『簡単にその場の空気感までも切り取れる、そんなカメラ 飛行機編』 ニコン Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキット Tsukougeiさんのレビュー・評価

2018年 9月28日 発売

Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキット

  • 大口径の新マウントを採用したフルサイズ高画素ミラーレスカメラ。像面位相差AF画素搭載「裏面照射型CMOSセンサー」と画像処理エンジン「EXPEED 6」を採用。
  • 493点のフォーカスポイントが撮像範囲の約90%をカバーする「ハイブリッドAFシステム」搭載。約5.5コマ/秒・最大約9コマ/秒の高速連続撮影(拡張)が行える。
  • NIKKOR Fレンズを取り付けられる「マウントアダプター FTZ」と、描写力と携行性にすぐれた高性能な常用標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」が付属。
Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキット 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥357,550

(前週比:-13,088円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥357,956

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥354,000 (20製品)


価格帯:¥357,550〜¥512,988 (63店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥363,652 〜 ¥490,050 (全国10店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:4689万画素(総画素)/4575万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:585g Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットのスペック・仕様

【付属レンズ内容】NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部において、手ブレ補正効果が十分でない場合があることが発表されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

 
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットの価格比較
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットの中古価格比較
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットの買取価格
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットの店頭購入
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットのスペック・仕様
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットの純正オプション
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットのレビュー
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットのクチコミ
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットの画像・動画
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットのピックアップリスト
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットのオークション

Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットニコン

最安価格(税込):¥357,550 (前週比:-13,088円↓) 発売日:2018年 9月28日

  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットの価格比較
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットの中古価格比較
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットの買取価格
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットの店頭購入
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットのスペック・仕様
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットの純正オプション
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットのレビュー
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットのクチコミ
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットの画像・動画
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットのピックアップリスト
  • Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットのオークション

『簡単にその場の空気感までも切り取れる、そんなカメラ 飛行機編』 Tsukougeiさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:185人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
205件
レンズ
2件
14件
自動車(本体)
1件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
簡単にその場の空気感までも切り取れる、そんなカメラ 飛行機編
当機種24−70f4 トリミングなし JPEG撮ってだし
当機種24−70f4 トリミングなし JPEG撮ってだし
当機種24−70f4 トリミングなし JPEG撮ってだし

24−70f4 トリミングなし JPEG撮ってだし

24−70f4 トリミングなし JPEG撮ってだし

24−70f4 トリミングなし JPEG撮ってだし

当機種24−70f4 トリミングなし JPEG撮ってだし
当機種200−500のレンズに2倍テレコン+DX+トリミングしました。
当機種ベイサイド博多夜景

24−70f4 トリミングなし JPEG撮ってだし

200−500のレンズに2倍テレコン+DX+トリミングしました。

ベイサイド博多夜景

私も航空祭など行く場合は、D500を持ち出します。

実際今回撮り比べました。
D500の方が、バッファがはけて気持ち良く楽ですね。

ですが、Z7も色々試してみました。
押しっぱなしは難しいので、ポンポンと切りながらの撮影になります。
AFCよりAFSで止まる場合もありました。

今回は逆光で、条件悪い中でしたが、出来た写真は、私的には中々詳細に撮れてるのかなあと思われます。
もし講座などあれば、AFの設定のコツなどを、プロの方に習いに行って見たいとは思います。

私は購入する前に、ファンミーティングやNIKONの銀座のショップに行きました。
Nikonのショップに行き、気になるポイントをまとめ聞きました!メーカーの店員さんは私の疑問の対し正確に、スッキリ教えて貰えました。
行ける等環境があるかも、知れませんが、カメラは高額の商品ですし、大切な思い出を写す機械です。
購入を前提の場合、ユーザーの経験が少ない時期ですし、ネットの情報だけでなく、しっかりとしたメーカーの人、知識のあるお店の方に相談をされた方が宜しいかと思われます。

Nikonという会社が、会社をかけて誠実に作ってくれた初めてのフルサイズミラーレス。
機種はそれぞれの個性があり、その場面で使うも使わないも、自分次第で、本当に使いこなさないとその機種の特徴や個性や良さは分かりません。

私はNikonZを今後も長く使いこなし、様々な場面で写真を楽しめたらと思います。

Nikonの101年目のミラーレス、皆さんは如何でしょう?


以下前回のレビューです。


【デザイン】 
・質実剛健で正統派な感じで、Nikon好きの私は好きなデザインです。

・ シンプルに構成され実に無駄なボタン等は無く、機能美に溢れてます。

【画質】
・D850ゆずりの、有効画素数4575万画素,ローパスレス裏面照射型
CMOSセンサーは写真の奥行きや立体的だったり、その場の空気感
までも表現する、素晴らしいセンサーです。

・D850で風景を撮影すると、、よく飛んでる小さな鳥を捉えてて、
驚くことが多かったです。。

・S-Lineのレンズはより厳しい品質規格により、高い描写性能、
点像性能の向上、また建物等の水平、垂直の湾曲が少なく
気持ちいい絵作りができます。
(レンズの口径が大きく、センサーサイズよりかなりの余裕が
ありますので、写真の周辺解像が高く湾曲も少ないのかなと
思います。光学性能的なことですので、出来た絵も気持ちいい
のかなとは思います。)

・EXPEED6では、ピクチャーコントロールが20種類も出来ました。
実際多いのかなと思ってましたが、FVFで写真の効果を
確認しながら撮影が出来ますので、とても楽しく、様々な表現が
簡単にできます。ミドルレンジシャープも新しい機能ですが、
より細かな、シャープさや立体感を表現したい場合は
重宝するのではないでしょうか?

【操作性】 
・ボタンの配置も、基本的に一眼レフと同じで適正に
配置されており、少し慣れればEVFを見ながら直観的に
操作できるようになります。

・EVF内で i メニューやメニューを操作出来るため、決めた
構図も目を離さず、おでこで支えてるのでブレにくく、
またサイレント撮影で撮影できるという、大変有難い
撮影スタイルが可能です。

・ i メニューとボタン類のカスタムも出来るところがあり、
自分に合った形を探していけそうです。

【バッテリー】

・何日間か触った感じなので、まだまだですが、D850を
風景とかで、ライブビューにしてAFのマニュアル撮影などを
すると結構電池の減りが早い気がします。
小まめに、電源をオンオフにしてるとかなりの
撮影枚数が出来そうな気がします。
ただ、先日D850を航空祭で連写で使用して、4575万画素の
沢山の写真はPCでデーターが重くぞっとしますが(笑)
   
【携帯性】 
・585g(Z7)+500g(Sline24-70)と
915g(D850)+1070g(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR)
今までの装備で言えば、約半分ですね!

・FTZ経由で、200-500などの望遠レンズも使えますので、本体は
強度の高いマグネシウム合金製になってます。
マグネシウム合金を感じさせない、グリップが大変良くできてて、
レンズと一緒に持ってても軽く取りまわすことが
できます。

【機能性】  
・絞りすぎによる回折補正機能。
これは一番いいなあと思いましたF20とか絞ったり、長い長秒の
バルブ撮影とかにも補正してくれるらしく
撮影の自由度が増す気がします。

・フォーカスシフト撮影が簡単に早くカメラ内で合成できる
機能がある。

・手振れ補正の無かった明かるい単焦点レンズを使い
5軸の手振れ補正の恩恵が受けれる点
 (暗い室内でも良さそうですね)

・ファインダーを見ながら、サイレント撮影ができる点
(ここは一番欲しかった機能です)
 ブレが軽減できますね。

・ファインダーが大きく、手や目をファインダーから離さず
拡大しピントを確認できる点

・iメニューから自分好みのカスタムしたメニューを見れる点
(この辺りはソニーのミラーレスと近いですね)

【液晶】   
・EVF  0.5型 Quad-VGA OLED、 明るい環境でモニター
が見れない場面でもEVFが大きくて、約369万ドットは
細やかで詳細な写真の確認が出来ます。見え方も自然で、
ストレスは余り感じません。

・チルト式3.2型TFT液晶モニター(タッチパネル)、
約210万ドットの液晶は、文句なしにとても見やすいですね。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった80人(再レビュー後:29人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
簡単にその場の空気感までも切り取れる、そんなカメラ 夜景編
当機種ND、Maxにきかせ、かなりの長秒です。
当機種
当機種那須のフラワーパークにも行きました。

ND、Maxにきかせ、かなりの長秒です。

那須のフラワーパークにも行きました。

当機種FTZ+70−200に1.4テレコン付けて撮ってみました。
当機種
当機種

FTZ+70−200に1.4テレコン付けて撮ってみました。

風景写真が好きなので滝撮りに行きました。
行くまでの、道具が軽くなりますね。
三脚も小さいサイズに変えられます。

バリアブルのNDで長秒で撮影してみました。
那須の乙女の滝にいったのですが、天気が曇りでしたので、iso64で最大絞りのF22で、NDをつけてみました。

回折補正がついてるので思い切って絞れるので、有難いです。


以下前回のレビューです。


【デザイン】 
・質実剛健で正統派な感じで、Nikon好きの私は好きなデザインです。

・ シンプルに構成され実に無駄なボタン等は無く、機能美に溢れてます。

【画質】
・D850ゆずりの、有効画素数4575万画素,ローパスレス裏面照射型
CMOSセンサーは写真の奥行きや立体的だったり、その場の空気感
までも表現する、素晴らしいセンサーです。

・D850で風景を撮影すると、、よく飛んでる小さな鳥を捉えてて、
驚くことが多かったです。。

・S-Lineのレンズはより厳しい品質規格により、高い描写性能、
点像性能の向上、また建物等の水平、垂直の湾曲が少なく
気持ちいい絵作りができます。
(レンズの口径が大きく、センサーサイズよりかなりの余裕が
ありますので、写真の周辺解像が高く湾曲も少ないのかなと
思います。光学性能的なことですので、出来た絵も気持ちいい
のかなとは思います。)

・EXPEED6では、ピクチャーコントロールが20種類も出来ました。
実際多いのかなと思ってましたが、FVFで写真の効果を
確認しながら撮影が出来ますので、とても楽しく、様々な表現が
簡単にできます。ミドルレンジシャープも新しい機能ですが、
より細かな、シャープさや立体感を表現したい場合は
重宝するのではないでしょうか?

【操作性】 
・ボタンの配置も、基本的に一眼レフと同じで適正に
配置されており、少し慣れればEVFを見ながら直観的に
操作できるようになります。

・EVF内で i メニューやメニューを操作出来るため、決めた
構図も目を離さず、おでこで支えてるのでブレにくく、
またサイレント撮影で撮影できるという、大変有難い
撮影スタイルが可能です。

・ i メニューとボタン類のカスタムも出来るところがあり、
自分に合った形を探していけそうです。

【バッテリー】

・何日間か触った感じなので、まだまだですが、D850を
風景とかで、ライブビューにしてAFのマニュアル撮影などを
すると結構電池の減りが早い気がします。
小まめに、電源をオンオフにしてるとかなりの
撮影枚数が出来そうな気がします。
ただ、先日D850を航空祭で連写で使用して、4575万画素の
沢山の写真はPCでデーターが重くぞっとしますが(笑)
   
【携帯性】 
・585g(Z7)+500g(Sline24-70)と
915g(D850)+1070g(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR)
今までの装備で言えば、約半分ですね!

・FTZ経由で、200-500などの望遠レンズも使えますので、本体は
強度の高いマグネシウム合金製になってます。
マグネシウム合金を感じさせない、グリップが大変良くできてて、
レンズと一緒に持ってても軽く取りまわすことが
できます。

【機能性】  
・絞りすぎによる回折補正機能。
これは一番いいなあと思いましたF20とか絞ったり、長い長秒の
バルブ撮影とかにも補正してくれるらしく
撮影の自由度が増す気がします。

・フォーカスシフト撮影が簡単に早くカメラ内で合成できる
機能がある。

・手振れ補正の無かった明かるい単焦点レンズを使い
5軸の手振れ補正の恩恵が受けれる点
 (暗い室内でも良さそうですね)

・ファインダーを見ながら、サイレント撮影ができる点
(ここは一番欲しかった機能です)
 ブレが軽減できますね。

・ファインダーが大きく、手や目をファインダーから離さず
拡大しピントを確認できる点

・iメニューから自分好みのカスタムしたメニューを見れる点
(この辺りはソニーのミラーレスと近いですね)

【液晶】   
・EVF  0.5型 Quad-VGA OLED、 明るい環境でモニター
が見れない場面でもEVFが大きくて、約369万ドットは
細やかで詳細な写真の確認が出来ます。見え方も自然で、
ストレスは余り感じません。

・チルト式3.2型TFT液晶モニター(タッチパネル)、
約210万ドットの液晶は、文句なしにとても見やすいですね。

【総評】
AF-Cのこと、暗い部分でのAFとか足りないものもありますが、
総合的には素晴らしいカメラなのかなと思います。
正直、沢山の方が撮られてるように、画質は
おおっと唸るものがあります。
Nikon技術者の方たちが、ユーザーの使用する場面を想像し、
会社の総力を挙げて作ってくれたカメラです。

どの機械でも使用目的があります。カメラの種類でも、
向き不向きはあり、全て足りてるものを作ればコストも高くなるし
そういうものは一般的ではありません。

Zマウントは、光学性能に優れてます。
どのメーカーさんのフランジバックより、
センサーまでの距離が大変近いです。
それは、他社製のレンズ、他社製のマウントで多分使用可能であり、
晴らしいS-Lineのレンズは、Zマウントでしか使えません。
(すみません、憶測もあります。)
多分センサーのイメージサークルより大きなレンズはきっと、
レンズの一番いい部分を使用でき、素晴らしい
描写性能を持つでしょう。

これから、新しい光学性能を持つ歴史に残るレンズたちを
これからNikonはきっと、作ってくれると願っています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった10

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
簡単にその場の空気感までも切り取れる、そんなカメラ 夜景編
当機種長秒で撮影してみました。
当機種グラファイトで撮ってみました。
当機種もう少しもありますが、全体的な均一性はいいのかなと思われます。

長秒で撮影してみました。

グラファイトで撮ってみました。

もう少しもありますが、全体的な均一性はいいのかなと思われます。

夜景に写真撮りましたので、更新しました(^-^)

長秒耐性強くなってて、撮りやすくなって、凄く簡単に感じました。


【デザイン】 
・質実剛健で正統派な感じで、Nikon好きの私は好きなデザインです。

・ シンプルに構成され実に無駄なボタン等は無く、機能美に溢れてます。

【画質】
・D850ゆずりの、有効画素数4575万画素,ローパスレス裏面照射型
CMOSセンサーは写真の奥行きや立体的だったり、その場の空気感
までも表現する、素晴らしいセンサーです。

・D850で風景を撮影すると、、よく飛んでる小さな鳥を捉えてて、
驚くことが多かったです。。

・S-Lineのレンズはより厳しい品質規格により、高い描写性能、
点像性能の向上、また建物等の水平、垂直の湾曲が少なく
気持ちいい絵作りができます。
(レンズの口径が大きく、センサーサイズよりかなりの余裕が
ありますので、写真の周辺解像が高く湾曲も少ないのかなと
思います。光学性能的なことですので、出来た絵も気持ちいい
のかなとは思います。)

・EXPEED6では、ピクチャーコントロールが20種類も出来ました。
実際多いのかなと思ってましたが、FVFで写真の効果を
確認しながら撮影が出来ますので、とても楽しく、様々な表現が
簡単にできます。ミドルレンジシャープも新しい機能ですが、
より細かな、シャープさや立体感を表現したい場合は
重宝するのではないでしょうか?

【操作性】 
・ボタンの配置も、基本的に一眼レフと同じで適正に
配置されており、少し慣れればEVFを見ながら直観的に
操作できるようになります。

・EVF内で i メニューやメニューを操作出来るため、決めた
構図も目を離さず、おでこで支えてるのでブレにくく、
またサイレント撮影で撮影できるという、大変有難い
撮影スタイルが可能です。

・ i メニューとボタン類のカスタムも出来るところがあり、
自分に合った形を探していけそうです。

【バッテリー】

・何日間か触った感じなので、まだまだですが、D850を
風景とかで、ライブビューにしてAFのマニュアル撮影などを
すると結構電池の減りが早い気がします。
小まめに、電源をオンオフにしてるとかなりの
撮影枚数が出来そうな気がします。
ただ、先日D850を航空祭で連写で使用して、4575万画素の
沢山の写真はPCでデーターが重くぞっとしますが(笑)
   
【携帯性】 
・585g(Z7)+500g(Sline24-70)と
915g(D850)+1070g(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR)
今までの装備で言えば、約半分ですね!

・FTZ経由で、200-500などの望遠レンズも使えますので、本体は
強度の高いマグネシウム合金製になってます。
マグネシウム合金を感じさせない、グリップが大変良くできてて、
レンズと一緒に持ってても軽く取りまわすことが
できます。

【機能性】  
・絞りすぎによる回折補正機能。
これは一番いいなあと思いましたF20とか絞ったり、長い長秒の
バルブ撮影とかにも補正してくれるらしく
撮影の自由度が増す気がします。

・フォーカスシフト撮影が簡単に早くカメラ内で合成できる
機能がある。

・手振れ補正の無かった明かるい単焦点レンズを使い
5軸の手振れ補正の恩恵が受けれる点
 (暗い室内でも良さそうですね)

・ファインダーを見ながら、サイレント撮影ができる点
(ここは一番欲しかった機能です)
 ブレが軽減できますね。

・ファインダーが大きく、手や目をファインダーから離さず
拡大しピントを確認できる点

・iメニューから自分好みのカスタムしたメニューを見れる点
(この辺りはソニーのミラーレスと近いですね)

【液晶】   
・EVF  0.5型 Quad-VGA OLED、 明るい環境でモニター
が見れない場面でもEVFが大きくて、約369万ドットは
細やかで詳細な写真の確認が出来ます。見え方も自然で、
ストレスは余り感じません。

・チルト式3.2型TFT液晶モニター(タッチパネル)、
約210万ドットの液晶は、文句なしにとても見やすいですね。

【総評】
AF-Cのこと、暗い部分でのAFとか足りないものもありますが、
総合的には素晴らしいカメラなのかなと思います。
正直、沢山の方が撮られてるように、画質は
おおっと唸るものがあります。
Nikon技術者の方たちが、ユーザーの使用する場面を想像し、
会社の総力を挙げて作ってくれたカメラです。

どの機械でも使用目的があります。カメラの種類でも、
向き不向きはあり、全て足りてるものを作ればコストも高くなるし
そういうものは一般的ではありません。

Zマウントは、光学性能に優れてます。
どのメーカーさんのフランジバックより、
センサーまでの距離が大変近いです。
それは、他社製のレンズ、他社製のマウントで多分使用可能であり、
晴らしいS-Lineのレンズは、Zマウントでしか使えません。
(すみません、憶測もあります。)
多分センサーのイメージサークルより大きなレンズはきっと、
レンズの一番いい部分を使用でき、素晴らしい
描写性能を持つでしょう。

これから、新しい光学性能を持つ歴史に残るレンズたちを
これからNikonはきっと、作ってくれると願っています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった19

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
簡単にその場の空気感までも切り取れる、そんなカメラ その2
当機種家にあった花束撮ってみました。
当機種庭のコスモスに飛んできた蝶を撮りました。
当機種FTZに200−500でお試しに飛行機撮ってみました。

家にあった花束撮ってみました。

庭のコスモスに飛んできた蝶を撮りました。

FTZに200−500でお試しに飛行機撮ってみました。

当機種近所の川に鷺がいました。
当機種倒木された木の木肌も面白いです。
 

近所の川に鷺がいました。

倒木された木の木肌も面白いです。

 

まだお試し程度ですが、写真更新しました(^-^)


【デザイン】 
・質実剛健で正統派な感じで、Nikon好きの私は好きなデザインです。

・ シンプルに構成され実に無駄なボタン等は無く、機能美に溢れてます。

【画質】
・D850ゆずりの、有効画素数4575万画素,ローパスレス裏面照射型
CMOSセンサーは写真の奥行きや立体的だったり、その場の空気感
までも表現する、素晴らしいセンサーです。

・D850で風景を撮影すると、、よく飛んでる小さな鳥を捉えてて、
驚くことが多かったです。。

・S-Lineのレンズはより厳しい品質規格により、高い描写性能、
点像性能の向上、また建物等の水平、垂直の湾曲が少なく
気持ちいい絵作りができます。
(レンズの口径が大きく、センサーサイズよりかなりの余裕が
ありますので、写真の周辺解像が高く湾曲も少ないのかなと
思います。光学性能的なことですので、出来た絵も気持ちいい
のかなとは思います。)

・EXPEED6では、ピクチャーコントロールが20種類も出来ました。
実際多いのかなと思ってましたが、FVFで写真の効果を
確認しながら撮影が出来ますので、とても楽しく、様々な表現が
簡単にできます。ミドルレンジシャープも新しい機能ですが、
より細かな、シャープさや立体感を表現したい場合は
重宝するのではないでしょうか?

【操作性】 
・ボタンの配置も、基本的に一眼レフと同じで適正に
配置されており、少し慣れればEVFを見ながら直観的に
操作できるようになります。

・EVF内で i メニューやメニューを操作出来るため、決めた
構図も目を離さず、おでこで支えてるのでブレにくく、
またサイレント撮影で撮影できるという、大変有難い
撮影スタイルが可能です。

・ i メニューとボタン類のカスタムも出来るところがあり、
自分に合った形を探していけそうです。

【バッテリー】

・何日間か触った感じなので、まだまだですが、D850を
風景とかで、ライブビューにしてAFのマニュアル撮影などを
すると結構電池の減りが早い気がします。
小まめに、電源をオンオフにしてるとかなりの
撮影枚数が出来そうな気がします。
ただ、先日D850を航空祭で連写で使用して、4575万画素の
沢山の写真はPCでデーターが重くぞっとしますが(笑)
   
【携帯性】 
・585g(Z7)+500g(Sline24-70)と
915g(D850)+1070g(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR)
今までの装備で言えば、約半分ですね!

・FTZ経由で、200-500などの望遠レンズも使えますので、本体は
強度の高いマグネシウム合金製になってます。
マグネシウム合金を感じさせない、グリップが大変良くできてて、
レンズと一緒に持ってても軽く取りまわすことが
できます。

【機能性】  
・絞りすぎによる回折補正機能。
これは一番いいなあと思いましたF20とか絞ったり、長い長秒の
バルブ撮影とかにも補正してくれるらしく
撮影の自由度が増す気がします。

・フォーカスシフト撮影が簡単に早くカメラ内で合成できる
機能がある。

・手振れ補正の無かった明かるい単焦点レンズを使い
5軸の手振れ補正の恩恵が受けれる点
 (暗い室内でも良さそうですね)

・ファインダーを見ながら、サイレント撮影ができる点
(ここは一番欲しかった機能です)
 ブレが軽減できますね。

・ファインダーが大きく、手や目をファインダーから離さず
拡大しピントを確認できる点

・iメニューから自分好みのカスタムしたメニューを見れる点
(この辺りはソニーのミラーレスと近いですね)

【液晶】   
・EVF  0.5型 Quad-VGA OLED、 明るい環境でモニター
が見れない場面でもEVFが大きくて、約369万ドットは
細やかで詳細な写真の確認が出来ます。見え方も自然で、
ストレスは余り感じません。

・チルト式3.2型TFT液晶モニター(タッチパネル)、
約210万ドットの液晶は、文句なしにとても見やすいですね。

【総評】
AF-Cのこと、暗い部分でのAFとか足りないものもありますが、
総合的には素晴らしいカメラなのかなと思います。
正直、沢山の方が撮られてるように、画質は
おおっと唸るものがあります。
Nikon技術者の方たちが、ユーザーの使用する場面を想像し、
会社の総力を挙げて作ってくれたカメラです。

どの機械でも使用目的があります。カメラの種類でも、
向き不向きはあり、全て足りてるものを作ればコストも高くなるし
そういうものは一般的ではありません。

Zマウントは、光学性能に優れてます。
どのメーカーさんのフランジバックより、
センサーまでの距離が大変近いです。
それは、他社製のレンズ、他社製のマウントで多分使用可能であり、
晴らしいS-Lineのレンズは、Zマウントでしか使えません。
(すみません、憶測もあります。)
多分センサーのイメージサークルより大きなレンズはきっと、
レンズの一番いい部分を使用でき、素晴らしい
描写性能を持つでしょう。

これから、新しい光学性能を持つ歴史に残るレンズたちを
これからNikonはきっと、作ってくれると願っています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった3

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
簡単にその場の空気感までも切り取れる、そんなカメラ
当機種購入して最初に撮った写真です。
当機種
当機種高感度で手持ちで撮影しました。手振れ補正は利いてますね。

購入して最初に撮った写真です。

高感度で手持ちで撮影しました。手振れ補正は利いてますね。

当機種この子の眼の中に私のシルエットがうっすらと
当機種ちょっと撮っただけなのに、波のデティ―ルがでます。
当機種福岡の二見が浦という場所です。

この子の眼の中に私のシルエットがうっすらと

ちょっと撮っただけなのに、波のデティ―ルがでます。

福岡の二見が浦という場所です。

【デザイン】 
・質実剛健で正統派な感じで、Nikon好きの私は好きなデザインです。

・ シンプルに構成され実に無駄なボタン等は無く、機能美に溢れてます。

【画質】
・D850ゆずりの、有効画素数4575万画素,ローパスレス裏面照射型
CMOSセンサーは写真の奥行きや立体的だったり、その場の空気感
までも表現する、素晴らしいセンサーです。

・D850で風景を撮影すると、、よく飛んでる小さな鳥を捉えてて、
驚くことが多かったです。。

・S-Lineのレンズはより厳しい品質規格により、高い描写性能、
点像性能の向上、また建物等の水平、垂直の湾曲が少なく
気持ちいい絵作りができます。
(レンズの口径が大きく、センサーサイズよりかなりの余裕が
ありますので、写真の周辺解像が高く湾曲も少ないのかなと
思います。光学性能的なことですので、出来た絵も気持ちいい
のかなとは思います。)

・EXPEED6では、ピクチャーコントロールが20種類も出来ました。
実際多いのかなと思ってましたが、FVFで写真の効果を
確認しながら撮影が出来ますので、とても楽しく、様々な表現が
簡単にできます。ミドルレンジシャープも新しい機能ですが、
より細かな、シャープさや立体感を表現したい場合は
重宝するのではないでしょうか?

【操作性】 
・ボタンの配置も、基本的に一眼レフと同じで適正に
配置されており、少し慣れればEVFを見ながら直観的に
操作できるようになります。

・EVF内で i メニューやメニューを操作出来るため、決めた
構図も目を離さず、おでこで支えてるのでブレにくく、
またサイレント撮影で撮影できるという、大変有難い
撮影スタイルが可能です。

・ i メニューとボタン類のカスタムも出来るところがあり、
自分に合った形を探していけそうです。

【バッテリー】

・何日間か触った感じなので、まだまだですが、D850を
風景とかで、ライブビューにしてAFのマニュアル撮影などを
すると結構電池の減りが早い気がします。
小まめに、電源をオンオフにしてるとかなりの
撮影枚数が出来そうな気がします。
ただ、先日D850を航空祭で連写で使用して、4575万画素の
沢山の写真はPCでデーターが重くぞっとしますが(笑)
   
【携帯性】 
・585g(Z7)+500g(Sline24-70)と
915g(D850)+1070g(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR)
今までの装備で言えば、約半分ですね!

・FTZ経由で、200-500などの望遠レンズも使えますので、本体は
強度の高いマグネシウム合金製になってます。
マグネシウム合金を感じさせない、グリップが大変良くできてて、
レンズと一緒に持ってても軽く取りまわすことが
できます。

【機能性】  
・絞りすぎによる回折補正機能。
これは一番いいなあと思いましたF20とか絞ったり、長い長秒の
バルブ撮影とかにも補正してくれるらしく
撮影の自由度が増す気がします。

・フォーカスシフト撮影が簡単に早くカメラ内で合成できる
機能がある。

・手振れ補正の無かった明かるい単焦点レンズを使い
5軸の手振れ補正の恩恵が受けれる点
 (暗い室内でも良さそうですね)

・ファインダーを見ながら、サイレント撮影ができる点
(ここは一番欲しかった機能です)
 ブレが軽減できますね。

・ファインダーが大きく、手や目をファインダーから離さず
拡大しピントを確認できる点

・iメニューから自分好みのカスタムしたメニューを見れる点
(この辺りはソニーのミラーレスと近いですね)

【液晶】   
・EVF  0.5型 Quad-VGA OLED、 明るい環境でモニター
が見れない場面でもEVFが大きくて、約369万ドットは
細やかで詳細な写真の確認が出来ます。見え方も自然で、
ストレスは余り感じません。

・チルト式3.2型TFT液晶モニター(タッチパネル)、
約210万ドットの液晶は、文句なしにとても見やすいですね。

【総評】
AF-Cのこと、暗い部分でのAFとか足りないものもありますが、
総合的には素晴らしいカメラなのかなと思います。
正直、沢山の方が撮られてるように、画質は
おおっと唸るものがあります。
Nikon技術者の方たちが、ユーザーの使用する場面を想像し、
会社の総力を挙げて作ってくれたカメラです。

どの機械でも使用目的があります。カメラの種類でも、
向き不向きはあり、全て足りてるものを作ればコストも高くなるし
そういうものは一般的ではありません。

Zマウントは、光学性能に優れてます。
どのメーカーさんのフランジバックより、
センサーまでの距離が大変近いです。
それは、他社製のレンズ、他社製のマウントで多分使用可能であり、
晴らしいS-Lineのレンズは、Zマウントでしか使えません。
(すみません、憶測もあります。)
多分センサーのイメージサークルより大きなレンズはきっと、
レンズの一番いい部分を使用でき、素晴らしい
描写性能を持つでしょう。

これから、新しい光学性能を持つ歴史に残るレンズたちを
これからNikonはきっと、作ってくれると願っています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった19

 
 
 
 
 
 

「Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキット」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキット
ニコン

Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキット

最安価格(税込):¥357,550発売日:2018年 9月28日 価格.comの安さの理由は?

Z 7 24-70+FTZ マウントアダプターキットをお気に入り製品に追加する <427

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意