『期待が大きかっただけに』 カシオ Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック] ダンエさんのレビュー・評価

Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]

  • 小型・薄型のアウトドア向けリストデバイス。1回の充電で最大3日間のカラー地図とGPS利用を可能にする「エクステンドモード」を搭載。
  • カラー画面とモノクロ画面を重ねた独自の二層ディスプレイを採用。カラー画面には有機ELを新たに採用し、地図や情報をより精細に表示できる。
  • 「マルチタイムピースモード」では、時刻情報に加え、高度・気圧などのセンサー情報も同時に表示しながら、約1か月の電池寿命を実現。
Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥49,980 (前週比:-589円↓)

  • メーカー希望小売価格(税別):¥61,000
  • 発売日:2019年 1月18日

タイプ:腕時計型 OS:Wear OS by Google(Android Wear) 搭載センサー:加速度センサー/ジャイロセンサー/GPS/圧力(気圧/高度)センサー/方位(磁気)センサー Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]の価格比較
  • Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]のスペック・仕様
  • Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]のレビュー
  • Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]のクチコミ
  • Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]の画像・動画
  • Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]のピックアップリスト

Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]カシオ

最安価格(税込):¥49,980 (前週比:-589円↓) 発売日:2019年 1月18日

  • Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]の価格比較
  • Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]のスペック・仕様
  • Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]のレビュー
  • Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]のクチコミ
  • Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]の画像・動画
  • Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]のピックアップリスト

あなたのレビューを投稿しませんか?

Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]

Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:80人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ウェアラブル端末・スマートウォッチ
2件
7件
ドローン・マルチコプター
1件
2件
もっと見る
満足度2
デザイン5
操作性2
機能性4
サイズ・装着感3
バッテリー1
期待が大きかっただけに

山(地図)とアクティビティ(ランニング)、普段使いのスマホ通知連動用に購入。
前スマートウオッチはガーミンのINSTINCTでした。

1/18発売日に購入して、翌日1/19-20に-13℃の八ヶ岳天狗岳で雪山テン泊、そして1/26-27に-20℃の寒波の中、南アルプス鳳凰山に雪山テン泊にF30装着して行ってきた感想も述べます。

【デザイン】
一言で言うとかっこいい。プロトレックを持っているんだ...と、所有感には浸れます。
ガーミンは軍用かと思える程機能に特化してシンプル。質感は一番安いG-SHOCK並。

また、他の方もおっしゃってますが、ベゼルが無駄に太すぎ。
今時スマホでも狭ベゼルが全盛なので、デザイン優先だとしたら機能を優先してほしかった。

【操作性】
やはりと言うかボタンは押しずらい。
フリックもヌルっと動く感じ。
5つのボタンを駆使してすべての操作を操れるガーミンに比べると、Wear OSがタッチパネルに操作の大半を頼るのは仕方ないが反応に鈍くてストレスを感じる。
特に雪山だとグローブ外すと一瞬で凍傷になりかけるので、ボタンだけでも操作できないと困る。(はじめからWear OS機は無理だったのかも?)

【機能性】
普段使いのスマホ連動は優秀。
ガーミンが通知のみに対して、本文の閲覧やLINEのレス(音声入力)も出来ます。しかもかなり正確。
これはWear OSの最大の利点かも?

電子コンパス、気圧、高度はガーミンにも付いているので割愛。
他のスマートウォッチもGPSから高度は割り出せるので、別段プロトレックの優位性とは思わない。
むしろ機能を呼び出す時に無駄なアニメーションで一瞬待たされるのがイラつく。

【サイズ・装着感】
ガーミンのINSTINCTと比べると重い。他のスマートウォッチに比べても軽い方ではない。
1W仕事でも装着していたが気になるほどではない。
ベルトが長いので、雪山用のハードシェルジャケットの上からでも装着できるのはありがたい。(けっこうギリ)
逆に素肌に装着するとベルト余りまくり。

【バッテリー】
予想していたが、切れるのが早い。
普段使いで業務用スマホと連動しているので、電話とSMSの通知が一日50件程度。
通知内容をF30で閲覧するとバッテリーの減り方がハンパ無い。業務用としてはオススメできない。

また、なぜかYAMAPを起動すると、エクステンドモードにできない。
結果的に夜にはバッテリーが半分以下。翌日の行動の為にテントの中で充電することになるが、マグネットがすぐに外れるので、バッテリーとケーブルとF30の位置関係に気を遣うことになるのがイラつく。

【山での使用】
-20℃でウェア外付けでも機能していたのは優秀。
しかし、YAMAPは現在地の確認には使えるが、画面が小さくてコース全体を見るには適さない。
縮尺に対する距離もわからないので、次のポイントまでの距離が分からない。
自分で最小から最大までの縮尺に対する中心から画面端までの距離を計算したが、一般の人には覚えられるものではない。
バージョンアップに期待。

自分の場合、自作の地図をスマホの地図ロイドアプリに読み込ませて、これまた自作のGPXファイルでルートを構成。
トレイル中は休憩ポイント毎に距離(直線ではなくルート上の距離)と現在の平均速度から到着予定時刻を割り出してペース配分しています。
以前は地図ロイドのアドオンでスマートウオッチに対応していたのですが、作者がWear OS用の開発を断念してしまいました。

なので現在私の要求にマッチするようなスマートウオッチアプリは存在しないのが現状。

【総評】
スマホを見る頻度が少なくなればと期待して購入しましたが、スマホの通知だけならプロトレックである必要性はありません。
肝心の山での使用は機能に特化しきれず中途半端な気がします。
なにかハード的にはスゲーの作ったぞ!...とカシオさんの意気込みは感じられるのですが、ソフトがヘボすぎる。

1/26-27の山行中YAMAPが2度フリーズがあり、強制リセット(電源ボタン長押し)
Wear OS機は、まだ出始めのスマホ(Android 2.x時代くらい)並だと思った方が良いのかもしれません。

また1/27にテント内で早朝充電したのですが、低温過ぎてモバイルバッテリーがうまく機能せず。
たぶん暖かいシュラフ内で充電できれば良かったのですが、ケーブルのマグネットすぐ外れる問題で実現できず。
結果的に26%→39%までしか充電できずに山頂アタックに出発。11時にテントに戻る頃にはほぼ枯渇。
マルチタイムピースモードに切り替えて気が付きましたが、腕の傾きでバックライト自動点灯しないんですね。
しかも赤色で超見ずらい。夜は使えない。

カシオさんには歴代プロトレックの名に恥じる事の無いように(新型出るたびにプロトレック買い換えています)完成度(ソフトの監修等)を高めてもらいたいと期待を込めて、辛口のコメントにさせていただきました。

2019/6/12追記
作者がWaerOSの開発を止めてしまったと言いましたが、なんと対応。
もう少し早ければ手放さずに使い続けていたかもしれません。
なので機能性評価を+1増やしました。

参考になった68人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度2
デザイン5
操作性2
機能性3
サイズ・装着感3
バッテリー1
期待が大きかっただけに
   

隣はPRW-60

   

山(地図)とアクティビティ(ランニング)、普段使いのスマホ通知連動用に購入。
前スマートウオッチはガーミンのINSTINCTでした。

1/18発売日に購入して、翌日1/19-20に-13℃の八ヶ岳天狗岳で雪山テン泊、そして1/26-27に-20℃の寒波の中、南アルプス鳳凰山に雪山テン泊にF30装着して行ってきた感想も述べます。

【デザイン】
一言で言うとかっこいい。プロトレックを持っているんだ...と、所有感には浸れます。
ガーミンは軍用かと思える程機能に特化してシンプル。質感は一番安いG-SHOCK並。

また、他の方もおっしゃってますが、ベゼルが無駄に太すぎ。
今時スマホでも狭ベゼルが全盛なので、デザイン優先だとしたら機能を優先してほしかった。

【操作性】
やはりと言うかボタンは押しずらい。
フリックもヌルっと動く感じ。
5つのボタンを駆使してすべての操作を操れるガーミンに比べると、Wear OSがタッチパネルに操作の大半を頼るのは仕方ないが反応に鈍くてストレスを感じる。
特に雪山だとグローブ外すと一瞬で凍傷になりかけるので、ボタンだけでも操作できないと困る。(はじめからWear OS機は無理だったのかも?)

【機能性】
普段使いのスマホ連動は優秀。
ガーミンが通知のみに対して、本文の閲覧やLINEのレス(音声入力)も出来ます。しかもかなり正確。
これはWear OSの最大の利点かも?

電子コンパス、気圧、高度はガーミンにも付いているので割愛。
他のスマートウォッチもGPSから高度は割り出せるので、別段プロトレックの優位性とは思わない。
むしろ機能を呼び出す時に無駄なアニメーションで一瞬待たされるのがイラつく。

【サイズ・装着感】
ガーミンのINSTINCTと比べると重い。他のスマートウォッチに比べても軽い方ではない。
1W仕事でも装着していたが気になるほどではない。
ベルトが長いので、雪山用のハードシェルジャケットの上からでも装着できるのはありがたい。(けっこうギリ)
逆に素肌に装着するとベルト余りまくり。

【バッテリー】
予想していたが、切れるのが早い。
普段使いで業務用スマホと連動しているので、電話とSMSの通知が一日50件程度。
通知内容をF30で閲覧するとバッテリーの減り方がハンパ無い。業務用としてはオススメできない。

また、なぜかYAMAPを起動すると、エクステンドモードにできない。
結果的に夜にはバッテリーが半分以下。翌日の行動の為にテントの中で充電することになるが、マグネットがすぐに外れるので、バッテリーとケーブルとF30の位置関係に気を遣うことになるのがイラつく。

【山での使用】
-20℃でウェア外付けでも機能していたのは優秀。
しかし、YAMAPは現在地の確認には使えるが、画面が小さくてコース全体を見るには適さない。
縮尺に対する距離もわからないので、次のポイントまでの距離が分からない。
自分で最小から最大までの縮尺に対する中心から画面端までの距離を計算したが、一般の人には覚えられるものではない。
バージョンアップに期待。

自分の場合、自作の地図をスマホの地図ロイドアプリに読み込ませて、これまた自作のGPXファイルでルートを構成。
トレイル中は休憩ポイント毎に距離(直線ではなくルート上の距離)と現在の平均速度から到着予定時刻を割り出してペース配分しています。
以前は地図ロイドのアドオンでスマートウオッチに対応していたのですが、作者がWear OS用の開発を断念してしまいました。

なので現在私の要求にマッチするようなスマートウオッチアプリは存在しないのが現状。

【総評】
スマホを見る頻度が少なくなればと期待して購入しましたが、スマホの通知だけならプロトレックである必要性はありません。
肝心の山での使用は機能に特化しきれず中途半端な気がします。
なにかハード的にはスゲーの作ったぞ!...とカシオさんの意気込みは感じられるのですが、ソフトがヘボすぎる。

1/26-27の山行中YAMAPが2度フリーズがあり、強制リセット(電源ボタン長押し)
Wear OS機は、まだ出始めのスマホ(Android 2.x時代くらい)並だと思った方が良いのかもしれません。

また1/27にテント内で早朝充電したのですが、低温過ぎてモバイルバッテリーがうまく機能せず。
たぶん暖かいシュラフ内で充電できれば良かったのですが、ケーブルのマグネットすぐ外れる問題で実現できず。
結果的に26%→39%までしか充電できずに山頂アタックに出発。11時にテントに戻る頃にはほぼ枯渇。
マルチタイムピースモードに切り替えて気が付きましたが、腕の傾きでバックライト自動点灯しないんですね。
しかも赤色で超見ずらい。夜は使えない。

カシオさんには歴代プロトレックの名に恥じる事の無いように(新型出るたびにプロトレック買い換えています)完成度(ソフトの監修等)を高めてもらいたいと期待を込めて、辛口のコメントにさせていただきました。

参考になった58

「Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]

Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]
カシオ

Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]

最安価格(税込):¥49,980発売日:2019年 1月18日 価格.comの安さの理由は?

Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30-BK [ブラック]をお気に入り製品に追加する <170

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ウェアラブル端末・スマートウォッチ]

ウェアラブル端末・スマートウォッチの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ウェアラブル端末・スマートウォッチ)

ご注意