『メイン機にも十分なり得る!が・・・』 DJI Mavic 2 Pro Yukimitukiさんのレビュー・評価

2018年 8月 発売

Mavic 2 Pro

  • 「Hasselblad L1D-20c カメラ」を搭載したドローン。Hasselbladの独自カラー技術により、色彩の細部まで忠実に再現できる20MPの空撮映像を撮影可能。
  • 1型CMOSセンサーの有効検知範囲が前モデル「Mavic Pro」と比べて4倍になり、より多く光を取り込めるため、低照度環境下でもすぐれた性能を発揮する。
  • 10-bit Dlog-Mカラープロファイル、4K 10-bit HDRに対応。F2.8-F11の範囲で調整できる絞りを内蔵し、どのような光量環境下でも高画質を実現。
Mavic 2 Pro 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥186,900

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥186,900〜¥219,609 (35店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥197,560 〜 ¥199,590 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

カメラ搭載有無:標準 FPV:○ 動画解像度:3840x2160 飛行時間:31分 重量:907g Mavic 2 Proのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Mavic 2 Proの価格比較
  • Mavic 2 Proの店頭購入
  • Mavic 2 Proのスペック・仕様
  • Mavic 2 Proのレビュー
  • Mavic 2 Proのクチコミ
  • Mavic 2 Proの画像・動画
  • Mavic 2 Proのピックアップリスト
  • Mavic 2 Proのオークション

Mavic 2 ProDJI

最安価格(税込):¥186,900 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 8月

  • Mavic 2 Proの価格比較
  • Mavic 2 Proの店頭購入
  • Mavic 2 Proのスペック・仕様
  • Mavic 2 Proのレビュー
  • Mavic 2 Proのクチコミ
  • Mavic 2 Proの画像・動画
  • Mavic 2 Proのピックアップリスト
  • Mavic 2 Proのオークション

『メイン機にも十分なり得る!が・・・』 Yukimitukiさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Mavic 2 Proのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ドローン・マルチコプター
1件
8件
ベアボーン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
操作性5
バッテリー5
静音性5
画質5
メイン機にも十分なり得る!が・・・

★満足度について
動画撮影に使う場合は、4K60fpsで撮影できて、コントローラからHDMIの出力が出来れば惜しい点なしでした。※1
写真撮影に使う場合は、十分メインとして力を発揮します。

★デザインについて
機体のデザインはMavic Proからの正当進化という感じです。
お腹の部分は超音波センサーが無くなり赤外線センサーに変わっています。
地上で録音中に、超音波センサーからのプツプツという嫌なノイズがマイクに入ることはなくなったのは良い点です。
冷却用のエアインテークが戦闘機のそれのようでかっこいいです。
Fly Moreキットに付属しているショルダーバッグは、Mavic Proのショルダーバッグとデザインはほぼ同じです。
大きさは機体やバッテリーが一回り大きくなったのに合わせてか、バッグも一回り大きくなっています。
使い心地は慣れれば問題ないかもしれませんが、ピッタシに作りすぎてて少し窮屈に感じるかもしれません。
機体やバッテリーが大きくなったため、Mavic Proからの買い替えでケースを流用しようと考えている場合は注意が必要です。
ギリギリピッタシのケースでは入らないかもしれません。

★操作性について
DJI GO4の操作性については従来機と大きく変わりませんが、Active Trackの追尾能力が優れていますが、動く対象物を追尾する場合は待ち構えて画面タッチでは追尾できないため、対象物をロックするまで同じ大きさ同じ位置に表示されるように手動で追尾する必要があります。
リモートコントローラのデザインはMavic Proとほぼ同じです。スティックがセンターの状態から動かす際、個人差はあるかと思いますが、最初のあたりが若干強めに感じるので、動画撮影では静から動に移行する際のギャップを抑えるのが若干難しいかもしれません。
飛行モード切替スイッチは右側面に配置されたスライドスイッチです。
トグルスイッチと比較すれば操作性は落ちますが、指一本でも操作は可能です。
MAVIC 2ではなくGO4の問題かもしれませんが、ライブ配信モードを使用している際、左上に表示が出ているので配信しているつもりでも、実は配信が行われていないというトラブルが有りました。
ライブ配信モードを使用する場合は、ライブ映像の視聴者側で見えているかもモニターしたほうが間違いありません。

★バッテリーについて
セル数が4セルになり、バッテリーの形状も背が高くなりました。
最大31分のフライト時間は実際に31分飛行することがないとしても、撮影可能時間にゆとりができました。
これまでの感覚で飛ばしていると、バッテリー残量を十分残した状態で着陸することができます。
撮影モードのハイパーラプラスでは、機体がゆっくり移動しながら写真を等間隔で撮影していくため、10〜15秒程度のカットを撮影するのに20分程度かかるため、1カットでバッテリー1本消費という感じです。
映像や写真撮影では、数キロ先まで飛んで撮影して帰ってくるのに十分かと思います。
伸びたからと無茶をすると戻れなくなる可能性もあるので、注意が必要です。

★静音性
飛行音は動画や数値だけでは表現しづらいですが、1インチセンサーを積んだカメラを搭載した、4セルバッテリーで飛行するマルチコプタの中では最も静かな部類に入るかもしれません。
プロペラがMavic Proと比較するとわずかながら、長さとピッチ角度が大きくなっています。
そのため羽根切り音は、Mavic Proより低音よりです。PhantomやInspireよりは間違いなく静かです。
高音よりなMavic Airが離れても飛行音がわかって目立つのに対し、同じような位置に居てもMavic 2は明らかに音が目立ちません。
機体の冷却音は、今までの機体がノートPCだとしたら、この機体の冷却音はロボットか何かでしょうか?かっこいいです(笑


★画質について
1インチセンサーは伊達ではアリません。
夜間の写真撮影時、風がない状態とはいえ6秒間の露光でブレを感じさせない写真が撮れたことには衝撃を受けました。
ライブビューでは1080pで映像伝送が可能で、Mavic Proと同時に飛行した際に2.3km地点まで途切れることなく映像が送られてきました。
本当にHDMI出力がないのが惜しいです。
写真撮影では夜間のISOは1600までが許容かもしれません。オートでは3200、マニュアルで12800まで上げることが可能ですが、防犯カメラのような画質になります(笑


航空局の飛行許可(DID、30m未満、目視外、夜間飛行等)を受けて、検証を実施しています。
GO4で見るMavic 2 Proの様子などをyoutubeに投稿しています。

【DJI MAVIC 2 PROでドローンを追尾&夜景撮影 ActiveTrack target DISCO & MAVIC1 / night hyperlapse & pano】
https://youtu.be/yan6zXOsuyo


※1
2019年現在では、スマートコントローラーを使用する事でHDMI出力が可能になりましたが、HDMIでモニターを接続した場合に無線系に干渉が発生したという報告があります。
目視外飛行などで距離が遠くになると通信障害になるまたはHDMIを使用しない場合よりも距離が出ない可能性があるので、使用する際は留意が必要です。
スマートコントローラについての動画も投稿しています。

DJI スマート送信機でサードパーティアプリを試してみた(性能評価)
https://youtu.be/vIlcsffcNc4

DJI スマート送信機を晴れた日の屋外で、画面の実際の見た目を再現してみた(iPhoneと比較)
https://youtu.be/kTSqrMxMESc

DJIスマート送信機の受信系に干渉するHDMIノイズをスペクトラムアナライザーで見てみた
https://youtu.be/9w2rz9ghDdA
https://youtu.be/P-9l-MSrjMg

参考になった19人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
操作性5
バッテリー5
静音性5
画質5
メイン機にも十分なり得る!が・・・

★満足度について
動画撮影に使う場合は、4K60fpsで撮影できて、コントローラからHDMIの出力が出来れば惜しい点なしでした。※1
写真撮影に使う場合は、十分メインとして力を発揮します。

★デザインについて
機体のデザインはMavic Proからの正当進化という感じです。
お腹の部分は超音波センサーが無くなり赤外線センサーに変わっています。
地上で録音中に、超音波センサーからのプツプツという嫌なノイズがマイクに入ることはなくなったのは良い点です。
冷却用のエアインテークが戦闘機のそれのようでかっこいいです。
Fly Moreキットに付属しているショルダーバッグは、Mavic Proのショルダーバッグとデザインはほぼ同じです。
大きさは機体やバッテリーが一回り大きくなったのに合わせてか、バッグも一回り大きくなっています。
使い心地は慣れれば問題ないかもしれませんが、ピッタシに作りすぎてて少し窮屈に感じるかもしれません。
機体やバッテリーが大きくなったため、Mavic Proからの買い替えでケースを流用しようと考えている場合は注意が必要です。
ギリギリピッタシのケースでは入らないかもしれません。

★操作性について
DJI GO4の操作性については従来機と大きく変わりませんが、Active Trackの追尾能力が優れていますが、動く対象物を追尾する場合は待ち構えて画面タッチでは追尾できないため、対象物をロックするまで同じ大きさ同じ位置に表示されるように手動で追尾する必要があります。
リモートコントローラのデザインはMavic Proとほぼ同じです。スティックがセンターの状態から動かす際、個人差はあるかと思いますが、最初のあたりが若干強めに感じるので、動画撮影では静から動に移行する際のギャップを抑えるのが若干難しいかもしれません。
飛行モード切替スイッチは右側面に配置されたスライドスイッチです。
トグルスイッチと比較すれば操作性は落ちますが、指一本でも操作は可能です。
MAVIC 2ではなくGO4の問題かもしれませんが、ライブ配信モードを使用している際、左上に表示が出ているので配信しているつもりでも、実は配信が行われていないというトラブルが有りました。
ライブ配信モードを使用する場合は、ライブ映像の視聴者側で見えているかもモニターしたほうが間違いありません。

★バッテリーについて
セル数が4セルになり、バッテリーの形状も背が高くなりました。
最大31分のフライト時間は実際に31分飛行することがないとしても、撮影可能時間にゆとりができました。
これまでの感覚で飛ばしていると、バッテリー残量を十分残した状態で着陸することができます。
撮影モードのハイパーラプラスでは、機体がゆっくり移動しながら写真を等間隔で撮影していくため、10〜15秒程度のカットを撮影するのに20分程度かかるため、1カットでバッテリー1本消費という感じです。
映像や写真撮影では、数キロ先まで飛んで撮影して帰ってくるのに十分かと思います。
伸びたからと無茶をすると戻れなくなる可能性もあるので、注意が必要です。

★静音性
飛行音は動画や数値だけでは表現しづらいですが、1インチセンサーを積んだカメラを搭載した、4セルバッテリーで飛行するマルチコプタの中では最も静かな部類に入るかもしれません。
プロペラがMavic Proと比較するとわずかながら、長さとピッチ角度が大きくなっています。
そのため羽根切り音は、Mavic Proより低音よりです。PhantomやInspireよりは間違いなく静かです。
高音よりなMavic Airが離れても飛行音がわかって目立つのに対し、同じような位置に居てもMavic 2は明らかに音が目立ちません。
機体の冷却音は、今までの機体がノートPCだとしたら、この機体の冷却音はロボットか何かでしょうか?かっこいいです(笑


★画質について
1インチセンサーは伊達ではアリません。
夜間の写真撮影時、風がない状態とはいえ6秒間の露光でブレを感じさせない写真が撮れたことには衝撃を受けました。
ライブビューでは1080pで映像伝送が可能で、Mavic Proと同時に飛行した際に2.3km地点まで途切れることなく映像が送られてきました。
本当にHDMI出力がないのが惜しいです。
写真撮影では夜間のISOは1600までが許容かもしれません。オートでは3200、マニュアルで12800まで上げることが可能ですが、防犯カメラのような画質になります(笑


航空局の飛行許可(DID、30m未満、目視外、夜間飛行等)を受けて、検証を実施しています。
GO4で見るMavic 2 Proの様子などをyoutubeに投稿しています。

【DJI MAVIC 2 PROでドローンを追尾&夜景撮影 ActiveTrack target DISCO & MAVIC1 / night hyperlapse & pano】
https://youtu.be/yan6zXOsuyo


※1
2019年現在では、スマートコントローラーを使用する事でHDMI出力が可能になりましたが、HDMIでモニターを接続した場合に無線系に干渉が発生したという報告があります。
目視外飛行などで距離が遠くになると通信障害になるまたはHDMIを使用しない場合よりも距離が出ない可能性があるので、使用する際は留意が必要です。
スマートコントローラについての動画も投稿しています。

DJI スマート送信機でサードパーティアプリを試してみた(性能評価)
https://youtu.be/vIlcsffcNc4

DJI スマート送信機を晴れた日の屋外で、画面の実際の見た目を再現してみた(iPhoneと比較)
https://youtu.be/kTSqrMxMESc

参考になった0

満足度4
デザイン5
操作性5
バッテリー5
静音性5
画質5
メイン機にも十分なり得る!が・・・

ISO 12800

ISO 400 / 露光6秒

ISO 1600 1/4秒

★満足度について
動画撮影に使う場合は、4K60fpsで撮影できて、コントローラからHDMIの出力が出来れば惜しい点なしでした。
写真撮影に使う場合は、十分メインとして力を発揮します。

★デザインについて
機体のデザインはMavic Proからの正当進化という感じです。
お腹の部分は超音波センサーが無くなり赤外線センサーに変わっています。
地上で録音中に、超音波センサーからのプツプツという嫌なノイズがマイクに入ることはなくなったのは良い点です。
冷却用のエアインテークが戦闘機のそれのようでかっこいいです。
Fly Moreキットに付属しているショルダーバッグは、Mavic Proのショルダーバッグとデザインはほぼ同じです。
大きさは機体やバッテリーが一回り大きくなったのに合わせてか、バッグも一回り大きくなっています。
使い心地は慣れれば問題ないかもしれませんが、ピッタシに作りすぎてて少し窮屈に感じるかもしれません。
機体やバッテリーが大きくなったため、Mavic Proからの買い替えでケースを流用しようと考えている場合は注意が必要です。
ギリギリピッタシのケースでは入らないかもしれません。

★操作性について
DJI GO4の操作性については従来機と大きく変わりませんが、Active Trackの追尾能力が優れていますが、動く対象物を追尾する場合は待ち構えて画面タッチでは追尾できないため、対象物をロックするまで同じ大きさ同じ位置に表示されるように手動で追尾する必要があります。
リモートコントローラのデザインはMavic Proとほぼ同じです。スティックがセンターの状態から動かす際、個人差はあるかと思いますが、最初のあたりが若干強めに感じるので、動画撮影では静から動に移行する際のギャップを抑えるのが若干難しいかもしれません。
飛行モード切替スイッチは右側面に配置されたスライドスイッチです。
トグルスイッチと比較すれば操作性は落ちますが、指一本でも操作は可能です。
MAVIC 2ではなくGO4の問題かもしれませんが、ライブ配信モードを使用している際、左上に表示が出ているので配信しているつもりでも、実は配信が行われていないというトラブルが有りました。
ライブ配信モードを使用する場合は、ライブ映像の視聴者側で見えているかもモニターしたほうが間違いありません。

★バッテリーについて
セル数が4セルになり、バッテリーの形状も背が高くなりました。
最大31分のフライト時間は実際に31分飛行することがないとしても、撮影可能時間にゆとりができました。
これまでの感覚で飛ばしていると、バッテリー残量を十分残した状態で着陸することができます。
撮影モードのハイパーラプラスでは、機体がゆっくり移動しながら写真を等間隔で撮影していくため、10〜15秒程度のカットを撮影するのに20分程度かかるため、1カットでバッテリー1本消費という感じです。
映像や写真撮影では、数キロ先まで飛んで撮影して帰ってくるのに十分かと思います。
伸びたからと無茶をすると戻れなくなる可能性もあるので、注意が必要です。

★静音性
飛行音は動画や数値だけでは表現しづらいですが、1インチセンサーを積んだカメラを搭載した、4セルバッテリーで飛行するマルチコプタの中では最も静かな部類に入るかもしれません。
プロペラがMavic Proと比較するとわずかながら、長さとピッチ角度が大きくなっています。
そのため羽根切り音は、Mavic Proより低音よりです。PhantomやInspireよりは間違いなく静かです。
高音よりなMavic Airが離れても飛行音がわかって目立つのに対し、同じような位置に居てもMavic 2は明らかに音が目立ちません。
機体の冷却音は、今までの機体がノートPCだとしたら、この機体の冷却音はロボットか何かでしょうか?かっこいいです(笑


★画質について
1インチセンサーは伊達ではアリません。
夜間の写真撮影時、風がない状態とはいえ6秒間の露光でブレを感じさせない写真が撮れたことには衝撃を受けました。
ライブビューでは1080pで映像伝送が可能で、Mavic Proと同時に飛行した際に2.3km地点まで途切れることなく映像が送られてきました。
本当にHDMI出力がないのが惜しいです。
写真撮影では夜間のISOは1600までが許容かもしれません。オートでは3200、マニュアルで12800まで上げることが可能ですが、防犯カメラのような画質になります(笑


航空局の飛行許可(DID、30m未満、目視外、夜間飛行等)を受けて、検証を実施しています。
GO4で見るMavic 2 Proの様子などをyoutubeに投稿しています。

【DJI MAVIC 2 PROでドローンを追尾&夜景撮影 ActiveTrack target DISCO & MAVIC1 / night hyperlapse & pano】
https://youtu.be/yan6zXOsuyo

参考になった17

「Mavic 2 Pro」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
メイン機にも十分なり得る!が・・・  4 2019年8月19日 20:24
ドローンデビュー機ですが操作が難しくない!  5 2019年7月2日 16:18
画像の品質はAPCセンサーカメラ・クラス  4 2019年5月3日 18:37
初めてのドローン  5 2019年4月25日 00:54
安定性高く操縦時の疲労を軽減  4 2019年3月4日 09:24
大人の玩具  5 2019年1月3日 14:20

Mavic 2 Proのレビューを見る(レビュアー数:6人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Mavic 2 Proのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Mavic 2 Pro
DJI

Mavic 2 Pro

最安価格(税込):¥186,900発売日:2018年 8月 価格.comの安さの理由は?

Mavic 2 Proをお気に入り製品に追加する <217

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ドローン・マルチコプター)

ご注意