『伝統と革新を融合させた素晴らしいカメラ Z6』 ニコン Z 6 ボディ carrerasさんのレビュー・評価

Z 6 ボディ

  • 大口径の新マウントを採用したフルサイズミラーレスカメラのオールラウンドモデル。像面位相差AF画素搭載の「裏面照射型CMOSセンサー」を備える。
  • 有効画素数2450万画素、ISO 100〜51200の広い常用感度域を実現。273点のフォーカスポイントが撮像範囲の約90%をカバーする「ハイブリッドAFシステム」搭載。
  • 画像処理エンジン「EXPEED 6」が解像感の高い画作りを、「電子ビューファインダー」がクリアーで自然な見えを提供する。フルフレーム4K UHD動画撮影も可能。
Z 6 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):¥239,650 (前週比:+24,660円↑)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2018年11月23日

店頭参考価格帯:¥239,650 〜 ¥272,700 (全国6店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : ミラーレス 画素数:2528万画素(総画素)/2450万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 連写撮影/秒:5.5コマ 重量:585g Z 6 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部において、手ブレ補正効果が十分でない場合があることが発表されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

 
  • Z 6 ボディの価格比較
  • Z 6 ボディの中古価格比較
  • Z 6 ボディの買取価格
  • Z 6 ボディの店頭購入
  • Z 6 ボディのスペック・仕様
  • Z 6 ボディの純正オプション
  • Z 6 ボディのレビュー
  • Z 6 ボディのクチコミ
  • Z 6 ボディの画像・動画
  • Z 6 ボディのピックアップリスト
  • Z 6 ボディのオークション

Z 6 ボディニコン

最安価格(税込):¥239,650 (前週比:+24,660円↑) 発売日:2018年11月23日

  • Z 6 ボディの価格比較
  • Z 6 ボディの中古価格比較
  • Z 6 ボディの買取価格
  • Z 6 ボディの店頭購入
  • Z 6 ボディのスペック・仕様
  • Z 6 ボディの純正オプション
  • Z 6 ボディのレビュー
  • Z 6 ボディのクチコミ
  • Z 6 ボディの画像・動画
  • Z 6 ボディのピックアップリスト
  • Z 6 ボディのオークション

『伝統と革新を融合させた素晴らしいカメラ Z6』 carrerasさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:540人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
4件
10件
デジタル一眼カメラ
5件
0件
レンズ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感5
伝統と革新を融合させた素晴らしいカメラ Z6
当機種ポルシェ911(991) 並走撮影 ISO5000
当機種メルセデスベンツCLA(日本橋・麒麟) Photomatix pro 6.1 モノクロ2
当機種ポルシェ911 銀座 Photomatix pro 6.1

ポルシェ911(991) 並走撮影 ISO5000

メルセデスベンツCLA(日本橋・麒麟) Photomatix pro 6.1 モノクロ2

ポルシェ911 銀座 Photomatix pro 6.1

当機種平等院鳳凰堂 シャッタースピード6秒
当機種六本木ヒルズ スカイデッキ 三脚禁止・手持ち撮影
当機種京都 高台寺から望む清水寺の夕景

平等院鳳凰堂 シャッタースピード6秒

六本木ヒルズ スカイデッキ 三脚禁止・手持ち撮影

京都 高台寺から望む清水寺の夕景

発売日に購入して京都に撮影旅行に行ってきました。以前はオリンパスOM-D E-M1 mk2とSony α7Uを使用していました。


*再レビュー:ポルシェ911の並走撮影1枚とPhotomatix pro6.1で編集したクルマの写真2枚を追加しました。

クルマの並走撮影はカメラマン側と被写体が同時に動いているので撮影が難しいのですが、Z6のコンティニュアスAFが結構食いついてくれたので、たった1回の走行で良い写真を撮ることが出来ました。ISO5000まで上げても結構ねばってくれたので助かりました。(シグマ・アートライン20mm f/1.4使用)

日本橋・麒麟像の前で撮影したメルセデスベンツCLAをPhotomatix pro6.1のモノクロ2というモードを使用して、迫力のあるモノクロ写真にしてみました。(標準ズーム24-70mm f/4使用)

3枚目のポルシェ911の背後からの写真ではボディの艶感を表現しています。(標準ズーム24-70mm f/4使用)


【デザイン】

市場に出ている代表的なフルサイズミラーレスの中では一番好きなデザインです。 特に55mmのZマウントの外側の盛り上りがペンタ部分にはみ出しているところが、大口径を主張していてカッコイイです。

【画質】 【携帯性】

画質は同クラスの中では最高レベルだと思います。標準ズーム24-70mm f/4Sは周辺描写が素晴らしく驚きの描写性能でした。

特に高感度性能は期待以上でした。夜間などの撮影ではマイクロフォーサーズとは比較にならないほどいいです。ISO感度を上げてもザラついたり、滲んだりしないので、積極的に高ISOを使って手振れを抑えることが可能です。

当初はf2.8クラスのズームレンズを期待していましたが、ニコンがこのレンズを最初に出してきた意味が今回の旅行でよくわかりました。軽量なフルサイズミラーレスに相応しい軽いレンズ(500g)になっていて、1日使っていてもまったく疲れませんでした。平等院鳳凰堂の最後の方でFマウントのシグマのアートレンズ(950g)を付けた瞬間に、いかに標準ズームが軽くて機動性があったのかを実感しました。

描写性能と重量、そして価格のトレードオフは本当に難しいですが、今回のキットレンズはベストなバランスだと思います。

【操作性】

カスタムボタンなどの配置などは良く考えて作られているのですが、押した感触がかなり硬いです。たぶん、このクリック感も強固な防塵防滴性能からきている可能性もあるので、しょうがないのかもしれません。

使い勝手などはこれから詰めていって、カスタムボタンの設定を見直していきたいと思っています。

【バッテリー】

京都で1日600枚くらいをRAW+JPEGで撮影して、半分くらいはバッテリーが余っていたので十分に満足しています。(こまめに電源は切るように注意していました。)

【機能性】

EVFのファインダー性能には驚いています。今までのE-M1やα7Uとは大違いです。普段はEVFではなく背面液晶で確認して撮影するスタイルでしたが、今後はファインダーを覗くことが増えそうです。

一眼レフからミラーレスに変わってファインダーで露出が確認できるのは本当にいいですね。フィルム時代は撮影後に結果がわかるわけですが、今ではシャッターボタンを押す前に成果がわかってしまうので他に色々なことが試せます。

手振れ補正に関しては同条件で撮影したE-M1やα7Uと比較すると若干弱いかなと思いました。その代わりZ6はISO感度を高く設定してもよく耐えているので、高ISOでシャッタースピードを稼いで手振れを抑える撮影スタイルのほうが良いのかなと思いました。

【液晶】

背面液晶は最高レベルだと思います。タッチシャッターやピント合わせが出来るのも便利です。

【ホールド感】

グリップはデザインもホールド感もとてもいいです。

【総評】

Z6は伝統と革新を融合させた素晴らしいカメラだと思いました。とてもユーザーの事を考えて作られた真面目なカメラだと思います。

標準ズーム24-70mm f/4Sは想像を超える素晴らしい描写性能でした。

平等院鳳凰堂の写真はISO800、シャッタースピード6秒で撮影したのですが、ご存じのように平等院では三脚が禁止されているので、奥さんの頭の上にカメラを載せて固定して、夫婦で6秒間息を止めて撮影しました。たぶん、手振れ補正もかなり効いているのかもしれませんが、素晴らしい写真が撮れました。ちなみにISO6400にしたら1/3秒までシャッタースピードが上がり、手持ち撮影でもどうにかいけるレベルでした。

*追記部分: FTZを介してSIGMA ARTLINE 20mm f/1.4も使用しましたが、AFなど問題なく作動しました。こちらも素晴らしい描写のレンズでした。ただ、FTZ(アダプター)が135g、20mm f/1.4が950gもあるので、軽いミラーレスボディにはバランスが悪かったです。これから購入する方はZマウント専用の軽いレンズを待った方が良いかもしれません。私も今はf/4の標準ズームをつけっぱなしにしています。

まだ購入して1週間程度での撮影と感想なので、いたらない部分もたくさんあると思いますが、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
スポーツ
その他

参考になった180人(再レビュー後:73人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感5
伝統と革新を融合させた素晴らしいカメラ Z6
当機種日本橋・麒麟
当機種平等院鳳凰堂(シャッタースピード6秒、ミッドレンジシャープ+3.5)
当機種レインボーブリッジとメルセデス

日本橋・麒麟

平等院鳳凰堂(シャッタースピード6秒、ミッドレンジシャープ+3.5)

レインボーブリッジとメルセデス

当機種ホテル・グランビア京都の置物
当機種平等院鳳凰堂・鳳凰のパワーストーン
当機種六本木ヒルズ・スカイデッキからの夕景 PM4:20

ホテル・グランビア京都の置物

平等院鳳凰堂・鳳凰のパワーストーン

六本木ヒルズ・スカイデッキからの夕景 PM4:20

発売日に購入して京都に撮影旅行に行ってきました。以前はオリンパスOM-D E-M1 mk2とSony α7Uを使用していました。


*再レビュー:日本橋・麒麟の写真、平等院鳳凰堂のレタッチ(ミッドレンジシャープ+3.5、カラーブースター)、レインボーブリッジとメルセデスの写真、六本木ヒルズ・スカイデッキからの夕景を追加しました。

*追記部分: また、手振れ補正の評価が若干変わりました。手振れ補正に関しては同条件で撮影したE-M1やα7Uと比較すると若干弱いかなと思いました。その代わりZ6はISO感度を高く設定してもよく耐えているので、高ISOでシャッタースピードを稼いで手振れを抑える撮影スタイルのほうが良いのかなと思いました。


【デザイン】

市場に出ている代表的なフルサイズミラーレスの中では一番好きなデザインです。 特に55mmのZマウントの外側の盛り上りがペンタ部分にはみ出しているところが、大口径を主張していてカッコイイです。


【画質】 【携帯性】

画質は同クラスの中では最高レベルだと思います。標準ズーム24-70mm f/4Sは周辺描写が素晴らしく驚きの描写性能でした。


特に高感度性能は期待以上でした。夜間などの撮影ではマイクロフォーサーズとは比較にならないほどいいです。ISO感度を上げてもザラついたり、滲んだりしないので、積極的に高ISOを使って手振れを抑えることが可能です。

当初はf2.8クラスのズームレンズを期待していましたが、ニコンがこのレンズを最初に出してきた意味が今回の旅行でよくわかりました。軽量なフルサイズミラーレスに相応しい軽いレンズ(500g)になっていて、1日使っていてもまったく疲れませんでした。平等院鳳凰堂の最後の方でFマウントのシグマのアートレンズ(950g)を付けた瞬間に、いかに標準ズームが軽くて機動性があったのかを実感しました。

描写性能と重量、そして価格のトレードオフは本当に難しいですが、今回のキットレンズはベストなバランスだと思います。


【操作性】

カスタムボタンなどの配置などは良く考えて作られているのですが、押した感触がかなり硬いです。たぶん、このクリック感も強固な防塵防滴性能からきている可能性もあるので、しょうがないのかもしれません。

使い勝手などはこれから詰めていって、カスタムボタンの設定を見直していきたいと思っています。


【バッテリー】

京都で1日600枚くらいをRAW+JPEGで撮影して、半分くらいはバッテリーが余っていたので十分に満足しています。(こまめに電源は切るように注意していました。)


【機能性】

EVFのファインダー性能には驚いています。今までのE-M1やα7Uとは大違いです。普段はEVFではなく背面液晶で確認して撮影するスタイルでしたが、今後はファインダーを覗くことが増えそうです。

一眼レフからミラーレスに変わってファインダーで露出が確認できるのは本当にいいですね。フィルム時代は撮影後に結果がわかるわけですが、今ではシャッターボタンを押す前に成果がわかってしまうので他に色々なことが試せます。


【液晶】

背面液晶は最高レベルだと思います。タッチシャッターやピント合わせが出来るのも便利です。


【ホールド感】

グリップはデザインもホールド感もとてもいいです。


【総評】

Z6は伝統と革新を融合させた素晴らしいカメラだと思いました。とてもユーザーの事を考えて作られた真面目なカメラだと思います。

標準ズーム24-70mm f/4Sは想像を超える素晴らしい描写性能でした。

平等院鳳凰堂の写真はISO800、シャッタースピード6秒で撮影したのですが、ご存じのように平等院では三脚が禁止されているので、奥さんの頭の上にカメラを載せて固定して、夫婦で6秒間息を止めて撮影しました。たぶん、手振れ補正もかなり効いているのかもしれませんが、素晴らしい写真が撮れました。ちなみにISO6400にしたら1/3秒までシャッタースピードが上がり、手持ち撮影でもどうにかいけるレベルでした。

*追記部分: FTZを介してSIGMA ARTLINE 20mm f/1.4も使用しましたが、AFなど問題なく作動しました。こちらも素晴らしい描写のレンズでした。ただ、FTZ(アダプター)が135g、20mm f/1.4が950gもあるので、軽いミラーレスボディにはバランスが悪かったです。これから購入する方はZマウント専用の軽いレンズを待った方が良いかもしれません。私も今はf/4の標準ズームをつけっぱなしにしています。

まだ購入して1週間程度での撮影と感想なので、いたらない部分もたくさんあると思いますが、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
スポーツ
その他

参考になった13

満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
伝統と革新を融合させた素晴らしいカメラ Z6
当機種平等院鳳凰堂のライトアップ。シャッタースピード6秒。
当機種京都 圓徳院
当機種高台寺から望む清水寺の夕景

平等院鳳凰堂のライトアップ。シャッタースピード6秒。

京都 圓徳院

高台寺から望む清水寺の夕景

当機種平等院鳳凰堂のパワーストーン。鳳凰(フェニックス)が描かれています。
当機種ホテル グランビア京都の置物
当機種シグマ・アートシリーズ20mm f/1.4で撮影したアバルト。(FTZ使用)

平等院鳳凰堂のパワーストーン。鳳凰(フェニックス)が描かれています。

ホテル グランビア京都の置物

シグマ・アートシリーズ20mm f/1.4で撮影したアバルト。(FTZ使用)

発売日に購入して京都に撮影旅行に行ってきました。以前はオリンパスOM-D E-M1 mk2とSony α7Uを使用していました。


【デザイン】

市場に出ている代表的なフルサイズミラーレスの中では一番好きなデザインです。 特に55mmのZマウントの外側の盛り上りがペンタ部分にはみ出しているところが、大口径を主張していてカッコイイです。



【画質】【携帯性】

画質は同クラスの中では最高レベルだと思います。標準ズーム24-70mm f/4Sは周辺描写が素晴らしく驚きの描写性能でした。


特に高感度性能は期待以上でした。夜間などの撮影ではマイクロフォーサーズとは比較にならないほどいいです。ISO感度を上げてもザラついたり、滲んだりしないので、積極的に高ISOを使って手振れを抑えることが可能です。

当初はf2.8クラスのズームレンズを期待していましたが、ニコンがこのレンズを最初に出してきた意味が今回の旅行でよくわかりました。軽量なフルサイズミラーレスに相応しい軽いレンズ(500g)になっていて、1日使っていてもまったく疲れませんでした。平等院鳳凰堂の最後の方でFマウントのシグマのアートレンズ(950g)を付けた瞬間に、いかに標準ズームが軽くて機動性があったのかを実感しました。

描写性能と重量、そして価格のトレードオフは本当に難しいですが、今回のキットレンズはベストなバランスだと思います。



【操作性】

カスタムボタンなどの配置などは良く考えて作られているのですが、押した感触がかなり硬いです。たぶん、このクリック感も強固な防塵防滴性能からきている可能性もあるので、しょうがないのかもしれません。

使い勝手などはこれから詰めていって、カスタムボタンの設定を見直していきたいと思っています。



【バッテリー】

京都で1日600枚くらいをRAW+JPEGで撮影して、半分くらいはバッテリーが余っていたので十分に満足しています。(こまめに電源は切るように注意していました。)



【機能性】

EVFのファインダー性能には驚いています。今までのE-M1やα7Uとは大違いです。普段はEVFではなく背面液晶で確認して撮影するスタイルでしたが、今後はファインダーを覗くことが増えそうです。

一眼レフからミラーレスに変わってファインダーで露出が確認できるのは本当にいいですね。フィルム時代は撮影後に結果がわかるわけですが、今ではシャッターボタンを押す前に成果がわかってしまうので他に色々なことが試せます。


手振れ補正の効果も凄いです。



【液晶】

背面液晶は最高レベルだと思います。タッチシャッターやピント合わせが出来るのも便利です。



【ホールド感】

グリップはデザインもホールド感もとてもいいです。



【総評】

Z6は伝統と革新を融合させた素晴らしいカメラだと思いました。とてもユーザーの事を考えて作られた真面目なカメラだと思います。

標準ズーム24-70mm f/4Sは想像を超える素晴らしい描写性能でした。

平等院鳳凰堂の写真はISO800、シャッタースピード6秒で撮影したのですが、ご存じのように平等院では三脚が禁止されているので、奥さんの頭の上にカメラを載せて固定して、夫婦で6秒間息を止めて撮影しました。たぶん、手振れ補正もかなり効いているのかもしれませんが、素晴らしい写真が撮れました。ちなみにISO6400にしたら1/3秒までシャッタースピードが上がり、手持ち撮影でもどうにかいけるレベルでした。

最後に掲載したイエローのアバルトの写真はマウントアダプター(FTZ)を使って、シグマ・アートライン20mm f/1.4で撮影していますが、シグマのFマウント用でも問題なく使えました。こちらも素晴らしい描写性能を持ったレンズでした。

まだ購入して3日程度での撮影と感想なので、いたらない部分もたくさんあると思いますが、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
スポーツ
その他

参考になった94

 
 
 
 
 
 

「Z 6 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ミラーレスに慣れる  5 2019年5月26日 01:53
スペックシートに無い良さ  5 2019年5月20日 21:18
旧レンズが甦る  5 2019年5月9日 11:42
素晴らしい出来です!(再レビュー)  5 2019年4月3日 17:21
Nikonらしい真面目なカメラ  5 2019年4月1日 22:24
想像以上に素晴らしい  5 2019年2月15日 10:52
EVFきれいですが  4 2019年2月4日 21:52
【購入一か月後レビュー】一眼レフからでもすぐに馴染めるカメラ  5 2019年1月14日 14:23
お気に入りです  5 2019年1月6日 19:33
タムロン高倍率ズームがZ6にも対応しました  4 2018年12月29日 16:43

Z 6 ボディのレビューを見る(レビュアー数:26人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

Z 6 ボディ
ニコン

Z 6 ボディ

最安価格(税込):¥239,650発売日:2018年11月23日 価格.comの安さの理由は?

Z 6 ボディをお気に入り製品に追加する <744

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意