『テレ端での光学限界解像度は4M、制限多く、難しいカメラ』 ニコン COOLPIX P1000 グリのグラタンさんのレビュー・評価

2018年 9月14日 発売

COOLPIX P1000

  • 光学125倍ズームを搭載したコンパクトデジタルカメラ。広角24mmから3000mm相当の超望遠光学125倍ズームを、気軽に持ち歩けるボディサイズで実現。
  • 3840×2160/30p対応、最長約29分のステレオ音声付き4K UHDムービー撮影が可能。フルHDの4倍の高画素で撮れるので、超望遠撮影時にも被写体の細部まで表現。
  • ピント合わせや露出補正などの機能を割り当てできるコントロールリングを搭載。画質の劣化を気にせず画像編集が可能な、独自のRAW(NRW)ファイルに対応。
COOLPIX P1000 製品画像
最安価格(税込):

¥114,980

(前週比:+5,412円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥114,980

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥89,800 (1製品)


価格帯:¥114,980¥134,750 (42店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥114,980 〜 ¥121,270 (全国704店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:1679万画素(総画素)/1605万画素(有効画素) 光学ズーム:125倍 撮影枚数:250枚 COOLPIX P1000のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • COOLPIX P1000の価格比較
  • COOLPIX P1000の中古価格比較
  • COOLPIX P1000の買取価格
  • COOLPIX P1000の店頭購入
  • COOLPIX P1000のスペック・仕様
  • COOLPIX P1000の純正オプション
  • COOLPIX P1000のレビュー
  • COOLPIX P1000のクチコミ
  • COOLPIX P1000の画像・動画
  • COOLPIX P1000のピックアップリスト
  • COOLPIX P1000のオークション

COOLPIX P1000ニコン

最安価格(税込):¥114,980 (前週比:+5,412円↑) 発売日:2018年 9月14日

  • COOLPIX P1000の価格比較
  • COOLPIX P1000の中古価格比較
  • COOLPIX P1000の買取価格
  • COOLPIX P1000の店頭購入
  • COOLPIX P1000のスペック・仕様
  • COOLPIX P1000の純正オプション
  • COOLPIX P1000のレビュー
  • COOLPIX P1000のクチコミ
  • COOLPIX P1000の画像・動画
  • COOLPIX P1000のピックアップリスト
  • COOLPIX P1000のオークション

『テレ端での光学限界解像度は4M、制限多く、難しいカメラ』 グリのグラタンさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

COOLPIX P1000のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

グリのグラタンさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:150人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
7件
100件
レンズ
10件
3件
デジタル一眼カメラ
2件
7件
もっと見る
満足度2
デザイン3
画質1
操作性3
バッテリー3
携帯性無評価
機能性3
液晶2
ホールド感3
テレ端での光学限界解像度は4M、制限多く、難しいカメラ
別機種高倍率ズーム機集合ww
   

高倍率ズーム機集合ww

   

高倍率ズーム機は、RX10M4、B700、P900、P1000と所有しています。
P1000は、デザインがUGLY、暗いレンズで、全く買う気がありませんでしたが、
ポイント還元が多くなったのに釣られましたw

デザインは、3日もすると、慣れて気になりませんw
ボディの質感も悪くないのですが、やっぱりB700、P900の方が美しい。

タイトルは刺激的ですが、レンズの開放F値で解像限界が決まるのは、不動の真理。
超解像、回折補正処理などは、視覚的なシャープさを上げるだけ、解像度が上がるわけではない。
画像処理でレンズの限界を超えられるなら、レンズ設計者が工夫する意味が無くなり、
それこそ最近はやりの「singularity」ですねww

さて、テレ端の4Mの説明に移ります。
理想レンズのF1.0での分解能は、約1500ラインペア/mm。
これは、白黒のペアを一本と数えますので、解像度に直すと、3000ドット/mm。
(ここを勘違いしている人が非常に多く、1500ラインペア/mmを、
1500ドット/mmとして計算する記述がそこら中にあふれています。)
F値に反比例して、分解能が落ちますので、F8での分解能は、
3000ドット/mmを1/8し、375ドット/mm
1/2.3インチセンサーの横幅は、6.2mmですので、
横方向は、375x6.2=2325、画素数としては、2325*1743=4.05M
センサー画素数16Mですが、テレ端ではレンズがローパスフィルタとして作用し、
画像がボケボケ。
ちなみに、16M画素をフルに生かすには、フルサイズゴーヨン相当のレンズが必要で、
一体おいくら万円になるのかwww
結局、現状の価格にするため、大きな妥協がされたカメラだという事です。
ほとんどの高倍率ズームコンデジも同じ状況で、
テレ端のレンズ分解能がセンサー解像度を上回っているのは、
ソニーRX10M4と、パナのFZ300の2機種位です。

テレ端での実効解像度を、RX10M4、B700、P900で比較しました。
RX10M4の解像度を1とします。途中省略、結果のみ。
B700 1.25
P900 1.79
P1000 2.12
ご覧の通り、レンズの焦点距離の差ほどは、実効解像度の差は無し。

しかも、これは無限遠での比較ですので、近距離撮影では更に差が縮まり、
最短撮影距離では、RX10M4の圧勝。
テレ端のレンズ端からの最短撮影距離は、
RX10M4 0.72m
B700 2m
P900 5m
P1000 7m!
RX10M4は、P1000と比較し、最短距離では、(7/0.72)/2.12 = 4.58倍の大きさで撮影できます。
当然ですが、P1000は、近接撮影には全く向いていないカメラという事です。
都会のカワセミなどは、慣れると、2m位まで寄らせてくれるので、この差は大きい。
ご近所のカワセミ撮りには、B700が最適ですね。デザインもGOODですし。

以下は使った感想です。

・大きいけど、意外に軽い。通勤に常時帯同は無理。ラッシュで破壊するw

・ファインダーは、P900までの井戸の底を覗く感じは無く、広々。
 ただ、液晶モニターと色が合わず、特に淡い色が全然違う色に見える。
 ニコンは昔から、色に無頓着で、基準ができていない。
 この点は、明確にSONY、キヤノンに今でも負けています。

・ボディ性能は、10年前水準。連写機能は、現行コンデジ最弱レベル。
 7コマ/秒で一秒ぽっきり、それ以外は、1コマ/秒、画素数に無関係。
 B700では3コマ/秒、P900では2コマ/秒とズーム倍率が伸びると同時に、
 連写が順調にスペックダウンwww
 このことからも、B700が一番実用的。

・テレ端の露出制御というか、画面表示に問題あり。
 テレ端で昼間の日陰で撮影すると、AFするたびに画面が一瞬暗転します。
 明るい場所では問題無いので、バグでしょう。

・テレ端は、絞り固定
 テレ端は、F8以外の絞りが設定不能。
 上述の通り、レンズが開放で既に小絞りボケなので、絞る意味は全くないですが。

・2000mmからは、200mm単位のステップズーム
 2000mmから3000mmは、5段階しかズームできません。
 実用上、問題無いとは思いますが。

・テレ端のAFはのんびりで、良くピントを外す。
 暗いレンズの弊害なのか、AF遅く、良く外すし、ピント復帰ものんびり、
 枝を飛び回る小鳥などを撮るには、相当な工夫が必要でしょう。

・電子水準器は、精度が高くて良い。SONYより誤差が半分位で、十分信用できる。
 SONYは、水平合わせても、結構ずれる場合が多い。

・ワイ端の画質は、少し落ちた。(B700、P900比)特に逆光に弱く、ゴースト、フレアが盛大。
 フード付属はその対策か?

・AF補助光は、グリップに強力なLEDが3連装で、強力。
 レンズが暗く、最短距離が長いので、パワーが必要なのでしょうね。

・画質は、デフォルトはいかにもコンデジチックなシャープネス、コントラスト強め、NRバリバリなので、
 シャープネス、コントラストは、マイナス調整し、NRも弱にした方が自然な画質になります。

総論として、135換算3000mmは、キャッチフレーズとしては良いですが、レンズ、ボディとも貧弱な性能。
MFフィルムカメラの時代は、こういった暗くて焦点距離の長いレンズが多数発売されていた気がします。
せめて開放F6.5ならば、6M画素相当の分解能はあるのですが、カメラが更に巨大になります。

レンズ性能、テレ端撮影距離、連写性能の限界を熟知したうえで、あえて使うのならば、後悔しないでしょうが、
万能のカメラとはとても言えないので、人を選ぶカメラでしょう。

猛禽類など、近づくのが困難な被写体を遠くから撮影するには良いとは思いますが、
連写機能が貧弱で、AFも遅いので、決定的瞬間のゲットには、大変な努力が必要だと思います。

とはいえ、125倍ズームという甘い誘惑は、抗いがたいものもあり、男のロマンを刺激しますww
次回は、F9で4000mm換算位?実焦点距離700mmならば、それくらいになります。
光学的解像度は、更に低下し、3M程度になりますが。
5000mmになると、実焦点距離が800mm超えになるので、さすがに無理そうですね。。


レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった29

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「COOLPIX P1000」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ほぼ3000mmしか使ってない  5 2020年7月15日 22:24
望遠とマクロは素晴らしい。  5 2020年4月19日 23:25
設置が大切  5 2020年3月14日 17:55
3000oでISSが簡単に  5 2020年2月7日 11:14
超望遠の世界  5 2020年1月18日 23:08
望遠レンズ購入前の選択肢に入れて欲しい。  5 2020年1月2日 21:38
テレ端での光学限界解像度は4M、制限多く、難しいカメラ  2 2019年12月28日 16:28
p1000のレビュー  5 2019年10月31日 08:57
望遠カメラのコンデジで最高画質  4 2019年10月28日 17:33
野鳥撮影  5 2019年10月1日 21:09

COOLPIX P1000のレビューを見る(レビュアー数:48人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

COOLPIX P1000のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

COOLPIX P1000
ニコン

COOLPIX P1000

最安価格(税込):¥114,980発売日:2018年 9月14日 価格.comの安さの理由は?

COOLPIX P1000をお気に入り製品に追加する <1211

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意