『Androidの汚名返上』 SONY BRAVIA KJ-55A9F [55インチ] サーロイン素敵さんのレビュー・評価

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]

  • 次世代プロセッサー「X1 Ultimate」搭載の55V型4K有機ELテレビ。従来のプロセッサー「X1 Extreme」と比べ約2倍のリアルタイム処理能力で高画質を実現。
  • ハンズフリー音声検索/操作に対応しネット動画を快適に楽しめる。従来モデルと比較し、Netflixは最大約1/4、YouTubeは最大約1/2の起動時間に短縮。
  • パネル制御技術「ピクセル コントラスト ブースター」で色表現が鮮やかに、音響技術「アコースティック サーフェス オーディオプラス」で高音質に進化。
BRAVIA KJ-55A9F [55インチ] 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥219,955 (前週比:-2,045円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2018年10月13日

店頭参考価格帯:¥219,958 〜 ¥468,000 (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

画面サイズ

種類 : 有機ELテレビ 画素数:3840x2160 4K : ○ 倍速機能:倍速駆動パネル 録画機能:外付けHDD BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ] の後に発売された製品BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]とBRAVIA KJ-55A9G [55インチ]を比較する

BRAVIA KJ-55A9G [55インチ]

BRAVIA KJ-55A9G [55インチ]

最安価格(税込): ¥277,287 発売日:2019年 6月 8日

画面サイズ:55インチ 種類:有機ELテレビ 画素数:3840x2160 4K:○ 倍速機能:倍速駆動パネル 録画機能:外付けHDD
 
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の価格比較
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の店頭購入
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の純正オプション
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のレビュー
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のクチコミ
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の画像・動画
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のオークション

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]SONY

最安価格(税込):¥219,955 (前週比:-2,045円↓) 発売日:2018年10月13日

  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の価格比較
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の店頭購入
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の純正オプション
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のレビュー
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のクチコミ
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の画像・動画
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > 薄型テレビ・液晶テレビ > SONY > BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]

『Androidの汚名返上』 サーロイン素敵さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:49件
  • 累計支持数:288人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

ハードディスク ケース
5件
0件
自動車(本体)
1件
3件
マウス
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質5
応答性能5
機能性2
サイズ無評価
Androidの汚名返上

有機ELなので、画質のすばらしさは周知の通り。
ここではA9F固有のことを中心にレビューする。

●大幅に改善された操作応答性能

下位機種のA8Fは、リモコンを押してから反応が返ってくるまでの時間が非常に長い。A9Fの速さを知った後に操作してみるとイライラする。
A9Fは、A8Fとは比較にならないほど速く、安いA8FではなくA9Fを選んだ大きな動機になった。
Androidは遅いのが普通で欠点とされてきたが、A9Fでは汚名返上である。

●高品位パネル

いろんな濃さの灰色画像をPCで作り、フルスクリーンで映し出してみたが、ドット異常や色むらは皆無だった。
高品位なパネルである。恐るべし、LGディスプレイ。

●アプコン性能は優秀

4KTV使用で悩むのが、2Kソースの4Kアプコンを再生機側で行なうのと、TV側で行なうのとでどちらがいいかである。
2KセルBD視聴をPanasonic SCZ2060で4Kアプコンを行なった場合と、PS3で再生して4KアプコンをA9Fで行なった場合を比較してみた。
なお、A9Fの画質はスタンダードモード、SCZ2060の画質設定はデフォルトである。

解像感は同等で、優劣は感じない。
動いていてコントラストの変化が大きい部分で、SCZ2060アプコンでは境界部分の色が抜ける傾向がある。白っぽく縁取りが見えるのだ。
A9Fアプコンでは、そのようなことはない。
動きを伴うアプコンでは、A9Fの方が性能が上であることが確認できた。

高性能再生機を使えば評価は変わるかもしれないが、普及価格のBDレコーダーのアプコンよりも本機は画質が良い。

●モーションフローの補間性能はフルHD4倍速液晶と同等

画質調整の「なめらかさ」を変えると、フレーム補間性能が変わる。
スタンダードモードでは、デフォルトで4段階調整(0-3)の2だが、これを最強の3にすると、視線移動をしてもジャダー(振動)を感じない滑らかな動きになる。
その代わり、すばやく動く部分と止まった部分の境にかなりノイズが発生する。
これは、フルHD4倍速液晶BRAVIAの「スムーズ」(最強設定)と同じ傾向である。
デフォルトの2にすればノイズは少なくなるが、ジャダーは発生する。

有機ELは2倍速パネルだが、動きについては4倍速液晶パネルと同等の滑らかさが出せるようだ。

●視野角

真正面から約45度以上の角度から見ると、色がくすむ傾向がある。
通常の画面では気づきにくいが、レコーダーのメニュー画面など、左右で同じ色の画面で気づく。
画面端を見ても45度以内の角度を保てるような位置・距離から視聴するほうがいい。

●Googleアシスタントは便利だが、発展途上

別途機器やアプリの追加は不要で、音声操作が可能である。
TV本体にマイクがあるので、命令を話すだけでいい。
「OKグーグルテレビをONにして」と言えば電源がONになる。
「OKグーグルNHK総合にして」と言えば地デジのNHKが映る。
特に便利なのが、「OKグーグルHDMI3にして」と言えば、すぐにHDMI3に切り替わること。
通常はリモコン操作で入力切替ボタンを何回か押す必要があるが、それが不要だ。

ただしこの機能は、正しく理解される命令とそうでない命令の違いがよくわからず、まだまだ発展途上である。

命令している自分を動画に撮り、その再生を映してみたが、命令は認識されても実行されなかった。
自機出力音声によるものと判断するとキャンセルする制御が入っている。

●2画面表示機能はなし

受信中のTV放送と外部入力のBDレコーダーの画面を同時に表示したりはできない。

●ヘッドホン端子は実用性なし

ヘッドホン端子は背面スタンドに後ろ向きに付いている。正面側から手が届く位置ではない。
端子に何か繋ぐと、スピーカー音声は自動で消える。両方から音を出すことはできない。
そのため、延長コードだけ繋いでおくとかはできない。

●重量

仕様では、重量は本体/スタンド込みで23.8kg/30kgとなっている。
背面三角スタンドの下部1/4は外せるようになっており、これが鉄アレイのように重い。
重量物を後ろ下部に配置することで、転倒を防いでいるようだ。
ここを外せば23.8kgとなり、一人でもかろうじて持ち上げられる重さになる。

●リモコン受光部は要改善

後ろに傾けるスタイルが問題視されるが、気になる人は背面スタンドに何か敷いて嵩上げすればよい。
上述したようにスタンド下側がかなり重いので、少し嵩上げしても倒れる心配はない。

使ってみると、問題なのはリモコン受光部の位置である。
額縁が床に直置きで、赤外線リモコンの受光部が下部中央なので、床のすぐ近くになる。
台に載せて使う時、リモコンを台より少しでも高くして向けないと、台の縁に遮られて信号が届かない。
画面上部にも受光部が欲しかった。
あるいは、Bluetooth通信を音声検索だけでなく通常操作でも対応させるべき。

●まとめ

有機ELは価格が下がり、高嶺の花ではなくなった。
液晶は激安品が増えてきた。
TVの選び方は「高くても画質がよいものを」なら有機EL、「画質よりも巨大画面が優先」あるいは「TVに金をかけたくない」なら液晶、となるだろう。

視聴目的
アニメ
映画・ドラマ
スポーツ
ドキュメンタリー
その他
設置場所
寝室・自室
広さ
8〜11畳

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
画質に大満足  5 2019年6月18日 21:50
有機ELはまだ発展途上  4 2019年6月12日 23:00
素晴らしいの一言です (最終レビューです)  5 2019年5月19日 21:01
自然さよりも綺麗さを求める商品  5 2019年4月8日 14:14
最高  5 2019年3月17日 06:53
いいテレビです!  5 2019年3月16日 08:55
これを選んで良かった  5 2019年2月26日 01:36
到達点の一つ  5 2019年2月25日 13:01
値段は高いが、その分満足度も高い  4 2019年2月24日 15:46
有機ELのTVを購入したが・・・  3 2019年2月21日 22:21

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のレビューを見る(レビュアー数:13人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]
SONY

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]

最安価格(税込):¥219,955発売日:2018年10月13日 価格.comの安さの理由は?

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]をお気に入り製品に追加する <905

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[薄型テレビ・液晶テレビ]

薄型テレビ・液晶テレビの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(薄型テレビ・液晶テレビ)

ご注意