『納車後一週間500q走りました。』 トヨタ カローラ スポーツ 2018年モデル tatsu716さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > カローラ スポーツ 2018年モデル

『納車後一週間500q走りました。』 tatsu716さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

カローラ スポーツ 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:134人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
38件
バイク(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格5
納車後一週間500q走りました。

納車して一週間、毎日片道27qの下道通勤と1回の高速150q、合計500qを走行しました。。試乗2回だけではわからないこともありましたのでレビューさせていただきました。

【エクステリア】
ワイド&ローにtrdエアロで更に地上高が下り、ブラックにキーンルックと併せて迫力さえ感じます。前車3pローダウンしたスイフトスポーツ(zc32s)より座席からの目線は下り、スポーツ感が高いです。大阪ですが、まだあまり見かけない(?)ので希少感もありますよ。(これから増えてくるとおもわれますが。)知人からは「スポーツカー?}「厳ついなぁ〜」と…。誉め言葉でもあり悪口でもあり。もちろん私は、エクステリアには満足してます。サイドラインがちょっと寂しく感じましたのでtrdのステッカーを予定してます。

【インテリア】
飽きのこないデザインで、ソフトパッドも手の当たる場所に配してあり、また赤いステッチがその気にさせます。スイッチ類が通常運転席から見渡せて、姿勢を変えず操作できるのは、私的には非常に良いです。(前車スイフトスポーツの時のハザード点灯の際は、パネル中央上部にあった為、ちょっと身体をのりださないと手が届きませんでした。)
シートは、前車スイフトスポーツのシートに比べ柔らかく、サポート性も落ちます。好みの問題が大きいと思いますが、カローラスポーツとスイフトスポーツは、同じ「スポーツシート」と称してありますが、コンセプトの違いを感じました。シート素材の手触りも今一つと感じましたのでクラッツィオのプライムリアルレザー(タンベージュ)のシートカバー装着予定です。

【エンジン性能】
前車スイフトスポーツ(zc32s)のようにシフトでコントロールして高回転まで回しコーナーの立ち上がりを楽しめる車ではありません(スイフトスポーツは、これが楽しかった)。しかし追い越しや坂道上りなどは、「スポーツモード」に切り換えればモーターによる中間トルクが高まり、グイグイ車を走らせます。「走る」といったエンジン性能を全く期待していなかっただけに予想以上でした。

【走行性能】
ボディ剛性が高く感じました。締まった感じも私好みですが、ハンドルが柔らかいですね。(女性にはよいですね。)
セーフティ機能でのハンドル操作サポート、クルーズコントロール機能、高速での走行には頻繁に使用しそうです。最初は怖かったのですが慣れてくるとこれは便利。これは良い。これからの時代、これが当たり前になるでしょうか。

【乗り心地】
これは秀逸。絶品。225-40-18のタイヤで締まった足回りですが前車スイフトスポーツで突き上げを感じてた段差(速度を落としてました)にもそのままの速度で侵入して段差を乗り越えても突き上げ感無しでした。遮音も高くEV走行時でもロードノイズも気になりません。
ハンズフリー使用時に通話相手から「聞こえにくい」がなくなりました。

【燃費】
下道27キロを80分かけての通勤で21q/l。高速(クルーズコントロール多様。渋滞少々あり)27km/l もちろん合格点です。
これから暖房使いますから1割減ぐらいでしょうか?
この燃費が慣れてくると、前々車のようなレガシーツーリングワゴン(bh5)「速く楽しいけれど燃費が6q/lから7q/l」に戻れなくなりそうです。)

【価格】
車の価格価値は、オーナーの車に対する嗜好や価値感・使用目的などよよって大きく変わるから面白いです。私は先ずはエクステリア・インテリアともに好きになり、次にハイブリッドシステムに新しいプラットホームTNGAによる走行性能や足回、りそして安全装備が山ほど満載でこの価格は安く感じました。

【総評】
今回カローラスポーツを契約するにあたり、メルセデスベンツC220d・フォルクスワーゲンゴルフハイライン、アウディa3シ、ビックハッチバック、アクセラスポーツ、スイフトスポーツ、インプレッサスポーツ、プリウス、プリウスPHV、CHR、ヴェゼル、ノートeパワー、リーフと試乗させていただきました。どのどれもが好きでどれにも選ぶ理由がありましたが、その中でのカローラスポーツHVとなりました。私にとって車選びは、本当に楽しい至福の時間でした。試乗させていただいたディーラーでご対応いただいた皆様方々に感謝いたします。ありがとうございました。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年7月
購入地域
大阪府

新車価格
268万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

カローラ スポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった85人(再レビュー後:54人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費無評価
価格5
契約しました。

【エクステリア】
ロー&ワイドでタイヤとホイール間も狭目で格好良いと思います。私にはフロントマスクも重要だけどリアスタイルは更に重要。今流行(?)のエッジの効き過ぎたデザインではなく実に良くデザインされたリアだと思います。

【インテリア】
プラスチック感を少くしてシンプルで飽きのこないデザインで価格以上の質感を感じます。また赤いステッチがその気にさせます。
仮に高級乗用車で600万円出してもインテリアに「カーボン」「本革」「ウッド」の本物素材は、使われることはないのですね。

【エンジン性能】
これはプリウスのハイブリッドシステムと同様ですから「スポーツ」と名乗るには△ですが、想定内です。


【走行性能】
良いですね。TNGAの存在すら知らずに試乗しましたので3代目プリウスと同等と想像してましたが、良い意味で裏切られました。ボディ剛性が高く感じました。

【乗り心地】
締まった感じが嫌な心地でなく良いです。高級感すら感じました。

【燃費】
試乗なので未評価。 実燃費20キロ以上で合格です。

【価格】
ハイブリッドシステムに新しいプラットホームTNGA、安全装備が山ほど満載でこの価格は、安いと思います。前車レガシィツーリングワゴン、現車のスイフトスポーツと比較してもコストパフォーマンスは高いです。

【総評】
車好きの人から評価が低いようですがメーカーの魂のこもった一生懸命に造った車(?)が好きで、レガシィBH5からスイフトスポーツZC32Sと乗継ぎ、車大好き人間で、社用車として3代目プリウスに乗って「これはダメ。楽しくない。ハイブリッド車は乗ることない」と勝手に決めてましたが試乗2回目で契約してしまいました。良い車です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年7月
購入地域
大阪府

新車価格
241万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

カローラ スポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった31

 
 
 
 
 
 

「カローラ スポーツ 2018年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

カローラ スポーツ 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

カローラ スポーツ
トヨタ

カローラ スポーツ

新車価格:216〜284万円

中古車価格:145〜293万円

カローラ スポーツ 2018年モデルをお気に入り製品に追加する <231

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

カローラスポーツの中古車 (306物件)

qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意