『RPGだけどがっつり遊ばず、シナリオのクセが気にならなければ』 フリュー WORK×WORK [Nintendo Switch] 酒缶さんのレビュー・評価

WORK×WORK [Nintendo Switch]

  • 「勇者さまーランド」のアルバイトになって、個性豊かなお客さんたちを導きながらダンジョンを攻略していくRPG。
  • 「インストラクターバトル」は、必要な場面では手助けできるが、基本はオートバトル。お客さんからの評価が上がれば報酬がアップする。
  • ダンジョンでレプリカを拾えば新しい武器がかじやに登場し、強い武器を貸し出せば、お客さんが有利にダンジョンを進める。
WORK×WORK [Nintendo Switch] 製品画像

画像提供:ビックカメラ.com

画像一覧を見る

最安価格(税込):¥1,230 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格(税別):¥4,980
  • 発売日:2018年10月 4日

店頭参考価格帯:¥― (全国3店舗)最寄りのショップ一覧

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • WORK×WORK [Nintendo Switch]の価格比較
  • WORK×WORK [Nintendo Switch]の店頭購入
  • WORK×WORK [Nintendo Switch]のスペック・仕様
  • WORK×WORK [Nintendo Switch]のレビュー
  • WORK×WORK [Nintendo Switch]のクチコミ
  • WORK×WORK [Nintendo Switch]の画像・動画
  • WORK×WORK [Nintendo Switch]のピックアップリスト
  • WORK×WORK [Nintendo Switch]のオークション

WORK×WORK [Nintendo Switch]フリュー

最安価格(税込):¥1,230 (前週比:±0 ) 発売日:2018年10月 4日

  • WORK×WORK [Nintendo Switch]の価格比較
  • WORK×WORK [Nintendo Switch]の店頭購入
  • WORK×WORK [Nintendo Switch]のスペック・仕様
  • WORK×WORK [Nintendo Switch]のレビュー
  • WORK×WORK [Nintendo Switch]のクチコミ
  • WORK×WORK [Nintendo Switch]の画像・動画
  • WORK×WORK [Nintendo Switch]のピックアップリスト
  • WORK×WORK [Nintendo Switch]のオークション
ユーザーレビュー > ゲーム > Nintendo Switch ソフト > フリュー > WORK×WORK [Nintendo Switch]

『RPGだけどがっつり遊ばず、シナリオのクセが気にならなければ』 酒缶さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度4
操作性5
グラフィック4
サウンド4
熱中度3
継続性4
ゲームバランス4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

RPGだけどがっつり遊ばず、シナリオのクセが気にならなければ

パッケージ表

パッケージ裏&中身

パッケージ中面

【概要】
・客が勇者を演じられる「勇者さまーランド」で働くインストラクターになって、客のバトルをサポートしてダンジョンを攻略していくRPG。

・操作方法
 Lスティック・方向ボタン カーソル移動
 Aボタン 決定
 Bボタン キャンセル
 Xボタン メニューを開く
 Rボタン 会話オート・(バトル中)スピード切替
 ※その他、モードによって特殊な操作あり


【評価】
・RPGではあるが、プレイヤー自身はインストラクターという役回りで、自分が担当する客の中から4人パーティを組んでツアーを始めると、たまに枝分かれするすごろく風のマスを1マス進むたびにバトルを行い、ボスを倒すと1回の冒険が終わるような流れでゲームが進行。バトルでは、オートで客が戦うため、途中で割り込んでアイテムを使ったり、作戦を指示したりして関与していく。ライフ制のスマホゲームっぽい雰囲気強め。

・客は「タンク」「せんし」「ヒーラー」「まどうし」「バランス」の5種類の役割の内の1つを担当しているため、基本的には「タンク」「せんし」「ヒーラー」「まどうし」でパーティを組むと遊びやすいつくり。但し、ツアーによっては予め決まっているメンバーがいるため、バランスの悪いパーティでバトルを行うような状況にもなり、それなりに変化のある冒険を楽しめる。

・ツアーはメインとサブとフリーの3種類あり、ストーリーを進めるためにはメインツアーを進めていく必要がある。ツアーに参加したメンバーは「なかよし度」が上がっていき、レベルが上がるごとにサブツアーが発生するような仕組み。それぞれのツアーには推奨レベルが設定されているため、自分の組んだパーティメンバーのレベルを目安に挑戦するツアーを選びやすくなっている。また、フリーツアーは、想定レベルごとにツアーが用意されているため、経験値稼ぎなどもやりやすい。

・プレイヤーが抱えている客は、誰をツアーに参加させても全員がそれなりに経験値を貰えるため、なかよし度を考慮してある程度、客を入れ替えていくと攻略しやすいつくりになっている。

・メインとサブのツアーにはシナリオが付いているため、キャラクターの個性や役割を認識しながらゲームを進められる。但し、勇者を体験できるテーマパークという設定の時点で主流のRPGではないが、ゲームを進めていくと「ハンドスピナー」や「ヒーローベルト」が台詞に出てくるなど世界観をあまり考えていないやり取りが多く、下品な発言や行動をするキャラクターも多いため、人を選ぶところはある。

・ドット絵だけど3Dというちょっと変わったキャラクター表現。全体的なノリは「半熟英雄」を意識しているのかな、と思わなくもない。


・バトルがオートであり、敵によっては全体に大きめのダメージを与えてくることがあり、客には防具を着せるようなことができないことから、プレイヤーがどんなに頑張っても先に進めなくなるような場面は多々ある。その意味では、いつか誰でもクリアできるけど、頑張っても切り抜けられないことがあり、誰がプレイしても同じくらいのプレイ時間がかかる印象が強い。プレイヤー自身は作戦を与えるようなこともできるが、「ヒーラー」では間に合わない客に対する回復アイテムの使用が全体の行動の大半を占める。

・バトル中はオートで進行し、3倍速にもできるようになっているが、メニューを開いてコマンドを決める際には時間が止まるつくり。そのため、慣れてきたら3倍速プレイがかなり快適。


・マップや敵が変化しても、プレイヤー自身はマスを移動していき、バトルの構図もほとんど変わらないため、ゲームを続けていく中で変化を感じにくい。そのため、休日を1日使ってがっつりプレイする、というようなタイプの遊び方をすると飽きが速いように感じる。


【まとめ】
・シナリオにかなりクセがあり、プレイに単調さがあるため、RPGをプレイしたい人よりは、変なノリのシナリオを楽しみたい人の方が合っているゲームだと思います。案外、テレビを見ながら携帯モードでゆるく遊ぶくらいのノリがいいかもしれません。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする

「WORK×WORK [Nintendo Switch]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

WORK×WORK [Nintendo Switch]
フリュー

WORK×WORK [Nintendo Switch]

最安価格(税込):¥1,230発売日:2018年10月 4日 価格.comの安さの理由は?

WORK×WORK [Nintendo Switch]をお気に入り製品に追加する <8

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(Nintendo Switch ソフト)

ご注意