『クラウンを信じて。』 トヨタ クラウン ハイブリッド 2018年モデル 遊星仮面2007さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > クラウン ハイブリッド 2018年モデル

『クラウンを信じて。』 遊星仮面2007さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

クラウン ハイブリッド 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

遊星仮面2007さん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:341人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
3件
2件
ブルーレイ・DVDレコーダー
2件
2件
ノートパソコン
3件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4
クラウンを信じて。

特別仕様車エレガンススタイル・FRハイブリットを購入して12000キロ走行後(18か月経過)の感想です。
【スタイル】6ライトデザインのクーペのような流れる造形の特に後ろ姿は懐かしくもあるダックテール?のリフトバック風?で私の心を掴みました。
【長所】
・デュアルモニターは短時間しか乗らなった方には不評なようですが、慣れるといいですよ!! まずは設計者の意図通りにナビ画面は視線移動が少なくて見やすいです。また、各種操作は下の画面で左手の指先のプッシュで出来ます。昨今はやりのタッチパット式やコマンダータイプは左ハンドル車あれば、右手で操作できるので良いでしょうが右ハンドル車では右利き運転手は左手で細かい操作は辛いのではないでしょうか?
・パノラミックビューモニターは4.9mと長い車体の取り回しの補助となり、日本国内専売車が成せる1.8mの車幅とFR車の為、回転最小半径も5.5m(18インチタイヤ)と小さく、取り回しは思いの他に楽です。
・黄金色(と言うよりもキャメル色?) のブランノーブ+合成皮革のシートや内装は肌触りも良くて、見た目も良いですが、耐久性はまだ分かりません。
・18インチタイヤを履くノイズリダクションアルミのコンサバなメッシュ風のデザインは美しく、クラウン専用BS製レグノGR001はブランド名が所有欲をも満たしてくれます。
・レーンキープのハンドルアシストは素晴らしです。高速道路の疲労感が全く違います。ステアリングに手を添えるだけで駆け抜けてくれます。その先に来る未来が少し見える気分です。設定に馴れて来たので自動車専用道路ではレーンキープを多用してます。
・ブレーキホールドスイッチは馴れると、この機能の無い車に乗れないほど便利です。
・オートマチックハイビームも予想外にしっかり反応してくれる優れものです。
・ステアリングやシートのヒーターもあると無いでは冬場は大違いで助かります。
・T-Connect SDナビゲーションシステムはBDディスク再生を含む、機能満載でお気に入りです。この手のフル装備ナビは、トヨタがディスプレイオーディオ搭載に変えつつあるので絶滅危惧種かもしれません。設定する機能が多く、メカ好き親父としては、ずっと楽しめています。
・燃費は車両重量1.7トン超えのラージサイズセダンとしては文句無いです。高速では18km/g程度、一般道路は13km/g程度でトヨタのハイブリット車の更なる熟成ぶりを感じます。更に輸入車と異なり、何よりもレギュラーガソリン仕様である事が経済的です。
・ハザードランプをスマホ経由で遠隔点灯出来る機能は便利です。
・トランクスルーも無い、剛性や遮音性の高い車体の乗り心地は快適で、運動性能には不満などあろうはずもありません。
・シートはランバーサポートがぐっと張り出していて座りやすく、視覚的にも良いです。
・アプリには無限の可能性を感じ、今後の発展に期待します。最新ニュースを読み上げてくれる機能があるのですが便利です。
・パドルシフトは最初の頃は使いこなすのに戸惑いましたが、特に下り坂や減速時に使い慣れると馴れると便利ですね。
・偶に作動する各種予防安全装置が日頃の運転を更に慎重にし、また運転に安心と余裕をも生んでくれます。
【短所】
・ムーンルーフとクラウンプレミアムサウンドシステムが同時装着出来ない事です。私はムーンルーフを選択しましたが、音にも拘りたかったです。同時取付可能の方がトヨタも儲かるのでは。
・クラウンスーパーサウンドシステムのスピーカーに合う市販のトレードインスピーカーが簡単に見つからない点もバツです。どこか発売してくれませんかね。また、イコライザーのような機能は無くて少し失望しました。しかし、音質はエイジング終了後に随分と良くなりました。
・この価格帯であれば複数のショートメモリー機能(2個程度)は欲し処です。今時はCセグメントの上級グレード車にも装備されます。
・物入れの数が少ないように感じますが、容量はあります。
・ハンドルのエアバック部分のデザイン・質感は今一つですが、その廻りの操作性は○です。
・どこの駐車場も全長が4.9mもあるので長手方向は一杯で余裕無しです。
・インテリジェントパーキングアシストは、まだまだ改良の余地ありです。
【購入動機】
・還暦を越えた自分には社会に迷惑を掛けないように最新の予防安全装置が最も大事と判断して2018年夏の時点ではトヨタ車では最先端の予防安全装置を備えた220クラウンを選びました。燃費、維持費、信頼性、コネクテッド機能、外観、内装、価格、徒歩圏内の販売店など考慮しました。クラウンが欲しくて選んだのではなくて、要求事項をトータルで満足するセダンがクラウンでした。
【コメント】
・私はクラウンを運転すると心が穏やかになり、運転が丁寧になりました。
・レーダー(レーザー)探知機はセルスターAR-W86LAを使用し、設置場所には苦労してダッシュボードのスピーカーネット上となりました。久ぶりに探知機を買い替えたのですが、これまた安全運転を促す機能が多く驚かされています。
・スタッドレスタイヤはBS製アイスパートナー2を16インチで履いています。
・内装はモダンで華美なところは無くて昭和のクラウンの応接間のような感じは全くありません。
・若い世代はクラウンを運転する60代は先進装置に興味がないだろうと批判コメント見ますが、今の60代はマイコン世代?で20代後半にはPC9800、30代中盤にはWindows95パソコンに触れた方もいます。カタログのスペックを細かく見て、先進装備に未だに興味津々の方も多いかと思いますよ。
【自己紹介と購入時の比較ポイント】
・自家用車歴は約37年で6台目と少ないです。通勤には使わず、いつも長く乗っています。妻も運転し、9年は乗りたいです。最初の愛車SA22C型サバンナRX-7以来、約35年振りにFR車に所有したので休日に山坂道に入るとテンションがちょっぴり上ります。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
快適性
エコ
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
埼玉県

新車価格
529万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

クラウン ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった67人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4
クラウンを信じて。

特別仕様車エレガンススタイル・2駆ハイブリットを購入して6000キロ走行後(7か月)の感想です。
【スタイル】6ライトデザインの流れる造形の特に後ろ姿は懐かしくもあるダックテール?のリフトバック風?で私の心を掴みました。
【購入動機】
・還暦を越えた自分に向きあうと、今後、社会に迷惑を掛けないように最新の予防安全装置が最も大事と判断して2018年夏の時点ではトヨタ車では最先端の予防安全装置を備えた220クラウンを選びました。燃費、維持費、信頼性、先進性、コネクテッド機能、外観、内装、価格、販売店の近さなどなども考慮しました。クラウンが欲しくて選んだのではなくて、要求事項をトータルで満足するセダンがクラウンでした。発売後、約1年が経過しての特別仕様車なので性能・品質も、更に安定しているだろうと期待しました。
【長所】
・デュアルモニターは短時間しか乗らなった方には不評なようですが、慣れるといいですよ!! まずは設計者の意図通りにナビ画面は視線移動が少なくて見やすいです。また、各種操作は下の画面で左手の指先のプッシュで出来ます。昨今はやりのタッチパット式やコマンダータイプは左ハンドル車あれば、右手で操作できるので良いでしょうが右ハンドル車では右利き運転手は左手で細かい操作は辛いのでは。
・T-Connect SDナビゲーションシステムはBDディスク再生を含む、機能満載でお気に入りです。この手のフル装備ナビは、トヨタがディスプレイオーディオ搭載に変えつつあるので絶滅危惧種かもしれません。設定する機能が多く、メカ好き親父としては、ずっと楽しめてます。
・ブレーキホールドスイッチは馴れると、この機能の無い車に乗れないほど便利です。
・オートマチックハイビームも予想外にしっかり反応してくれる優れものです。
・パノラミックビューモニターは4.9mと長い車体の取り回しの補助となり、日本国内専売車が成せる1.8mの車幅と相まって取り回しは思いの他に楽です。
・黄金色(と言うよりもキャメル色?) のブランノーブ+合成皮革のシート、内装は肌触りも良くて、見た目も良いですが、耐久性はまだ分かりません。
・シートはランバーサポートがぐっと張り出していて座りやすく、視覚的にも良いです。
・18インチタイヤを履くノイズリダクションアルミのコンサバなメッシュ風のデザインは美しく、クラウン専用BS製レグノGR001はブランド名が所有欲をも満たしてくれます。
・レーンキープのハンドルアシストは素晴らしです。高速道路の疲労感が全く違います。例を挙げると、首都高速の山手トンネル内で法定速度程度に設定するとステアリングに手を添えるだけで駆け抜けてくれます。その先に来る未来が少し見える気分です。設定に馴れて来たので自動車専用道路ではレーンキープを多用してます。
・アプリには無限の可能性を感じ、今後の発展に期待します。最新ニュースを読み上げてくれる機能があるのですが便利です。
・燃費は車両重量1.7トン超えのラージサイズセダンとしては文句無いです。高速では20km/g程度、一般道路は15km/g程度でトヨタのハイブリット車の更なる熟成ぶりを感じます。更に輸入車と異なり、何よりもレギュラーガソリン仕様である事が経済的です。
・LINEを介した愛車との交信はナイト2000(ナイトライダー)で夢見た愛車との会話がプチ実現したように思えます。ハザードランプをLINE経由で遠隔点灯出来る機能は便利です。
・トランクスルーも無い、剛性や遮音性の高い車体の乗り心地は快適で、ふわふわ感など無くて、運動性能には不満などあろうはずもありません。
・パドルシフトは最初の頃は使いこなすのに戸惑いましたが、特に下り坂や減速時に使い慣れると馴れると便利ですね。
・偶に作動する各種予防安全装置が日頃の運転を更に慎重にし、また運転に安心と余裕をも生んでくれます。
【短所】
・この価格帯であれば複数のショートメモリー機能(2個程度)は欲し処です。今時はCセグメントの上級グレード車にも装備されます。
・流れるウインカーも軽自動車でも装備される時代なので「標準車」「RS仕様」を問わず付けて頂きたかったアイテムでが、マイナーチェンジで付くとさびしいですね。
・物入れの数が少ないように感じますが、容量はあります。
・ムーンルーフとクラウンプレミアムサウンドシステムが同時装着出来ない事です。私はムーンルーフを選択しましたが、音にも拘りたかったです。同時装着の障害となる天井スピーカーは無くてもいいかなと思います。同時取付可能の方がトヨタも儲かるのでは。
・クラウンスーパーサウンドシステムのスピーカーに合う市販のトレードインスピーカーが簡単に見つからない点もバツです。どこか発売してくれませんかね。また、イコライザーのような機能は無くて少し失望しました。
・ハンドルのエアバック部分のデザイン・質感は今一つですが、その廻りの操作性は○です。
・どこの駐車場も全長が4.9mもあるので長手方向は一杯で余裕無しです。
・インテリジェントパーキングアシストは、まだまだ改良の余地ありです。
【コメント】
・レーダー(レーザー)探知機はセルスターAR-W86LAを使用し、設置場所には苦労してダッシュボードのスピーカーネット上となりました。久ぶりに探知機を買い替えたのですが、これまた安全運転を促す機能が多く驚かされています。
・内装はモダンで華美なところは無くて昭和のクラウンの応接間のような感じは全くありません。
・若い世代はクラウンを運転する60代は先進装置に興味がないだろうと批判コメント見ますが、今の60代は20代後半にはPC9800、30代中盤にはWindows95パソコンに触れた方もいます。カタログのスペックを細かく見て、先進装備に未だに興味津々の方も多いかと思います。
【自己紹介と購入時の比較ポイント】
・自家用車歴は約37年で6台目と少ないです。通勤には使わず、いつも長く乗っています。妻も運転し、9年は乗りたいです。最初の愛車SA22C型サバンナRX-7以来、約35年振りにFR車に所有したので休日に山坂道に入るとテンションが少し上ります。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
快適性
エコ
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
埼玉県

新車価格
529万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

クラウン ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった25

満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4
クラウンを信じて。
 

リアデザインはお気に入り

クーペルックは美しい。

 

クラウンを信じて。
特別仕様車エレガンススタイル・2駆ハイブリットを購入して3500キロ走行後の感想です。

【スタイル】一目で220クラウンと分かるフロントは昨今の個性の強いフロントグリル車達に対抗するにはこの程度の個性が必要だと思います。クーペルックの6ライトデザインの流れる造形は特に後ろ姿が美しいです。

【購入動機】
・購入半年前にはクラウンに全く興味が無かったのですが、消費増税を控えて還暦を越えた自分に向きあうと最新の予防安全装置が最も大事と判断してトヨタ車では2018年夏の発売時点では最先端の予防安全装置を備えた220クラウンを選びました。もちろん、燃費、維持費、信頼性、先進性、外観、内装、価格、販売店の近さなどなども考慮しました。クラウンが欲しくてクラウンを選んだのではなくて、要求事項をトータルで満足するセダンがクラウンでした。発売後、約1年が経過しての特別仕様車なので初期の不具合も改修されて性能・品質も安定しているだろうと期待しました。

【長所】
・デュアルモニターは短時間しか乗らなった方には不評なようですが、慣れるといいですよ!! まずは設計者の意図通りにナビ画面は視線移動が少なくて見やすいです。また、各種操作は下の画面で左手の指先のプッシュで出来ます。昨今はやりのタッチパット式やコマンダータイプは左ハンドル車あれば、右手で操作できるので良いでしょうが右ハンドル車では右利き運転手は左手で細かい操作は辛いのでは。
・T-Connect SDナビゲーションシステムはBDディスク再生を含む、機能テンコ盛りで気に入ってます。この手のフル装備ナビは、トヨタがディスプレイオーディオ搭載に変えつつあるので絶滅危惧種かもしれません。
・ブレーキホールドスイッチは馴れると、この機能の無い車に乗れないほど便利です。
・オートマチックハイビームも予想外にしっかり機能してくれる優れものです。
・パノラミックビューモニターは4.9mと長い車体の取り回しの補助となり、1.8mの車幅と相まって取扱いは思いの他に楽です。
・黄金色(と言うよりもキャメル色?) のブランノーブ+合成皮革のシート、内装は肌触りも良くて、見た目も良いですが、耐久性はまだ分かりません。
・18インチのタイヤはノイズリダクションアルミのメッシュ風のデザインも美しく、静かなレグノGR001はクラウン専用モデルのようですがブランド名が所有欲も満たしてくれます。
・レーンキープのハンドルアシストは素晴らしです。高速道路の疲労感が全く違います。例を挙げると、首都高速の山手トンネルを法定速度程度に設定するとステアリングに手を添えるだけで駆け抜けてくれます。その先に来る未来が少し垣間見える気分です。
・燃費はラージサイズセダンとしては文句無いです。高速では20km程度、一般道路は15km程度でトヨタのハイブリット車の更なる熟成ぶりを感じます。何よりもレギュラーガソリンである事が経済的です。
・LINEを介した愛車との交信はナイト2000(ナイトライダー)や古くは流星号(スーパージェッター) で夢見た愛車との会話がプチ実現したように思えます。通勤電車の中で、偶に独りで愛車とのLINE交信を楽しんでいます。ハザードランプをLINE経由で遠隔点灯出来る機能は便利です。
・乗り心地は快適でふわふわ感など無くて、運動性能には不満などあろうはずもありません。

【短所】
・この価格帯であれば複数のショートメモリー機能(2個程度)は欲し処です。今時はCセグメントの上級グレード車にも装備されます。
・流れるウインカーも軽自動車でも装備されてる時代なので「標準車」「RS仕様」を問わず付けて頂きたかったアイテムでが、マイナーチェンジで付くとさびしいですね。
・物入れの数が少ないように感じますが、容量はあります。
・ムーンルーフとクラウンプレミアムサウンドシステムが同時装着出来ない事です。私はムーンルーフを選択しましたが、音にも拘りたかったです。同時装着の障害となる天井スピーカーは無くてもいいかなと思います。同時取付可能の方がトヨタも儲かるのでは。
・クラウンスーパーサウンドシステムのスピーカーに合う市販のトレードインスピーカーが簡単に見つからない点もバツです。どこか発売してくれませんかね。また、イコライザーのような機能は無くて少し失望しました。
・インテリジェントパーキングアシストは、まだまだ改良の余地ありです。
・ハンドルのエアバック部分のデザイン・質感は今一つですが、その廻りの操作性は○です。
・どこの駐車場も長さが4.9mもあるので長手方向は一杯で余裕無しです。

【コメント】
・内装はモダンです。華美なところは無くて昭和のクラウンの応接間のような感じはありません。
・クーぺ・ルックでリアウインドウがかなり寝ているので、リアワイパーがあると助かりますがトランクがあるので、モーターの設置が難しいのでしょうか。
・若い世代はクラウンを運転する主に60代は先進装置に興味がないだろうと批判コメント見ますが、今の60代は20代後半にはPC9800、30代中盤にはWindows95パソコンに触れてる方もいます。カタログのスペックを細かく見て、先進装備に興味津々の方も多いかと思います。

【自己紹介と購入時の比較ポイント】
・自家用車歴は約37年で6台目と少ないです。通勤には使わないのでいつも長く乗っています。妻も運転します。9年は大切に乗っていきたいです。個人的にSA22C型サバンナRX-7以来、約35年振りにFR車に所有するので山道に入るとテンションが少し上ります。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
快適性
エコ
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
埼玉県

新車価格
529万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

クラウン ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった22

満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4
クラウンを信じて。

特別仕様車エレガンススタイル・2駆ハイブリットを購入して3000キロ走行後の感想です。

【スタイル】フロントは昨今の個性の強いフロントグリル車達に対抗するにはこの程度の個性が必要だと思います。クーペルックの6ライトデザインの流れる造形は特に後ろ姿が美しいです。

【購入動機】
・購入半年前にはクラウンに全く興味が無かったのですが、消費増税を控えて還暦を越えた自分に向きあうと最新の予防安全装置が自分にとっては最も大事と判断してトヨタ車では2018年夏の発売時点では最先端の予防安全装置を備えた220クラウンを選びました。もちろん、燃費、維持費、信頼性、先進性、外観、内装、価格、徒歩圏にある販売店などなども考慮しました。クラウンが欲しくてクラウンを選んだのではなくて、要求事項をトータルで満足するセダンがクラウンでした。

【長所】
・乗り心地、運動性能には不満などあろうはずもありません。
・パノラミックビューモニターは4.9mと長い車体の取り回しの補助となります。
・ブランノーブ+合成皮革のシート、内装は肌触りも良くて見た目も良いですが、耐久性はまだ分かりません。
・18インチのタイヤはレグノGR001でクラウン専用モデルのようですがブランド名が所有欲も満たしてくれます。アルミのデザインも美しいです。
・デュアルモニターは短時間しか乗らなった評論家やレビュアーの諸氏には不評ですが、慣れるといいですよ!! まずは設計者の意図通りにナビ画面は視線移動が少なくて見やすいです。また、各種操作は下の画面で左手の指先のプッシュで出来ます。昨今はやりのタッチパット式やコマンダータイプは左ハンドル車あれば、右手で操作できるので良いでしょうが右ハンドル車では右利き運転手は左手で細かい操作は辛いのでは。
・レーンキープのハンドルアシストは素晴らしです。高速道路の疲労感が全く違います。例を挙げると、首都高速の山手トンネルを法定速度程度に設定するとステアリングに手を添えてるだけで駆け抜けてくれます。その先の未来が垣間見えます。
・燃費はラージサイズセダンとしては文句無いです。高速では20km、一般道路は15km程度でトヨタのハイブリット車の更なる熟成ぶりを感じます。
・LINEを介した愛車との交信はナイト2000(ナイトライダー)や古くは流星号(スーパージェッター) との夢見た愛車との会話がプチ実現したように思えます。通勤電車の中で、偶に独りで愛車とのLINE交信を楽しんでます。
【短所】
・この価格帯であれば複数のショートメモリー機能(2個程度)は欲し処です。今時はCセグメントの上級グレード車にも装備されます。
・流れるウインカーも軽自動車でも装備する時代なので「標準車」「RS仕様」を問わず付けて頂きたかったアイテムです。マイナーチェンジで付くとさびしいですね。
・ムーンルーフとクラウンプレミアムサウンドシステムが同時装着出来ない事です。私はムーンルーフを選択しましたが、音にも拘りたかったです。同時装着の障害となる天井スピーカーは無くてもいいかなと思います。同時取付可能の方がトヨタも儲かるのでは。
・クラウンスーパーサウンドシステムのスピーカーに合う市販のトレードインスピーカーが簡単に見つからない点もバツです。どこか発売してくれませんかね。

【コメント】
・内装はモダンです。華美なところは無くて昭和のクラウンの応接間のような感じはありません。黄金色の内装も含めていい感じですよ。
・クーぺルックでリアウインドウがかなり寝ているので、リアワイパーがあると助かりますがトランクがあるので、モーターの設置が難しいのでしょうか。
・若い世代はクラウンを運転するのは60代のおっさんだから、先進装置に興味がないだろうと批判コメント見ますが、今のオッサンたちは20代後半にはNEC98、30代中盤にはWindows95パソコンに触れてます。カタログのスペックを細かく見て、先進装備に興味津々の方も多いかと思います。

【自己紹介と購入時の比較ポイント】
・自家用車歴は約37年で6台目と少ないです。通勤には使わないのでいつも長く乗っています。妻も運転します。発売後、約1年が経過しての特別仕様車なので初期の不具合も改修されて性能・品質も安定しているだろうと期待しました。9年は大切に乗っていきたいです。個人的にSA22C型サバンナRX-7以来、約35年振りにFR車に所有するので山道に入るとテンションが少し上がってます。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
快適性
エコ
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
埼玉県

新車価格
529万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

クラウン ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった14

 
 
 
 
 
 

「クラウン ハイブリッド 2018年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
クラウンを信じて。  4 2021年3月13日 16:57
最後のクラウンになるのか?  4 2021年2月4日 10:05
初めてのクラウン(6ヶ月経過)  5 2021年2月3日 17:56
良いクルマだけど値段も高いね  5 2021年1月10日 21:19
2.5RSアドバンスです。  4 2020年7月6日 21:11
買うべし  5 2020年5月22日 10:18
代車です。上品にできているが、走行性能は要改善  2 2020年5月18日 11:39
とにかく楽しい車。  5 2020年5月2日 00:03
短時間の試乗です  3 2020年4月11日 16:23
落ち着いて乗れる車です  4 2020年2月9日 11:25

クラウン ハイブリッド 2018年モデルのレビューを見る(レビュアー数:33人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

クラウン ハイブリッド 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

クラウン ハイブリッド 2018年モデル
トヨタ

クラウン ハイブリッド 2018年モデル

新車価格:489〜739万円

中古車価格:294〜746万円

クラウン ハイブリッド 2018年モデルをお気に入り製品に追加する <105

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クラウンハイブリッドの中古車 (全2モデル/1,327物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

monoka
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意