『オンリーワンの印刷専用ビジネスインクジェット』 ブラザー プリビオ HL-J6000CDW うさりん♪さんのレビュー・評価

2018年11月 発売

プリビオ HL-J6000CDW

  • 大容量インクカートリッジに対応し、低コスト・高耐久を実現したA3対応ハイスペックプリンター。2段カセット、多目的トレイを搭載している。
  • カラー約5,000枚、ブラック約6,000枚の大容量インクカートリッジに対応し、インク交換の手間を大幅に軽減。約15万ページの高耐久を実現し大量印刷が可能。
  • A4カラー文書1枚約4.1円、モノクロ文書1枚約0.8円の低コストで、1分間にA4カラー約20ページ、A4モノクロ約22ページの高速印刷ができる。
プリビオ HL-J6000CDW 製品画像

拡大

この製品の環境ラベルを見る

エコマーク認定

エコマーク

最安価格(税込):

¥40,000

(前週比:-95円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥40,000¥68,900 (20店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:インクジェット 最大用紙サイズ:A3 解像度:1200x4800dpi プリビオ HL-J6000CDWのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • プリビオ HL-J6000CDWの価格比較
  • プリビオ HL-J6000CDWの店頭購入
  • プリビオ HL-J6000CDWのスペック・仕様
  • プリビオ HL-J6000CDWの純正オプション
  • プリビオ HL-J6000CDWのレビュー
  • プリビオ HL-J6000CDWのクチコミ
  • プリビオ HL-J6000CDWの画像・動画
  • プリビオ HL-J6000CDWのピックアップリスト
  • プリビオ HL-J6000CDWのオークション

プリビオ HL-J6000CDWブラザー

最安価格(税込):¥40,000 (前週比:-95円↓) 発売日:2018年11月

  • プリビオ HL-J6000CDWの価格比較
  • プリビオ HL-J6000CDWの店頭購入
  • プリビオ HL-J6000CDWのスペック・仕様
  • プリビオ HL-J6000CDWの純正オプション
  • プリビオ HL-J6000CDWのレビュー
  • プリビオ HL-J6000CDWのクチコミ
  • プリビオ HL-J6000CDWの画像・動画
  • プリビオ HL-J6000CDWのピックアップリスト
  • プリビオ HL-J6000CDWのオークション

『オンリーワンの印刷専用ビジネスインクジェット』 うさりん♪さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

プリビオ HL-J6000CDWのレビューを書く

うさりん♪さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デスクトップパソコン
1件
0件
タブレットPC
1件
0件
プリンタ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
印刷速度4
解像度4
静音性2
ドライバ3
付属ソフト3
印刷コスト無評価
サイズ3
オンリーワンの印刷専用ビジネスインクジェット

 A3対応の大量印刷用単機能プリンターという、オンリーワン度の高い商品である。事務用複合機とバッティングするジャンルであるが、コスト面ではそれより大幅に安く上がるのではないか。用途としては、学校とか学習塾とか?。1クラス単位でプリントを刷ったりするのに、レーザーと比べると、特にカラーはかなり低コストで印刷できるのではないか。筆者の場合、2019年10月楽天市場で34,818円で購入。キャッシュレス還元(5%)など使ったので実質30,000円くらいか。

 旧世代のブラザー製品と比べると、非常に欠点のない商品になっている。いくつか気が付いた点を挙げると、用紙トレイは2段式だが、背面トレイもコピー用紙なら100枚まで入るので、常時3種類まで用紙は使い分けが可能である。パソコンから印刷指示を出すと、即座に反応するので、何らかの理由でうまく印刷指示が通っていないような場合は、すぐに問題があるとわかる。SDカードスロットとか無駄なものはついていないのも好感が持てる点である。印字品質は、新聞のカラー写真などと比べればそん色ないが、ブラザーの機種全般に言えることだが、ハーフトーンの表現が雑で、写真用紙へのプリントには向かないと思う。

 欠点は、インクが高いことである。純正だと、4色セットで2万円を超える。ふつうの使い方だとこれで1年持つらしいが、当機種を買う方はほとんどの場合大量に印刷する目的があると思われる。サードパーティーだと5,000円くらいからあるので、たいていのユーザーはそちらを使っているのではないか。筆者の場合、一番安いオーシャンズ系(彩天地、tomoz)のインクを常用しているが、9万枚ほど刷ったところでシアンの吐出不良が発生した。逆に言うと、それまでは特に何の問題もなかった。修理対応は出張のみで、1回33,000円かかる。東京都内の場合、即日〜翌日くらい対応してくれるようだが、僻地や離島のような場合、どうなるのだろうか。

印刷目的
文書

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「プリビオ HL-J6000CDW」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

プリビオ HL-J6000CDWのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

プリビオ HL-J6000CDW
ブラザー

プリビオ HL-J6000CDW

最安価格(税込):¥40,000発売日:2018年11月 価格.comの安さの理由は?

プリビオ HL-J6000CDWをお気に入り製品に追加する <87

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリンタ)

ご注意