『正常進化しています』 トヨタ カローラ スポーツ 2018年モデル ぜんだま〜んさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > カローラ スポーツ 2018年モデル

『正常進化しています』 ぜんだま〜んさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

カローラ スポーツ 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:88件
  • 累計支持数:740人
  • ファン数:21人
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格2
正常進化しています

2015年末にいま乗っている車(インプレッサスポーツ)を購入しましたが、当時はオーリス、アクセラスポーツと3車で
随分と悩んだので、当時の印象からこれらの車と比較して書きます。


【エクステリア】
最近のトヨタらしいキーンルックですね。リアはどことなくオーリスに似たところがあります。


【インテリア】
トヨタらしい上質感は相変わらずです。インテリアの素っ気ないスバル車に乗っているから余計にそう思うのかも。
パワーウインドウがオールオートであるなど、トヨタ車の電装系はさすがに充実していますね。

車内スペースはオーリスのほうが広かったです。
特にリアシートはインプレッサよりは明確に狭いです。
窓が大きい分、アクセラよりは少しマシなだと思います。


【エンジン性能】
1.2ターボのGXですが、このグレードはオーリスの1.5X(Sパケ)に相当します。
当然1.2ターボのほうがパワフルだし上までスムーズに回ります。
アクセラの1500CCと比較しても当然こちらのほうがパワフルです。
体感的には2.0のインプレッサと互角くらいに感じました。
オーリスの120Tがハイオクだったのに、この車はレギュラー指定なのも嬉しいポイントです。


【走行性能】
ここはかなり進化しています。
少し試乗しただけですが、少し固めで剛性感が高くて山道を走ったら楽しそうです。
オーリスの1500CCのリアはトーションビームでしたが、カローラスポーツはダブルウィッシュボーンを奢っています。

タイヤですがスポーツグレードのGZは225/40R18という扁平タイヤを履いています。
そのタイヤがなんとSPスポーツMAXX 050(ダンロップ)を履いているのです。
このタイヤはレヴォーグやWRXの新車装着タイヤと同じです。トヨタがこんなタイヤをチョイスしたのに少し驚きました。

オーリス120Tは225/45R17というサイズのアドバンDB(ヨコハマ)を履いていて、
スポーツカーなのかラグジュアリーカーなのか性格があいまいでしたが、
この車は明らかにスポーティな走りを狙ってますね。


【乗り心地】
少し固めですが、ファミリーカーとして問題なく使えます。
静粛性はトヨタらしく非常に優れています。


【燃費】
省略


【価格】
価格はオーリス1.5X(Sパケ)208万円に対し、カローラスポーツ'GX'が225万円。
どちらも16インチタイヤの同等グレードです。
オーリスは自動ブレーキなど無かったですが、それを考慮しても値上げになっています。
割高感があるのは否めません。
同じカローラ店でC - HRとカニバリ(自社競合)するんじゃないかなぁ?

【総評】
オーリス後継とか言いながら販売チャネルが違います
なぜオーリスと同じネッツ店で売らないのだろう?
内容的には正常進化していて、購買意欲をそそる出来栄えでした。
ただ価格がちょっと高すぎますね。
オーリスが出たときも高いと思ったのに更に高くなっています。

80年代後期のカローラはVWゴルフに完勝していたのに、
今はゴルフに歯が立たないのはもどかしいですね。


車の評価とは違いますが、中条あやみと菅田将暉が「風になりたい」を歌うCMはいいですよね。
あのロケ地の道路(高知県 瓶ヶ森林道・通称UFOライン)を無性に走りたくなりました。
絶景すぎますよあれ!

(追記)
今年のGWの10連休に、ロケ地の道路(高知県 瓶ヶ森林道・通称UFOライン)を走ってきました。
道幅が狭くて風にはなれず、亀になって走りました。
絶景は素晴らしかったです。本当に最高でした。

レビュー対象車
試乗

参考になった46人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格2
正常進化しています

2015年末にいま乗っている車(インプレッサスポーツ)を購入しましたが、当時はオーリス、アクセラスポーツと3車で
随分と悩んだので、当時の印象からこれらの車と比較して書きます。


【エクステリア】
最近のトヨタらしいキーンルックですね。リアはどことなくオーリスに似たところがあります。


【インテリア】
トヨタらしい上質感は相変わらずです。インテリアの素っ気ないスバル車に乗っているから余計にそう思うのかも。
パワーウインドウがオールオートであるなど、トヨタ車の電装系はさすがに充実していますね。

車内スペースはオーリスのほうが広かったです。
特にリアシートはインプレッサよりは明確に狭いです。
窓が大きい分、アクセラよりは少しマシなだと思います。


【エンジン性能】
1.2ターボのGXですが、このグレードはオーリスの1.5X(Sパケ)に相当します。
当然1.2ターボのほうがパワフルだし上までスムーズに回ります。
アクセラの1500CCと比較しても当然こちらのほうがパワフルです。
体感的には2.0のインプレッサと互角くらいに感じました。
オーリスの120Tがハイオクだったのに、この車はレギュラー指定なのも嬉しいポイントです。


【走行性能】
ここはかなり進化しています。
少し試乗しただけですが、少し固めで剛性感が高くて山道を走ったら楽しそうです。
オーリスの1500CCのリアはトーションビームでしたが、カローラスポーツはダブルウィッシュボーンを奢っています。

タイヤですがスポーツグレードのGZは225/40R18という扁平タイヤを履いています。
そのタイヤがなんとSPスポーツMAXX 050(ダンロップ)を履いているのです。
このタイヤはレヴォーグやWRXの新車装着タイヤと同じです。トヨタがこんなタイヤをチョイスしたのに少し驚きました。

オーリス120Tは225/45R17というサイズのアドバンDB(ヨコハマ)を履いていて、
スポーツカーなのかラグジュアリーカーなのか性格があいまいでしたが、
この車は明らかにスポーティな走りを狙ってますね。


【乗り心地】
少し固めですが、ファミリーカーとして問題なく使えます。
静粛性はトヨタらしく非常に優れています。


【燃費】
省略


【価格】
価格はオーリス1.5X(Sパケ)208万円に対し、カローラスポーツ'GX'が225万円。
どちらも16インチタイヤの同等グレードです。
オーリスは自動ブレーキなど無かったですが、それを考慮しても値上げになっています。
割高感があるのは否めません。
同じカローラ店でC - HRとカニバリ(自社競合)するんじゃないかなぁ?

【総評】
オーリス後継とか言いながら販売チャネルが違います
なぜオーリスと同じネッツ店で売らないのだろう?
内容的には正常進化していて、購買意欲をそそる出来栄えでした。
ただ価格がちょっと高すぎますね。
オーリスが出たときも高いと思ったのに更に高くなっています。

80年代後期のカローラはVWゴルフに完勝していたのに、
今はゴルフに歯が立たないのはもどかしいですね。


車の評価とは違いますが、中条あやみと菅田将暉が「風になりたい」を歌うCMはいいですよね。
あのロケ地の道路(高知県 瓶ヶ森林道・通称UFOライン)を無性に走りたくなりました。
絶景すぎますよあれ!

レビュー対象車
試乗

参考になった9

満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格2
正常進化しています

2015年末にいま乗っている車(インプレッサスポーツ)を購入しましたが、当時はオーリス、アクセラスポーツと3車で
随分と悩んだので、当時の印象からこれらの車と比較して書きます。


【エクステリア】
最近のトヨタらしいキーンルックですね。リアはどことなくオーリスに似たところがあります。


【インテリア】
トヨタらしい上質感は相変わらずです。インテリアの素っ気ないスバル車に乗っているから余計にそう思うのかも。
パワーウインドウがオールオートであるなど、トヨタ車の電装系はさすがに充実していますね。

車内スペースはオーリスのほうが広かったです。
特にリアシートはインプレッサよりは明確に狭いです。
アクセラよりは少しマシな感じです。


【エンジン性能】
1.2ターボのGXですが、このグレードはオーリスの1.5X(Sパケ)に相当します。
当然1.2ターボのほうがパワフルだし上までスムーズに回ります。
アクセラの1500CCと比較しても当然こちらのほうがパワフルです。
体感的には2.0のインプレッサと互角くらいに感じました。
オーリスの120Tがハイオクだったのに、この車はレギュラー指定なのも嬉しいポイントです。


【走行性能】
ここはかなり進化しています。
少し試乗しただけですが、少し固めで剛性感が高くて山道を走ったら楽しそうです。
オーリスの1500CCのリアはトーションビームでしたが、カローラスポーツはダブルウィッシュボーンを奢っています。

タイヤですがスポーツグレードのGZは225/40R18という扁平タイヤを履いています。
そのタイヤがなんとSPスポーツMAXX 050(ダンロップ)を履いているのです。
このタイヤはレヴォーグやWRXの新車装着タイヤと同じです。トヨタがこんなタイヤをチョイスしたのに少し驚きました。

オーリス120Tは225/45R17というサイズのアドバンDB(ヨコハマ)を履いていて、
スポーツカーなのかラグジュアリーカーなのか性格があいまいでしたが、
この車は明らかにスポーティな走りを狙ってますね。


【乗り心地】
少し固めですが、ファミリーカーとして問題なく使えます。
静粛性はトヨタらしく非常に優れています。


【燃費】
省略


【価格】
価格はオーリス1.5X(Sパケ)208万円に対し、カローラスポーツ'GX'が225万円。
どちらも16インチタイヤの同等グレードです。
オーリスは自動ブレーキなど無かったですが、それを考慮しても値上げになっています。
割高感があるのは否めません。
同じカローラ店でC - HRとカニバリ(自社競合)するんじゃないかなぁ?

【総評】
オーリス後継とか言いながら販売チャネルが違います
なぜオーリスと同じネッツ店で売らないのだろう?
内容的には正常進化していて、購買意欲をそそる出来栄えでした。
ただ価格がちょっと高すぎますね。
オーリスが出たときも高いと思ったのに更に高くなっています。

80年代後期のカローラはVWゴルフに完勝していたのに、
今はゴルフに歯が立たないのはもどかしいですね。


車の評価とは違いますが、中条あやみと菅田将暉が「風になりたい」を歌うCMはいいですよね。
あのロケ地の道路(高知県 瓶ヶ森林道・通称UFOライン)を無性に走りたくなりました。
絶景すぎますよあれ!

レビュー対象車
試乗

参考になった10

満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格2
正常進化しています

2015年末にいま乗っている車(インプレッサスポーツ)を購入しましたが、当時はオーリス、アクセラスポーツと3車で
随分と悩んだので、当時の印象からこれらの車と比較して書きます。


【エクステリア】
最近のトヨタらしいキーンルックですね。リアはどことなくオーリスに似たところがあります。


【インテリア】
トヨタらしい上質感は相変わらずです。インテリアの素っ気ないスバル車に乗っているから余計にそう思うのかも。
パワーウインドウがオールオートであるなど、トヨタ車の電装系はさすがに充実していますね。

車内スペースはオーリスのほうが広かったです。
特にリアシートはインプレッサよりは明確に狭いです。
アクセラよりは少しマシな感じです。


【エンジン性能】
1.2ターボのGXですが、このグレードはオーリスの1.5X(Sパケ)に相当します。
当然1.2ターボのほうがパワフルだし上までスムーズに回ります。
アクセラの1500CCと比較しても当然こちらのほうがパワフルです。
体感的には2.0のインプレッサと互角くらいに感じました。
オーリスの120Tがハイオクだったのに、この車はレギュラー指定なのも嬉しいポイントです。


【走行性能】
ここはかなり進化しています。
少し試乗しただけですが、少し固めで剛性感が高くて山道を走ったら楽しそうです。
オーリスの1500CCのリアはトーションビームでしたが、カローラスポーツはダブルウィッシュボーンを奢っています。

タイヤですがスポーツグレードのGZは225/40R18という扁平タイヤを履いています。
そのタイヤがなんとSPスポーツMAXX 050(ダンロップ)を履いているのです。
このタイヤはレヴォーグやWRXの新車装着タイヤと同じで、スポーティさを演出しているのが分かります。

オーリス120Tは225/45R17というサイズのアドバンDB(ヨコハマ)を履いていて、
スポーツカーなのかラグジュアリーカーなのか性格があいまいでしたが、
この車はスポーティなところを狙っているのがわかります。


【乗り心地】
少し固めですが、ファミリーカーとして問題なく使えます。
静粛性はトヨタらしく非常に優れています。


【燃費】
省略


【価格】
価格はオーリス1.5X(Sパケ)208万円に対し、カローラスポーツ'GX'が225万円。
どちらも16インチタイヤの同等グレードです。
オーリスは自動ブレーキなど無かったですが、それを考慮しても値上げになっています。
割高感があるのは否めません。
同じカローラ店でCH-Rとカニバリ(自社競合)するんじゃないかなぁ?

【総評】
オーリス後継とか言いながら販売チャネルが違います。意味不明です。
なぜオーリスと同じネッツ店で売らないのだろう?
内容的には正常進化していて、購買意欲をそそる出来栄えでした。
ただ価格がちょっと高すぎますね。
オーリスが出たときも高いと思ったのに更に高くなっています。

80年代後期のカローラはVWゴルフに完勝していたのに、
今はゴルフに歯が立たないのはもどかしいですね。


車の評価とは違いますが、中条あやみと菅田将暉が「風になりたい」を歌うCMはいいですよね。
あのロケ地の道路(高知県 瓶ヶ森林道・通称UFOライン)を無性に走りたくなりました。
絶景すぎますよあれ!

レビュー対象車
試乗

参考になった0

満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格2
オーリス後継車として正常進化しています

2015年末にいま乗っている車(インプレッサスポーツ)を購入しましたが、当時はオーリス、アクセラスポーツと3車で
随分と悩んだので、当時の印象からこれらの車と比較して書きます。


【エクステリア】
最近のトヨタらしいキーンルックですね。リアはどことなくオーリスに似たところがあります。


【インテリア】
トヨタらしい上質感は相変わらずです。インテリアの素っ気ないスバル車に乗っているから余計にそう思うのかも。
パワーウインドウがオールオートであるなど、トヨタ車の電装系はさすがに充実していますね。

車内スペースはオーリスのほうが広かったです。
特にリアシートはインプレッサよりは明確に狭いです。
アクセラよりは少しマシな感じです。


【エンジン性能】
1.2ターボのGXですが、このグレードはオーリスの1.5X(Sパケ)に相当します。
当然1.2ターボのほうがパワフルだし上までスムーズに回ります。
アクセラの1500CCと比較しても当然こちらのほうがパワフルです。
体感的には2.0のインプレッサと互角くらいに感じました。
オーリスの120Tがハイオクだったのに、この車はレギュラー指定なのも嬉しいポイントです。


【走行性能】
ここはかなり進化しています。
少し試乗しただけですが、少し固めで剛性感が高くて山道を走ったら楽しそうです。
オーリスの1500CCのリアはトーションビームでしたが、カローラスポーツはダブルウィッシュボーンを奢っています。

タイヤですがスポーツグレードのGZは225/40R18という扁平タイヤを履いています。
そのタイヤがなんとSPスポーツMAXX 050(ダンロップ)を履いているのです。
このタイヤはレヴォーグやWRXの新車装着タイヤと同じで、スポーティさを演出しているのが分かります。

オーリス120Tは225/45R17というサイズのアドバンDB(ヨコハマ)を履いていて、
スポーツカーなのかラグジュアリーカーなのか性格があいまいでしたが、
この車はスポーティなところを狙っているのがわかります。


【乗り心地】
少し固めですが、ファミリーカーとして問題なく使えます。
静粛性はトヨタらしく非常に優れています。


【燃費】
省略


【価格】
価格はオーリス1.5X(Sパケ)208万円に対し、カローラスポーツ'GX'が225万円。
どちらも16インチタイヤの同等グレードです。
オーリスは自動ブレーキなど無かったですが、それを考慮しても値上げになっています。
割高感があるのは否めません。


【総評】
オーリス後継とか言いながら販売チャネルが違います。意味不明です。
なぜオーリスと同じネッツ店で売らないのだろう?
内容的には正常進化していて、購買意欲をそそる出来栄えでした。
ただ価格がちょっと高すぎますね。オーリスが出たときも高いと思ったのに更に高くなっています。

レビュー対象車
試乗

参考になった14

 
 
 
 
 
 

「カローラ スポーツ 2018年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
とても良い  5 2019年11月3日 22:16
レンタカーを借り、400kmほど走ってきました  4 2019年10月28日 10:55
試乗してきました  3 2019年10月23日 03:32
遠目からだとヴィッツと間違える。(昼間)  2 2019年10月12日 10:28
ハイブリッドGが。。。  5 2019年10月1日 12:14
6MTのACCが良い!  5 2019年9月14日 22:40
基本性能が長けてます  5 2019年9月14日 20:35
もっと売れてもいいような…  5 2019年9月7日 17:55
いい車です  5 2019年8月16日 11:26
カッコいいし、通勤用には最適。  4 2019年8月6日 21:27

カローラ スポーツ 2018年モデルのレビューを見る(レビュアー数:99人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

カローラ スポーツ 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

カローラ スポーツ
トヨタ

カローラ スポーツ

新車価格帯:216〜282万円

中古車価格帯:169〜345万円

カローラ スポーツ 2018年モデルをお気に入り製品に追加する <228

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意