トヨタ カローラ スポーツ 2018年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > カローラ スポーツ 2018年モデル

カローラ スポーツ 2018年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:カローラ スポーツ 2018年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
G 2019年9月17日 マイナーチェンジ 1人
G Z (MT) 2019年9月17日 マイナーチェンジ 1人
G Z 4WD 2019年9月17日 マイナーチェンジ 1人
HYBRID G Z 2019年9月17日 マイナーチェンジ 2人
G (MT) 2018年8月2日 ニューモデル 2人
G X (MT) 2018年8月2日 ニューモデル 1人
G Z (MT) 2018年8月2日 ニューモデル 9人
G 2018年6月26日 ニューモデル 10人
G 4WD 2018年6月26日 ニューモデル 1人
G X 2018年6月26日 ニューモデル 7人
G Z 2018年6月26日 ニューモデル 17人
G Z 4WD 2018年6月26日 ニューモデル 2人
HYBRID G 2018年6月26日 ニューモデル 10人
HYBRID G X 2018年6月26日 ニューモデル 3人
HYBRID G Z 2018年6月26日 ニューモデル 38人
満足度:4.18
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:110人 (試乗:62人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.21 4.34 84位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.95 3.93 91位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.83 4.12 60位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.35 4.20 50位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.41 4.05 38位
燃費 燃費の満足度 4.02 3.88 77位
価格 総合的な価格の妥当性 3.45 3.87 87位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

カローラ スポーツ 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「使用目的:通勤・送迎」で絞込んだ結果 (絞込み解除

KNJ831さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4

プリウスαから乗り換えました。下取り価格も、想定を上回る健闘ぶりに後押しされました。
全体的な居住性は大きく下回りますが、先進の安全サポート機能を装着していることもあり許容範囲と考えています。
小物入れが皆無に等しい事や、荷室が狭いことは承知の上で購入なので問題ありません。(実車確認は必須)
キャディーバッグが横置きで何とか1つ入るのも購入するうえで重要でした。C-HRを考えていましたが、こちらは不可だったため諦めましたが・・・
後部座席を頻繁に使われる方は、ドアが小さいため乗り降りで窮屈な感じがあると思います。乗ってしまえば、さほど狭いとはおもいません。
オプションは、9インチナビ・ヘッドアップディスプレイ・パーキングサポート・バックカメラ・ETC2.0・TVコントロール・ドラレコを選択しました。初めてのドラレコですが、ナビで直ぐに確認ができるのですね!シートヒーターが欲しかったのですが、赤いシートは許容範囲ではなかったので諦めましたが、かえって良かったと思います。
まだ納車から数日で、約100km程しか乗っていませんが郊外の幹線道路中心に、通勤で27km/Lを超えることもありました。平均では22km/Lです。プリウスαより若干良さそうです。18インチタイヤは大きすぎますが、乗り心地も悪くないです。後のタイヤ交換が恐ろしいです。16インチなら小回りも利いて良かったのですが。
高速チケットなど挟むことが出来る装備を探して、自分なりに使いやすく調整していこうと思います。
走り屋でもなく評論家でもない一般人なので、現物を見て試乗をして納得したので良い選択ができたと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年8月
購入地域
千葉県

新車価格
268万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

カローラ スポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった30

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tadano.doramaさん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:295人
  • ファン数:2人
満足度3
エクステリア2
インテリア2
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地5
燃費無評価
価格2

【エクステリア】

さすがトヨタ

【インテリア】

工夫の跡は見えるけど・・・

【エンジン性能】

いいんじゃない

【走行性能】

とても試乗コースじゃ分かりません。ただ、全く印象に残ってないのは・・・

【乗り心地】

とても225/40/18のタイヤを履いているとは思えない。シビックとは真逆だね。

【燃費】

不明

【価格】

見積り330万の乗り出し

【総評】

買わない!これを買うなら、シビックを買います。

レビュー対象車
試乗

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

のろまなウォンバットさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格2

ディーラーにて最廉価仕様のターボGXを試乗してきました。

【エクステリア】
写真写りが悪いようで、実車は期待値以上の造形。さすがのトヨタ車でパネルのチリが詰まっていて、外観品質は高いです。
【インテリア】
最廉価グレードで加飾のない状態でも、よくまとまっていて空調などのスイッチ類も操作しやすいです。
後席はひざ周りに余裕があるものの所謂、富士山型キャビンでドアガラスの傾斜が強く、やや圧迫感がある。前席のハイバックシートが視野をさえぎりがちで閉塞感があります。
【エンジン性能】
CVTの変速がまずまずタイトなので、ラバーバンド感が薄くなっています。それでも急加速すると回転数が先行して、車速がついてくるCVTの感触は残ります。エンジン出力はパワフルではないが十分です。
【走行性能】
スポーツの車名の割りにはあまり操舵のゲインを上げておらず、自然なフィーリングで好感が持てました。
【乗り心地】
最廉価グレードですが、路面からの入力をうまくいなしていました。遮音性には気を使っているようで、かつて乗ったことのある同車格の車(アクセラスポーツ、先代インプレッサ)の中ではもっとも静かでした。ただ、ロードノイズが大きく、他の遮音がいいだけに目立ちました。
*最廉価仕様のためホイールハウスカバーが省かれているのかもしれません。
【価格】
廉価グレードにも関わらず、自動ブレーキ、追従クルコン、レーンキープ、オートハイビームなど安全面や快適面での差をつけていないのがとても好感が持てます。安全面は標準化するけど、快適面はオプションでというスタンスのメーカーが多い中、トヨタの良心を感じます。
ただし、安全快適のもうひとつの売りのコネクティッドの部分は値付けが高く、コネクトナビとバックカメラで低価格のほうが20万、大画面仕様が30万。最廉価グレードでもコネクトナビ、フロアマットなど最低限のオプションが入ると250万弱にはなります。
値付けが強気すぎるシビックを除けば、インプレッサやアクセラの方がバリューが高そうです。
私ならどれくらい使うかわからないコネクトナビをいれず、アルミホイールになるのと、ロードノイズの改善を期待して中間グレードをナビなしで買って、今の車のナビを移植します。それなら安全快適装備特盛の車が220万ちょいです。
【総評】
まとめると後席は微妙ですが、安全性、快適性、外観品質が高く、静粛性と乗り心地がよく、エンジン出力、CVT制御もまずまず、Cセグという世界の激戦区を戦えるよくできた車です。

レビュー対象車
試乗

参考になった34

このレビューは参考になりましたか?参考になった

古い奴さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
ショールームで見ると、かなり先鋭的に見えますが、実際に外に出してみるとそれ程の存在感は感じません。それがカローラという車なのかも知れません。
【インテリア】
「スポーツ」と名乗っている関係上、いわゆる高級感を感じさせるものではなく、一部に見た目のよさを取り入れたシンプルなものですが、ノーマルのシートなら飽きのこないものだと思います。ただ、NAVIはコストを考えなければ収納式のほうがいいように感じます。
【エンジン性能】
ハイブリッドGも試乗しましたが、やはり日常的な市街地走行ではターボはパワーの面で一歩譲るという印象です。
【走行性能】
しっかりしたボディゆえにハンドリングは非常に安定感が高く、気持ちよく曲がる車という印象です。ハイブリッドの圧倒的な静粛性とスムーズさは1.5Lクラスの車からの乗換えでは、ほとんどの人が、「いい車」という印象を受けると思います。ただ、そのスムーズさと静粛性ゆえに、普通に走っていると運転感覚がバーチャルで、ある種の退屈さもあるように感じます。
1.2ターボは、スムーズさやパワーこそハイブリッドに譲るものの、「車を運転している」という楽しさはあるように思いました。
【乗り心地】
近年は軽乗用車でも見事な乗り心地を実現していますので、価格を考えれば合格点なのかも知れません
【燃費】
試乗ゆえに不明
【価格】
最新の安全装備を標準化し、車自体の作りも良いので、「カローラ」という名前が嫌でなければ妥当なものだと思います
【総評】
Gにオプションをそこそこ付けると、やはり300万近くになります。セールス担当の話では、当初はフィールダーやアクアといった車からの乗り換えをターゲットにしていたようですが、いざ蓋を開けると、プリウスからの乗り換えが極めて多いということで、結果的にハイブリッドGZがメインになっているとのこと。予算面とハイブリッドが自分の感覚と微妙にズレていることを考慮してGにしましたが、60歳近いオジサンがターボというのは有りだと思っています

レビュー対象車
試乗

参考になった31

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヒツGさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:62人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格4

子どもの送迎、仕事用(ほぼ1名乗車)の買い換えを検討していたため試乗してきました。今はデミオのディーゼルとオデッセイNA所有。デミオのトルク感はかなり気に入ってるのですが、保育園のお昼寝布団を乗せるのに毎回困っているため買い換え検討に。
子どもの2人とお昼寝布団が積めて狭いところでもストレスが少ない大きさの車から選んでいます。

豪雪地帯のため4WDであるこは精神的に大きいです。走行に関してよりもスタックの心配です。カローラスポーツの4WDはターボでも1.2Lしかないため、当初は検討対象には入っていませんでしが、試乗してみて印象がかわりました。

【エクステリア】
可もなく不可もなく。ロー&ワイドの重心が低いデザインは好みです。

【インテリア】
いたってシンプル。安っぽいと言われれば安っぽいかな?値段的にもう少し工夫あってもとは思う。あとUSBの位置は不便かなと思う。その分全体的にスッキリした印象にはなってるのかもしれないけど。

【エンジン性能】
思ってたより楽しい。ガツンとトルク感があって加速するエンジンではないです。スムーズにスーっと加速していく感じ、うるさくなくエンジンが高回転で回ってるなと感じさせる感じ、かなり好み。スポーツモードで普段から運転したくなる。高速とかはどうなんだろ?オーリスのレビューでも見てこようかな。

【走行性能】
これまた良い。しっとりキビキビ。段差のいなし、安定感、カローラって名前のイメージで乗ったのでギャップが凄いのかもしれないけど、いいです。


【乗り心地】
上に同じ。C-HRも試乗したけど乗り心地はC-HRのが上かな。

【燃費】
試乗なので

【価格】
少し高いけど内容的には良いかな。値引き含めると同装備でC-HRと差があまりないのは悩ましい。

【総評】
ここのレビュー見るとエンジンの評価あんまり良くないですよね。私はかなり好きなんですけどね。ハンドリングも乗り心地も良いし、今のところ購入候補一番手です。

レビュー対象車
試乗

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

10年寝たろうさん

  • レビュー投稿数:642件
  • 累計支持数:11255人
  • ファン数:30人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費無評価
価格2

【エクステリア】
トヨタの最近の流れに沿ったキーンルックでまとめています。なかなかのエクステリアです。
これなら、このまま世界で通用するでしょう。

ただし、日本仕様ではデイタイムランニングライトは全グレードで見送られました。
輸入車のこのクラスは標準装備されているクルマが多いのに、マイナーチェンジに残しておくつもりでしょうか?


【インテリア】
相変わらずのオーディオレス仕様がどうにもいただけません。ディーラー保護という大人の事情なのでしょうが、一見すると欧州車やマツダ風に見える位置にナビをつけているだけで、横から見るとブラウン管テレビ?を彷彿とさせる、不細工な構造になっており、仕組みも見た目もスマートさに欠けています。

これではゴルフを始めとする、欧州のライバルたちが、標準装備で8インチ前後液晶ディスプレイを標準装備し、スマホ画面のミラーリングにも対応している車種が多いのとは次元が違うカッコ悪さがとても残念な日本仕様です。

おそらく欧州仕様は液晶ディスプレイ標準装備で、スマホミラーリングも出来る仕様になっていると思われます。

もう一つGグレードの展示車での確認ですが、また例によって国産車のお約束で室内灯が全て電球です。常に危険にさらされるクルマの室内に電球色の暖かい光は必要ありません。

あと気になったのはトランクの狭さ。
トランクルームは奥行70cm、幅100cm〜130cm、高さ50cmで、最上部の奥行きが約35cmとなります。
トノボード下で280L程度と最新モデルとしては残念なレベルですね。

【エンジン性能】
エンジンは1500〜4000回転で185Nのパワーを出すと言いますが、普通に加速するには2000〜3000回転を使用する必要があり、1500〜2000回転程度だけで加速しようとすると加速力が足らず、スペック通りトルクの細めなターボエンジンでした。

プジョー308の1.2Lターボ、シビックの1.5Lターボあたりと比較すると残念な感じはありますが、ほどほどのパワーという点ではゴルフの1.2Lターボ車と同程度な感じで、日本の道路事情を加味すればこれでも過不足ないパワーでしたね。

エンジンは5000回転を超えて回しても騒音レベルは低めで嫌な音もしません。


【走行性能】
試乗コースはカーブが多かったので、良くわかりましたが、なかなかシャープなステアリングフィールで安定したコーナーリングをしていく様子はオーリスをさらに進化させた感じで、なかなかに山坂の楽しそうなクルマに感じました。

【乗り心地】
ギャップを超えてもボディの揺れは一度でスっと収まり、なかなかにマトモな足回りをもっています。

【燃費】

試乗では9.7km/Lをマークしました。踏みこんだりしての結果なので、エコランすれば長距離なら15km/lは軽く超えそうですが、カタログ燃費19.6km/Lは厳しい感じです。

【価格】
最上級グレードにナビをセットすると320万前後の総額だそうです。
値引きが少ない現時点では国産車が欧州車に比べて価格での優位性はほぼゼロというのが現実です。
とても安いとは言えません。

【総評】
試乗してみるとパワーはほどほどですが、山坂を走ると楽しそうな走りの良いクルマだと感じました。

リヤビューをスタイリッシュに見せるために犠牲になったトランクルームは開けてみるまで狭いのがわかりませんでしたが、これが一番残念な点でしたね。実用性を考えながらデザインにも挑戦してほしかったところです。

時代遅れなオーディオレスも残念な点で、ご自慢のつながるクルマというなら、センターディスプレイを標準装備させてインターネットに標準接続しますくらいのことはやって、世界をあっといわせてほしいところでした。

そんなことすれば、無料のyahooナビでほとんど間に合ってしまい、ナビが売れなくなりディーラーに叱られる。
ホンモノのつながるクルマに出来るのに出来ない大人の事情は辛いところですね。

しかし走りの良さについてはヨーロッパでも受け入れられるレベルに仕上がったようです。そういう意味ではトヨタの本気を感じるクルマですね。

レビュー対象車
試乗

参考になった41人(再レビュー後:23人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tushiさん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:720人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費1
価格3

愛車のラクティス(H20年式)も、そろそろ買換えも検討しないと・・・という時期になり、たまたま通りがかったディーラーで試乗。
試乗待ちのお客さんで待ち時間があるほど、この車は注目を集めているようです。

試乗車は一般的なガソリン4wd車です。(本当はハイブリッドに乗りたかった!)

カローラという名前を良い意味で裏切ってくれる外見、現行型のカローラアクシオとフィールダーも展示されていましたが、比較して「別格」でした。

エンジンスタートでいきなりエアコンからキンキンに冷風が出てきたのは、この時期良いですね!(なかなか停車状態では冷えない車も多いので)
メーターは「液晶画面」になっており好みでデザインを変更できるようでしたが、表示項目が多すぎて、あまり見やすいとは言えないです。液晶画面であれば、逆にシンプルな表示も選べるようにすればいいと思います。

駐車場から幹線道路に出ようとしてブレーキを踏んだ瞬間、そのブレーキの効きの良さに「おおっ!!」と声が出てしまいました。
普段はラクティスやセカンドカーの軽、仕事では現行カローラフィールダーなどのワゴン車に乗っている私ですが、軽く踏んだだけで違いのわかる、良いブレーキです。

制限速度(50km/h)までの加速は、必要十分で滑らかです。走行ルートは交通量の多い市街地でしたので、ストップ&ゴーの繰返しでしたが、アクセルオフでの減速もスーッと自然なものでした。(アクセルオフでガクガクとショックの出る車種もある)

郊外の道を、景色の良いところを走ったら爽快だろうな・・・と期待します!
ただし、車線変更の際の斜め後方視界は大きさの割に良くないので注意が必要です。

カローラ初の3ナンバーのようですが、感覚的な広さは一般的なコンパクトカーとあまり変わりません。(アクシオ・フィールダーとほぼ同じ。頭上はアクシオより余裕あり)
人によっては軽自動車の方が広いと感じるかもしれませんが、シートがしっかりしているので、峠や高速道路での疲れは少ないだろうと思います。

ちなみに試乗車にはLINEを利用した自慢の双方向ナビが搭載されていましたが、その機能はあれば面白半分使うかも?というもので、スマートフォンやタブレットの性能が向上したこのご時世、本当に高価なカーナビが必要なのか疑問です。
(設定の問題なのか、国道・県道・市道が全て白色で表示され見にくかった)
テレビ・ラジオ受信・バックモニター機能の付いた、「ディスプレイ」を用意して、ナビや音楽の機能はスマホ側に任せた方が効率的かもしれません。

上級グレードの純正装着タイヤ(225/40 R18)は過剰な装備かな・・・
(スタッドレスタイヤ必須の地域では、恐ろしい金額になりそう。セールスマンも「まあ、皆さんインチダウンするでしょうね(笑)」と言ったくらい(^_^;)

燃費については、市街地走行で9.8km/L(メーター表示)
複数の人が乗っているので実際の燃費は不明ですが、郊外であれば15km/Lくらいかな?うーん、個人的にはハイブリッドを選びたい。

良くも悪くも「カローラ」なので過度な期待は禁物ですが、素直にもっと走りたい!と思わせる雰囲気、走行性能には新しさを感じられました。

この続きがあるか、それとも夢のままか!?カタログを見ながらにやけてます(笑)

レビュー対象車
試乗

参考になった29

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

カローラ スポーツ 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

カローラ スポーツ
トヨタ

カローラ スポーツ

新車価格:216〜284万円

中古車価格:123〜312万円

カローラ スポーツ 2018年モデルをお気に入り製品に追加する <238

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

カローラスポーツの中古車 (298物件)

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意