『時代は進化している』 ニコン Z 6 ボディ フランク=イエーガーさんのレビュー・評価

2018年11月23日 発売

Z 6 ボディ

  • 大口径の新マウントを採用したフルサイズミラーレスカメラのオールラウンドモデル。像面位相差AF画素搭載の「裏面照射型CMOSセンサー」を備える。
  • 273点のフォーカスポイントが撮像範囲の約90%をカバーする「ハイブリッドAFシステム」搭載。約5.5コマ/秒・最大約12コマ/秒の高速連続撮影(拡張)が行える。
  • 画像処理エンジン「EXPEED 6」が解像感の高い画作りを、「電子ビューファインダー」がクリアーで自然な見えを提供する。フルフレーム4K UHD動画撮影も可能。
Z 6 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥218,530

(前週比:+1円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥159,500 (24製品)


価格帯:¥218,530〜¥321,604 (35店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥218,530 〜 ¥249,975 (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : ミラーレス 画素数:2528万画素(総画素)/2450万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:585g Z 6 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部において、手ブレ補正効果が十分でない場合があることが発表されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

 
  • Z 6 ボディの価格比較
  • Z 6 ボディの中古価格比較
  • Z 6 ボディの買取価格
  • Z 6 ボディの店頭購入
  • Z 6 ボディのスペック・仕様
  • Z 6 ボディの純正オプション
  • Z 6 ボディのレビュー
  • Z 6 ボディのクチコミ
  • Z 6 ボディの画像・動画
  • Z 6 ボディのピックアップリスト
  • Z 6 ボディのオークション

Z 6 ボディニコン

最安価格(税込):¥218,530 (前週比:+1円↑) 発売日:2018年11月23日

  • Z 6 ボディの価格比較
  • Z 6 ボディの中古価格比較
  • Z 6 ボディの買取価格
  • Z 6 ボディの店頭購入
  • Z 6 ボディのスペック・仕様
  • Z 6 ボディの純正オプション
  • Z 6 ボディのレビュー
  • Z 6 ボディのクチコミ
  • Z 6 ボディの画像・動画
  • Z 6 ボディのピックアップリスト
  • Z 6 ボディのオークション

『時代は進化している』 フランク=イエーガーさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 6 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:40件
  • 累計支持数:191人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
146件
レンズ
13件
35件
レンズフィルター
3件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー5
携帯性3
機能性5
液晶5
ホールド感5
時代は進化している
当機種nFD2/135
当機種Meyer2.8/135
当機種Meyer1.8/50

nFD2/135

Meyer2.8/135

Meyer1.8/50

当機種nFD4/200
当機種ISCO3.5/135
当機種Steinheil4.5/135

nFD4/200

ISCO3.5/135

Steinheil4.5/135

もともとはキヤノン最高!と言ってた自分だが、「なぜメーカーに縛られるの?」を自問自答した結果、ミラーレスに出会い、フルフレーム初号機ソニーILCE-7を購入後は何でもよくなった経緯がある。
以下の内容はどうしてもソニーILCE-7と比較してしまうので、その観点で見てます。

【デザイン】
ここ数年ニコンのデザインを一貫している。
上部液晶もついているので、ILCE-7やキヤノンRPと比較してもミラーレスなのに高級感は感じる。必要性については皆無と思いますが、万が一液晶やファインダーが壊れた場合、ないよりまし。
ボディ全体的に梨地コートも質感は十分よい。

【画質】
個人的には2400万もあれば十分と思う。
24×36しかないCMOSサイズに無理やり4000万や5000万は興味がない。
敢えていうがD4,D5,D6でも2000万クラスです、なぜみんな4000万とか5000万求めたがるのか、理解に苦しむ。
ニコンの売りでもあるシャープな高画質は写真を見れば十分伝わる。
好みで分かれるかもしれないが、ここはこだわらない。
因みに黄色とかいろいろ最近のニコン製品は言われていますが、個人的にはさっぱり。

【操作性】
(゜-゜)
これに関してだけは文句が多い。
ボタン操作性は文句なし。
しかしボタンカスタマイズの幅広さはかなり制限が多い。カスタムできるボタンをもう少し増やしてほしかった。
それとボタンやダイヤルの位置はもうちょっといじったほうがいい。
背面液晶を大きくしたから、ボタンは端に追いやられるのはわかるが、ダイヤルの位置はもう少しずらせるはず。
端によりすぎて一部の操作感がイマイチ。

【バッテリー】
マニュアルレンズしか使わないから、バッテリーは全然減らない。
しかし気になったのは撮影中ボディが熱くなるのはなぜなんだろうか。
ファームウェアで改善できるなら早めに頼みたい。
追記:2020/1/28、ファームウェアアップデートしてから熱い現象がなくなりました。

【携帯性】
700g弱あるから、とてもミラーレスとは思えない重量。
グリップ大型化した結果、バッテリー容量も増え、グリップ感が増しても重量だけは相殺されない。
同レベルの中では普通だから、これをどうこうできるものではないのはわかるが、初代ILCE-7と比べると・・・。
自分で言うのもなんだけど、ZとかキヤノンのRとかはほぼほぼミラボックス部分をなくしただけで一眼レフとほとんど一緒。
堅牢性とか耐久性とかいろいろ考えた結果がこれかもしれない。

【機能性】
フランジバック16mmは同クラス最強。
あらゆるメーカーのレンズに対応できるのは最高である。
所持しているレンズの95%がクラシックレンズでマニュアルしかやってません。
身長180のオレでもFn1とFn2の位置がやや深すぎて押しにくい。
手袋はめるとちょうどいいかもしれない。

【液晶】
背面LCD、ファインダー、上部液晶、全て良好。
強いて言えばやや明るすぎて実際撮れた写真がやや暗い。
ここは慣れが必要。

【ホールド感】
前述した通り、ニコンD750やD850と似たグリップ感。
文句はない。

【総評】
良くない点だけを上げたように見えるだろうが、それをわかってる上で購入してます。
言い換えればこれらの点を知っていて、文句あるのに、買いました。
裏面照射型CMOS、ISO200,000、フランジバック16mm、タッチパネル、手ブレ5軸、などなど、同時期で発売した某機体よりもスペックは凌駕している。
ここ数年ニコンは何があったのかわからないけど、Zシリーズはニコンの本気を見た気がする。
出し惜しみなく頑張った結果がこれで、値段に対して申し分のない。
誰に対しても胸張ってオススメできる。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった61人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性3
機能性5
液晶5
ホールド感5
時代は進化している
当機種
当機種
当機種

もともとはキヤノン最高!と言ってた自分だが、「なぜメーカーに縛られるの?」を自問自答した結果、ミラーレスに出会い、フルフレーム初号機ソニーILCE-7を購入後は何でもよくなった経緯がある。
以下の内容はどうしてもソニーILCE-7と比較してしまうので、その観点で見てください。

【デザイン】
ここ数年ニコンのデザインを一貫している。
上部液晶もついているので、ミラーレスなのに高級感は感じる。
ボディ全体的に梨地コートも質感は十分よい。

【画質】
個人的には2400万もあれば十分と思う。
24×36しかないCMOSサイズに無理やり4000万や5000万は興味がない。
ニコンの売りでもあるシャープな高画質は写真を見れば十分伝わる。
好みで分かれるかもしれないが、ここはこだわらない。

【操作性】
(゜-゜)
これに関してだけは文句が多い。
ボタン操作性は文句なし。
しかしボタンカスタマイズの幅広さはかなり制限が多い。
それとボタンやダイヤルの位置はもうちょっといじったほうがいい。
背面液晶を大きくしたから、ボタンは端に追いやられるのはわかるが、ダイヤルの位置はもう少しずらせるはず。
端によりすぎて一部の操作感がイマイチ。

【バッテリー】
マニュアルレンズしか使わないから、バッテリーは全然減らない。
しかし気になったのは撮影中ボディが熱くなるのはなぜなんだろうか。
ファームウェアで改善できるなら早めに頼みたい。

【携帯性】
700g弱あるから、とてもミラーレスとは思えない重量。
グリップ大型化した結果、バッテリー容量も増え、グリップ感が増しても重量だけは相殺されない。
同レベルの中では普通だから、これをどうこうできるものではないのはわかるが、初代ILCE-7と比べると・・・。

【機能性】
フランジバック16mmは同クラス最強。
あらゆるメーカーのレンズに対応できるのは最高である。

【液晶】
背面LCD、ファインダー、上部液晶、全て良好。
強いて言えばやや明るすぎて実際撮れた写真がやや暗い。
ここは慣れが必要。

【ホールド感】
前述した通り、ニコンD750やD850と似たグリップ感。
文句はない。

【総評】
良くない点だけを上げたように見えるだろうが、それをわかってる上で購入してます。
言い換えればこれらの点を知っていて、文句あるのに、買いました。
裏面照射型CMOS、ISO200,000、フランジバック16mm、タッチパネル、手ブレ5軸、などなど、同時期で発売した某機体よりもスペックは凌駕している。
ここ数年ニコンは何があったのかわからないけど、Zシリーズはニコンの本気を見た気がする。
出し惜しみなく頑張った結果がこれで、値段に対して申し分のない。
誰に対しても胸張ってオススメできる。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった47

 
 
 
 
 
 

「Z 6 ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 6 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Z 6 ボディ
ニコン

Z 6 ボディ

最安価格(税込):¥218,530発売日:2018年11月23日 価格.comの安さの理由は?

Z 6 ボディをお気に入り製品に追加する <806

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意