『未体験ゾーンの楽しみ』 ニコン COOLPIX P1000 free7さんのレビュー・評価

2018年 9月14日 発売

COOLPIX P1000

  • 光学125倍ズームを搭載したコンパクトデジタルカメラ。広角24mmから3000mm相当の超望遠光学125倍ズームを、気軽に持ち歩けるボディサイズで実現。
  • 3840×2160/30p対応、最長約29分のステレオ音声付き4K UHDムービー撮影が可能。フルHDの4倍の高画素で撮れるので、超望遠撮影時にも被写体の細部まで表現。
  • ピント合わせや露出補正などの機能を割り当てできるコントロールリングを搭載。画質の劣化を気にせず画像編集が可能な、独自のRAW(NRW)ファイルに対応。
COOLPIX P1000 製品画像
最安価格(税込):

¥115,000

(前週比:-1,800円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥117,311

デジ楽

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥105,400 (13製品)


価格帯:¥115,000¥161,300 (43店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥122,000 〜 ¥149,800 (全国706店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:1679万画素(総画素)/1605万画素(有効画素) 光学ズーム:125倍 撮影枚数:250枚 COOLPIX P1000のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • COOLPIX P1000の価格比較
  • COOLPIX P1000の中古価格比較
  • COOLPIX P1000の買取価格
  • COOLPIX P1000の店頭購入
  • COOLPIX P1000のスペック・仕様
  • COOLPIX P1000の純正オプション
  • COOLPIX P1000のレビュー
  • COOLPIX P1000のクチコミ
  • COOLPIX P1000の画像・動画
  • COOLPIX P1000のピックアップリスト
  • COOLPIX P1000のオークション

COOLPIX P1000ニコン

最安価格(税込):¥115,000 (前週比:-1,800円↓) 発売日:2018年 9月14日

  • COOLPIX P1000の価格比較
  • COOLPIX P1000の中古価格比較
  • COOLPIX P1000の買取価格
  • COOLPIX P1000の店頭購入
  • COOLPIX P1000のスペック・仕様
  • COOLPIX P1000の純正オプション
  • COOLPIX P1000のレビュー
  • COOLPIX P1000のクチコミ
  • COOLPIX P1000の画像・動画
  • COOLPIX P1000のピックアップリスト
  • COOLPIX P1000のオークション

『未体験ゾーンの楽しみ』 free7さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

COOLPIX P1000のレビューを書く

free7さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:258人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
3件
84件
スマートフォン
2件
53件
コンバージョンレンズ・アダプタ
1件
10件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性3
液晶4
ホールド感5
未体験ゾーンの楽しみ

購入後ひと月経ったので、ちょっとだけレビューします。何かの参考になれば幸いです。

まず、このカメラの購入動機ですが、それはたった一つだけ。「野鳥たちの生き生きとした姿を動画で撮りたい」です。今まで静止画中心に撮影していましたが、なんというか、物足りなさを感じるようになりました。

<このカメラに対する私の主観>

静止画→これを目的に購入した方は、ほとんど後悔すると思います。野鳥の静止画を撮るためのスペックがあまりにも低いから(詳細は省きます・鳥モードは使用厳禁がお勧め)。→手放してしまう。

動画→24mmから3000mmまでの画角で、遠くの野鳥たちの姿を生き生きと撮れる。<3840×2160/30p>(4K UHD)29分連続撮影可 そこから最高の瞬間を、後でソフトを使い静止画としてスナップショットで保存もOK→大満足(3000oで4K動画撮れるのは世界でただひとつ) しかも、これ、でかいですがコンデジです(笑)

動画の場合、三脚必須となります。そうでないと、必ず後悔します。300mm〜500mm程度なら問題ありませんが、それ以上の焦点距離を使うと、とても手振れを抑えることが出来ないからです。

動画のAFは、動きものでもフレームの中心付近を合わせ続けてくれます。反応は速いとは言えませんが、そこそこ頑張っています。
MFは、ピーキングが役立ちます。また、モードダイヤルを動画Mにして、AF/MFレバーをMFにした場合、レンズのサイドバーをMFピント調整に割り当てることも可能となります。。

参考動画は、上のホームマークから飛んで下さい。失敗動画も含めて見ることが出来ます。

<現在使っている設定>

画質 FINE
画像サイズ 3:: 2

ノイズ低減フィルター 弱め
アクティブDライティング 弱め

ピクチャーコントロール スタンダード(輪郭強調+1 色の濃さ ゼロ)
ここは使う人の好みの問題。一番最初の撮影ではビビッドを使用したが、一瞬キレイに見えるが派手になり過ぎた(笑)

連射→単射(バッファが少ない、連射した後の書き込みが長過ぎるので、静止画の連射はNG)
ISO感度100

AFエリア スポット・標準・ターゲット追尾を使い分け

動画設定 2160/30p
AF−S、AF−Fは被写体の状態で積極的に変更 / とまり物はMFを選択
風切り音低減 ON
サイドズームレバー設定 MF

クイックバックズームを活用すれば、照準器がなくてもフレームに入れることが出来る。ただ、照準器があった方がはるかに便利なのは言うまでもない。ホットシューに取り付けるタイプをよく見かけるがお高いですね。
しかも目線が上下するのでお勧めしない。できれば両眼視(照準器とファインダーが横並び)可能なものを導入すべき。
私は、三脚穴にロングプレートを付けているので、ホットシューからステーを工夫し、コの字で吊り下げるようにしたいと現在検討中。

充電器はUSB接続タイプのを別途購入(互換バッテリー2個付き)動画撮影は減りが速いので。また、純正充電方法は、本体にバッテリーを入れたままmicroUSBでの充電となり、それをしている間はカメラが使えない。これは改善して欲しいところです。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B09SZ8PHB3/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o02_s00?ie=UTF8&psc=1

機材ブレを抑えるためにも、リモコンは役立つ。リモコン ML-L7(高いが、ズームへも対応する・ブルートゥース接続)  リモートコード MC-DC2(こちらの方が安いが、ズームへの操作は対応しない)

三脚は、コンパクトに折りたためるタイプ(43pになる)ものと上位一眼でも使えるカーボン製ものと、2本を目的・撮影場所別に使い分けている。

カメラケース(Amazonベーシック) 底が防水で、しかも自立しジャストサイズで、まるで専用ケース。しかもお安いです。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B008MWBY6W/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o03_s00?ie=UTF8&psc=1

<2刀流>

P1000は動画専用。静止画はPanasonic G9+100-400(換算800mmの望遠)。どちらも軽さは正義!のカメラで、ずっと使いたいですね。

G9では絶対撮れない画角での4K動画がP1000で撮れ、P1000では絶対撮れない秒間60コマの超高速連射がG9では撮れる。シャッター押す前1秒が4Kプリ連射により、飛び出しが簡単に撮れる。

最後に、使っている動画編集ソフトについて。3つありますが、用途によって使い分けています。
1、VideoPad (ズームトリミングなど直感的に使えて、非常に使いやすい。また、文字入れが一番やりやすい)
2、Shotcut (カラー調整・シャープ調整・手振れ補正などなど、役に立ちます。静止画を切り出すのは、一番良い)
3、DaVinci Resolve (3つの中では、最も高機能なソフトですが、文字が小さ過ぎて、自分には使いづらい)
どれも素晴らしいソフトですが、使い方はユーチューブにたくさん上がっているので、参考にすればすぐに使えます。

総論として、10万円で、未体験の楽しさが味わえるカメラ、他にはありません。長く使って行きたいものですね。
数か月後に、また追加レビューをするつもりなので、お楽しみに。

追伸 Nikonのサポートセンターのメールでのレスポンスは流石です。頼りになります。

(誤)参考動画は、上のホームマークから飛んで下さい
(正)参考動画は、左上の名前のリンクから入り、ホームページへ飛んで下さい。

レベル
アマチュア
主な被写体
その他

参考になった13人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性3
液晶4
ホールド感5
未体験ゾーンの楽しみ
別機種
別機種
 

 

購入後ひと月経ったので、ちょっとだけレビューします。何かの参考になれば幸いです。

まず、このカメラの購入動機ですが、それはたった一つだけ。「野鳥たちの生き生きとした姿を動画で撮りたい」です。今まで静止画中心に撮影していましたが、なんというか、物足りなさを感じるようになりました。

<このカメラに対する私の主観>

静止画→これを目的に購入した方は、ほとんど後悔すると思います。野鳥の静止画を撮るためのスペックがあまりにも低いから(詳細は省きます・鳥モードは使用厳禁がお勧め)。→手放してしまう。

動画→24mmから3000mmまでの画角で、遠くの野鳥たちの姿を生き生きと撮れる。<3840×2160/30p>(4K UHD)29分連続撮影可 そこから最高の瞬間を、後でソフトを使い静止画としてスナップショットで保存もOK→大満足(3000oで4K動画撮れるのは世界でただひとつ) しかも、これ、でかいですがコンデジです(笑)

動画の場合、三脚必須となります。そうでないと、必ず後悔します。300mm〜500mm程度なら問題ありませんが、それ以上の焦点距離を使うと、とても手振れを抑えることが出来ないからです。

動画のAFは、動きものでもフレームの中心付近を合わせ続けてくれます。反応は速いとは言えませんが、そこそこ頑張っています。
MFは、ピーキングが役立ちます。また、モードダイヤルを動画Mにして、AF/MFレバーをMFにした場合、レンズのサイドバーをMFピント調整に割り当てることも可能となります。。

参考動画は、上のホームマークから飛んで下さい。失敗動画も含めて見ることが出来ます。

<現在使っている設定>

画質 FINE
画像サイズ 3:: 2

ノイズ低減フィルター 弱め
アクティブDライティング 弱め

ピクチャーコントロール スタンダード(輪郭強調+1 色の濃さ ゼロ)
ここは使う人の好みの問題。一番最初の撮影ではビビッドを使用したが、一瞬キレイに見えるが派手になり過ぎた(笑)

連射→単射(バッファが少ない、連射した後の書き込みが長過ぎるので、静止画の連射はNG)
ISO感度100

AFエリア スポット・標準・ターゲット追尾を使い分け

動画設定 2160/30p
AF−S、AF−Fは被写体の状態で積極的に変更 / とまり物はMFを選択
風切り音低減 ON
サイドズームレバー設定 MF

クイックバックズームを活用すれば、照準器がなくてもフレームに入れることが出来る。ただ、照準器があった方がはるかに便利なのは言うまでもない。ホットシューに取り付けるタイプをよく見かけるがお高いですね。
しかも目線が上下するのでお勧めしない。できれば両眼視(照準器とファインダーが横並び)可能なものを導入すべき。
私は、三脚穴にロングプレートを付けているので、ホットシューからステーを工夫し、コの字で吊り下げるようにしたいと現在検討中。

充電器はUSB接続タイプのを別途購入(互換バッテリー2個付き)動画撮影は減りが速いので。また、純正充電方法は、本体にバッテリーを入れたままmicroUSBでの充電となり、それをしている間はカメラが使えない。これは改善して欲しいところです。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B09SZ8PHB3/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o02_s00?ie=UTF8&psc=1

機材ブレを抑えるためにも、リモコンは役立つ。リモコン ML-L7(高いが、ズームへも対応する・ブルートゥース接続)  リモートコード MC-DC2(こちらの方が安いが、ズームへの操作は対応しない)

三脚は、コンパクトに折りたためるタイプ(43pになる)ものと上位一眼でも使えるカーボン製ものと、2本を目的・撮影場所別に使い分けている。

カメラケース(Amazonベーシック) 底が防水で、しかも自立しジャストサイズで、まるで専用ケース。しかもお安いです。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B008MWBY6W/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o03_s00?ie=UTF8&psc=1

<2刀流>

P1000は動画専用。静止画はPanasonic G9+100-400(換算800mmの望遠)。どちらも軽さは正義!のカメラで、ずっと使いたいですね。

G9では絶対撮れない画角での4K動画がP1000で撮れ、P1000では絶対撮れない秒間60コマの超高速連射がG9では撮れる。シャッター押す前1秒が4Kプリ連射により、飛び出しが簡単に撮れる。

最後に、使っている動画編集ソフトについて。3つありますが、用途によって使い分けています。
1、VideoPad (ズームトリミングなど直感的に使えて、非常に使いやすい。また、文字入れが一番やりやすい)
2、Shotcut (カラー調整・シャープ調整・手振れ補正などなど、役に立ちます。静止画を切り出すのは、一番良い)
3、DaVinci Resolve (3つの中では、最も高機能なソフトですが、文字が小さ過ぎて、自分には使いづらい)
どれも素晴らしいソフトですが、使い方はユーチューブにたくさん上がっているので、参考にすればすぐに使えます。

総論として、10万円で、未体験の楽しさが味わえるカメラ、他にはありません。長く使って行きたいものですね。
数か月後に、また追加レビューをするつもりなので、お楽しみに。

追伸 Nikonのサポートセンターのメールでのレスポンスは流石です。頼りになります。

レベル
アマチュア
主な被写体
その他

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「COOLPIX P1000」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
すこし重量・大きさが増えてきたが、性能に大満足  5 2022年7月25日 10:23
未体験ゾーンの楽しみ  4 2022年6月6日 11:25
地元de試し撮り  4 2022年3月6日 00:12
ニコンに感動。  5 2022年1月3日 15:18
サブカメラとしてなら最高  5 2021年10月4日 15:56
何となく高額  3 2021年8月11日 04:27
月や野鳥の撮影で感動  4 2021年6月19日 09:40
AF精度イマイチ  3 2021年3月27日 12:08
ほぼ3000mmしか使ってない  5 2020年7月15日 22:24
望遠とマクロは素晴らしい。  5 2020年4月19日 23:25

COOLPIX P1000のレビューを見る(レビュアー数:56人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

COOLPIX P1000のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

COOLPIX P1000
ニコン

COOLPIX P1000

最安価格(税込):¥115,000発売日:2018年 9月14日 価格.comの安さの理由は?

COOLPIX P1000をお気に入り製品に追加する <1248

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意