『ファインダーの見やすさとホールド感の良さが気に入ってます!』 ニコン Z 7 ボディ enjoy seniorさんのレビュー・評価

2018年 9月28日 発売

Z 7 ボディ

  • 大口径の新マウントを採用したフルサイズ高画素ミラーレスカメラ。像面位相差AF画素搭載の「裏面照射型CMOSセンサー」を備える。
  • 493点のフォーカスポイントが撮像範囲の約90%をカバーする「ハイブリッドAFシステム」搭載。約5.5コマ/秒・最大約9コマ/秒の高速連続撮影(拡張)が行える。
  • 画像処理エンジン「EXPEED 6」が解像感の高い画作りを、「電子ビューファインダー」がクリアーで自然な見えを提供する。フルフレーム4K UHD動画撮影も可能。
Z 7 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥284,281

(前週比:-1,661円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥159,800 (118製品)


価格帯:¥284,281¥481,190 (34店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥284,282 〜 ¥366,300 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : ミラーレス 画素数:4689万画素(総画素)/4575万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:585g Z 7 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部において、手ブレ補正効果が十分でない場合があることが発表されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

Z 7 ボディ の後に発売された製品Z 7 ボディとZ 7II ボディを比較する

Z 7II ボディ

Z 7II ボディ

最安価格(税込): ¥344,789 発売日:2020年12月11日

タイプ:ミラーレス 画素数:4689万画素(総画素)/4575万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:615g
 
  • Z 7 ボディの価格比較
  • Z 7 ボディの中古価格比較
  • Z 7 ボディの買取価格
  • Z 7 ボディの店頭購入
  • Z 7 ボディのスペック・仕様
  • Z 7 ボディの純正オプション
  • Z 7 ボディのレビュー
  • Z 7 ボディのクチコミ
  • Z 7 ボディの画像・動画
  • Z 7 ボディのピックアップリスト
  • Z 7 ボディのオークション

Z 7 ボディニコン

最安価格(税込):¥284,281 (前週比:-1,661円↓) 発売日:2018年 9月28日

  • Z 7 ボディの価格比較
  • Z 7 ボディの中古価格比較
  • Z 7 ボディの買取価格
  • Z 7 ボディの店頭購入
  • Z 7 ボディのスペック・仕様
  • Z 7 ボディの純正オプション
  • Z 7 ボディのレビュー
  • Z 7 ボディのクチコミ
  • Z 7 ボディの画像・動画
  • Z 7 ボディのピックアップリスト
  • Z 7 ボディのオークション

『ファインダーの見やすさとホールド感の良さが気に入ってます!』 enjoy seniorさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 7 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

enjoy seniorさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
1件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
1件
防湿庫
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
ファインダーの見やすさとホールド感の良さが気に入ってます!
機種不明
機種不明
機種不明

還暦を過ぎてからマイクロフォーサーズ機各種を中心に使ってきましたが、
Z6・Z50を購入し久しぶりにニコン機中心に戻りました。

Zシリーズはレンズ数も少なくまた高価なレンズが多いので従来のニコンのレンズも使うことになるのですが、
Z6ではDXレンズは10.3Mの解像度になるので、思い切ってZ7も購入することにしました。
Z6より実質10万円以上高いので割高感はありますが19.5Mの解像度でDXレンズが使えるので、FXのMicro等従来のレンズを幅広く活用出来ます。

Zシリーズ共通のメリットはファインダーの見やすさとホールド感の良さです。
ファインダーの見やすさはシニア層にとっては有り難いことです。
グリップも男性の大きい手でも握りやすく、ボディ内手ぶれ補正機構と相まって
体力の落ちてきたシニアでも失敗が少なくなりました。

デメリットはXQDカードを採用したことで、SDカードのWスロットにしておけばもっと人気が出たのではないかと思います。
私的にもZ6用に32GB&64GB、Z7用に64GB&120GBのXQDカード、3台のPC用に
SONYのカードリーダー3個購入で計約6.5万円の追加出費になりました。

とはいえZシリーズは使いやすく信頼性が高いので、
Z6で標準ズームレンズ・Z7で従来のニコンレンズ・Z50は望遠レンズを気軽に使える
等活用していきたいと思っています。

≪追記≫
DX16-80mm F2.8-4 で撮った画像です。
19.5Mの解像度なので多少のトリミングにも耐えられそうです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった15人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
ファインダーの見やすさとホールド感の良さが気に入ってます!

還暦を過ぎてからマイクロフォーサーズ機各種を中心に使ってきましたが、
Z6・Z50を購入し久しぶりにニコン機中心に戻りました。

Zシリーズはレンズ数も少なくまた高価なレンズが多いので従来のニコンのレンズも使うことになるのですが、
Z6ではDXレンズは10.3Mの解像度になるので、思い切ってZ7も購入することにしました。
Z6より実質10万円以上高いので割高感はありますが19.5Mの解像度でDXレンズが使えるので、FXのMicro等従来のレンズを幅広く活用出来ます。

Zシリーズ共通のメリットはファインダーの見やすさとホールド感の良さです。
ファインダーの見やすさはシニア層にとっては有り難いことです。
グリップも男性の大きい手でも握りやすく、ボディ内手ぶれ補正機構と相まって
体力の落ちてきたシニアでも失敗が少なくなりました。

デメリットはXQDカードを採用したことで、SDカードのWスロットにしておけばもっと人気が出たのではないかと思います。
私的にもZ6用に32GB&64GB、Z7用に64GB&120GBのXQDカード、3台のPC用に
SONYのカードリーダー3個購入で計約6.5万円の追加出費になりました。

とはいえZシリーズは使いやすく信頼性が高いので、
Z6で標準ズームレンズ・Z7で従来のニコンレンズ・Z50は望遠レンズを気軽に使える
等活用していきたいと思っています。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった2

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 7 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Z 7 ボディ
ニコン

Z 7 ボディ

最安価格(税込):¥284,281発売日:2018年 9月28日 価格.comの安さの理由は?

Z 7 ボディをお気に入り製品に追加する <713

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意