『24mm始まりで最短撮影距離が短くて明るいズームレンズ』 パナソニック LUMIX DC-LX100M2 2ndartさんのレビュー・評価

2018年10月18日 発売

LUMIX DC-LX100M2

  • 4/3型高感度MOSセンサー搭載のコンパクトデジタルカメラ。LEICA DC VARIO-SUMMILUX 24-75mm/F1.7-2.8レンズを採用し、高画質を実現。
  • アナログ感覚で操作ができるリング・ダイヤルに加え、約124万ドットのタッチパネル液晶モニターを新たに採用し、操作性が向上。
  • 秒間30コマで決定的瞬間を捉える「4Kフォト」や、ダイナミックなモノクロ表現を可能した「L.モノクロームD」、フィルムライクな質感の「粒状」を搭載。
LUMIX DC-LX100M2 製品画像

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥92,500

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥92,500

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥79,800 (8製品)


価格帯:¥92,500〜¥150,041 (60店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥92,500 〜 ¥115,000 (全国707店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:2177万画素(総画素)/1700万画素(有効画素) 光学ズーム:3.1倍 撮影枚数:340枚 備考:おまかせiA/顔認識 LUMIX DC-LX100M2のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • LUMIX DC-LX100M2の価格比較
  • LUMIX DC-LX100M2の中古価格比較
  • LUMIX DC-LX100M2の買取価格
  • LUMIX DC-LX100M2の店頭購入
  • LUMIX DC-LX100M2のスペック・仕様
  • LUMIX DC-LX100M2の純正オプション
  • LUMIX DC-LX100M2のレビュー
  • LUMIX DC-LX100M2のクチコミ
  • LUMIX DC-LX100M2の画像・動画
  • LUMIX DC-LX100M2のピックアップリスト
  • LUMIX DC-LX100M2のオークション

LUMIX DC-LX100M2パナソニック

最安価格(税込):¥92,500 (前週比:±0 ) 発売日:2018年10月18日

  • LUMIX DC-LX100M2の価格比較
  • LUMIX DC-LX100M2の中古価格比較
  • LUMIX DC-LX100M2の買取価格
  • LUMIX DC-LX100M2の店頭購入
  • LUMIX DC-LX100M2のスペック・仕様
  • LUMIX DC-LX100M2の純正オプション
  • LUMIX DC-LX100M2のレビュー
  • LUMIX DC-LX100M2のクチコミ
  • LUMIX DC-LX100M2の画像・動画
  • LUMIX DC-LX100M2のピックアップリスト
  • LUMIX DC-LX100M2のオークション

『24mm始まりで最短撮影距離が短くて明るいズームレンズ』 2ndartさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

LUMIX DC-LX100M2のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:142人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
4件
314件
デジタル一眼カメラ
0件
38件
スマートフォン
3件
28件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
24mm始まりで最短撮影距離が短くて明るいズームレンズ

24mm始まりで最短撮影距離が短くて明るいズームレンズのコンパクトなデジカメを探して購入。

主に使っているRX100M6よりは、ボケ量が多いことは確認できた。被写体に十分に近づけば背景は結構ボケる。

【気に入ったポイント】

・ 焦点距離:24mm〜75mm(24mmはじまりで中望遠までカバー。iAズームで150mmまで。 iAズームの150mmは十分に使える。
・ F値:F1.7〜F2.8(明るいレンズでボケが期待できそう。レンズ交換式でもここまで明るいズームレンズはない。)
・ EVF:ファインダー倍率0.7倍。RX100M6(0.59倍)のようなポップアップ式ではなく、使いやすい。ポップアップでない方が故障率が低い気がする。ただ、あまり見やすいファインダーとは言えない。
・ 最短撮影距離:3cm(標準では50cmだが、マクロモードで3cm)
・ 画像数:1700万画素(適度な画素数)
・ サイズ:115x66.2x64.2mm(現時点で発売されているレンズ交換式に比べればコンパクト。GM1と比べれば大きいが。)
・ 重量:350g(許容範囲。RX100M6と比較するとずっしりと重く感じる。)
・ 内蔵フラッシュなし:フラッシュは使わないので無い方がすっきりする。
・ 電源スイッチ:レバー式(押しボタンに比べて、ON/OFFがはっきり分かる)。GM1のレバーに比べると操作しづらい。iAボタンを誤って押してしまうこともある。
・ USB充電可:旅行等でバッテリーチャージャーを持っていかなくて済む。モバイルバッテリーからの充電も可能。
・ レンズバリアがなく、フィルターねじが有る(フィルター径は43mm):レンズバリアが無い方がうれしい。レンズバリアが壊れると使いものにならなくなる。レンズ保護フィルターが付けられる。NDフィルターやクローズアップレンズも付けられる。
・ 露出補正ダイヤル:専用ダイヤルが付いている。
・ 絞りリング、シャッタースピードダイヤル:それぞれ専用リングやダイヤルが付いている。P、A、Sの切替操作が不要。
・ コントロールリング:ステップズーム専用リングとして使える。マニュアルフォーカス時はフォーカスリングとして使える。
・ マルチアスペクト:画角を落とさずに4:3、3:2、16:9が選択できる。16:9で焦点距離24mmはワイド感がある。専用切替スイッチもある。
・ 「AF/AFマクロ/MF」フォーカス切り換え:専用切替スイッチが付いてる。「AFマクロ」でも無限遠までピントは合う。静止画で風景撮影がメインなら、「AFマクロ」固定で問題なく使える。
・ タッチAF:液晶モニターにタッチしてフォーカス位置を調整できる。
・ 設定で「レンズ位置メモリー」がある。電源を切ったときのズーム位置とフォーカス位置を記憶してくれる。便利かもしれない。
・ ファンクションボタン:5つの物理ファンクションボタンがある。それぞれ好きな機能を設定できる。とりあえず、Fn3:ブラケット、Fn4:フォトスタイル、Fn5:フィルター効果に設定。物理ボタン以外の液晶モニターで操作するファンクションは使いづらい。

【残念なこと】

・ 電源ON/OFF:遅い。
・ レンズが伸びる:電源ON時のワイド端でも結構伸びる。
・ ズーム速度:遅い。RX100M6と比べてもかなり遅い。
・ 総画素=2177万画素、有効画素=1700万画素:フォーサーズセンサーの78%しか使っていない。これをフォーサーズカメラと言ってしまってよいのか疑問。
・ フィルター効果「ワンポイントカラー」が、SONYの「パートカラー」と違って、見えている画像の任意のカラーを指定できて柔軟性が高いとも言えるがかえって面倒。SONYのパートカラーの赤青緑黄の4色から選ぶ方がシンプルで簡単。
・ 最短撮影距離が、テレ端では30cmになる。
・ 液晶モニターがチルトやバリアングルではない。ただ、個人的にはあまり使わないので、大きな問題ではない。

4K PHOTOや動画機能については使っていないので、よく分からない。

購入経緯や、サンプル画像は以下のブログに載せました。興味ある方はご覧ください。サンプル画像は鮮鋭化して、縮小しています。

ブログ:デジカメ「パナソニック LUMIX DC-LX100M2」レビュー。RX100M6とボケ比較。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2019/04/27/144707

ブログ:デジカメ「パナソニック LUMIX DC-LX100M2」、神戸元町、北野で試し撮り。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2019/04/27/153649

ブログ:奈良公園飛火野散策。野生の藤が迫力。with LUMIX DC-LX100M2。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2019/04/28/150855

ブログ:ならまち散歩&スナップ写真。with LUMIX DC-LX100M2。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2019/04/28/152656

ブログ:大阪)蒲生四丁目周辺を散策&スナップ写真。with LUMIX DC-LX100M2。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2019/05/04/163438

ブログ:大阪心斎橋)LUMIX DC-LX100M2+NDフィルターで低速シャッターで人物ぼかし。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2019/05/04/205246

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった15人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
24mm始まりで最短撮影距離が短くて明るいズームレンズ

24mm始まりで最短撮影距離が短くて明るいズームレンズのコンパクトなデジカメを探して購入。

主に使っているRX100M6よりは、ボケ量が多いことは確認できた。被写体に十分に近づけば背景は結構ボケる。

【気に入ったポイント】
・ 焦点距離:24mm〜75mm(24mmはじまりで中望遠までカバー。iAズームで150mmまで。)
・ F値:F1.7〜F2.8(明るいレンズでボケが期待できそう。レンズ交換式でもここまで明るいズームレンズはない。)
・ EVF:ファインダー倍率0.7倍。RX100M6(0.59倍)のようなポップアップ式ではなく、使いやすく見やすい。
・ 最短撮影距離:3cm(標準では50cmだが、マクロモードで3cm)
・ 画像数:1700万画素(適度な画素数)
・ サイズ:115x66.2x64.2mm(現時点で発売されているレンズ交換式に比べればコンパクト。GM1と比べれば大きいが。)
・ 重量:350g(許容範囲。RX100M6と比較するとずっしりと重く感じる。)
・ 内蔵フラッシュなし:フラッシュは使わないので無い方がすっきりする。
・ 電源スイッチ:レバー式(押しボタンに比べて、ON/OFFがはっきり分かる)。LUMIX GM1のレバーに比べると操作しづらい。
・ USB充電可:旅行等でバッテリーチャージャーを持っていかなくて済む。モバイルバッテリーからの充電も可能。
・ フィルターねじ有(フィルター径は43mm):レンズ保護フィルターが付けられる。レンズバリアが無い方がうれしい。レンズバリアが壊れると使いものにならなくなる。NDフィルターやクローズアップレンズも付けられる。
・ 露出補正ダイヤル:専用ダイヤルが付いている。
・ 絞りリング、シャッタースピードダイヤル:それぞれ専用リングやダイヤルが付いている。P、A、Sの切替操作が不要。
・ コントロールリング:ステップズーム専用リングとして使える。マニュアルフォーカス時はフォーカスリングとして使える。
・ マルチアスペクト:画角を落とさずに4:3、3:2、16:9が選択できる。専用切替スイッチもある。
・ 「AF/AFマクロ/MF」フォーカス切り換え:専用切替スイッチが付いてる。「AFマクロ」でも無限遠までピントは合う。静止画で風景撮影がメインなら、「AFマクロ」固定でも問題なさそう。
・ タッチパッドAF:液晶モニターにタッチしてフォーカス位置を調整できる。
・ 設定で「レンズ位置メモリー」がある。電源を切ったときのズーム位置とフォーカス位置を記憶してくれる。便利かもしれない。
・ ファンクションボタン:5つの物理ファンクションボタンがある。それぞれ好きな機能を設定できる。とりあえず、Fn3:ブラケット、Fn4:フォトスタイル、Fn5:フィルター効果に設定。

【残念なこと】

・ 電源ON/OFF:遅い。
・ レンズが伸びる:電源ON時のワイド端でも結構伸びる。
・ ズーム速度:遅い。RX100M6と比べてもかなり遅い。
・ 総画素=2177万画素、有効画素=1700万画素:フォーサーズセンサーの78%しか使っていない。本来の意味でのフォーサーズカメラとは言えないのではないか。
・ バッテリーの消耗が早い。
・ フィルター効果「ワンポイントカラー」が、SONYの「パートカラー」と違って、見えている画像の任意のカラーを指定できて柔軟性が高いとも言えるがかえって面倒。SONYのパートカラーの赤青緑黄の4色から選ぶ方がシンプルで簡単。
・ 最短撮影距離が、テレ端では30cmになる。
・ 液晶モニターがチルトやバリアングルではない。ただ、個人的にはあまり使わないので、大きな問題ではない。

4K PHOTOや動画機能については使っていないので、よく分からない。

購入経緯や、サンプル画像は以下のブログに載せました。興味ある方はご覧ください。サンプル画像は鮮鋭化して、縮小しています。

ブログ:デジカメ「パナソニック LUMIX DC-LX100M2」レビュー。RX100M6とボケ比較。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2019/04/27/144707

ブログ:デジカメ「パナソニック LUMIX DC-LX100M2」、神戸元町、北野で試し撮り。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2019/04/27/153649

ブログ:奈良公園飛火野散策。野生の藤が迫力。with LUMIX DC-LX100M2。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2019/04/28/150855

ブログ:ならまち散歩&スナップ写真。with LUMIX DC-LX100M2。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2019/04/28/152656

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった3

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
24mm始まりで最短撮影距離が短くて明るいズームレンズ

24mm始まりで最短撮影距離が短くて明るいズームレンズのコンパクトなデジカメを探して購入。

主に使っているRX100M6よりは、ボケ量が多いことは確認できた。ただ、フォーサーズのセンサーを100%使っていないため、期待したよりはボケ量が少ない気がする。

【気に入ったポイント】
・ 焦点距離:24mm〜75mm(24mmはじまりで中望遠までカバー。iAズームで150mmまで。)
・ F値:F1.7〜F2.8(明るいレンズでボケが期待できそう。レンズ交換式でもここまで明るいズームレンズはない。)
・ EVF:ファインダー倍率0.7倍。RX100M6(0.59倍)のようなポップアップ式ではなく、使いやすく見やすい。
・ 最短撮影距離:3cm(標準では50cmだが、マクロモードで3cm)
・ 画像数:1700万画素(適度な画素数)
・ サイズ:115x66.2x64.2mm(現時点で発売されているレンズ交換式に比べればコンパクト。GM1と比べれば大きいが。)
・ 重量:350g(許容範囲。RX100M6と比較するとずっしりと重く感じる。)
・ 内蔵フラッシュなし:フラッシュは使わないので無い方がすっきりする。
・ 電源スイッチ:レバー式(押しボタンに比べて、ON/OFFがはっきり分かる)。LUMIX GM1のレバーに比べると操作しづらい。
・ USB充電可:旅行等でバッテリーチャージャーを持っていかなくて済む。モバイルバッテリーからの充電も可能。
・ フィルターねじ有(フィルター径は43mm):レンズ保護フィルターが付けられる。レンズバリアが無い方がうれしい。レンズバリアが壊れると使いものにならなくなる。NDフィルターやクローズアップレンズも付けられる。
・ 露出補正ダイヤル:専用ダイヤルが付いている。
・ 絞りリング、シャッタースピードダイヤル:それぞれ専用リングやダイヤルが付いている。P、A、Sの切替操作が不要。
・ コントロールリング:ステップズーム専用リングとして使える。マニュアルフォーカス時はフォーカスリングとして使える。
・ マルチアスペクト:画角を落とさずに4:3、3:2、16:9が選択できる。専用切替スイッチもある。
・ 「AF/AFマクロ/MF」フォーカス切り換え:専用切替スイッチが付いてる。「AFマクロ」でも無限遠までピントは合う。静止画で風景撮影がメインなら、「AFマクロ」固定でも問題なさそう。
・ タッチパッドAF:液晶モニターにタッチしてフォーカス位置を調整できる。
・ 設定で「レンズ位置メモリー」がある。電源を切ったときのズーム位置とフォーカス位置を記憶してくれる。便利かもしれない。
・ ファンクションボタン:5つの物理ファンクションボタンがある。それぞれ好きな機能を設定できる。とりあえず、Fn3:ブラケット、Fn4:フォトスタイル、Fn5:フィルター効果に設定。

【残念なこと】

・ 電源ON/OFF:遅い。
・ レンズが伸びる:電源ON時のワイド端でも結構伸びる。
・ ズーム速度:遅い。RX100M6と比べてもかなり遅い。
・ 総画素=2177万画素、有効画素=1700万画素:フォーサーズセンサーの78%しか使っていない。本来の意味でのフォーサーズカメラとは言えないのではないか。
・ バッテリーの消耗が早い。
・ フィルター効果「ワンポイントカラー」が、SONYの「パートカラー」と違って、見えている画像の任意のカラーを指定できて柔軟性が高いとも言えるがかえって面倒。SONYのパートカラーの赤青緑黄の4色から選ぶ方がシンプルで簡単。
・ 最短撮影距離が、テレ端では30cmになる。
・ 液晶モニターがチルトやバリアングルではない。ただ、個人的にはあまり使わないので、大きな問題ではない。

4K PHOTOや動画機能については使っていないので、よく分からない。

購入経緯や、サンプル画像は以下のブログに載せました。興味ある方はご覧ください。サンプル画像は鮮鋭化して、縮小しています。

ブログ:デジカメ「パナソニック LUMIX DC-LX100M2」レビュー。RX100M6とボケ比較。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2019/04/27/144707

ブログ:デジカメ「パナソニック LUMIX DC-LX100M2」、神戸元町、北野で試し撮り。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2019/04/27/153649

ブログ:奈良公園飛火野散策。野生の藤が迫力。with LUMIX DC-LX100M2。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2019/04/28/150855

ブログ:ならまち散歩&スナップ写真。with LUMIX DC-LX100M2。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2019/04/28/152656

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった0

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
24mm始まりで最短撮影距離が短くて明るいズームレンズ

24mm始まりで最短撮影距離が短くて明るいズームレンズのコンパクトなデジカメを探して購入。

主に使っているRX100M6よりは、ボケ量が多いことは確認できた。ただ、フォーサーズのセンサーを100%使っていないため、期待したよりはボケ量が少ない気がする。

【気に入ったポイント】

・ 焦点距離:24mm〜75mm(24mmはじまりで中望遠までカバー)
・ F値:F1.7〜F2.8(明るいレンズでボケが期待できそう。レンズ交換式でもここまで明るいレンズはない。)
・ EVF:ファインダー倍率0.7倍。RX100M6(0.59倍)のようなポップアップ式ではなく、使いやすく見やすい。
・ 最短撮影距離:3cm(標準では50cmだが、マクロモードで3cm)
・ 画像数:1700万画素(適度な画素数)
・ サイズ:115x66.2x64.2mm(レンズ交換式に比べればコンパクト)
・ 重量:350g(許容範囲)
・ 内蔵フラッシュなし:フラッシュは使わないので無い方がすっきりする。
・ 電源スイッチ:レバー式(押しボタンに比べて、ON/OFFがはっきり分かる)。LUMIX GM1のレバーに比べると操作しづらい。
・ USB充電可:旅行等でバッテリーチャージャーを持っていかなくて済む。
・ フィルターねじ有:レンズ保護フィルターが付けられる。レンズバリアが無い方がうれしい。レンズバリアが壊れると使いものにならなくなる。
・ 露出補正ダイヤル:専用ダイヤルが付いている。
・ 絞りリング、シャッタースピードダイヤル:それぞれ専用リングやダイヤルが付いている。P、A、Sの切替操作が不要。
・ コントロールリング:ステップズーム専用リングとして使える。マニュアルフォーカス時はフォーカスリングとして使える。
・ マルチアスペクト:画角を落とさずに4:3、3:2、16:9が選択できる。専用切替スイッチもある。
・ 「AF/AFマクロ/MF」フォーカス切り換え:専用切替スイッチが付いてる。
・ タッチパッドAF:液晶モニターにタッチしてフォーカス位置を調整できる。
・ ファンクションボタン:5つの物理ファンクションボタンがある。それぞれ好きな機能を設定できる。とりあえず、Fn3:ブラケット、Fn4:フォトスタイル、Fn5:フィルター効果に設定。

【残念なこと】

電源ON/OFF:遅い。
・ レンズが伸びる:電源ON時のワイド端でも結構伸びる。
・ ズーム速度:遅い。RX100M6と比べてもかなり遅い。
・ 総画素=2177万画素、有効画素=1700万画素:フォーサーズセンサーの78%しか使っていない。本来の意味でのフォーサーズカメラとは言えないのではないか。
・ バッテリーの消耗が早い。
・ フィルター効果「ワンポイントカラー」が、SONYの「パートカラー」と違って、見えている画像の任意のカラーを指定できて柔軟性が高いとも言えるがかえって面倒。SONYのパートカラーの赤青緑黄の4色から選ぶ方がシンプルで簡単。
・ 最短撮影距離が、テレ端では30cmになる。
・ 液晶モニターがチルトやバリアングルではない。ただ、個人的にはあまり使わないので、大きな問題ではない。

4K PHOTOや動画機能については使っていないので、よく分からない。

購入経緯や、サンプル画像は以下のブログに載せました。興味ある方はご覧ください。サンプル画像は鮮鋭化して、縮小しています。

ブログ:デジカメ「パナソニック LUMIX DC-LX100M2」レビュー。RX100M6とボケ比較。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2019/04/27/144707

ブログ:デジカメ「パナソニック LUMIX DC-LX100M2」、神戸元町、北野で試し撮り。
https://2ndart.hatenablog.com/entry/2019/04/27/153649

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「LUMIX DC-LX100M2」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
いいカメラですメイン機材になりそう  5 2019年9月26日 10:22
旅先でしっかりと風景や街角を撮りたい人に最適のカメラ  5 2019年9月24日 09:47
群像は苦手  2 2019年9月20日 21:41
期待以上の写りに満足です♪  5 2019年9月9日 12:45
サブ以上!!  5 2019年7月21日 20:13
サブ機の予定でしたが、メイン機になりそうです。  5 2019年7月17日 06:31
散歩用  5 2019年6月14日 20:25
24mm始まりで最短撮影距離が短くて明るいズームレンズ  5 2019年5月16日 10:46
もっと評価されるべきカメラ  5 2019年4月20日 11:17
撮影が楽しくなるカメラ  5 2019年4月10日 03:37

LUMIX DC-LX100M2のレビューを見る(レビュアー数:15人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

LUMIX DC-LX100M2のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

LUMIX DC-LX100M2
パナソニック

LUMIX DC-LX100M2

最安価格(税込):¥92,500発売日:2018年10月18日 価格.comの安さの理由は?

LUMIX DC-LX100M2をお気に入り製品に追加する <574

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルカメラ]

デジタルカメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意