能のNCオーバーヘッドヘッドホンだと思います。


【音漏れ防止】
これは自分では良くわかりませんが、NC性能が良くなってM2の時よりボリュームを下げて聴いてます。よって音漏れも少なくなったと思われます。

【携帯性】
まあ多少大きいのはオーバーイヤー型なので仕方ないです。ケースは銅色のファスナー取手でアクセントはありますが布材質なのが・・・個人的にはQC35のように合皮ケースの方がお手入れが楽で長持ちすると思います。


【総評】
NC性能はM2よりかなり上がってます。スタバで周りの雑踏から逃れて自分の世界に浸れるヘッドホンです。音質はM2から相当良くなってます。音を聴くようなオーディオマニアが外出用のサブ機に使える音質だろう思います。NCでないオーバーイヤー型と比較すれば音の細やかさ、艶のようなものはやや劣りますが、外音を遮断することで気持ちよく音楽が楽しめます。

ファームウエアがUPされ、以前英語だけだった音声ガイドも多言語対応になりました。勿論日本語対応もあります。ファームは最新を使用していますが、ネットの書き込みにあるNC効果の改悪などを感じません。あれは何を言っているんだろうと個人的に思っています。バッテリーのもちも良く、USB Type-C端子となった充電端子は便利です。充電も速くストレスがありません。通勤の2時間くらいの使用なら充電は週1回で済むと思います。

個人的には1000XM2には戻れず超お勧めな逸品です。静寂から流れてくる音楽が心穏やかにさせてくれます。WF-1000XM3も所有しましたが、音とNC効果はこちらが圧倒的に上です。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった29人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4
心穏やかにさせてくれる逸品

WH-1000XM2からの買い替えです。以前は1000XやQC35も所有していました。発表直後にSONYストアで試聴し速攻予約しました。

以前はXperia XZ2 Premiumで使用していましたが、現在はGalaxy S9+で使用しています。

【デザイン】
M2の時はシャンパンゴールドでしたが、使い込むとイヤーパッドなど薄汚れた感が出るので今回はブラックにしました。ただ、表面がつや消しにはなっており、手脂や顔脂で汚れやすいこと、引っかき傷がつきやすいのが難点です。表面はM2のように凹凸のついた塗装が良かったです。

【音質】
主にジャズなどを聴いております。EQなどは一切使用していませんが、はっきり言ってM2とは別物!M2まではNCでは仕方ないかと思ってきたボヤっと感がスッキリ。以前のモデルとは高音に改善があり音の見晴らしが良くなりました。Galaxy S9+にしてから音に温かみ・柔らかさが出るようになり、NCでも十分な音質だと実感します。

先日ソニーストアでZX300+有線接続のヘッドホンも聴き比べてみましたが、本機は悪くないです。ただ、何となく人工的な音場感があるところに違和感を感じる方もあるかも知れません。逆に昔のJPOPなどをそつなく聴かせてくれるメリットもありますよ。

使いこなしでもありませんが、EQやエフェクト系を使用しないで素ノーマルの音質が良いと思います。S9+ではLDAC接続にし、Adapt Soundのみ最適化させて使用しています。SONYのヘッドホンアプリにあるエフェクトは本機の魅力を台無しにします。但し、気圧や装着の最適化は必要です。

【フィット感】
前機種の1000XM2は装着すると締め付けられる感が強かったですが、本機はややソフトな装着感です。軽いですしね。

【外音遮断性】
ここがすごく良くなりました。

◆地下鉄の車内
M2でもNC効果は良かったですが、車内アナウンスや高い音の遮音性は良くなりました。車内アナウンスが何か言っているなとわかる程度です。

◆カフェ(スタバとか)の店内
M2はこれが全く使えなかった。隣の席の女性のしゃべる声、グラスの触れ合う音、店内を流れる音楽。椅子を引きずる音。こういうものが妙に増幅するように聞こえて非常にストレスが溜まってました。M3はこれがかなり改善。カフェの店内で使えるNCヘッドホンになりました。ただ、この場面が唯一の弱点で、うるさい主婦の席の隣では気になりますね。何故か女性の声や高い音が取り切れないのがウィークポイントです。

◆風切り音
扇風機を普通に使っている位では風切り音はほとんどしません。M2は路上で使っていて風が吹くと結構風切り音がしましたが、M3はあまり気にならなくなってます。

NC性能はQC35や1000XM2より優れていて、現時点では最高性能のNCオーバーヘッドヘッドホンだと思います。


【音漏れ防止】
これは自分では良くわかりませんが、NC性能が良くなってM2の時よりボリュームを下げて聴いてます。よって音漏れも少なくなったと思われます。

【携帯性】
まあ多少大きいのはオーバーイヤー型なので仕方ないです。ケースは銅色のファスナー取手でアクセントはありますが布材質なのが・・・個人的にはQC35のように合皮ケースの方がお手入れが楽で長持ちすると思います。


【総評】
NC性能はM2よりかなり上がってます。スタバで周りの雑踏から逃れて自分の世界に浸れるヘッドホンです。音質はM2から相当良くなってます。音を聴くようなオーディオマニアが外出用のサブ機に使える音質だろう思います。NCでないオーバーイヤー型と比較すれば音の細やかさ、艶のようなものはやや劣りますが、外音を遮断することで気持ちよく音楽が楽しめます。

最近ファームウエアがUPされ、以前英語だけだった音声ガイドも多言語対応になりました。勿論日本語対応もあります。バッテリーのもちも良く、USB Type-C端子となった充電端子は便利です。充電も速くストレスがありません。

個人的には1000XM2には戻れず超お勧めな逸品です。静寂から流れてくる音楽が心穏やかにさせてくれます。

問題は4万円弱の価格になるかな・・・・

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった5

満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4
M2とは別物!

WH-1000XM2からの買い替えです。以前は1000XやQC35も所有していました。発表直後にSONYストアで試聴し速攻予約しました。

Xperia XZ2 Premiumで使ってます。

【デザイン】
M2の時はシャンパンゴールドでしたが、使い込むとイヤーパッドなど薄汚れた感が出るので今回はブラックにしました。ただ、表面がつや消しにはなっており、手脂や顔脂で汚れやすいこと、引っかき傷がつきやすいのが難点です。表面はM2のように凹凸のついた塗装が良かったです。

【音質】
はっきり言ってM2とは別物!NCでは仕方ないかと思ってきたぼやっとした感がスッキリ。非常に高音質です。低音も締まってウッドベースの跳ねる感はとても良くなりました。特出すべきは女性JAZZヴォーカルの囁きがなかなかです。細かいニュアンスが聴けるヘッドホンになりましたね。

ただ、M2と比較してスッキリ感が強く、ロック系のパンチのようなものはM2の方が良いという方もいるでしょうね。重低音志向のヘッドホンと違いナチュラルな音ですのでお間違いなく。

そんなに良いかといわれると、ZX300+MDR-1AM2+バランスの音には勝てません。ただ、1AM2の遮音性は良くないので、本機に替えるとノイズが軽減されるとここまで音楽は穏やかに聴けるのかと思います。私のリスニングスタイル(通勤時・カフェなど)では本機を取ります。

個人的には店頭で試聴したA50のBT接続よりXZ2 Premiumの方が高音質に思いました。

【フィット感】
前機種の1000XM2は装着すると締め付けられる感が強かったですが、本機はややソフトな装着感です。軽いですしね。

【外音遮断性】
ここがすごく良くなりました。

◆地下鉄の車内
M2でもNC効果は良かったですが、車内アナウンスや高い音の遮音性は良くなりました。車内アナウンスが何か言っているなとわかる程度です。

◆カフェ(スタバとか)の店内
M2はこれが全く使えなかった。隣の席の女性のしゃべる声、グラスの触れ合う音、店内を流れる音楽。椅子を引きずる音。こういうものが妙に増幅するように聞こえて非常にストレスが溜まってました。M3はこれがかなり改善。カフェの店内で使えるNCヘッドホンになりました。ただ、この場面が唯一の弱点で、うるさい主婦の席の隣では気になりますね。何故か女性の声や高い音が取り切れないのがウィークポイントです。

◆風切り音
扇風機を普通に使っている位では風切り音はほとんどしません。M2は路上で使っていて風が吹くと結構風切り音がしましたが、M3はあまり気にならなくなってます。

QC35や1000XM2より優れていて、現時点では最高性能のNCオーバーヘッドヘッドホンだと思います。


【音漏れ防止】
これは自分では良くわかりませんが、NC性能が良くなってM2の時よりボリュームを下げて聴いてます。よって音漏れも少なくなったと思われます。

【携帯性】
まあ多少大きいのはオーバーイヤー型なので仕方ないです。ケースは銅色のファスナー取手でアクセントはありますが布材質なのが・・・個人的にはQC35のように合皮ケースの方がお手入れが楽で長持ちすると思います。


【総評】
NC性能はM2よりかなり上がってます。スタバで周りの雑踏から逃れて自分の世界に浸れるヘッドホンです。音はM2から随分良くなってます。音を聴くようなオーディオマニアが外出用のサブ機に使える音質だろう思います。NCでないオーバーイヤー型と比較すれば音の細やかさ、艶のようなものは劣りますが、外音を遮断することで気持ちよく音楽が楽しめます。

バッテリーのもちも良く、USB Type-C端子となった充電端子は便利です。充電も速くストレスがありません。

個人的には1000XM2には戻れず超お勧めな逸品です。問題は価格になるかな・・・・

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった14

 
 
 
 
 
 

「WH-1000XM3 (B) [ブラック]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
低音の量が多め。でも一音一音は丁寧繊細。ノイキャンが抜群!!!  4 2019年10月8日 00:47
買ってよかった  5 2019年9月29日 15:54
最高  5 2019年9月28日 23:46
私には十分なノイズキャンセリング性能  5 2019年9月12日 11:28
なかなかいい  5 2019年9月11日 19:51
アップデートの諸問題は解決かも  5 2019年9月11日 19:41
とても満足  5 2019年9月2日 23:28
3ヶ月使用してのレビューです!  5 2019年8月26日 22:52
NC性能の大幅劣化(ファームウェア4.1.1以降)  2 2019年8月17日 02:09
最悪  1 2019年8月8日 21:05

WH-1000XM3 (B) [ブラック]のレビューを見る(レビュアー数:98人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM3 (B) [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

WH-1000XM3 (B) [ブラック]
SONY

WH-1000XM3 (B) [ブラック]

最安価格(税込):¥30,099発売日:2018年10月 6日 価格.comの安さの理由は?

WH-1000XM3 (B) [ブラック]をお気に入り製品に追加する <2106

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意