トヨタ カローラ スポーツ 2018年モデル HYBRID G(2018年6月26日発売)レビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > カローラ スポーツ 2018年モデル

カローラ スポーツ 2018年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデルまたはグレードの指定がないレビューを見る場合、それぞれの絞り込みを解除してください。

選択中のモデル:カローラ スポーツ 2018年モデル 絞り込みを解除する

選択中のグレード:HYBRID G 絞り込みを解除する

満足度:4.16
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:88人 (試乗:52人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.16 4.34 82位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.95 3.93 65位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 3.75 4.13 95位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.33 4.21 45位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.43 4.05 21位 乗り心地のフィーリング
燃費 4.00 3.89 67位 燃費の満足度
価格 3.38 3.88 104位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

カローラ スポーツ 2018年モデル

カローラ スポーツ 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:133件
  • 累計支持数:429人
  • ファン数:2人
満足度3
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費無評価
価格2

マツダ3とあまりにも違いすぎるのでレビューしました。

【エクステリア】
プリウスまで悪くありませんが、良くも悪くもなく意見が別れると思います。

【インテリア】
シートも座り心地良いし、それなりに小技を使って質感はあげてます。
ハッチバックにしては、荷室(トランク)が狭いです。

【エンジン性能】
後で調べたのですが、プリウスと同じエンジンとモーターです。
全くスポーツ感はありません。次期セダンとワゴンの流用のためでしょう。

【走行性能】
CVTがダメダメです。フル加速ばかりしていると急激に燃費が悪くなります。
ハイブリッド車にパドルシフトの設定がありません。

【乗り心地】
これは良いです。ただ、普通のセダンです。ハッチバックスポーツはどこへやら。。。
AVSの「COMFORT」や「SPORT S +」も試しましたが、違いがよくわかりません。
R35は、サーキットモードにすると一般道で跳ねまくりでまともに乗れません。

【燃費】
試乗なので無評価。

【価格】
これなら、プリウス買います。300万で素晴らしい乗り心地ですよ。

【総評】
マツダはトヨタと同じ商品を作っても勝ち目がないから、
マツダ3のような他にない車を開発したと思います。
トヨタはほんと無難な車が大好きです。
トヨタが本気で作ったら、ヴィッツ “GRMN”400万になります。
峠攻めたら楽しすぎて、ずっと顔がにんまりしてました。

カローラ スポーツ GRシリーズの発売はないでしょう。

レビュー対象車
試乗

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

りゅりゅ団長さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:200人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
2件
39件
自動車(本体)
2件
23件
カーオーディオ
1件
12件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
   

2月の通勤往路(下り多め)の燃費

   

◎良い点
【エクステリア】
 購入の決めてはなんといっても外観です。ビビっと来ました。
 どの方向から見ても、格好良いいの一言につきます。
 
【エンジン性能】
 前車のアクアとの比較になるため、参考にならないのかもしれませんが、
 必要十分です。
 スポーツモードにすると、アクセルに連動してぐっと加速するようになりますが、
 私の場合、高速に乗る場合でも、エコモードで加速でも問題ありません。

【走行性能】
 高速も走ってみたのですが、カーブの走行も安定感があります。
 LTAの機能も高速だととても有効で、ブレーキに足を置いておくぐらいで、
 あとは目的地までほぼお任せです。

【安全性能】
 セキュリティ機能については、重視していたので、BSM、RCTA付きの
 オプションを選択しました。
 どの機能もとても有効で、家の車庫からバックで道路に出るのですが、
 車だけでなく、死角から来る歩行者や自転車なども認識してくれます。
 コンビニでバック駐車中、障害物を検知してくれてオートブレーキが一度だけ
 作動したことがあります。
 結果的にぶつかるような位置ではなかったのですが、万が一を考えると、
 これくらい敏感なのほうが安心感があります。

 また、先行車発進お知らせの警告音も程よいボリュームで、信号待ち後に
 ぼんやりしていることの多い私には、何気にありがたい機能でした。

【乗り心地/静音性】
 アクアと比べ、突き上げ感がかなり低減され、とても滑らかに感じます。
 雪国のためスタッドレス(iceGUARD6 15インチ)を履いていることもあってか、
 一般道ではロードノイズもあまり感じず、大変満足しています。

 標準の夏タイヤに戻したときに、どれくらいの状態になるのかが心配ですが、
 それでうるさいと感じたらコンフォートタイヤに交換してみようと思います。

【燃費】
 想像よりかなりよく、寒い時期でもアクアと少し上回る燃費がでています。
 HV−Gなので、グリルシャッターが有効なのでしょうか?
 通勤30kmの往復で、日もよりますが23〜27km/lの範囲ぐらいでしょうか。
 とっても丁寧に乗れば往復でも30km/lも可能かと思います。

【ラゲッジ収納】
 オプションのアジャスタブルデッキボードを取り付けています。
 このデッキボードをつけるとかなりの底上げになり、最初は荷物が
 全然はいらないように感じたのですが、デッキボードの下の高さは
 15cmぐらいのスペースになっており、頻繁に出し入れしない荷物は
 デッキボード下に入れておくことで、それなりの荷物を置くことができます。
 うまく収納を考えれば、なかなか悪くない収納能力だと思います。

 一方、標準装備のトノカバーは背の高い荷物を置くのに邪魔だったので、
 もったいないとは思いましたが、思い切って捨ててしまいました(笑)
 
X悪い点
【インテリア&収納】
 インテリアの雰囲気はとても気に入っていますが、収納は少なめです。
 ティッシュ、ゴミ箱などどこに置けばいいのか悩みます。

 また、ドリンクホルダーについては、運転・助手席の送風口下に出っ張りがあり、
 それが邪魔になり市販のドリンクホルダーを取り付けができません。
 センターコンソールに2つ用意されてはいますが、位置が後方で出し入れし難く
 底が深めで、コンビニコーヒーなど小さめのカップを置くのには向いていません。
 CARMATEなどで、カロスポ専用のものを販売してくれればなと思います。
 
【アクセサリソケットの位置】
 前車で利用していたドラレコの電源がシガーソケットタイプなのですが、
 センターコンソールボックス内にソケットがあるため、接続部が出っ張って、
 コンソールボックスに収納するものの邪魔になります。
 仕方ないので、小さめ延長用2分岐ソケットを購入し、運転席下でドラレコなどの
 ソケットと連結するようにしています。

【後部座席の狭さ】
 わかっていたことですが、狭いです。
 悪い点に挙げましたが、大人が乗せるような運用をそもそも考えていないので、
 個人的には全く問題ありません。

■その他
【ナビ】
 純正ナビはあまり好きではなかったので、ネットでClarionのNXV987Dを購入。
 9インチのため、ディーラーにて9インチを手配し、取り付けもお願いしました。
 また、このナビはステアリングスイッチのうち、オーディオ系のもののみ
 連携可能でした。
 (音量上・下、音声認識、ハンズフリー、モード選択、選曲前・後で計7つ)
 音声認識・ハンズフリーが利用しないので、こちらを地図の拡大・縮小に
 割当てることでかなり便利に利用できています。
  
【スピーカー】
 前車のアクアもSonicPlusのスピーカーに交換していて、とても良かったので、
 今回もSonicPlusのSP-C21Eをネット購入(約6万円)し取り付けてもらいました。
 納車時点で取り付けたため、純正スピーカーの評価はできておりません。

 音響にすごくこだわる方ではありませんが、音漏れも少なく、重低音ともに
 とてもいい音が鳴っていますので、ほんとに取り付けてよかったと思います。
 
【価格】
 ナビ抜きで総額265万ぐらいしましたので、高いと言えば高いですが、
 7年前購入のアクアが200万程度。
 それに比べ、走行性能、乗り心地、安全性能などかなりグレードアップ
 していますので、こんなもんじゃないでしょうか。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年1月
購入地域
福井県

新車価格
252万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

カローラ スポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

OOSAKABANPAKUさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

11月最初の週に納車され600km走行しました。
訳あって、10年間つき合ったハリアー(ガソリン)からの乗換えです。
燃費を考慮し、ハイブリッドにしました。
4人家族ですが、子供たちが成人し、夫婦二人で乗る機会の方が多く、息子たちは、別の軽自動車を
多く利用します。
前から、Cセグメントのハッチバック(特にワーゲンゴルフ・ハイラインが好きですが、田舎で生活しているので、どうしてもディラーが遠いのがネック)が好きで、国産車でいいのがでるのを待っておりました。
なかなか、これって思うのが登場しなかったのですが、たまたまハリアーの車検が迫ってきたタイミングで
カローラスポーツの登場となり、何これっ!いいじゃん。ってことで、2度の試乗の末、1カ月で購入決定となりました。
以下が感想です。

【エクステリア】
冒頭のコメントのとおり、私は、どこをとっても大好きなデザインです。

【インテリア】
質感やシート機能性などは、文句なしです。しいて言えば、収納が少ないところでしょうか?
でもハリアーと比較してもしょうがないので割り切っております。

【エンジン性能】
パワーや滑らかさなど、かなり満足しています。

【走行性能】
ハンドリングも機敏に反応して、すばらしいのひとこと。

【乗り心地】
乗ってとても楽です。

【燃費】
600km走行(最近は、暖房にエアコン利用多し)して、平均燃費27km/Lです。

【価格】
これだけの安全性能と、プラスして、まだあまり評価の声がありませんが、次世代の車としての
コネクテッドというLINEなどで繋がる機能には、とても満足しており、納得の価格です。

【総評】
よくカローラにしては、、、、と言っている方がおられますが、それは、過去(これまでの)の
5ナンバーカローラであって、この3ナンバーカローラ(カローラスポーツ)からは、次世代の
カローラとして、まったく違った世界観で評価されていくのだと乗っていてよく理解できました。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年11月
購入地域
兵庫県

新車価格
252万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

カローラ スポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった40

このレビューは参考になりましたか?参考になった

堀辺ヤスベさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

【エクステリア】
車体自体はコンパクトですがワイドにも見えてかっこよく楽しい走りを予感させてくれるフォルムなので気に入ってます。

【インテリア】
小物入れるスペースがもっとあればいいのですが、シンプルですが広がりがあるような造りで好みです。

【エンジン性能】
必要十分です。
加速も良かったです。

【走行性能】
素晴らしい!につきます。
自分の思い描いた通りに車が動いてくれます。
コーナーでもキビキビと他の多くの日本車よりも速い速度で曲がれます。
乗り心地と静粛性と相俟ってついついスピードが出てちゃいます。

【燃費】
グリルシャッターも付いてますし最も燃費のよいグレードだと思います。(XGだと15インチなのでもっといいのかな)

【乗り心地】
これも素晴らしい!リアサスがダブルウィッシュボーンなのでこしがありショックもほとんどなく快適なドライブができそうです。


【価格】
見積もりしてもらいましたがまだ値引きは厳しいですが全速ACC、ブレーキホールド、電動パーキングとか便利な機能が付いていますし価格相応だと思います。

【総評】
ドライブもちょっとした街乗りでも楽しめるいい車だと思いますよ。

レビュー対象車
試乗

参考になった39

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nicotto811さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能2
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3

先日契約して納車(10月末)待ちです。

@独身時代は自分の為 A結婚して二人の為
B子供が出来て家族の為 C子供が巣立てばまた二人の為
ライフスタイルに合わせていろんな車に乗ってきましたが、
ちょうどBからCへの変わり目での車選び。

現在 私エスティマ50系と、かみさん6Rポロを所有してますが、
7人乗りの車に一人っきりで乗ることがほとんどとなり、
「1BOXいらないな」って感じでエスティマからの買い替えです。
購入後は私6Rポロ、かみさんカロスポとなる予定です。

試乗は3回、「好きなだけ乗ってください」ってことだったので、好きなだけ乗りました。

【エクステリア】
私はトヨタ顔が嫌いです。ついでにレクサス顔も嫌いです。
ロアグリルがナマズや鯉の口みたいに見えて仕方がありません。
ただ濃色系、且つGグレード以下の
ロアグリル周りがメッキモールでないタイプであればあまり目立たないことに気がつきました。

リア・サイドについては良いデザインだと思います。
特にリアはとてもグラマラスで好印象です。

【インテリア】
運転席に乗り込んだ感じは「狭」。
ですが、私的には適度な囲まれ感と好意的にとらえてます。

後席は「もっと狭」。
快適とはいえないと思いますが、プラス2名が普通に乗れるかなって感じ。
定員の5名乗車はさすがに厳しいと思います。

インテリアの質感は、トヨタらしくそつなくまとまってます。

残念なのは上に突き出たナビの位置。
視線移動を減らすためとはいえ、スポーツをうたう車にあの位置はどうかなと。
うまくダッシュ内に収めてほしかった。
また寸法が9インチナビに合わせてあるため、それ以下のナビでは縁の余白が間抜けになりそう。
(私は社外の7インチナビを後付け予定)

シートは当たり前ですが、GZグレードのほうが断然良かったです。
ただGZ以外でも、そこそこの質感とサポートはありますので不満はありませんでした。

ドリンクホルダーの位置や、小物入れの少なさが指摘されてますが、
試乗レベルではわかりませんでした。

【エンジン性能】
ホットハッチと捉えれば、
残念ながらHYB、ガソリンとも多くの方の指摘通り全くの非力です。
レスポンス悪いし、加速も全然物足りません。

が、スポティーなルックスのHB車とみれば、必要充分でしょう。

2つのエンジンを比べれば、どっちもどっちの感はありますが
燃費も良くて、免税措置も受けれるとなれば
どうしても4WDでなきゃ、と言うことでなければ、
ガソリン車を積極的に選ぶ理由が見つかりません。

MTも出る(出た?)みたいですが、
特別感を出すにはもっといいエンジンを載せないと
アンチ派の格好の餌食になりそうですね。

【走行性能・乗り心地】
充分満足です。
踏ん張って欲しい。曲がって欲しい。
腕が腕ですので意のままとは言いませんが、
ほぼ思った通りの走りをしてくれます。

国産コンパクトは久しぶりですが、ここまで進化したんですね。

【燃費】
試乗のみのため無評価
真冬のヒーター利用時でも20を下回らないことが希望です。

【価格】
こんなものでしょう。

カローラなのに高価って意見ありますが、車の出来は相当良いです。

私はカローラって聞くとレビンをイメージしますので、
トヨタさんにはカローラの名で出してくれたことに感謝してます。
MT車も特別なエンジン積んでレビンでデビューさせればインパクトがあったのに。

【総評】
・やっぱりトヨタ車だ。
・車は一人か二人でしか乗らない。
・運転して楽しい車が欲しい。
・ハイブリット車に乗りたいけどプリウスのカッコは嫌い。
こんな人にはベストバイかと。

良くスイスポと比較する人がいますが、戦う土俵が違います。
スイスポは自分の為の車であり、運転手だけが最高に楽しい車です。
私も一人であれば多分スイスポを選びます。

カロスポは二人の為の車にも成り得て、
CMのように♪風になり〜たい〜♪なんて二人で唄いながら乗る車かと思います。
きっと助手席の人も楽しい車です。

購入を考えている人は、一度、ゴルフやポロを試乗して比較されることを勧めます。
多分カロスポがどのレベルの車かがわかると思います。

以上、台風で早帰りとなり 暇つぶしの投稿です(笑)

レビュー対象車
試乗

参考になった46

このレビューは参考になりましたか?参考になった

汽車ポッポーさん

  • レビュー投稿数:111件
  • 累計支持数:1275人
  • ファン数:23人
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
低重心で見事なスポーティルックにまとまっています。プリウスPHVによく似たフロントのキーンルックが精悍で、ホットハッチではチャーミングポイントのひとつとも言えるリアビューも力強く仕上がっています。パッと見、これがあのカローラとは思えません。オーリスの後継車ではあるものの、日本人に好まれそうな緻密なアレンジが加えられており、快作と言える出来だと思います。ややクーペ風のシルエットで、クルマらしいレトロ感のあるアクセラスポーツとは対照的で、未来志向のスポーツサルーンといった印象です。

【インテリア】
質感はいいほうだと思います。ナビがインパネ上部に立てられたタイプなので、走行中の視線移動が少なくて済み、最上位グレードではヘッドアップディスプレイも選べます。このあたりは、欧州の競合車やアクセラの後追い感が否めませんが、個人的に好みです。ダッシュボード周りも素材感がよくシンプルで好印象。メーター周りのインフォーメーションディスプレイは凡庸な感じはしますが、こちらも及第点です。ただし、乗り込んだ瞬間に残念に感じたのは、室内空間の狭さです。前席も後席も、ほぼ同じ車体サイズのアクセラより狭く、ノートやフィットといった少し広めのコンパクトカーより狭いです。居住性より剛性感や空力性能を重視しているので仕方ないかもしれませんが、ファミリーユースではちょっと考えてしまうパッケージングです。

【エンジン性能】
パワーは十分にありますが、スポーツカーらしい俊敏さはなく、高級サルーンのような快適さや上品さがあります。ハイブリッド車のガソリンエンジンは非常に静粛で、モーター駆動からエンジン駆動にどこで変わったのか、ほとんど気がつかないほどです。個人的に、新型リーフのシームレスな加速が得られるパワートレインが気に入っていますが、これに限りなく近い立ち上がりと加速感が得られ、ハイブリッドもここまで進化したかと唸ってしまいそうでした。ここは流石にトヨタの十八番と言ったところです。ただ、基本的には新型プリウスとそんなに変わりません。

【走行性能】
期待していた以上でした。何よりサスの動きがしなやかで、コーナーに鋭く入ってもほとんどロールせず、TNGAプラットフォームの剛性感もちょうどいい感じです。この辺もトヨタ車らしい、万人受けする絶妙な味付けだと思います。また、ステアリングも思っていたより上等です。アクセラのようなクイックに入っていく感じではなく、ゴルフのようにカッチリとラインをトレースしていくイメージで、細い道のワインディングでも安心感がありました。ここも、スポーティと言うよりは、快適と言う感じのフィーリングですが、走りの限界性能はかなり高いと思います。

【乗り心地】
ここが一番評価できます。もはやレクサスCT 200hよりいいのではないかと思えるほど、快適な乗り味です。荒れた路面でもほとんど揺れやノイズが伝わらず、段差や突き上げも前後のサスがうまくいなし、柔らかい乗り心地です。後輪は新型プリウスと同じダブルウィッシュボーンで、これがいい仕事をしています。試乗車はHYBRID Gなので、AVSは試していませんが、ノーマルサスでも十分なのではないかと思いました。また、タイヤは16インチで扁平率55%の「ECOPIA EP150」でしたが、言われなければ「REGNO」かと思えるくらいロードノイズが少なかったです。

【燃費】
40分程度の試乗のため、燃費については無評価とさせていただきます。

【価格】
“クルマそのものの完成度”を考えれば、高くはありません。この価格でレクサスCT 200hと遜色ない乗り心地が得られ、低燃費であることも考えれば、買って損はないと思います。ただし、このクルマで悩ましいのは、先進の安全装備をつければつければつけるほど、価格競争力が弱まってしまうことです。といって、GZグレードにして全部つけたところで、欧州のライバル車にやっと追いつく程度の安全性能で、国産車ならアクセラと同程度でしかありません。また、DCMも、現時点でほとんど使いでがないと思います。GXグレードで最低限のオプションをつけても300万円を超え、GZグレードでフル装備になると350万円を軽く超えるので、どこまでオプションを付けるかによって、コスパの良し悪しが大きく分かれてきます。

【総評】
会心の作とも言えるような、素晴らしいクルマだと思います。ただし課題はマーケティングにあると思います。本当にこの内容で「60年の若返り」が図れるのかを考えると、非常に難しいと思います。それは決して、カローラという大衆車のイメージがネックになるということではなく、価格とグレード設定が、ターゲット層とかけ離れているのではないかということです。アクティブな20-30代の若者がスポーツカーを買うなら、まずボリュームゾーンになるのは、200万円ちょっとで手が届くスイフトスポーツやデミオXDのようなコンパクトハッチでしょうし、高所得な若者なら、86あたりを狙うと思います。また、おしゃれなコンパクトSUVも有力でしょう。せめて、乗り出し230万円くらいで購入できる1.5Lターボ車のようなグレードがないと、この市場を攻めるのは難しいと思います。現状の価格とグレード設定でメインの顧客層になるのは、子育てから離れた中高年層になるのではないでしょうか。むしろ、高級車からのダウンサイザーの囲い込みに向いていると思います。ただし、乗り心地のいいスポーツハッチが好きな30台後半の私にとっては、すぐにでも買いたいくらい魅力的なクルマです。

比較製品
トヨタ > プリウス 2015年モデル
マツダ > アクセラスポーツ 2013年モデル
スズキ > スイフトスポーツ 2017年モデル
レビュー対象車
試乗

参考になった34人(再レビュー後:27人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

njiさん

  • レビュー投稿数:49件
  • 累計支持数:298人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

ハイブリッドGに2名乗車での試乗です。16インチタイヤ車。
普段はC27セレナ乗りで日常走行の快適性重視派です。
プリウスのような走り出しのもっさり感がなくC-HR同様にスムーズです。
遮音や乗り心地も許容範囲です。
1年1万km走行で5年で値段差の元が取れるので走り出しがいいハイブリッドがいいと思います。
全車速追随ACCすばらしいです。前車がアクセルを戻す減速にも即座に反応し減速し追随してくれます。
レーントレーシングアシストも少し確認できました。軽く手を添えるだけでいいC27セレナ同様のタイプのようです。
ブレーキホールドもC27セレナ同様で違和感無く便利に使えました。
注意点は、最上級グレードでもライトの光軸調整が手動なので多少気を使うかもしれません。
ワイパーに雨滴検知のAUTOモードが無いですがこちらは問題ないと思います。
あと車幅が1790mmと5ナンバー規格より90mm大きいので、試乗車で狭目の駐車枠に入れてみる事を強くお勧めします。
最近のトヨタのこのクラスには全周囲モニター(パノラミックビューモニターの廉価版)が無いのが非常に残念です。
ま、この点を除けば他社の同クラスの中ではトップクラスの性能だと思います。
先進機能面から考慮した競合車はC-HR、CX-3、XV、インプレッサかなと思います。
あと、シエンタのモデルチェンジが近く同様の先進機能が盛り込まれる噂もありますので、カローラスポーツの車幅が気になる方はこちらを待つのもありかと思います。

<ハイブリッドGZ 2名乗車試乗分追記>
18インチタイヤにもかかわらす街中の日常走行では16インチに比べ乗り心地が悪いとは全く感じません。
高目の段差から下に着地した時の跳ね返りが穏やかで吸い付いている感じです。
マンホールなどの細かな段差もボディーがしっかりしているの為かブルブルする感じが少なく乗り心地がいいです。
オプションのカラーヘッドアップディスプレイが装着されていましたが見やすかったです。プリウスよりも見やすく改善したとの事です。
ブレーキホールドで気がついたのはバックの時はホールドしない点です。自車セレナはバックでもホールドするので駐車する前にOFFにしないと面倒なので、よく考えられていて便利です。
オプションのインテリジェントクリアランスソナーは、駐車場等で小さな子供を検知し自動ブレーキをかけるには必須のオプションになるので超お勧めです。
未確認情報ながら、もうすぐマイナーチェンジのシエンタは、トヨタの場合マイナーチェンジでサイドブレーキのような大き目の変更はしないことが多いので、ブレーキホールドは付かないのではないかという話をしていました。何れにしてももうすぐ結果がわかる内容ではあります。

レビュー対象車
試乗

参考になった43人(再レビュー後:28人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

カローラ スポーツ
トヨタ

カローラ スポーツ

新車価格帯:252万円

中古車価格帯:179〜289万円

カローラ スポーツ 2018年モデルをお気に入り製品に追加する <221

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意