『初ヘルシオ』 シャープ ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系] haruru!さんのレビュー・評価

2018年 8月30日 発売

ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]

  • 火加減(温度)や時間に加え、調理中に水加減(過熱水蒸気の量)をコントロールできる、ウォーターオーブンレンジ。
  • 食材の種類や量に関わらず、また、冷凍・冷蔵・常温が混在していても、それぞれの食材の状態に合わせて最適に調理する「まかせて調理」機能を搭載。
  • 「2段熱風コンベクションオーブン」により、お菓子やパンを均一に加熱できる。そのほか、低温でじっくり加熱したドライフードが作れるなど調理機能が充実。
ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥54,500

(前週比:-200円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥54,500〜¥80,100 (20店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥54,500 〜 ¥54,500 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーブンレンジ 庫内容量:30L 最大レンジ出力:1000W ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]の価格比較
  • ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]の店頭購入
  • ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]のスペック・仕様
  • ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]のレビュー
  • ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]のクチコミ
  • ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]の画像・動画
  • ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]のピックアップリスト
  • ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]のオークション

ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]シャープ

最安価格(税込):¥54,500 (前週比:-200円↓) 発売日:2018年 8月30日

  • ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]の価格比較
  • ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]の店頭購入
  • ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]のスペック・仕様
  • ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]のレビュー
  • ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]のクチコミ
  • ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]の画像・動画
  • ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]のピックアップリスト
  • ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:93人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

電子レンジ・オーブンレンジ
1件
5件
洗濯機
1件
4件
炊飯器
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
使いやすさ5
パワー5
静音性4
サイズ4
手入れのしやすさ5
機能・メニュー5
初ヘルシオ

スペアリブ

バゲット クープくっきり

20cmシフォン

2002年製シャープ ベーカリーオーブンRE-LC30のグリルヒーターが下がったままになり、価格が下がるのを待つことなく購入
3年前くらいから色々検討していたものの、半年前に発売されたこちらのスチーム調整機能に飛びつきました

ヤマダ電機で \69000税込 無料保証6年、ヤマダ商品券\3000付き

〇希望機能等
・ハード系パンと20cmシフォンが焼ける高火力で高機能のオーブン
・目が良くないので液晶バックライトと大きな文字
・水道水のカルシウム分が多いので、流路系の自動クエン酸洗浄
・剥げにくく、冷たくない取っ手の材質
・キッチン家電はホワイトで揃えているのでホワイト

これが発売されるまで検討していた機種

東芝ER-SD3000…前面がほぼ黒い
日立MRO-SBK1…底のセラミックプレートが重い、厚手の器が多いので重量センサーが不要、文字がやや小さい
シャープRE-V100A…取っ手が剥げやすそう

また、両実家の5〜6年前の東芝と日立のレンジ機能が中位機種ながらもさっぱりで、検討機種はセンサーが違うといえど少々不安

と、決断しかねていました


【デザイン】

発売されている上位機種では前面の白い面積が多いほうだが、ヘルシオグリエレンジ同様のプラスチック感満載
日立 MRO-SB1程度の白さと質感は欲しい

【使いやすさ】

ダイヤルは軽くて回しやすく、設定の仕方は感覚に添っている
液晶には番号と使用する角皿や網などのみの表示
メニュー番号はドアに印刷されておらず、添付シール対応
最初は貼らないつもりだったが、結局貼っている

数字は大きいが文字はそれほど大きくない

【パワー】

・電子レンジ

自動あたためは破裂や突沸を防ぐためか600w
以前は1000Wターンテーブル加熱だったが、器だけ熱々で中身がさっぱりということがあった
こちらは多少時間かかるがムラなし
皮付き魚やイカもはじけることがない
以前と同じ冷凍うどんがむっちり仕上がり性能の良さを実感
ただ、80g程度のご飯1つだと弱でも熱すぎるので途中で切っている
仕上がりレベルにもう1段階希望

・ウォーターグリル

糖分入りの料理はしっかり焦げ目が付く
スペアリブはふっくらこんがりで大満足
塩さばやホッケの開きなどは20〜30分かかるが、ふっくらと脱塩できている
唐揚げは、市販の唐揚げ粉が使えない体質なので、調味を工夫する必要あり
焼きそばも同じく

・ウォーターオーブン

バゲットは、以前は蒸気をたっぷりかけるために加熱した小石や天板に湯を注いだりと作業が色々必要で、クープも底の焼け具合もさっぱりで数年間やめていた
かなり久々に作ったが、室温10℃湿度40%の環境下でも火加減とスチームの調整で難なくエッジのあるクープが開き、底もしっかり焼けた

蒸気の出る位置が上段の上というところもポイント
途中前後の入れ替えは必要

20cmシフォンケーキは、底落ちなく表面も焦げず中心穴周りからしっかり焼ける
ただし、クッキングブック指定の角皿ではなく網にのせて
動作中、蒸気はほとんどなし

シュークリームのシューは霧吹き不要で膨らむ
前後入れ替え不要

・蒸し物

温泉卵が25分かかるがボタン1つでできることに感激
丼サイズの茶碗蒸しは、すだちもなく綺麗
カット野菜は網に乗せても落ちそうなので工夫が必要
蒸気は、調理中はほとんど出ないがドアを開けるとかなり出る
庫内には数mm深単位の水が溜まる

グリル程度の後はすぐにレンジが可能

・ふっくらパンあたため

クロワッサンはふっくらサクサク♪
パン・ピザはレンジ加熱と変わらない
フランスパンは、トースターのあたため機能と同等
どれも15分程度かかる

・解凍

あまり使わないが、包丁で切れる程度には可能

【静音性】

17年前のオーブンと比べるとさすがに静か
調理が終わっても同じ調子の音がしばらく続くので、慣れるまでは不安

【サイズ】

2018年最上位機種のAX-XW500より奥行が大きい
が、以前のものより高さのみ3cm大きくなり、奥行と幅はコンパクト
ヘルシオエンジンがXW500クラスと違い、背面中央にあるので仕方ないのかも
その分、庫内下部にも熱風口がある
奥行がこれ以上小さくなると、手持ちの菓子型が入らなくなる
29.5cm角ロールケーキ型は角皿には収まらず、網にのせている

【手入れのしやすさ】

レンジだけでも水滴が付き、密閉されているため前機種のように自然には乾かない
普段はしばらくドアを半開きにしている
調理した際にしっかり拭くので、庫内は綺麗に保てる

心配していた網の手入れは、魚焼きグリルの網のように焦げ付くことなくスルッと落ちる
網自体は国産食洗機の上部に入るが、最上位機種のように2分割しているほうが便利
角皿の手入れはアルミホイルを使うよう指南しているが、角皿中央が膨らんでいて流れ出ることもあり、食洗機に入る浅いトレーを使用

ヘルシオエンジンを使った日の最後は、水抜きをし、水受けの水を取り除き、水トレイを乾かす
多少ルーチンが増えた

【機能・メニュー】

必要最低限の基本メニューのみでシンプル
アレンジも可能かと思う
貰う手作りの塩っぱい干物の塩抜きと温泉卵ができるだけで私には充分

クックブックは、16年前と同じ写真が使われているメニューがあり、クスっとしながらみている
当時のレシピも、きちんとしたレシピ

【総評】

「ヘルシオ=料理」というイメージだったが、ハードパン焼き人にも人気が出そうな機種
慣れは多少必要だが、かなり満足している

使用人数
2人
主な用途
温め
料理
お菓子作り

参考になった56人(再レビュー後:56人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
使いやすさ4
パワー5
静音性4
サイズ4
手入れのしやすさ4
機能・メニュー5
初ヘルシオ

2002年製シャープ ベーカリーオーブンRE-LC30のグリルヒーターが下がったままになり、価格が下がるのを待つことなく購入
3年前くらいから色々検討していたものの、半年前に発売されたこちらのスチーム調整機能に飛びつきました

ヤマダ電機で \69000税込 無料保証6年、ヤマダ商品券\3000付き

〇希望機能等
・ハード系パンと20cmシフォンが焼ける高火力で高機能のオーブン
・目が良くないので液晶バックライトと大きな文字
・水道水のカルシウム分が多いので、流路系の自動クエン酸洗浄
・剥げにくく、冷たくない取っ手の材質
・キッチン家電はホワイトで揃えているのでホワイト

これが発売されるまで検討していた機種

東芝ER-SD3000…前面がほぼ黒い
日立MRO-SBK1…底のセラミックプレートが重い、厚手の器が多いので重量センサーが不要、文字がやや小さい
シャープRE-V100A…取っ手が剥げやすそう

また、両実家の5〜6年前の東芝と日立のレンジ機能が中位機種ながらもさっぱりで、検討機種はセンサーが違うといえど少々不安

と、決断しかねていました


【デザイン】

発売されている上位機種では前面の白い面積が多いほうだが、ヘルシオグリエレンジ同様のプラスチック感満載
日立 MRO-SB1程度の白さと質感は欲しい

【使いやすさ】

ダイヤルは軽くて回しやすく、設定の仕方は感覚に添っている
液晶には番号と使用する角皿や網などのみの表示
メニュー番号はドアに印刷されておらず、添付シール対応
最初は貼らないつもりだったが、結局貼っている

数字は大きいが文字はそれほど大きくない

【パワー】

・電子レンジ

自動あたためは破裂や突沸を防ぐためか600w
以前は1000Wターンテーブル加熱だったが、器だけ熱々で中身がさっぱりということがあった
こちらは多少時間かかるがムラなし
皮付き魚やイカもはじけることがない
以前と同じ冷凍うどんがむっちり仕上がり性能の良さを実感
ただ、80g程度のご飯1つだと弱でも熱すぎるので途中で切っている
仕上がりレベルにもう1段階希望

・ウォーターグリル

糖分入りの料理はしっかり焦げ目が付く
スペアリブはふっくらこんがりで大満足
塩さばやホッケの開きなどは20〜30分かかるが、ふっくらと脱塩できている
唐揚げは、市販の唐揚げ粉が使えない体質なので、調味を工夫する必要あり
焼きそばも同じく

・ウォーターオーブン

バゲットは、以前は蒸気をたっぷりかけるために加熱した小石や天板に湯を注いだりと作業が色々必要で、クープも底の焼け具合もさっぱりで数年間やめていた
かなり久々に作ったが、室温10℃湿度40%の環境下でも火加減とスチームの調整で難なくエッジのあるクープが開き、底もしっかり焼けた

蒸気の出る位置が上段の上というところもポイント
途中前後の入れ替えは必要

20cmシフォンケーキは、底落ちなく表面も焦げず中心穴周りからしっかり焼ける
ただし、クッキングブック指定の角皿ではなく網にのせて
動作中、蒸気はほとんどなし

シュークリームのシューは霧吹き不要で膨らむ
前後入れ替え不要

・蒸し物

温泉卵が25分かかるがボタン1つでできることに感激
丼サイズの茶碗蒸しは、すだちもなく綺麗
カット野菜は網に乗せても落ちそうなので工夫が必要
蒸気は、調理中はほとんど出ないがドアを開けるとかなり出る
庫内には数mm深単位の水が溜まる

グリル程度の後はすぐにレンジが可能

・ふっくらパンあたため

クロワッサンはふっくらサクサク♪
パン・ピザはレンジ加熱と変わらない
フランスパンは、トースターのあたため機能と同等
どれも15分程度かかる

・解凍

あまり使わないが、包丁で切れる程度には可能

【静音性】

17年前のオーブンと比べるとさすがに静か
調理が終わっても同じ調子の音がしばらく続くので、慣れるまでは不安

【サイズ】

2018年最上位機種のAX-XW500より奥行が大きい
が、以前のものより高さのみ3cm大きくなり、奥行と幅はコンパクト
ヘルシオエンジンがXW500クラスと違い、背面中央にあるので仕方ないのかも
その分、庫内下部にも熱風口がある
奥行がこれ以上小さくなると、手持ちの菓子型が入らなくなる
29.5cm角ロールケーキ型は角皿には収まらず、網にのせている

【手入れのしやすさ】

レンジだけでも水滴が付き、密閉されているため前機種のように自然には乾かない
普段はしばらくドアを半開きにしている
調理した際にしっかり拭くので、庫内は綺麗に保てる

心配していた網の手入れは、魚焼きグリルの網のように焦げ付くことなくスルッと落ちる
網自体は国産食洗機の上部に入るが、最上位機種のように2分割しているほうが便利
角皿の手入れはアルミホイルを使うよう指南しているが、角皿中央が膨らんでいて流れ出ることもあり、食洗機に入る浅いトレーを使用

ヘルシオエンジンを使った日の最後は、水抜きをし、水受けの水を取り除き、水トレイを乾かす
多少ルーチンが増えた

【機能・メニュー】

必要最低限の基本メニューのみでシンプル
アレンジも可能かと思う
貰う手作りの塩っぱい干物の塩抜きと温泉卵ができるだけで私には充分

クックブックは、16年前と同じ写真が使われているメニューがあり、クスっとしながらみている
当時のレシピも、きちんとしたレシピ

【総評】

「ヘルシオ=料理」というイメージだったが、ハードパン焼き人にも人気が出そうな機種
慣れは多少必要だが、かなり満足している

使用人数
2人
主な用途
温め
料理
お菓子作り

参考になった0

満足度4
デザイン4
使いやすさ4
パワー5
静音性4
サイズ4
手入れのしやすさ4
機能・メニュー5
初ヘルシオ

スペアリブはこんがり

バゲット ボタン1つでくっきりクープ

20cmシフォン 上部焦げや底落ちなし

2002年製シャープ ベーカリーオーブンのグリルヒーターが下がったままになり、価格が下がるのを待つことなく購入
いつ壊れてもおかしくなかったので、3年前くらいから検討していたものの、半年前に発売されたこちらのスチーム調整機能に飛びつきました

・ハード系パンと20cmシフォンが焼ける高火力で高機能のオーブン
・目が良くないので液晶バックライトと大きな文字
・水道水のカルシウム分が多いので、流路系の自動クエン酸洗浄
・剥げにくく、冷たくない取っ手の材質
・キッチン家電はホワイトで揃えているのでホワイト

こちらが発売されるまで検討していた機種

東芝ER-SD3000…前面がほぼ黒い
日立MRO-SBK1…底のセラミックプレートが重い、厚手の器が多いので重量センサーが不要、文字がやや小さい
シャープRE-V100A…取っ手が剥げやすそう

また、両実家の5〜6年前の東芝と日立のレンジ機能が中位機種ながらもさっぱりで、検討機種は上位機種といえど少々不安

と、決断しかねていました


【デザイン】

発売されている上位機種では前面の白い面積が多いほうだが、ヘルシオグリエ同様のプラスチック感満載
日立 MRO-SB1程度の白さと質感は欲しい

【使いやすさ】

ダイヤルは軽くて回しやすく、設定の仕方は感覚に添っている
ただし、液晶には番号と使用する角皿や網などのみの表示
メニュー番号はドアに印刷されておらず、添付シール対応
最初は貼らないつもりだったが、結局貼っている

【パワー】

・電子レンジ

自動あたためは破裂や突沸を防ぐためか600w
多少時間かかるがムラなし
皮付き魚やイカもはじけることがない
以前と同じ冷凍うどんがむっちり仕上がり、性能の良さを実感
ただ、80g程度のご飯1つだと弱でも熱すぎるので途中で切っている
仕上がりレベルにもう1段階希望

・ウォーターグリル

糖分入りの料理ならばしっかり焦げ目が付く
スペアリブはふっくらこんがりで大満足
唐揚げは、市販の唐揚げ粉が使えない体質なので、調味を工夫する必要はある

・ウォーターオーブン

バゲットは、前機種ではスチーム用に小石や加熱した天板に火傷しそうに水を入れたりと、作業が色々必要
クープもイマイチで数年やめていた
かなり久々だったが、室温10℃湿度40%環境下でもスチーム調整で呆気なくエッジのあるクープが開き、底もしっかり焼けた

蒸気の出る位置が上段の上というところもポイント
途中前後の入れ替えは必要

20cmシフォンケーキは、底落ちなく表面も焦げず中心からしっかり焼ける
ただし、クッキングブック指定の角皿ではなく付属網にのせて
動作中、蒸気はほとんどなし

シュークリームのシューは霧吹き不要で膨らむ
前後入れ替え不要

・蒸し物

温泉卵が25分かかるがボタン1つでできることに感激
茶碗蒸しもすだちなく綺麗
調理中はほとんど出ないが、ドアを開けるとかなりの蒸気
庫内には数mm深単位の水が溜まる

【静音性】

17年前のオーブンと比べるとさすがに静か
調理が終わっても同じ調子の音がしばらく続くので、慣れるまでは不安

【サイズ】

2018年最上位機種のAX-XW500より奥行が大きい
が、以前のものより高さのみ3cm大きくなり、奥行と幅はコンパクト
ヘルシオエンジンがXW500クラスと違い、後ろにあるので仕方ないかも
その分、庫内下部にも熱風口がある
奥行がこれ以上小さくなると、手持ちの菓子型が入らなくなる
29.5cm角ロールケーキ型は角皿には収まらず、網にのせている

【手入れのしやすさ】

レンジだけでも水滴が付き、密閉されているため前機種のように自然には乾かない
普段はしばらくドアを半開きにしている
調理した際にしっかり拭くので、庫内は綺麗に保てる

網の手入れは心配していたが、魚焼きグリルの網のように焦げ付くことがなく、スルりと落ちる
網自体は食洗機の上部に入るが、最上位機種のように2分割しているほうが便利
角皿の手入れはアルミホイルを使うと楽と指南しているが、角皿中央が膨らんでいて流れ出ることもあり、食洗機に入る浅いトレイを使用

ウォーター系を使った日の最後は、水抜きをし、水受けの水を取り除き、水トレイを乾かす
多少ルーチンが増えた

【機能・メニュー】

必要最低限のメニュー数
料理な、貰う手作りの塩っぱい干物の塩分抜きと温泉卵ができるだけで私には充分

16年前のクックブックと同じ写真が使われているメニューがあり、クスっと笑いながらみている
当時のレシピも、きちんとしたレシピ

【総評】

「ヘルシオ=料理」というイメージだったが、ハードパン焼き人にも人気が出そうな機種
慣れは多少必要だが大満足

使用人数
2人
主な用途
温め
料理
お菓子作り

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
購入後2週間後から不調  2 2019年6月22日 13:14
期待どおり  5 2019年5月8日 08:47
から焼き無事終了。  4 2019年4月25日 06:47
初ヘルシオ  5 2019年2月13日 22:40

ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]のレビューを見る(レビュアー数:4人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]
シャープ

ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]

最安価格(税込):¥54,500発売日:2018年 8月30日 価格.comの安さの理由は?

ヘルシオ AX-XS500-W [ホワイト系]をお気に入り製品に追加する <131

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(電子レンジ・オーブンレンジ)

ご注意