『据え置き時々モバイルノートとして、恐るべきコスパ!』 Lenovo Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJP ZUBさんのレビュー・評価

Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJP 製品画像

拡大

※キーボードは日本語仕様です
※画像は組み合わせの一例です

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

Lenovoの直販サイトで購入するメリット

  • カスタマイズができるのはレノボ・ショッピングだけ(一部製品は対象外)
  • 分割払い48回まで手数料0%(JACCS)!さらに対象パソコンの買取を5,000円増額中!
  • マウス1個から日本全国送料無料!

画面サイズ:14型(インチ) CPU:第1世代 AMD Ryzen 5 2500U/2GHz/4コア CPUスコア:6667 ストレージ容量:M.2 SSD:256GB メモリ容量:8GB OS:Windows 10 Home 64bit 重量:1.49kg Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPのスペック・仕様

不要なパソコン無料回収 国認定事業者のリネットジャパン
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJP の後に発売された製品Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPとIdeapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPを比較する

Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJP

Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJP

最安価格(税込): ¥- 発売日:2019年 5月17日

画面サイズ:14型(インチ) CPU:第2世代 AMD Ryzen 5 3500U/2.1GHz/4コア CPUスコア:7158 ストレージ容量:M.2 SSD:256GB メモリ容量:8GB OS:Windows 10 Home 64bit 重量:1.5kg
  • Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPの価格比較
  • Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPの店頭購入
  • Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPのスペック・仕様
  • Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPのレビュー
  • Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPのクチコミ
  • Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPの画像・動画
  • Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPのピックアップリスト
  • Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPのオークション

Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPLenovo

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 7月12日

  • Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPの価格比較
  • Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPの店頭購入
  • Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPのスペック・仕様
  • Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPのレビュー
  • Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPのクチコミ
  • Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPの画像・動画
  • Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPのピックアップリスト
  • Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPのオークション
ユーザーレビュー > パソコン >   >  Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJP

『据え置き時々モバイルノートとして、恐るべきコスパ!』 ZUBさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

ZUBさん

  • レビュー投稿数:32件
  • 累計支持数:187人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
7件
16件
デスクトップパソコン
1件
7件
タブレットPC
3件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン4
処理速度4
グラフィック性能5
拡張性3
使いやすさ4
持ち運びやすさ4
バッテリ2
液晶4
据え置き時々モバイルノートとして、恐るべきコスパ!

巷のモバイルPCが第8世代のクアッドコアCore i5やCore i7で一色に染められてしまいそうなところに、流星の如く現れたAMD Ryzenがなかなかよいとの評判なので、気になって購入してみました。Ryzenのほかのラインナップでは、HP ENVY x360 13-ag0000も候補にあげていましたが、我が家に先住のHP Spectre 13と丸かぶりしてしまうので、価格も3万弱安く、画面も大きいこちらに決めました。主には自宅での事務処理用やYouTubeなどの動画閲覧用に使っていますが、すこぶる快適で使いやすく、今や他のマシンがお蔵入りしてしまいそうなほどメインで使っています。

【デザイン】
MacBookのシルバーとスペースグレーの中間色のような色と質感で、シンプルで落ち着いた飽きのこないデザイン。アルマイト加工のシックなボディ、角はダイヤモンドカットされていたりと決して安っぽくなく、天板のLenovoのロゴも控えめで好感が持てます。ASUSのZenBook Flip S UX370UAを持っていますが、デザインがせっかく良いのにメーカーロゴが主張しすぎているのが玉に瑕だったので、これくらいがちょうどよいです。

【処理速度】
対抗は実質性能的にCore i5の8250Uや8259Uあたりですが、ベンチマークスコアではやや劣るとはいえ、体感的な差はありません。
むしろグラフィック処理のパワーがインテルの統合GPUに比べて性能が高いので、意外とよいパフォーマンスを感じられます。GPUパワーを意外と使うPowerPointの資料づくりなどで特に力を発揮してくれそうです。SSDもNVMeで、読み込み1740MB/s, 書き込み500MB/sちょっとと、書き込み速度がやや物足らないものの、体感は十分に高速です。起動も10秒程度とスピーディで、ストレスはありません。
〔参考〕PCMark10スコア:2870

【グラフィック性能】
統合GPUなので過度の期待はできませんが、Vega 8のパワーがあれば、FF14やマイクラ、ドラクエ10など比較的軽めのゲームなら楽しめそうです。
PCゲームは普段しないので、試しにいくつかベンチマークをとってみました。FF15は最も低品質な設定でもカクカクで、ギリギリアウトのスコアですが動作困難判定になりました。

・ドラクエ10ベンチ (1920×1080, 最高品質):5804(快適)
・FF14ベンチ(1280×720, 高品質(ノートPC) :3832(快適)
・FF14ベンチ(1920×1080, 高品質(ノートPC) :2033(普通)
・FF15ベンチ(1280×720, 軽量品質):1908(動作困難)
・3DMark(SKY DIVER 1.0):6438 (Ex. Corei7-5500U, GeFroce840M搭載ノートPCのスコア:5573)

【拡張性】
USB3.0 Type-Aが本体左右に各1個、USB3.1 Type-CとHDMI端子が左にそれぞれ1個、SDカードリーダーのスロットが右側に1つ。モバイル機として一般的な拡張性で不自由はないと思います。ただしType-CはThunderbolt 3とPower Deliveryには非対応なので要注意です。メーカー保証外ですが、トルクスねじ用のドライバーがあれば、メモリー交換とSSD(M.2)の交換は自己責任で可能かと思います。

【使いやすさ】
天板の開閉も適度な硬さでよいです。キーボードは一部特殊な配置があり、“」(む)”キーとEnterがくっついていたりと少し慣れがいりますが、意外とクセが少なく打ちやすいです。ストロークも適度にあって、タイプ音も静かで新幹線の中などでの長時間のタイプでもストレスなく使えそうです。
※後から気づきましたが、明るさ2段階調整可能なキーボードのバックライトもついています。

【持ち運びやすさ】
1.5kgと重さはそこそこありますし、ACアダプターが大きくて合計すると1.8kg程度になるので、モバイルメインとしてはちょっとしんどいかもしれません。とはいえ14インチサイズにしては軽くて薄いほうなので、据え置きメインで時々モバイルするような使い方だとそれほど苦にはならないと思います。

【バッテリ】
バッテリーは残念ながらあまり持ちません。消費電力はintel CPU搭載機より高い気がします。このレビューを書くのにブラウザを開いてタイプしていますが、30分程度で10%くらい減っています。フル充電で実質的に使用可能な時間は、3〜4時間程度と思っておいたほうがよさそうです。

【液晶】
この値段でもちゃんとIPSパネルのフルHDを使用しているところが素晴らしい。発色、輝度ともに十分で、視野角もよくどんな用途にも満足できそうです。他社製だと、この価格帯ならTNパネルなどでガッカリすることが多いので、よい意味で期待を裏切られた部分です。

【総評】
個人向けのラインナップですが、むしろビジネス機として活躍できそうな性能バランスのよいマシンで、PCにあまりコストをかけたくない方にとっても、非常に優れたコストパフォーマンスをもたらしてくれると思います。否、これで6万円台はもはや反則の域です。わざわざ10万以上出してモバイル機を買うのが勿体なくも思えます。
なお、同じシリーズに少し小型の13.3インチのIdeaPad 720Sがありますが、持ち運び重視ならプラス1万円ちょっとでそちらを選んだほうがよいかと思います。一方で、720Sはメモリが同じ8GBでも基盤直付けのシングルチャネルとのことなので、Ryzen&Vegaのパワーの恩恵をフルに享受することができませんから、その点はデュアルチャネルで駆動している本機のほうがアドバンテージありです。
ちなみにメモリーはSamsung製のPC4-21300 4GBが2枚刺さっていました。メーカーウェブサイトの公称ではPC4-19200の4GBが2枚だったので、部品調達の都合でしょうがちょっとだけアップグレードしてるといえるかもしれません。

AMDのモバイルマシンはGeode LXやE2-7110 APU搭載のマシンで痛い目にあったので多少の地雷は覚悟していましたが、本機は実際に使ってみるとそんな不安は完全に払拭。今から10数年前でしたでしょうか、Athlonマシンを導入した時と同じ感動が蘇りました。Ryzenマシン、なかなかおススメです。

参考になった14人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
処理速度4
グラフィック性能5
拡張性3
使いやすさ4
持ち運びやすさ4
バッテリ2
液晶4
据え置き時々モバイルノートとして、恐るべきコスパ!

巷のモバイルPCが第8世代のクアッドコアCore i5やCore i7で一色に染められてしまいそうなところに、流星の如く現れたAMD Ryzenがなかなかよいとの評判なので、気になって購入してみました。Ryzenのほかのラインナップでは、HP ENVY x360 13-ag0000も候補にあげていましたが、我が家に先住のHP Spectre 13と丸かぶりしてしまうので、価格も3万弱安く、画面も大きいこちらに決めました。主には自宅での事務処理用やYouTubeなどの動画閲覧用に使っていますが、すこぶる快適で使いやすく、今や他のマシンがお蔵入りしてしまいそうなほどメインで使っています。

【デザイン】
MacBookのシルバーとスペースグレーの中間色のような色と質感で、シンプルで落ち着いた飽きのこないデザイン。アルマイト加工のシックなボディ、角はダイヤモンドカットされていたりと決して安っぽくなく、天板のLenovoのロゴも控えめで好感が持てます。ASUSのZenBook Flip S UX370UAを持っていますが、デザインがせっかく良いのにメーカーロゴが主張しすぎているのが玉に瑕だったので、これくらいがちょうどよいです。

【処理速度】
対抗は実質性能的にCore i5の8250Uや8259Uあたりですが、ベンチマークスコアではやや劣るとはいえ、体感的な差はありません。
むしろグラフィック処理のパワーがインテルの統合GPUに比べて性能が高いので、意外とよいパフォーマンスを感じられます。GPUパワーを意外と使うPowerPointの資料づくりなどで特に力を発揮してくれそうです。SSDもNVMeで、読み込み1740MB/s, 書き込み500MB/sちょっとと、書き込み速度がやや物足らないものの、体感は十分に高速です。起動も10秒程度とスピーディで、ストレスはありません。
〔参考〕PCMark10スコア:2870

【グラフィック性能】
統合GPUなので過度の期待はできませんが、Vega 8のパワーがあれば、FF14やマイクラ、ドラクエ10など比較的軽めのゲームなら楽しめそうです。
PCゲームは普段しないので、試しにいくつかベンチマークをとってみました。FF15は最も低品質な設定でもカクカクで、ギリギリアウトのスコアですが動作困難判定になりました。

・ドラクエ10ベンチ (1920×1080, 最高品質):5804(快適)
・FF14ベンチ(1280×720, 高品質(ノートPC) :3832(快適)
・FF14ベンチ(1920×1080, 高品質(ノートPC) :2033(普通)
・FF15ベンチ(1280×720, 軽量品質):1908(動作困難)
・3DMark(SKY DIVER 1.0):6438 (Ex. Corei7-5500U, GeFroce840M搭載ノートPCのスコア:5573)

【拡張性】
USB3.0 Type-Aが本体左右に各1個、USB3.1 Type-CとHDMI端子が左にそれぞれ1個、SDカードリーダーのスロットが右側に1つ。モバイル機として一般的な拡張性で不自由はないと思います。ただしType-CはThunderbolt 3とPower Deliveryには非対応なので要注意です。メーカー保証外ですが、トルクスねじ用のドライバーがあれば、メモリー交換とSSD(M.2)の交換は自己責任で可能かと思います。

【使いやすさ】
天板の開閉も適度な硬さでよいです。キーボードは一部特殊な配置があり、“」(む)”キーとEnterがくっついていたりと少し慣れがいりますが、意外とクセが少なく打ちやすいです。ストロークも適度にあって、タイプ音も静かで新幹線の中などでの長時間のタイプでもストレスなく使えそうです。

【持ち運びやすさ】
1.5kgと重さはそこそこありますし、ACアダプターが大きくて合計すると1.8kg程度になるので、モバイルメインとしてはちょっとしんどいかもしれません。とはいえ14インチサイズにしては軽くて薄いほうなので、据え置きメインで時々モバイルするような使い方だとそれほど苦にはならないと思います。

【バッテリ】
バッテリーは残念ながらあまり持ちません。消費電力はintel CPU搭載機より高い気がします。このレビューを書くのにブラウザを開いてタイプしていますが、30分程度で10%くらい減っています。フル充電で実質的に使用可能な時間は、3〜4時間程度と思っておいたほうがよさそうです。

【液晶】
この値段でもちゃんとIPSパネルのフルHDを使用しているところが素晴らしい。発色、輝度ともに十分で、視野角もよくどんな用途にも満足できそうです。他社製だと、この価格帯ならTNパネルなどでガッカリすることが多いので、よい意味で期待を裏切られた部分です。

【総評】
個人向けのラインナップですが、むしろビジネス機として活躍できそうな性能バランスのよいマシンで、PCにあまりコストをかけたくない方にとっても、非常に優れたコストパフォーマンスをもたらしてくれると思います。否、これで6万円台はもはや反則の域です。わざわざ10万以上出してモバイル機を買うのが勿体なくも思えます。
なお、同じシリーズに少し小型の13.3インチのIdeaPad 720Sがありますが、持ち運び重視ならプラス1万円ちょっとでそちらを選んだほうがよいかと思います。一方で、720Sはメモリが同じ8GBでも基盤直付けのシングルチャネルとのことなので、Ryzen&Vegaのパワーの恩恵をフルに享受することができませんから、その点はデュアルチャネルで駆動している本機のほうがアドバンテージありです。
ちなみにメモリーはSamsung製のPC4-21300 4GBが2枚刺さっていました。メーカーウェブサイトの公称ではPC4-19200の4GBが2枚だったので、部品調達の都合でしょうがちょっとだけアップグレードしてるといえるかもしれません。

AMDのモバイルマシンはGeode LXやE2-7110 APU搭載のマシンで痛い目にあったので多少の地雷は覚悟していましたが、本機は実際に使ってみるとそんな不安は完全に払拭。今から10数年前でしたでしょうか、Athlonマシンを導入した時と同じ感動が蘇りました。Ryzenマシン、なかなかおススメです。

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJP」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJP
Lenovo

Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJP

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 7月12日

Ideapad 530S フルHD液晶・AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD搭載 価格.com限定 81H1002RJPをお気に入り製品に追加する <454

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

monoka
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ノートパソコン)

ご注意