『有機ELと液晶とで迷いましたが・・』 SONY BRAVIA KJ-55A9F [55インチ] mupadさんのレビュー・評価

2018年10月13日 発売

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]

  • 次世代プロセッサー「X1 Ultimate」搭載の55V型4K有機ELテレビ。従来のプロセッサー「X1 Extreme」と比べ約2倍のリアルタイム処理能力で高画質を実現。
  • ハンズフリー音声検索/操作に対応しネット動画を快適に楽しめる。従来モデルと比較し、Netflixは最大約1/4、YouTubeは最大約1/2の起動時間に短縮。
  • パネル制御技術「ピクセル コントラスト ブースター」で色表現が鮮やかに、音響技術「アコースティック サーフェス オーディオプラス」で高音質に進化。
BRAVIA KJ-55A9F [55インチ] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥224,497

(前週比:-402円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥224,498

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥224,497〜¥310,000 (5店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥224,497 〜 ¥224,497 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

画面サイズ

種類 : 有機ELテレビ 画素数:3840x2160 4K : ○ 倍速機能:倍速駆動パネル 録画機能:外付けHDD BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ] の後に発売された製品BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]とBRAVIA KJ-55A9G [55インチ]を比較する

BRAVIA KJ-55A9G [55インチ]

BRAVIA KJ-55A9G [55インチ]

最安価格(税込): ¥255,950 発売日:2019年 6月 8日

画面サイズ:55インチ 種類:有機ELテレビ 画素数:3840x2160 4K:○ 倍速機能:倍速駆動パネル 録画機能:外付けHDD
 
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の価格比較
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の店頭購入
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の純正オプション
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のレビュー
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のクチコミ
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の画像・動画
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のオークション

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]SONY

最安価格(税込):¥224,497 (前週比:-402円↓) 発売日:2018年10月13日

  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の価格比較
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の店頭購入
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の純正オプション
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のレビュー
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のクチコミ
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の画像・動画
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > 薄型テレビ・液晶テレビ > SONY > BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]

『有機ELと液晶とで迷いましたが・・』 mupadさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:39件
  • 累計支持数:500人
  • ファン数:14人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
312件
デジタル一眼カメラ
4件
303件
自動車(本体)
4件
129件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
画質5
音質4
応答性能4
機能性4
サイズ5
有機ELと液晶とで迷いましたが・・
 

スピーカー出力の変更

リンクの設定

 

センタースピーカー 編です。

前回までのレビューはそれぞれを参考にしてください。

A9Fはせっかく映像がキレイなので、5.1chや7.1chで視聴したくなります。
特にセンタースピーカー入力端子を備えているこのTVはなおのことです。
パネルが台に直置きされるのでサウンドバーは納まりが悪いので、AVアンプを購入しました。
AVアンプは、当初SonyのSTR-DN1080にしようかと迷いましたが、リンク機能で特にアドバンテージがあるようではないので、バーチャルサラウンド機能のあるヤマハのRX-A880にしました。
スピーカーは昭和生まれの(笑、オールドスピーカーの他、新たにサブウーファーとサラウンド用スピーカーを買い増しました。

スピーカーの設置が終わり、スピーカー出力をオーディオシステムにすると、特に設定をしなくてもAVアンプが機能します。
リンク機能は素晴らしいです。

映画はオーディオシステムで、ニュースやバラエティーはTVスピーカでと使い分けたかったので(消費電力も考慮して)、
ブラビアリンクの設定はアップ画像のようにしました。これが一番スッキリします。
使い勝手としては、AVアンプがオフの状態で、スピーカー出力をオーディオシステムにするとAVアンプの電源が自動で入り、スピーカー出力がオーディオシステムに変わります。
その間、約10秒くらい。アンプの電源が入って安定するのに時間を要するみたいです。
次に、TVスピーカーへ変更する場面ですが、AVアンプのリモコンでアンプの電源をオフにすると自動でTVスピーカーに変わります。
TVリモコンでスピーカー出力を変えた場合はAVアンプの電源はオンのままです。なので私は前者の方法を取ることが多いです。
もちろん、TVのリモコンでTVをオフにすると、連動してAVアンプの電源もオフになります。

音質について
もちろん、5.1chなどに対応したソースのものはAVアンプで迫力がぐっと増します。
ところが、2chベースのニュースやドラマ、バラエティーなどはむしろTVスピーカー出力の方が良い音出します。
これは、センターのアコースティック サーフェス スピーカー出力の割合が変わるためと思われます。
ところで、AVアンプ用のフロントスピーカーを設置する前は、TVスピーカの音は高音と低音(裏側に配されたウーファー)のバランスがイマイチでしたが、追加したフロントスピーカーが物理的にTVウーファーをあんばい良く遮蔽したため、バランスがよくなりました。

そういうわけで、常にAVアンプ使用ではなく、TVスピーカーも適材適所で使い分けるのがモアベターという結論になりました。

次はBS4Kチューナーを接続したレビューの予定です。

視聴目的
ニュース・報道
映画・ドラマ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった31人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
操作性4
画質5
音質4
応答性能4
機能性4
サイズ5
有機ELと液晶とで迷いましたが・・

ちょっと気づいた事 編

前回は 「誤解の解消 編」です。
前々回は「我が家にブラビアがやってきた!編」です。


番組表
前のREGZAは番組表の表示が遅くてイラっとすることがありましたが、A9Fはめちゃくちゃ早いのでストレスフリーです。最近のTVはこんなものでしょうか。
表の中のの移動、ページ送りとも爆速です。番組表自体は特に変わったことはありませんが、背景が濃いグレーなので文字が浮き出て見やすいです。拡大縮小表示もできます。

スマホアプリ Video & TV SideView
ソニー製品に限ると思いますが、スマホがリモコンや番組表になります。リモコンの機能としてはリアルリモコンとほぼ同等の機能があり、番組表もまたしかりです。
リアルリモコンはBluetooth接続なのでTV側に向けなくても反応しますが、電波が弱いのか障害物があると効きません。たとえばテーブルの上のティッシュの箱に送信部が隠れるとNGです。
それに対してスマホリモコンはWi-Fi接続なので部屋中の(あるいは家中の)Wi-Fi圏内であれば有効です。2階にいて階下のTVの電源オンオフや番組予約も可能です。
外出先からの録画予約もこのアプリが対応していますが、その設定の場合はTVの待機電力が増加するそうです。私はオフにしています。録画は滅多にしないし(^^;

5度の傾き
普段は試聴に問題はありませんが、寝転がってみると天井の照明が映り込みやすいです。その場合は場所を移動して寝ころびます(笑

Google アシスタント
マイクの感度はとても良いです。大声をあげなくても普通に語れば反応してくれます。が、思ったように音声認識してくれるかというと・・スマホのアシスタントと同じヒット率なのでそこらは想像してみてください。

キーボード
USBキーボードは認識しますが(保証外)、英語キーボードとしてです。つまり日本語入力は不可。英数字のみです。おそらくBlutoothキーボードでも同じでしょう。
スマホのVideo & TV SideViewからも文字入力できますが、ほとんどのTV側アプリで対応していないようです。ただ、Video & TV SideViewをつかったカーソル移動やタッチパッドの機能は利便性が高いです。普通にリアルリモコンのカーソルキーより入力が速くなります。

起動時間など。
電源オンやチャンネルのチェンジなどに要する時間は、2〜3秒程度です。前のモデル(A8F)より速くなったということですが、まあ、ストレスを感じるほどではないにしろ、1秒以内に動いてくれると気持ちが良いと思います。

Netflix画質モード
画質の設定は、スタンダード、ダイナミックモード、カスタムモードなどありますが、Netflixを視聴する際はNetflix画質モードが選択できます。
これは本当に良い感じで雰囲気を出してくれます。今は無料期間を楽しんでいますが、このモードがあるのでNetflixを視聴続けたいなと思わせてくれます。

視聴目的
ニュース・報道
映画・ドラマ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった4

満足度5
デザイン5
操作性4
画質5
音質4
応答性能4
機能性4
サイズ5
有機ELと液晶とで迷いましたが・・

4K ブレードランナー2049

左下隅のロゴ

たぶん、マイク。左のオレンジは中央のLED

再レビュー 「誤解の解消 偏」です。
前レビューは「我が家にブラビアがやってきた!」編です。

さて、さんざん2K画質が悪いだろうことや、液晶と比べて暗いだろうと書きましたが、実際何も問題ない事がわかりました。

まず、2K画質については、店頭のデモ機が「店頭展示設定」デモ表示されていたことが原因で見られたものではないものになっていたと推察できました。
店頭では画質設定でダイナミックモードになっていたと思われます。
このモードはシャープでコントラストが高めの設定のようで、買ってきた本体もデフォルトではダイナミックモードに入っていました。
店頭で大げさに見せるモードで、デモ動画には良いのですが、放送画面にはきつすぎます。2Kでは白い文字が二線ボケのようになったり滲んだり、ゴルフ中継ではカメラがパンしたときに芝目がブロックノイズっぽく見えたり・・
4Kでさえ、洋画の人肌がブツブツし過ぎ。
ところが、ダイナミックモードからスタンダードモードに変えると状況は一変します。
地デジも4Kのように美しい。番組によってはイマ一つなものもありますが、概ね、前のREGZAより綺麗です。映画にはシネマモードが良く合います。
入力信号によって設定を変えられるので、NETFLIXはシネマモードにしました。

次に明るさについて。
非常に明るいです。明るさは0〜50の間で設定できますが、最初はMAXの50になっていました。これはかなり明るすぎなので私は25にしています。電気代も多少は節電できるでしょう(^^;
なお、明るさ0では真っ暗にはならず、薄明かり程度です。
コントラストはスタンダードのままですが、25でもシーンによっては白トビっぽい感じは出ます。
例えば、地球の影から太陽が出てくるようなシーンでは、本当に太陽って眩しい、というのがよく伝わります。
明るさについては、信号毎の設定ではなく、常に一定の設定になるようです。

以上、画質、コントラスト等、2Kでも全く問題がありません。安心しました(笑
それにしても、店頭のデモモードはいけませんね。あれでだいぶ損してると思います。
ネットで調べたところ、店頭用に特別なB-CASカードが使われているようで、その場合はダイナミックモードから変えられないようです。

我が家では、8畳の和室+作り付け棚ですが、その棚の中に設置しました。
間口180cmですから、55A9Fに50cm幅のオーディオラックでほぼピッタリです。背面はあまり余裕がないので、転倒防止のバンドは棚の床にネジ止めしました。
そして前面は添付写真のように前から3cmくらい。落ちると怖いので、何かストッパーを付ける予定です。
パネルは5°後傾していますが、正面から見ても傾いている感じはわかります。斜めからだとなお違和感が・・。見続けていると慣れますから、我慢します(笑
狭縁でスタンドも見えないから、ガラスパネルがそのまま置かれているような不思議な感じがします。

パネルに顔を近づけるとほんのりと温かさを感じます。手を振れると、パネルが振動しておりアコースティック サーフェスオーディオであることがわかります。
その音質は、クリアで良いですが、ウーファーが後ろに隠れているので低音が少々心もとないです。主に映画を見るならAVアンプ+サブウーファーを加えたいところです。

長くなったので、続きはまた再々レビューにて。

視聴目的
ニュース・報道
映画・ドラマ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった1

満足度5
デザイン5
操作性4
画質5
音質4
応答性能4
機能性4
サイズ5
有機ELと液晶とで迷いましたが・・

「我が家にブラビアがやってきた!」編です。

4K放送が開始されると言うことで、急きょTV購入検討を始めました。
検討したのは、この55A9Fの他65Z9F、パナソニックのFZ1000/950。予算は50万円まで。
私はもちろんですが卒寿を迎えた母の冥土の土産に、綺麗な4K放送を見せてあげたいと思いました。
12年前に亡くなった父は、液晶テレビさえ見ずにブラウン管テレビまででした。

店頭デモを見た感じでは、4Kは55A9Fがレベルの違う高画質ですが、他のTVも悪くはないです。
ただし、2Kでは有機ELはコントラスト、シャープネスとも強すぎて見づらく、65Z9Fなど液晶の方が優っていると感じました。
4Kアップコンバーターは、安いコンデジでよくあるように、コントラスト、シャープネスを引き上げて見かけ上の解像感を出していますが、それに似た感じがしました。
たとえば空のグラデーションは滑らかさが失われ、ポスタリゼーションをかけたような諧調の不自然さの際立つシーンが多くありました。
(これについては、家でセットアップした55A9Fは2Kの画質にあまり問題を感じませんでした。原因はアレではないかと推測していますが、詳しくは次回の再レビューで記します。)

そもそも65インチが欲しい所ですが、予算の関係から有機ELは55インチまでが限界でした・・
我が家では4Kと2Kの視聴は五分五分か2Kの方が日常的に多くなりそうだし、今後地デジが4K対応になる見込みがない事から、2Kの画質は譲れません。
店に何度か足を運ぶと、有機ELの2Kも番組によっては、そう悪くないと感じてきました。悪い場合があっても放送信号毎に画質の設定ができるようなので、コントラスト、シャープネスを落とせば何とかなるかも、と妥協できると判断しました。
大きさ、2K画質から65Z9Fも捨てがったのですが、ネットの評価がボロボロだったのが気になりました。自分の評価ではそうでもなかったのですが。
照明を暗くしたシアタールームであれば、輝度が低くても黒がしまって色合いが際立つ有機ELが間違いないですが、一般家庭のリビングではコントラストが弱くても明るい液晶の方が向いていると思います。
それでも、今後10年くらい使うことを考えれば新しい技術を搭載したTVの選択が良いのではとか、4K視聴の割合が増えてくるだろうとか、自分に言い聞かせ55A9Fに決定しました。
さらっと書きましたが、決定するのに数日眠れない日々を送りました(笑

なお、FZ1000/950も捨てがったのですが、外観デザインが凡庸で今一つ(A9Fがカッコ良すぎる)、既にチューナーをソニーのDST-SHV1で注文していたことから、最初からソニーありきではありました(^^;
テレビはずっとパナソニックで前回だけは東芝のRGZAでした。ソニーはデザイン性から憧れでしたが高いイメージがあり、今まで縁が有りませんでした。
実は私の初ソニーは、BCLが最盛期の頃、親にねだって買ってもらったICF-5900です。これは今でも完動で、長い付き合いのため手放せないでいます・・

エコポイント制度の初年度に買った前回のREGZA Z9000(37インチ)は、巷の評価は故障が多いなどイマ一つみたいですが、我が家ではずっと良い仕事をしてくれましたし、今でも全く不満はありません。
TV入れ替えのために画面についていた埃をキレイにすると、またこれが良く映る(笑。もったいないので母の寝室に引っ越すことにしました。

もう一つ、パナソニックは来年早々に4Kチューナー内蔵TVの後継機の発売をアナウンスしています。これもFZ1000/950が選択から外れた理由です。
買って直ぐに旧機種になるなんて悔しいじゃないですか(^^;
チューナー内蔵が良いのには間違いないです。少なくともチューナーとテレビを繋ぐケーブルが不要だし、チューナーの電源も不要です。
反面、オーディオコンポのようにそれぞれを入れ替えることも可能です。私はそんな贅沢なことしませんが(笑
ま、ソニーは当面、4Kチューナー内蔵モデルは出さないだろうと決めつけました(^^;
昔、BS(2K)チューナを買ってBS試験放送を見ていましたが、今回の4KチューナーもTV放送のエポックとなり、マニアのマストアイテムになるかもしれません(^^;

前置きがかなり長くなりましたが、今後、しばらく使い込んで再レビューしたいと思います。

視聴目的
ニュース・報道
映画・ドラマ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
綺麗  4 2019年9月21日 20:26
4Kチューナー内蔵ならば。。。  5 2019年9月11日 00:37
大満足です!!  5 2019年8月4日 19:09
画質に大満足  5 2019年6月18日 21:50
有機ELはまだ発展途上  4 2019年6月12日 23:00
素晴らしいの一言です (最終レビューです)  5 2019年5月19日 21:01
自然さよりも綺麗さを求める商品  5 2019年4月8日 14:14
最高  5 2019年3月17日 06:53
いいテレビです!  5 2019年3月16日 08:55
これを選んで良かった  5 2019年2月26日 01:36

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のレビューを見る(レビュアー数:16人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]
SONY

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]

最安価格(税込):¥224,497発売日:2018年10月13日 価格.comの安さの理由は?

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]をお気に入り製品に追加する <888

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[薄型テレビ・液晶テレビ]

薄型テレビ・液晶テレビの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(薄型テレビ・液晶テレビ)

ご注意