『APO-LANTHAR 50mm F2を使いたくて』 ニコン Z 6 ボディ 携帯カメラさんのレビュー・評価

2018年11月23日 発売

Z 6 ボディ

  • 大口径の新マウントを採用したフルサイズミラーレスカメラのオールラウンドモデル。像面位相差AF画素搭載の「裏面照射型CMOSセンサー」を備える。
  • 273点のフォーカスポイントが撮像範囲の約90%をカバーする「ハイブリッドAFシステム」搭載。約5.5コマ/秒・最大約12コマ/秒の高速連続撮影(拡張)が行える。
  • 画像処理エンジン「EXPEED 6」が解像感の高い画作りを、「電子ビューファインダー」がクリアーで自然な見えを提供する。フルフレーム4K UHD動画撮影も可能。
Z 6 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥179,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥179,800

Joshin

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥147,250 (20製品)


価格帯:¥179,800¥198,000 (4店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ : ミラーレス 画素数:2528万画素(総画素)/2450万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:585g Z 6 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部において、手ブレ補正効果が十分でない場合があることが発表されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

Z 6 ボディ の後に発売された製品Z 6 ボディとZ 6II ボディを比較する

Z 6II ボディ

Z 6II ボディ

最安価格(税込): ¥236,980 発売日:2020年11月 6日

タイプ:ミラーレス 画素数:2528万画素(総画素)/2450万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:615g
 
  • Z 6 ボディの価格比較
  • Z 6 ボディの中古価格比較
  • Z 6 ボディの買取価格
  • Z 6 ボディの店頭購入
  • Z 6 ボディのスペック・仕様
  • Z 6 ボディの純正オプション
  • Z 6 ボディのレビュー
  • Z 6 ボディのクチコミ
  • Z 6 ボディの画像・動画
  • Z 6 ボディのピックアップリスト
  • Z 6 ボディのオークション

Z 6 ボディニコン

最安価格(税込):¥179,800 (前週比:±0 ) 発売日:2018年11月23日

  • Z 6 ボディの価格比較
  • Z 6 ボディの中古価格比較
  • Z 6 ボディの買取価格
  • Z 6 ボディの店頭購入
  • Z 6 ボディのスペック・仕様
  • Z 6 ボディの純正オプション
  • Z 6 ボディのレビュー
  • Z 6 ボディのクチコミ
  • Z 6 ボディの画像・動画
  • Z 6 ボディのピックアップリスト
  • Z 6 ボディのオークション

『APO-LANTHAR 50mm F2を使いたくて』 携帯カメラさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 6 ボディのレビューを書く

携帯カメラさん

  • レビュー投稿数:72件
  • 累計支持数:626人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
15件
244件
スマートフォン
8件
184件
デジタルカメラ
6件
167件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性3
機能性5
液晶5
ホールド感5
APO-LANTHAR 50mm F2を使いたくて

フルサイズなんて必要無いと思っていたのですが、ひょんなことからAPO-LANTHAR 50mm F2 Eマウントというレンズを知ってしまいました。
作例を見て思い出されたのはSIGMAのメリル。
メリルも欲しいと思いましたがRAW前提の運用は無理と諦めました。
しかしアポランターはフルサイズを買えば使えます。
マニュアルフォーカスオンリーであるためAF性能なんかは必要ありません。
アポランターの口コミにてボディの相談をしたところ、マウントアダプターを使用してZ5の提案を受けました。
重視したのはEVF、グリップ、フォーカスポイントの移動のし易さの、拡大表示のし易さ

αですとα7r3以上の機種になるとEVFの見え方が問題無くなってきて、α7Vだと見易いとは思えませんでした。
ジョイスティックはα7r3は操作がしにくく、α7Vやα7r4、α7s3になると動かし易くなっています。
そうなるとEマウントではα7r4かα7s3しか選択肢がありません。
アポランター使うためだけのボディには躊躇する価格です。
対してNIKONはZ5ですら非常に見易いEVFと動かし易いジョイスティックを備えます。
さらにαは私の手にはグリップし難くZ5は非常に持ち易い。
拡大表示のし易さはトントンです。

この時点でマウントアダプターを用いてZを購入することに決めました。
Z5とZ6はEVFのノイズ耐性に差があるとのことでしたのでZ6を購入しました。

高感度で拡大表示をするとZ6でもザラザラ感を感じることがあるのでZ5にしなくて正解だと思っています。そんな場面は少ないのですけど。

XQDカードは高くて手持ちのSDを使えれば良かったのてすけど仕方ありません。


露出
EVFを覗きながら露出アンダーで撮影すると、液晶に出てくる絵がかなり暗くなってしまい、EVFで露出を合わせた場合と相関性がありません。
これは致命的とも言えるバグで早急に治して頂きたいです。

カスタム性
ジョイスティックでフォーカスポイントを移動したら、そのまま押して拡大表示出来るようにカスタムボタンを割り振れなかったのでしょうかね。
なんでこんなことすら制限されるのでしょう。

EVF
前述したとおり非常に見易く拡大せずともマニュアルフォーカスし易いです。フォーカスリングを回してジワリとピントが合う感覚が好きなのでピーキングは使いません。

グリップ
前述したとおり非常に持ち易いです。


シャッタースピード
1/8000sまで使えるのでアポランターとの組み合わせではNDフィルター要らずです。
フルサイズのF2相当を求めるとAPS-CだとF1.4となり、さらに大体の機種が1/4000s止まりのためNDフィルターを使わないと絞らざる得ませんでした。


SnapBridge
自動転送が非常に便利です。
今まで使っていたWi-Fi転送とは何だったのか?
ニコワンの時の煩わしさは何だったのか?
Bluetoothでこんなに便利か転送が出来るようになっていたとは驚きです。


フルサイズは大きくて重いから個人的にナシであったのですが、まさか自分がフルサイズに手を出すことになろうとは。
細かな不満点は上げていますが満足しています。
プラシーボかもしれませんが撮って出しでも階調の豊かさを感じます。


あとは大口径ショートフランジバックのZマウントを全く活かせていない運用方にふと虚しさを感じることがあります。
サードパーティマニュアルフォーカスレンズはEマウントがベースとなり、Zはマウントを合わせただけ。
Zマウント専用アポランターが出てくれればと夢を見ています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 6 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Z 6 ボディ
ニコン

Z 6 ボディ

最安価格(税込):¥179,800発売日:2018年11月23日 価格.comの安さの理由は?

Z 6 ボディをお気に入り製品に追加する <849

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意